一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/11/30

本日は副主将選出会議と冬OFFに向けたミーティングを行いました。

副主将は多数決の結果、丸山に決まりました。これから一年間全力で取り組んでいきたいと思います。

ミーティングでは『冬OFFの過ごし方』が議論されました。
文字だけ見れば高校生に戻ったかのような気分になります。内容は、
・出稽古に積極的に出かけること
・筋トレを行うこと
・部室をキレイにすること

です。最後はともかく、出稽古と筋トレは今の我々に最も必要なことです。
一年生だけとなってしまった今、乱取りの相手がどうしても限られてしまうので、出稽古に行くことでその分を補おうと考えています。筋トレは言うまでもなく重要です。
毎日稽古があるわけではない今、徹底的に自分の身体を苛めぬこうと思います。

さて去年の今頃、自分が何をやっていたかというと、そろそろセンターの勉強もしないとなぁ考えつつも暢気に二次試験の勉強をしていた覚えがあります。
このブログを見てくれている全国津々浦々の受験生の皆さん、柔道部一同全力であなたを応援しております。
ぜひ一橋大合格、そしてその先にある有備館の道場に向けてあと三ヵ月突っ走って頂きたいと思います。


一年 丸山 起明
スポンサーサイト

| 日誌 | 18:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細5)

第三試合(一橋大ー神戸大)後半です。

IMGP1695_convert_20111129232204.jpg
山岸 (縦四方固)◯ 山川(神戸3年)
神戸山川は今年編入の新戦力で、昨年度全日本学生体重別5位の強豪。寝技に持込みたい山岸だが組手がままならず受けに回る。持てないまま寝技も先手先手を許し、ついに縦四方固にとらえられる。

IMGP1702_convert_20111129232350.jpg

IMGP1708_convert_20111129232435.jpg
福島(一橋1年)(横四方固)◯ 山川
福部(一橋1年)(掬投)◯ 山川
田中(一橋1年)(小内刈)◯ 山川
山岸を突破された一橋、1年生は懸命に山川の技の入りを読み、鋭い立技を防ぎ寝技でよくしのぐも、寝技でも隙をつかれ追い詰められ、ついに勝ちを献上する。

IMGP1724_convert_20111129232607.jpg

IMGP1727_convert_20111129232640.jpg
山田(一橋4年)(背負投)◯ 山川
4人抜き後も疲れを見せない山川についに引きずり出された主将山田、渾身の大外刈を中心に立技で前に出る。膝をついた山川の横につき千載一遇のチャンスかと思われたが山川よく粘り山田返せず、小外刈技有を喫した後背負投一本負け。

IMGP1732_convert_20111129232722.jpg
古川(一橋1年)(横四方固)◯ 山川
古川も容易に勝ちを許さずと寝技勝負を挑むが体力で押し切られ抗しきれず、ついに山川に6人抜きを許し試合終了。

後半にもレギュラークラスの取役を配した神戸に対し苦戦は予想されたものの、強豪とは言え山川一人を越えられず十人残しの大敗を喫した。

ピクチャ+13_convert_20111128221538

一年生にとって、神戸の厚い壁を打ち破るためには、先手をとって寝技に持込み相手をコントロールする技術と、一層の体力強化が必要となることを痛感させられた試合となった。

| 戦績 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細4)

第三試合 (一橋大ー神戸大)前半です。
IMGP1617_convert_20111128235721.jpg



IMGP1630_convert_20111128235924.jpg
丹羽(一橋4年) (引分) 木村太(神戸3年)
袖を絞られ苦しみつつも危なげなく引分ける。今年度これまで一本負が続き苦しみ続けた丹羽、大舞台で見事に結果を残した。

IMGP1638_convert_20111128235951.jpg
志田原(一橋6年) (引分) 木村卓(神戸2年)
共に市大戦で複数人抜きした選手同士、警戒が先に立ったか慎重な試合運びとなり引分け。

IMGP1640_convert_20111129000019.jpg
丸山(一橋1年)(大内刈)◯ 柴田(神戸3年)
丸山初戦に続き引込み十字等積極的に下からの攻め、しかし入り方が単調になったところを大内刈で合わされる。寝技の攻防では圧倒していただけに残念な敗戦。

IMGP1643_convert_20111129000121.jpg
チーハオ(一橋1年) (払腰)◯ 柴田
丸山戦を見ながら戦術を練ったチーハオは積極的に寝技に持込み圧倒、横四方固に捉えかけるもきわどいところで逃す。その後立技の攻防で押し込みながら、柴田の払腰に屈する。もう一歩のところで初勝利を逃した。

IMGP1649_convert_20111129000146.jpg
板羽(一橋1年)◯(内股) 柴田
組んだ瞬間の内股で一本勝ち。漸く大器の片鱗を見せる。

IMGP1658_convert_20111129000309.jpg
板羽 (十字固)◯ 佐段田(神戸2年)
敵主力佐段田とケンカ四つの攻防、板羽まったく臆せず敵の技も受切り押し気味に試合を進めるも、終盤立技から寝技へもつれるところで腕を掬われ十字固、一本負け。手痛いが今後の教訓となる敗戦。

IMGP1660_convert_20111129000337.jpg
閔(一橋1年)(大外刈)◯ 佐段田
閔は得意の足払で前に圧力をかけつつ試合を運ぶ。しかし佐段田の遠い間合いから飛び込んでくる大外刈に宙を舞う。

IMGP1669_convert_20111129000655.jpg
三木(一橋1年)(大外刈)◯ 佐段田
初戦にも増して大きく動き、道場を広く使って敵を翻弄する三木君。頭を下げさせて優位かと思われたが、またも飛び込み気味の大外刈で一気に持って行かれ、敵佐段田に3人抜きを喫する。

IMGP1688_convert_20111129000604.jpg
山岸(一橋4年)◯(優勢(技有))佐段田
山岸得意の寝技で挽回を狙うも決めきれず、立技で組負ける時間が続くも、ついに敵の内股をすかして技有を奪い優勢勝ち。

IMGP1694_convert_20111129000729.jpg
山岸 ◯(掬投) 岡谷(神戸1年)
敵1年生に経験の差を見せつける意気込みで勝利、2人抜き。大学から柔道を初めた山岸、市大戦とあわせ三商大戦での3勝は見事。

(後半に続きます)

| 戦績 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細3)

第二試合(一橋大ー大阪市大)後半です。

IMGP1574_convert_20111127130035.jpg

IMGP1576_convert_20111127130130.jpg
山岸(一橋4年)◯(双手刈) 下地
         (引分)  植田(市大3年)
疲労困憊とは言え下地の立技を警戒し徹底的に寝技勝負の山岸、最後は背中を持ち帯取返に来たところ双手刈で倒し一本勝。続く植田に対しては腕力を活かした寝技で一方的に攻めつつも取りきれず。

IMGP1588_convert_20111127130817.jpg
福島(一橋1年)(大外刈)◯達谷(市大4年)
キャリア7ヶ月の福島、市大副主将達谷に対し中盤まで遜色なく渡り合うも、最後は大外刈に屈する。

IMGP1599_convert_20111127130924.jpg
福部(一橋1年)(引分) 達谷
期待の福部、軽快な動きと鋭い小内刈で最後まで敵を翻弄、全く危なげなく引分け。

IMGP1605_convert_20111127223353.jpg
田中(一橋1年)(崩上四方固)◯ 奥本(市大3年)
市大大将奥本の実力は抜きん出ており、田中寝技での持久戦に持込むもついに捌かれ一本負。

IMGP1610_convert_20111127223534.jpg
山田(一橋4年)(背負投)◯ 奥本
一橋は副将に主将山田を置き、ここで決戦となる。山田裂帛の気合いで臨むも立技勝負に拘ったか、ついに奥本の低い背負投に宙を舞い一本負、一橋陣営天を仰ぐ。

IMGP1613_convert_20111127223601.jpg
古川(一橋1年)(背負投)◯ 奥本
大将古川果敢に臨むも実力差如何ともし難く、奥本の低い背負投に一本負、三人抜きを喫して試合終了。

一橋は一年生も含め着実につけてきた実力を随所に発揮しつつも、市大下地、奥本を止めきれず、6年ぶりの三商大戦勝利を逃した。

ピクチャ+12_convert_20111128221455


| 戦績 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細2)

第二試合(一橋大ー大阪市大)前半です。

IMGP1463_convert_20111127113611.jpg
昼食休憩後先輩方が続々とご来場、三校で100名を超える方々から熱いご声援を頂きました。

IMGP1465_convert_20111127114812.jpg

IMGP1471_convert_20111127115018.jpg
一橋は13名。人数で上回るも助っ人三木君を含め一年生が9名の布陣であり、9名といえども経験豊富な市大は強敵。

IMGP1479_convert_20111127115257.jpg
丹羽(一橋4年) (引分) 西山(市大2年)
敵主力の一角西山に対し、最後まで弱気にならずしのぎ切って引分。

ピクチャ+9_convert_20111127120419
志田原(一橋6年)◯(合技) 小川(市大1年)
         ◯(払腰) 矢久間(市大4年)
          (引分) 柴田(市大2年)
主将山田の熱意に動かされ出場を決めた志田原、期待通りの活躍で二人抜き。

IMGP1537_convert_20111127120945.jpg
丸山(一橋1年)(引分) 恒光(市大5年)
5月6日入部からキャリア6ヶ月余の丸山、徹底的に下から攻め続けて引分。抑え込まれても脚を効かせて逃れすぐ逆襲に転じる見ごたえのある内容に、先生方も本部席から拍手喝采。

IMGP1542_convert_20111127125144.jpg
チーハオ(一橋1年)(大内刈)◯下地(市大2年)
丸山に続き下からの寝技勝負を挑むが、敵取役下地は寝技を嫌いつきあわない。大内刈に屈する。

IMGP1549_convert_20111127125256.jpg
板羽(一橋1年)(大内刈)◯下地
板羽は立っても寝ても圧倒的優位にたち先に技有を取るも、強引に背中を持ちに来た下地に掬投で応じたところ大内刈を合わされる。

IMGP1561_convert_20111127125334.jpg
閔(一橋1年)(内股)◯下地
板羽敗北の衝撃にも浮き足立たず積極的に攻めるも、内股にとらえられる。

IMGP1566_convert_20111127130006.jpg
三木(一橋1年)(内股)◯下地
助っ人三木君、疲労の見える敵を大きな動きで翻弄するもしのぎ切れず内股に屈する。
一橋は四人抜きを喫し、勝負は後半にもちこまれることとなった。

| 戦績 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

S46 三原朝彦先輩より

(三原先輩(S46年卒)より激励のお言葉を賜りました。)

人生は山あり谷ありです。自らの最善を尽くせば天はちゃんとその努力を見ていてくれます。次の世代の人達が今日の無念をはらしてくれるでしょう。 学園を離れたら以後は世界に常に眼を向ける一橋人として頑張ってください。

三原朝彦(46年卒)

| 戦績 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細1)

去る11月23日有備館にて開催された旧三商大戦の試合内容をご報告いたします。
まずは開会式から第一試合(大阪市大ー神戸大戦)まで。

IMG_0608_convert_20111127092421.jpg
決戦当日の東校舎。朝から良く晴れました。

IMG_0610_convert_20111127092450.jpg

IMG_0609_convert_20111127092352.jpg
08:00、準備が整った有備館。各校部旗を掲げて戦います。

IMG_0611_convert_20111127092510.jpg
会場準備の最終確認を終え、束の間の談笑。否応なく緊張が高まります。

IMGP1389_convert_20111127092809.jpg
09:00前後に両校到着、三校それぞれでウォーミングアップ開始。

IMGP1397_convert_20111127095646.jpg
開会式。大月大会会長挨拶。写真左端は柴山誠一先生(故柴山師範ご子息)のご尽力により三商大戦のご視察にお越しの講道館安部一郎十段。

安部十段は前橋中ー高等師範学校御出身。戦後フランス、ベルギーを中心に指導者としてご活躍された、欧州での講道館柔道普及の最大の功労者です。現在世界的に柔道用語が日本語で統一されているのは欧州柔道連盟での安部十段のご提言によるものと伺っております。
講道館国際部において故柴山師範と無二のご親友であったご縁で、今回東京開催の三商大戦にお越し頂くことができました。
ご観戦後、こうした伝統的なルールでの対抗戦を続けるのは非常によいことであり、今後とも絶やさぬよう守っていってもらいたいとのお言葉を賜りました。


第一試合 大阪市大ー神戸大。大阪市大は部員減少で出場選手9名、神戸大は15名フルメンバーでの戦い。
結果は神戸が木村(卓)の三人抜きの活躍等により九人残しで勝利。市大は下地の一勝のみであったが、主力は神戸主力と互角の試合で引き分けており、地力では侮れないものと思われた。
ピクチャ+8_convert_20111127094414
山川(神戸3年)◯(一本背負投) 達谷(市大4年)

| 戦績 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/28以降のスケジュール

11/28以降は休養&自主トレーニングとなります。
原則として毎週土曜日09:30~練習会を実施致します。

また、納会日程は決まり次第ご案内致します。

どうぞよろしくお願い致します。

| スケジュール | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/26

三商大戦が終わり二日間の休養を経て、今日から一年生主導の稽古が始まりました。寺田先輩にお越し頂きました。

本日は田中が稽古を仕切りました。恥ずかしそうに指示をしていましたが、いつも以上に懸命に稽古に打ち込み、行動で皆をリードしていました!!

練習後には三商大戦を振り返り、各々が、「どのような戦いをする選手になりたいか」、「そのためにどう練習していくか」を話し合いました。今回の話し合いは、今後の練習方針を決めるのに、非常に役に立つことと思います。
また、話し合いの最中には、寺田先輩からは数々の貴重なアドバイスを頂きました。
今後も、先輩の豊富な知識や経験にはお世話になります!!

これから一年、気持ち新たに頑張っていきたいと思います!

一年 主務 古川 利明

| 日誌 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商大戦の感想(S34 大河内恒先輩)

(S34卒大河内恒先輩からご感想を頂きました。)

昨日は、いい試合を見せていただいたと思っています。
特に1年諸君全員の成長振りと敢闘精神、愛校精神にあふれた試合振りは見事でした。

成長振りといっても私は、1年諸兄に今回初めて会い、しかもまずその試合から拝見したわけで、諸君が初めて一橋の道場に入ってきたときの姿を知りません。

ですが2段の2君を除いて、柔道は初めてという新入生の8ヶ月目の試合とはとても思えない敢闘ぶり、しかも寝技については入り方、逃れ方の型をすでに身につけている、立ち技でもだた防御しているだけでなく、果敢に自分の技を掛けて行く、そこにはチームの駆け引きで何とか引き分けに持ち込もうとか技ありとったから、スタミナを温存して次に備えようとか、小利口な算段がない。

また、8ヶ月一緒に鍛えあったものたちの団結感、チームのために戦いに行く、という気持ちが実によく汲み取れました。将来チームの勝利のために、あえて引き分けに持ち込むなどという戦術を取らされることもあるかもしれない。しかし今回はそんなことがなくって、これでよかったんだという気持ち、ああいい新人達が入ってきてくれたんだという、うれしさがこみ上げてきました。留学生の諸君も全く一緒になって戦っていました。そういう関係が自分たちの時代にもあったらさぞより豊かな人生を送れただろうと、うらやましく思いました。

2段の二人も十分持ち味を出していました、技あり取りながら、逆転されてしまったのは本人残念でしょうが、あれは将来大成する柔道です。二人とも自分の持ち味をよく出していて先が楽しみです。

4年の諸君は、それぞれ先鋒、中堅、大将という立場で思いっきりやってくれました。
何よりも貴兄たちによって一橋の柔道は途切れることなく、すばらしい芽をふいてくれました。一年生をこれだけ柔道の本筋に導いてくれたのは、貴兄たちのおかげです。


部長、師範、コーチ、のご指導には勿論、指導役のOB、そして卒業後も休みになると柔道場に通っておられた多くの若手OBのご努力にも感謝の気持ちで一杯でした。

ありがとうございました。将来が楽しみになるいい試合でした。

| 戦績 | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商大戦の感想(H06 合田先輩)

(H06卒 合田先輩からご感想を頂きました。)

今年は5年続いた三位から脱却できると確信しておりましたが残念でした。

大阪市大戦は心配していた丹羽君が堂々たる引分けで先鋒の重責を果たし、志田原君が皆の期待通りしっかりリードを広げ、キャリア半年の丸山君が5年目の選手相手に脚を効かせて見せ場満載の引分けと、序盤から胸のすくような展開でした。

しかし見ている私もそうでしたが、チーム全体も興奮しすぎたのかもしれませんね。その後は落ち着いて3、4カ所あったポイントのどれか1つでもおさえていれば勝っていたと思いますが、皆が妙にたかぶってしまいことごとく足もとをすくわれ、結果として大阪市大に名をなさしめることになってしまいました。
実力では十分比肩するところまで来ただけに悔しいけれども、今年度団体戦で一勝もしていないチームにはこういう試練が待っていたということだと思います。しかしこれは貴重な糧になると思います。

さて試合から離れて、今年度の柔道部を消滅寸前から一気に前途洋々たる勇者の集団に生まれ変わらせてくれたのは、ひとえに四年生の努力と明るさによるものであり、本当に頭が下がります。どん底の状況にも腐らず、ひたすら明るく楽しく全力でやったことでこんなにも仲間が増え、次から次へと真剣に応援してくださる方が現れる。自分達の変化もさることながら、取り巻く環境が日を追う毎に劇的に好転していく今年の経験は、皆さんにとっても柔道部にとっても得難い財産になったと思います。

私も「リアル・シコふんじゃった」とか「リアル・もしドラ」とちゃかしながらこの一年の復活劇を大いに楽しませてもらいました。四年ズッコケ三人組の悪戦苦闘に、爆笑また爆笑の一年間でした。どうもありがとう。

一年生が先頭にたって更に新戦力を加え鍛え上げた一橋が、今回力の差を見せつけられた神戸大を追い詰める日も遠からずおとずれると確信しています。ご高齢の先輩方もたくさんいらっしゃるので、なるべく早めにお願いします。

H06卒 合田

| 戦績 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商大戦ご感想の募集

三商大戦を観戦頂いた先輩方およびお客様へ

よろしければご感想を本ブログコメントや部メール(hitjudo@pop01.odn.ne.jp)にお送り頂けますようお願い致します。
厳しいご指導、ご指摘も含めできるだけ多くの皆様からのご意見を伺いたいので、是非よろしくお願い致します。

頂戴したご感想は随時ブログにアップさせて頂きたいと思います(公開不可であればその旨もあわせてお知らせ下さい)。どうぞよろしくお願い致します。

一橋大学柔道部員一同

| 柔友会連絡 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商大戦の御報告、御礼

先生方、先輩方、ご指導ご支援を賜った皆様方

昨日の旧三商大戦は、選手13名で戦い、大阪市立大学に一人残し、神戸大学に十人残しでそれぞれ破れ、第三位となりました。
これまで新戦力の獲得、強化など多大なご支援を賜ったご恩と、意気に感じて柔道部に身を投じ、厳しい稽古も明るく乗りきってくれた一年生に報いるために、5年続いた第三位からの脱却を何としても達成すべく試合に臨みましたが、敵陣営の心胆を寒からしめながらも、もう一歩のところで勝利を手にすることはできませんでした。
ご期待に添えず申し訳ありませんでした。

IMGP1617_convert_20111124171714.jpg

IMGP1471_convert_20111124171635.jpg

しかしながら、同じ第三位でも、昨年度の試合後に覚えたような絶望的な不安は感じておりません。
一年生はこの半年で信じ難いほどの成長を遂げてくれました。
野瀬師範のおっしゃったとおり、半年で追いつき追い越せるような甘い試合ではないことを痛感しつつも、随所に積み重ねた稽古の成果を見せてくれ、「白帯が異様に強くなる」一橋柔道部の伝統復活をはっきりと示してくれました。
厳しい結果にも下を向くことなく、何を克服すればもっと通用するようになるのかをすぐに考え始めている一年生を見れば、これまで取組んで来たことに間違いはなかったと確信できますし、今後何をすべきかについても迷いはありません。応援にいらっしゃった先輩方から口々に「これからが楽しみだ。応援しているぞ」と声をかけて頂けたことも大変嬉しく、救われた思いが致します。

これまで四年間、なかなか強くならない我々に対し、根気よく温かいご指導、ご支援を賜り、ありがとうございました。
卒業までの期間一年生をしっかりサポートし、来年度も新戦力を大量獲得し更に復活の勢いを加速できるようしっかり準備をしていくことが、現役最後のご恩返しになろうかと思います。

なお新体制は、
主将 板羽 貴輝
主務 古川 利明
でスタートすることとなりました。

一年生ゆえ至らぬことも少なからずあろうと思いますが、我々に注いでくださったのと同様最大の愛情をもってご指導ご鞭撻いただけますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。

四年 山田 拳
   山岸 拓也
   丹羽 大地

※試合内容については、別途アップさせて頂きます。

| おしらせ | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/23(速報-3)

三商大戦速報です。

第三試合 一橋大学(十人残し)○神戸大学

敵取役を止められず、敗れました。
御期待に添えず、申し訳ありません。
本日の屈辱を忘れず、今後とも精進してまいります。

| 日誌 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/23(速報-2)

三商大戦速報です。

第二試合 一橋大学 (一人残し) ◯大阪市立大学

あと一歩のところで勝利を逃しました。

| 日誌 | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/23(速報-1)

三商大戦速報です。

第一試合  神戸大学○(九人残し)大阪市立大学

第二試合は13:00より、大阪市立大学 対 一橋大学 となります。

まず初戦にすべての力を集中して戦います!

| 日誌 | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/22

今日は三商大戦前日の公開練習でした。
平日にも関わらず、当日アドバイスする為に事前に相手の様子を見ておきたいと駆けつけてくださった田中先輩、寺田先輩有難う御座いました!

大阪市立大学と神戸大学を迎えて公開練習を行いました。
我々の三商大戦に賭ける意気込みが十二分に伝わる気合の入った良い練習が出来ました。
ミーティング後には皆で旅籠屋に行き、験担ぎのカツ丼を食べました。
SH3F0041_convert_20111122215805.jpg


明日は決戦です。
明日の為に今まで柔道をしてきました。
その為に3人の状態から仲間を集めました。
誰よりも私が優勝したいという気持ちをもっていると確信しています。

廃部という絶望が見える中、先生方、先輩方には多大なるご支援ご指導を頂きました。その御恩に報いるためにも何としても優勝したい。
今年一年間柔道に愚直に向き合った結果が勝利という形で報われることを確信しています。
やれることは全てやりました。集大成で臨みます。
先輩方、是非道場にご来場頂き我々の集大成をご高覧下さい。
宜しくお願い致します。


四年 主将 山田 拳

| 日誌 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦

明日、明後日の旧三商大戦に関して御連絡致します。

11月22日(火)
 14:00~公開練習@有備館

11月23日(水、祝)
第59回旧三商大戦@有備館
 10:00~開会式
 10:30~第一試合(大阪市立大学 対 神戸大学)
 13:00~第二試合(一橋大学 対 第一試合敗者)
 15:00~第三試合(一橋大学 対 第一試合勝者)
 17:00~閉会式
 18:00~懇親会

(上記時間は目安ですので、試合進行状況により変更になる場合も御座います。)
多くの先輩方にご来場頂きますよう、お願い申し上げます。

4年 丹羽 大地

| スケジュール | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/21

本日は明日、明後日の第59回旧三商大戦の準備を行いました。

前回一橋大学で三商大戦を行ったのは3年前、我々が1年生の時でした。
今まで経験した三商大戦のどれにも忘れられない経験や思い出がありますが、やはり、3年前国立で感じた緊張感と、試合後に味わった悔しさが、私の中では一番鮮明な記憶として残っています。

試合の準備を行っている時に、様々な想いが私の中を駆け巡りました。
1年生のとき右も左も分からぬまま試合に出たこと、2、3年時に新入生を獲得できず苦しくて悔しい思いをしたこと、今年の冬に4年生3人だけで練習していたこと、多くの素晴らしい新入生に巡り合えたこと、自分の弱さに嫌気がさしたこと、皆ですき焼きの鍋を囲んだこと、笑ったこと、泣いたこと、悔しかったこと、嬉しかったこと・・・
有備館には多くの思い出が詰まっています。
でも、感傷的な気分に浸るのは、優勝杯を手にしてからにしたいと思います。

「ここまで来たらやれることをやるしかない。頭の中で何度もイメージトレーニングをして試合に臨みなさい。柔道部生活のケジメ、健闘を祈ります。」浅賀OB会長より激励のメッセージを頂きました。

多くの方々に支えられている我ら一橋大学柔道部、感謝の気持ちを忘れずに全力で戦い抜きます。

明日は公開練習です。
神戸大学柔道部、大阪市立大学の皆さま、遠い旅路になりますが、気を付けてお越しください。
国立有備館にてお待ちしております。

4年 丹羽 大地

| 日誌 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/20

本日は日曜日でしたが、合田先輩、村田先輩、木村先輩、寺田先輩、さらに東大OBの境先輩に御来場いただきました。お忙しい中稽古にご参加いただき、部員一同感謝しております。

さて、旧三商大戦まで残すところあと3日となり、練習内容は調整の段階へと移行しております。
それぞれの役割に特化し、各メニューで最終確認を行いました。
本番直前ということで、緊張感漂う練習でしたが、大勢でやる柔道はやはり楽しい!
今日の参加者は総勢15人。「15人って結構多いなぁ」と、福島とともにしみじみ感慨にふけってしまいました。
IMGP1377_convert_20111120214438.jpg

IMGP1380_convert_20111120214509.jpg

稽古の後には皆で谷保天満宮に必勝祈願と受験生の合格祈願のお参りに行きました。

e5b1b1e794b0e38195e38293withe7b5b5e9a6ac_convert_20111120220450.jpg

e5bf85e58b9de7a588e9a198efbca0e8b0b7e4bf9de5a4a9e6ba80e5aeae_convert_20111120220513.jpg

神主さん曰く、菅原道真の先祖にあたる野見宿禰は相撲の神様だそうで、「柔道に関しても霊験あらたかでないことがあろうか(反語)」とおっしゃっていました。
我々には師範、コーチ、諸先輩方のほか、多くの方々が応援してくださっております。
それだけでも非常に心強いのに、さらに相撲の神様も味方につければこれ以上頼もしいことはありません。
感謝の心を胸に、最後まで頑張ります!!

1年 板羽 貴輝

| 日誌 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/19

本日は雨天の中、埼玉大柔道部より庄司先輩、谷川原君、越湖君、西村君、谷藤君が稽古に駆けつけてくださいました。
三商大戦前の最後の合同稽古ということで、一橋勢は本番に向けて「自分より上位の相手にどう戦うか」の実戦練習をさせて頂きました。
埼大の皆さんありがとうございました。同じ野瀬門下に恥じない戦いで、ご期待に応えたいと思います!!

ピクチャ+3_convert_20111119230308

ピクチャ+4_convert_20111119230327

さて、三商大戦前の最後の週末、いよいよということで、部員の中にも緊張感が漂っています。
ただ、緊張の中にも、「自分のやってきたことを出す舞台が近づいてきた」とその緊張を楽しんでいる部分もあります。
自分の今までの積み重ねを信じて、試合で練習の成果を結実させたいと思います。
残りの日数、戦術の徹底など、できることをできるだけやっていきたいと思います。

4年 山岸 拓也

| 日誌 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/17

本日は柿元先輩、そして埼玉大学から4年主将の冨田君がご来場。
三商大戦まで一週間を切り、非常に緊張感のある稽古をすることが出来ました。
柿元先輩、冨田君と乱取する時でも、各々が果たすべき役割を意識し実行することが出来るようになってきていると思います。

稽古後柿元先輩からは「4年生にとっては集大成の、1年生にとっては初めての三商大戦になるが、皆、この一年で積み上げてきた実力を試合で遺憾なく発揮してほしい。」との激励の御言葉を頂きました。
冨田君からも力強い激励を頂きました。
多くの方々から応援の言葉を頂き、非常に嬉しい気持ちで胸がいっぱいです。
試合が近くなり、日増しに緊張感が高まって参りましたが、「ただ目の前の相手に集中して自分の役割を果たす」、それだけを胸に残りの時間を過ごしたいと思います。

4年 丹羽 大地

| 日誌 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/16

天気予報で雪マークが遂に点灯し11月にして最高気温が4度しかない極寒の地、札幌の秋に比べれば、国立の肌寒さなんぞ比べものにならないくらい暖かい方なのではありますが、他の部員にとってsehr kühlな11月16日となりました。

そんな本日、突然の嬉しき御来訪者がお二方!

まずは、夏の京大合宿で激励会を開いて頂いた松田先輩が立川に御用でいらっしゃったとのことでお立寄り下さいました。三商大戦はご用事があってお越しいただけないとのことですが、過分なる御厚志と元気を頂きました。
誠にありがとうございました!御礼申し上げます!

もうお一方は、野瀬軍団の主翼を担われている埼玉大柔道部の松永先輩です。
色々とabnormalいや失礼dangerousな技のご指導を頂き、誠にありがとうございました!

我らが野瀬師範の兄弟弟子、埼玉大学柔道部からは、明日もはるばる有備館に稽古をつけにお越し頂けるようで、感謝を胸に積極的に乱取りに当たって参りたいと思います。

三商大戦までいよいよあと一週間となりました。
我々を支えてくださる方々への感謝を胸に、怪我や風邪、また、食べるものにも気を配り生きていきたいと思います!

一年 募金係 福島 徹

| 日誌 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月スケジュール(改)

三商大戦までの予定に変更がございますので、お知らせ致します。

11月16日 稽古14:30~@有備館
11月17日 稽古16:30~@有備館
11月18日 休養&自主トレーニング
11月19日 稽古09:30~@有備館
11月20日 稽古09:30~@有備館
11月21日 稽古16:30~@有備館
11月22日 三商大戦前日 公開練習14:00~
11月23日 三商大戦

以上です。宜しくお願い致します。

主務 古川 利明

| スケジュール | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/15

今日は中村先生がご来場。
三商大戦まで8日となり、緊張感漂う良い稽古になりました。
乱取、寝技乱取、約束稽古、組み際、投込に加えてスピード打込、サーキットで息を上げて稽古を終えました。
中村先生のお知恵も伝授して頂き、寝技を中心に組立て宿敵を堂々と迎え撃つべく更に対策を進めました。

一橋は5年間にわたり、勝利から遠ざかっております。4年生三人を含め、今年のチームに三商大戦で勝利を経験した者はおりません。
しかし今年は、ここまで積み上げてきた稽古に裏打ちされた自信が、我々を支えてくれています。皆胃の痛むような緊張と同時に、決戦当日で全ての力を出し切る瞬間を楽しみにもしているのです。ポジティブなイメージを描きながら、ゆっくり、静かに、牙を研ぐ感覚です。

中村先生には「三商大は絶対見に行くんで、是非頑張ってください」というアツイお言葉を頂きました。
負けられない理由がまた一つ増えました。

また、今日大月部長に授業後に呼び止められ、「あと一週間か。山田、丸山頑張れよ」と激励の言葉を掛けて頂きました。当然でございます。我らが大月先生の為に、頑張ります!!あ、来週の経済史入門は公開練習の為出席出来ませんがお許し下さい。

四年 主将 山田 拳

| 日誌 | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/14

チーハオより昨日のご報告です。

The oft-cited 'Monday blues' were conspicuously absent from our beloved Dojo as we kicked off training today with an especially rousing bang - the entire club, from the freshmen up, was in high spirits, having now entered the final week of preparations for the long-awaited 三商大戦 that is set to unfurl next Wednesday.

Morale was bolstered most notably by the latest, inspiring addition to the team - Miki, a freshman with copious Judo experience from his time in high school. It was a heartening sight indeed, to see the line-up crystallize, the fighting spirit unmistakeable in the eyes of one and all who trained long and hard together, here on the now familiar tatami that lines our second home.

For next week's showdown, here on home ground, we'll be sure to give our 100% and more, for it is not only about defending the pride of a club with a long and honorable history - it is also about doing justice to ourselves, the training we've put in and the comrades who've fought with their best alongside us up until now. No backing down now - ファイト!

仲間も増え、いよいよ臨戦態勢です!!

| 日誌 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/12

本日は首都大学に出稽古に行きました。出稽古には中田コーチ、荻布先輩、田中先輩、寺田先輩がいらして下さいました。
打込みの後、練習試合を行い、結果は惜敗(二人残し)でした。
しかし試合内容としては個々人が抜き戦形式を活かした繋ぐ柔道を意識してできたのではないかと思います。
負けた一年生も、開始直後に一発で投げられずに、粘って相手を疲れさせることはできるようになってきました。

その後乱取を3分×15セット行いました。コーチがアドバイスとして言われたのは「試合で負けた相手にまず当たりに行け。それで自分が負けた理由を見つけないと、そこから先に進めない。」ということでした。相手の得意、不得意、自分にも得意、不得意があり、単に負けといっても負け方は一つではありません。一回、一回の負けを徹底的に分析し、次の試合で同じ負け方をしないようにすること。そうして自分の不得意を一つずつ克服していくことが明日の勝利に繋がります。

その後のコーチの講習では技の組み合わせについて教えて頂きました。
「自分が取れる技を5つもっているとしたら、それを組み合わせることによってずっと多くの連絡技を出すことが出来る。そのとき相手の重心を意識して連絡技を出せれば、ずっと技がかかりやすくなる。」とのことでした。
三商大戦に向けて自分が取れる連絡技をしっかり煮詰めていくことが必要です。

練習後、中田コーチにご馳走していただきました。食事をしながらオーダーの話をしていると、いよいよ三商大戦が迫っていることを実感させられます。

最後になりましたが、首都大学東京柔道部の皆様、お世話になりました。今後とも交流を深め、切磋琢磨していきましょう!!

111112_1938+02_convert_20111113092439.jpg

来週は三商大戦前の最後の一週間です。来週も頑張ります!

一年 丸山 起明




| 日誌 | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/11

本日は木村先輩に御来場いただきました。

稽古の方では、寝技反復、打込、移動打込、乱取、約束稽古、組み際の練習を行いました。
特に、約束稽古や組み際の際には、皆が旧三商大戦を念頭に技の研究・確認・修正を行いました。

稽古の後には、旧三商大戦のオーダー会議を行いました。

各学年が叡智を絞って考えた末一つのオーダーを持ち寄り、あれこれ言いながら自分たちの戦略を練りつつオーダー会議を行いました。

一年生は、先日皆で議論を重ねた末決まった一つの案を持ち寄りました。
一年生の案と四年生三人の案とを合わせ、最終的に四つの案が提案されました。
各案に対し、猛烈な提案や批判、そして理由の説明など多くの議論を重ねた後、四つの案に対し各自がベストだと思う案に投票を行いました。

その結果、丹羽先輩の案と山田主将の案が圧倒的な支持を受けました。
後に聞いた話によると、丹羽先輩はオーダーの作成にゲーム理論を用いたそうです。

本日の会議を通じ、最終的なオーダーが決まったわけではありませんが、本日の会議は一年生に大いなる勉強となりました。

明日は、首都大学東京柔道部に出稽古に行きます。

では、明日も頑張ります!

一年 閔 永基

| 日誌 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/10

本日は乱取りのほかに組み手争いや約束稽古など本番の個々の状況をイメージした練習を行いました。自分の勝ちパターンにもっていくにはどうのような動きをすればいいのだろうか、、、、通常の乱取りよりも冷静に考えながら攻防ができたと思います。

本番をイメージといえば今日は一橋が行う掛け声の確認も行いました。
「せーの!ヨイショー!ヨイショー!ヨイショー!」
実際にやると気持ちが引き締まって、わずかですが23日の雰囲気を感じることができたような気がします。実際の三商大戦の雰囲気は自分の想像もつかないようなレベルなのかもしれませんが、臆せず、残りの期間悔いのないように稽古に励みたいと思います。

一年 丸山 起明

| 日誌 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/11/09

昨日から急に寒くなりましたが、当ブログをご愛読頂いております皆さま、特に柔道部ゼロ年生の受験生の皆さまにおかれては風邪など召されぬようご自愛下さい。

有備館でもさすがに寒さを感じましたが、稽古の熱気は変わりません。

本日は自由乱取、組み際の練習、約束稽古の時間を多く設けました。
先の二部大会、出稽古で炙り出された組手の遅さの克服、組まれた時の対応のためです。

これまで着実に地力をつけてきたことについては皆多少なりとも自負があります。
組み際、組手の劣勢を克服することが、大舞台で力を発揮するための前提条件になります。

稽古終了後も上級生を捕まえ居残り研究を続ける頼もしい1年生、先生先輩方に教えて頂いたことのすべてではないにせよ、それぞれが腑に落ちるものを咀嚼消化していき、自分のスタイルをより確実に身につけて欲しいと思います。

残された時間は僅かですが、なんとかこのひたむきな1年生達に報いてやりたい、良い結果をともに分かち合いたい、そのために自分のできることは全てやり尽くそうと思います。

明日も頑張ります。

4年 丹羽 大地

| 日誌 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT