FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

部員の日常ブログその11

こんにちは、新三年生の福沢徹です。みなさま、コロナの自粛期間どのようにお過ごしでしょうか。私は最近知り合いのところで外仕事のバイトを紹介してもらい頑張っています。飲食店などが臨時休業する中で、働かせていただきとてもありがたいことですし、さらに、重い丸太を運んだりする力仕事なので筋トレにもなるという素晴らしい仕事です。作業着は全く似合っていませんが、コロナ期間での良い経験としてとても楽しんでいます。
とはいえ暇な時間も多く、運動はランニングと国立公園での懸垂を繰り返していたのですが、最近なんと高鉄棒も下の写真のように使用禁止になってしまったためいよいよ困っています。これからは家にあるダンベル(下写真)で工夫して少しでも衰えないように頑張りたいです。また、一度だけ本当に暇を極めていた時に、母親に柔道着を着させて打ち込みをしました。母には痛いからやめてくれと言われたのでもうできませんが、打ち込みはやりたいのでどなたか受け役のボランティアを募集しています。
自粛期間に終わりが見えない中でもみなさんできることをやって団結してコロナに打ち勝てるよう頑張りましょう。それでは、失礼いたします。

427


427-2


三年 福沢

| 日誌 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその10

こんにちは。三年生の樋口です。コロナで自粛ムードの中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。自分も買い物の時以外はなるべく家に籠るようにしていますが、そろそろ自粛疲れも出てきました。ただ、ここで外に出てしまっては意味がないので、もう一度自分を律してやるべきことをやるように気を引き締めたいと思います。

さて、ブログを書くといっても代わり映えのない毎日を過ごしているので、正直書くことがありません。必死にネタを探したのですがなかなかいいのが無いので、新歓期ということもあり、僕が柔道部に入ったきっかけでも紹介させて頂こうかと思います。
最初に、僕は大学で柔道部に入る気などさらさら有りませんでした。というのも小学生の頃からアルトサックスの音楽教室に通って習っており、大学では音楽をする予定だったからです。その証拠に引っ越しの際サックスは東京に持ってきましたが、柔道着は福岡に置いてきておりました。
当時、僕は第二外国語について迷っており、三つ上の兄に一橋の先輩を紹介してもらおうと連絡を取ったところ、兄が声をかけたのが今年卒業された馬場先輩でした。そして、馬場先輩と兄を通して僕が法学部ということもあり、同じく法学部の板橋先輩と連絡先を交換させて頂きました。こうして知らず知らずのうちに僕は柔道部と繋がりを持っていました。
板橋先輩から入学前にご飯に誘っていただき、とても嬉しかったのを今でも覚えています。そのご飯には板橋先輩と椛澤先輩がいらっしゃったのですが、大学の事を丁寧に教えてくださり柔道部アリかもな、と帰宅途中に思ったことを記憶しています。
その後、男子校の自分にとっては凄まじく居心地の良い柔道部に入り浸るようになり、入部に至りました。

最後に、新入生に向けて一言。本当に柔道部の良さは雰囲気にあると思うので、コロナが落ち着いたらとりあえず部室に遊びに来てほしいです。その後、ご飯でも行きましょう!勿論おごります!!
長々と駄文を続けましたがそろそろ終わりにしたいと思います。それでは失礼します。

三年 樋口

| 日誌 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその9(役職紹介)

こんにちは。三年の諏訪部です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?私は体重が増え、体が明らかに重くなりました。66kg級だった高校生のときに比べ、ランニングや懸垂がかなり辛いです。

先日、柔道サイトeJudoにてこの記事を読み、色々と思うところがありました。みなさんもお時間がありましたらぜひ読んでいただきたいのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況と柔道というスポーツ/武道がいかにあるべきか、ということを考えると、やはり今は耐えるときです。道着を着ず、人にも会わず、力を蓄えるべきなのでしょう。ただし、頭では分かっていても、やはり稽古をしたいですし、何よりも、新入生に会いたい!そう思ってしまいます。また、様々な試合・大会の中止の情報が耳に入るたび、不安な気持ちになります。三商戦はどうなるのでしょうか…
ただ、いくら不安になっていてもウイルスが収束するまでは間違いなく柔道はできず、収束如何は完全に自分のコントロール外にある以上、ネガティブに考えるのはやめて、いざ練習ができるようになったとき、新入生や部員に会えるようになったときにこの鬱憤をいい方向に爆発させられるようにしようと思います。

さて、暗い話題はおしまいです!今日のブログでは、三年生になり、僕と同期部員たちが部の役職に就いたということで、簡単に三年生以下が務める各役職を紹介してみたいと思います。このブログを読んでいる二年生と未来の部員は、ふわっとしたイメージを掴んでみましょう。


主務:諏訪部
部の練習予定表を作ったり、大会の申込をしたり、納会などの開催願を提出したり、毎月如水会会報の原稿を書いたり、これ以外にも色々な仕事があります。
僕はマネージャーがいる部に入ったことはありませんが、おそらくマネージャーみたいな感じだと思っています。マネージャー、募集してます。
また、基本の仕事に加えて、(イ)三年に一回、一橋大で開催される旧三商大戦の運営を行い、(ロ)二年に一回、海外遠征の計画に携わり、(ハ)九年に一回、東京都国公立大会の運営を行う、というように、年度によって仕事量が増えます。前々主務の椛澤先輩(R2卒)が(ハ)、前主務の斑目先輩が(ロ)、そして僕が(イ)の担当の年になっています。
ここで、未来の主務のために、自分がどの仕事の担当になるかの見分け方を書いておきたいと思います。西暦で考えて、入学年が3で割ると2余る年の主務は(イ)、奇数の年の主務は(ロ)、9の倍数の年の主務は(ハ)の担当になります。これで「あれ?俺は何するんだっけ?」という悩みはパパッと解決ですね。

副務:湯澤
主務の補佐をする、言ってしまえば雑用係で、主務のひと学年下の代から選ばれます。
昨年の副務は僕だったのですが、前主務の斑目先輩の優しさから、仕事はあまりありませんでした。その一方で僕は既に湯澤にさまざまな仕事を押し付けており、主務によって副務の大変さは違うといえます。練習後に部室に長く滞在していると選ばれがちです。
なお、「副務→主務」は必ずしも成立しませんが、湯澤の同期は伊藤・姜・久松なので、次の主務は湯澤です。

会計:金丸
その名の通り、部のお金の出入りを管理しています。
例えば部員の全柔連への選手登録や部の洗濯用の洗剤などの部の運営に関わる出費・買い物を部員がした際は領収書を会計係に渡し、支払った額のお金を受け取るようになっています。
お金、それも柔道部OBの先輩方のお力で存在する大切なものの管理ということで、代々キッチリ・しっかりしている部員が担当することが多いようです。
商学部だからといって会計になるわけではありませんが、現在三年連続で商学部の部員が担当しています。なんだか商学部のイメージ通りですね。

部報:清藤
各年度ごとに発行される柔道部部誌「一道」の制作を行います。
先生方・OBの先輩方にも寄稿していただき、一橋大柔道部関係者に活動の報告をするものであるとともに、遥か未来まで残るものなので、非常にやりがいがありそうです。期日までに原稿を出さない、そんな不真面目な部員を淡々と詰めることのできる人(清藤)が向いているといえます。
ただ、清藤があまり多くを教えてくれないので僕は具体的な仕事内容についてほぼ知りません。3月ごろから6月ごろにかけて忙しい、ということは知っていますが…もしかして守秘義務とかあったりする感じ?

ブログ:小澤
年間を通してこのブログの編集作業をします。
部員が書いた原稿をブログとして掲載する作業がメインということで、稽古がある日は毎日仕事があります。コツコツ仕事をこなせる人が好ましそうですね。樋口や福沢ら日本語が怪しい部員の誤字脱字を修正する能力も必要です。
ちなみに文字の色や大きさを変えるのは結構大変なようで、カラフルで華やかなブログの裏ではブログ係が人知れず汗を流しています。
余談ですが、僕はブログを読むのが好きなのでブログ係を志望していました。

有備館杯:樋口
毎年8月に開催される有備館杯高校生招待試合の運営を行います。また、高校生との合同稽古を企画したり、福岡県まで金鷲旗の視察へ向かったりと、進学校との窓口ともいえる役職でもあります。
各進学校に招待状を送り、参加校をまとめ、パンフレットを作り、メダルや賞状を発注し…と有備館杯に関わる業務をほぼ全て行うので夏は非常に忙しくなります。部報係と一緒で、特定の期間に仕事が集中しているタイプですね。
有備館杯の参加校の選手のみなさまや先生方から充実していたと思っていただけるような大会の開催が求められるため、とても重要な役職です。また、一橋大柔道部を目指してくれる高校生達を増やすという使命があります。
余談ですが、僕は中学時代から有備館杯に思い出があるので有備館杯係も志望していました。

新歓:小澤
新歓期にビラや看板を作成したり、新歓スケジュールの把握をしたりします。ちなみに、あくまでも全体の管理を行なっている役職であって、実際に新入生と対面なりSNSなりでコンタクトを取るのは新歓係も含めた部員全員です。
有備館杯係も高校生の新歓を行いますが、あちらは大学に入る前の勧誘、こちらは大学に受かったあと、入ったあとの勧誘ということですね。新入部員の獲得にダイレクトにつながる、新歓期には最も重要な役職です。
以前は主務の仕事だったようですが、最近新歓係として分離独立したそうです。また、今年は小澤がブログ係と新歓係を兼任していますが、年により兼任だったりそうではなかったりします。
情報化の時代ゆえ、SNSやGoogle検索等における検索能力があると高く評価されます。この能力は、「ネトストリョク」とも言うそうです。近藤先輩や伊藤はネトストリョクが高いことで知られています。小澤のネトストリョクはいまひとつですが、正しいのが一体どちらなのかはみなさんの判断に委ねたいと思います。

無職:福沢
無職です。三年生の人数が多い年にのみ発生します。
なぜ福沢はブログ係にも新歓係にもならなかったのか、というのは柔道部七不思議のひとつです。

以上、これらに斑目主将・山岸副主将を加えたものが斑目主将体制の役職一覧です。現時点ではホームページやTwitter、Instagramなどについては特定の役職はなくそれぞれ詳しい部員が動かしていますが、今後変わるかもしれませんね。
基本的に自分の希望通りの役職に就けるので、二年生になるころには早めに自分の性格に合ったものを見つけておきましょう。見つけたところで希望の役職に就けないこともあるみたいですが、そのときは受け入れましょう。それではこのあたりで失礼します。

三年 諏訪部

| 日誌 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新入部員の報告

各位

いつもお世話になっております。一橋大学柔道部です。
タイトルにもあるように小池西山森本の計3名がZOOMで開催しましたオンライン新歓で入部を決めてくれました!3名とも柔道経験者で、非常に頼もしい後輩ができました!詳細に関しましては新入生の自己紹介で明らかにしていきたいと思います!

柔道に興味がある人、または体育会に興味がありどこに所属するか迷っている人はぜひ柔道部に連絡をください!オンラインでの対応となりますがいつでも歓迎しています!

一橋大学柔道部

| 日誌 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその8

こんにちは。新3年の清藤です。
久しぶりのブログ執筆になります。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はと言えば、新年度からこのような状況だと、曜日感覚だけでなく季節感覚まで狂ってしまいそうです。せめてもの...ということで、昼夜逆転だけは絶対に避けようと23時までには寝るようにしています。

さて、今回なにを主にして書くか迷いましたが、どの団体に所属するか迷っている新入生の参考になるかも?ということで、私のスポーツ遍歴を紹介します。
あくまで一例であることを考慮の上お読みください...。

ー幼稚園からー
5歳あたりから水泳を習っていました。当時は水が怖くて、プール後に親に買ってもらう100円のジュース(検定に受かったときは120円)をモチベーションに頑張っていました。

-小学時代-
浦和に住んでいたこともあって、本格的にサッカーをはじめようと浦和レッズのスクールに申込み、埼玉スタジアムまで通いはじめました。ユースではないのでボール遊びを楽しむ程度でしたが、非常にいい経験になりました。

ー中学時代ー
なんの迷いもなく(兄の影響で)ソフトテニス部に入り、平日は朝練と放課後練、土日も朝から晩まで練習していました。中学の頃の写真を見返すと、日焼けで焦げています。
陸上部、水泳部がなかったので、学校代表で大会に参加することもありました。
ちなみに、柔道の授業は大嫌いでした。

ー高校時代ー
武道をやってみたい!ということで剣道と迷った結果柔道部に入部しました。中学の時痛すぎて嫌になった受け身が実は全く間違っていたことに気づいたり、力に頼らない投げ方を教えてもらったりすることで、「楽しい!」と感じるようになりました。

大学では体育会に入りたいと思っていましたが、柔道は続けないつもりでした。しかし、どの団体の新歓に行ってもピンと来ず、最終的には柔道という競技の面白さ、そして何より柔道部の魅力に惚れ込み、入部を決意しました。

長々しくなりましたね。
もちろん小学生から柔道をやっていたり、スポーツ未経験だった部員もいます。半数は柔道未経験スタートです。多様なバックグラウンドがありながらも、「三商戦」は部員全員が活躍する場所であるところが他の部活とはかけ離れた素晴らしさだと思います。

日常のブログと言いながら新歓らしくなってしまいました。それだけ私の中で柔道が構成要素として大きいですよ、ということで勘弁してください。

三年 清藤

| 日誌 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT