一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013/04/30(火)

世間はGWに、我々柔道部はJWすなわちJUDO WEEKに突入しました。
今週金曜には埼玉大、来週月曜には東京学芸大へ出稽古に行くなど、他大強豪校との合同練習の機会を設け、普段以上に濃密な稽古を予定しています。

そんなJWの本日は、首都大学東京柔道部の皆様にご来場いただき、合同稽古を行いました。
いつもより多くの人数で、活気ある稽古を行うことができました!

130430 (2)

130430 (1)

他大学の方と乱取りをすると自分の柔道スタイルを見つめ直す良いきっかけとなります。
いつも稽古している部員同士では、どうしてもある程度何の技を仕掛けてくるか見当がついてしまうので技が決まりにくくなりがちですが、他大学の方との乱取りでは動作や技の予測が難しく、どういう立ち回りが有効かを考えるきっかけとなります。


また、首都大柔道部にも未経験者の新入生が入部しており、本日の合同練習にも参加してくれました。
未経験者の新入部員・斎藤にもいい刺激になったのではないでしょうか。
残念ながら二人とも、受身が熟達するまでまだまだ直接対決はできませんが、今後4年間、ぜひ切磋琢磨して実力を競い合ってほしいものです。

もちろん、未経験者であってもこれまでの諸先輩方の活躍に証明される通り、熱心に稽古を重ねれば必ずチームの中心となって活躍することができます!
最初は経験者との実力差を「壁」と感じるかもしれませんが、その差は努力次第で必ず埋めることができます!
ともにより高いステージを目指して頑張りましょう!!

我々一橋柔道部の無段(白帯)のメンバーは、相川、サニー、ミカ、ドミニク、斎藤の5人ですが、いずれも稽古へ積極的に取り組み、身体作りにも余念がない精鋭たちです。
新入生は9月に予定されている東京都国立大学柔道大会「無段の部」が初試合となりますが、ぜひ上位独占を目指して頑張ってほしいと思います!



稽古後には、首都大柔道部の皆様とロージナ茶房へ行って参りました。
この店の名物メニューと言えば、非常に辛いビーフカレーの「ザイカレー」です。

130430 (3)

一説によると「ザイカレー」の「ザイ」とは罪の音読みで、罰ゲームなどで食べさせることを目的としたメニューだと言われています。
そんなことは意に介さず、4名がこのメニューを注文し、完食しました。
ドストエフスキーもビックリです!!


明日はトレーニング日。
金曜の埼玉大、来週月曜の学芸大への出稽古に備え、ビルドアップに励みます!!

3年 田中
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/29(月)

本日は天気もよく、過ごしやすい陽気となりました。
窓を全開にし、心地よい春の風を感じながら爽やかに汗を流します。
(授業のない部員は全日本選手権を観戦しに行きました)

130429 (1)

130429 (2)


第一号の新入部員・鈴木君が入部してから、約1ヶ月。
断続的にぞくぞくと入部してくれた1年生ですが、初めて出会った時から比べると、それぞれその変化に驚かされます。

経験者の新入部員は受験勉強のブランクをものともしないキレのある動きが戻ってきていますし、初心者の齋藤君は、始めて1か月とは思えない豪快な技を躊躇なくかけられるようになってきました!

5月の新歓合宿、また日々の稽古やトレーニングを重ねることで、どれだけ心技体が成長していくのか、今から楽しみでなりません。

また新入生から私たち上級生が学ぶことも多々あります。
新しく立技、寝技を教えていくと、「なぜこの足が必要なのか」「どのタイミングで手を入れればいいのか」など、いろいろな質問をしてくれるのですが、これらにはっきりとした答えを提示するのが思った以上に難しいのです・・・。

今まで当たり前のように反復してきた一つ一つの動作が、なぜやるのか、どういう意味を持つのか、意識していなかった動きはどう意識して動かすのが最も効果的なのか・・・そういった一つ一つをもう一度自分に問いかける良いきっかけとなっています。

頼りない先輩だと思われるかもしれないけど、一緒に考えていこう!!


練習後には、全日本選手権観戦組とともに夕飯へ出かけました。
実感するのは、「ほんとうに人数が増えたなあ・・・」ということ。
全員一緒にご飯を食べるのは難しくなってきますが、練習に活気が出るのはとても嬉しいことです!
これからも全員が一丸となって、さらに仲間を増やして部活動を盛り上げていきましょう!!

二年 小川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/27(土)大新歓コンパ

昨日4/27(土)は、新入生6人を招き、練習会&新入生歓迎大コンパを行いました!
※例年は4/29に全日本選手権を観戦し、その後大コンパ、という流れですが、今年は4/29も授業日です。そこで、土曜日の練習を午後からにし、そのあと有備館でのすきやきコンパを行うことにいたしました。

練習会とコンパには、野瀬先生、中田コーチとともに、柔友会の荻原会長(S51)、福谷副会長(S52)をはじめ、松本先輩(S47)、林先輩(S53)、山本先輩(S54)、村上先輩(S57)、山口先輩(S58)、長浜先輩(H3)、岩垂先輩(H5)、中田先輩(H8)、植松先輩(H14)、上田先輩(H17)、野瀬先輩(H18)、武元先輩(H18)、菅屋先輩(H18)、山本先輩(H19)、星野先輩(H19)、柿元先輩(H21)、安井先輩(H21)、永井先輩(H21)、荒井先輩(H22)にお越しいただき、また練習前には道傅先輩(S34)、荻布先輩(S45)、田中先輩(H22)が道場に顔を出してくださいました。

これだけ大勢の先輩方とお会いするのは、柔友会総会以来です!!
多くの先輩方に足を運んでいただき、練習会、コンパともに大盛況となりました!
本当に、本当にありがとうございます!!


そして、そんな練習&コンパに参加してくれた新入生は、既に入部している鈴木、青木、斎藤、留学生のミカドミニク、そして現在入部確率70%の萩君です。
新入生の皆さんも、この先輩方の人数にはびっくりしたようで、(かく言う私も驚いてしまいましたが)一橋柔道部の伝統、絆の強さ、諸先輩方の柔道部に対する熱い想いを十分に感じてくれたことと思います!!


練習の方は、春らしい温かさの中、道場を埋め尽くさんばかりの大人数で稽古を行ったため、非常に盛り上がり、いつも以上に集中していい汗をかくことができました!

▼本日より写真は基本的にサムネイルで掲載します。
(クリックすると大きい画像を表示・保存できます)  
130427 稽古風景 (1)

130427 稽古風景 (2)

130427 稽古風景 (3)


乱取りでは経験者の鈴木青木萩君が、柔道部の歴史を彩ってきた歴代の実力者に果敢にチャレンジしていたのが印象的でした。
受験勉強で鈍った体も徐々に調子を取り戻してきたようで、一本では満足せず、同じ先輩に何度も当たりに行っておりました。

130427 稽古風景 (4)

130427 稽古風景 (5)

130427 稽古風景 (6)

130427 稽古風景 (7)

130427 稽古風景 (8)

130427 稽古風景 (9)
▲送り足払いと基本的な動き方についてご指導いただきました。


また、本日はOB会の一橋柔道クラブ(詳細は2/24記事参照)も正式発足ということで、メンバーの皆さまは特に積極的に稽古に取り組んでおられました。

130427一橋柔道クラブ
▲一部メンバー以外の人も写っているそうですが・・・


稽古の後の新歓コンパでは、5卓に分かれすき焼きを楽しみました。
多くの先輩方から柔道の話やお仕事の話をお聞かせいただきましたが、どの先輩も「柔道部に入ったことは絶対後悔しないから!」と仰るので、新入生たちも大いに勇気づけられたことでしょう!

コンパも終盤に差し掛かり、いよいよ新入生の自己紹介です。
すでに入部を決めた5名はみな、熱意溢れる言葉で、意欲的に柔道にとりくむ決意を示してくれました!!
我々上級生も彼らの決意をしっかりと受け止めて、ともに心技体を磨いていこうではありませんか!

そして!
最後に自己紹介をした未入部の萩君に注目が集まります。
気のせいか、OBの先輩方・部員ともに正座し、目の前の畳のスペースを空け始めています(笑)

「入部確率は・・・

・・・100%です!」


萩君、入部ありがとう!本当に嬉しいです!!
これからどうぞよろしくね!!!!


130427 新歓コンパ (1)

萩君の入部で会の盛り上がりは最高潮に達し、部歌斉唱、万歳三唱で幕を降ろしました。

130427 新歓コンパ (2)

130427 新歓コンパ (3)

130427 新歓コンパ (4)

4月ももう終わりですが、これで留学生を含めて6人の新入部員を獲得することができました。
しかし、まだまだ迷っている新入生はいるはずです!
5月に入っても部員一同、引き続き新歓活動に精を出してまいりますので、諸先輩方に於かれましては、引き続きご支援のほど、どうぞよろしくお願いします!!

3年 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/26(金)

ここ数日肌寒い天気が続いておりましたが、本日は気持ちの良い暖かさ。
まさに、柔道日和です!

今回の稽古には新入部員鈴木、斎藤が参戦!


実力者・鈴木の相手をする時は、上級生も必死です。

130426 稽古風景 (2) (150x200)

秋田の高校生チャンピオンだった鈴木、自分(板羽)も恥ずかしながら何度も一本を取られてしまいます・・・・本当に悔しいです。
まだまだ自分の努力が足りていないことに身をもって気付かされ、「もっと強くなりたい」という気持ちが勢いよく膨らんでいくのがわかります。鈴木の加入は、我々上級生にとって大きなインセンティブとなっているのです。
その一方で、鈴木自身の練習にならなければ意味がありません。
我々がもっと強くなり、鈴木ももっと強くなり、そして我々ももっともっと強くなり・・・という理想のスパイラルを目指しましょう。
ということで、これからも鈴木にはどんどん上級生が当たっていくから、よろしくね!

一方、柔の道を歩み始めて間もない斎藤ですが、息を上げながらも必死に練習メニューについてきてくれています。

130426 稽古風景 (1) (176x200)

しかも、ただメニューを消化するだけでなく、教わった内容を自主的にその場で繰り返して確認しており、並々ならぬひたむきさが窺えます!!
とても素直で体格にも恵まれている斎藤は、今後一橋柔道部に新たな風を吹き込んでくれること必至です!
十字固、そして大内刈と・大外刈は大きな武器になると思うので、コツコツと稽古を積み重ねて必殺技へと磨きあげていきましょう。
(体を貸してほしい時はいつでも先輩に言ってくれ!)


練習後は皆でやよい軒へ。
一旦稽古を離れれば、学年や先輩後輩に関係なく同じ釜を食う仲間として共に行動するのも柔道部の魅力です!
出会ってまだひと月も経っていないのがウソのようです。
そんな打ち解けた会話をしつつ、稽古で体力を消耗し栄養を欲しがっている身体に大量の栄養を注ぎ込むのでした。


さて、このブログでも多くの部員が述べていますが、柔道部は本当に本当に楽しいクラブです!
国籍、趣味、キャラクター等、様々な面で異なる人材が、強くなるために柔道を楽しんでいます。一橋における「人種のるつぼ」と言ってもよいでしょう。
いつもグループの中心にいるあなたも、どうも人と馴染めないなぁというあなたも、柔道部は新たな「人種」を絶賛募集しています!!!

明日は稽古のあとコンパを予定していますので、新入生の皆さんと楽しいひと時を過ごせることを、楽しみにお待ちしています!!


主将 板羽

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/25(木)

今週は寒暖の差が激しく、部員の中には体調を崩している者もおります。
このブログをご覧の皆様も、どうか体調にお気をつけ下さい。


さて、今日の稽古には、新入生の石田君が参加してくれました。

130425 石田くん1

柔道経験者の石田君ですが、やはり久しぶりの柔道は大変だったようです。
適宜途中で休みを入れながら、打込や乱取に参加してくれました。

130425 石田くん2

それでも休憩中には「早く体力を戻したい!」と悔しさを滲ませているあたり、秘めたる闘志を感じさせてくれます!


その後、石田君体調が回復したところで、皆で夕飯を食べに行きました。

久々の稽古で疲れきっていた石田君でしたが、すた丼をペロリと平らげ、部員を驚かせておりました!
「すた丼が大好き」という石田君。一橋生の鏡です!
いくらでもご馳走するので、今後もいっぱい一緒に食べに行きましょう! !
(もちろん、稽古の後にね♪)

3年 古川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/24(水)

今日はトレーニング日です!
空きコマや都合のいい時間を見つけて、筋力増強に励みました!

自分は新入部員の鈴木、青木と共にトレーニングを行いました。
二人とも積極的にトレーニングに励んでおり、頼もしいばかりです!

インターバルの間雑談をしていると、青木は高校時代ラグビー部だったこともありタックルが得意とのこと。
現在の国際ルールでは禁止技となってしまった双手刈も、旧三商大戦では使用が認められているので、これは大いに期待が持てます!

二人とも早い時期に入部したということもあり、すでにかなり打ち解けている様子でした。

四限後にはついに昨日入部を決めた斎藤も、田澤&サニーの強力コンビに挟まれて、デッドリフトを行っていました!
彼も入部前から何回かトレーニングに参加しているので、大分慣れてきたようでした。

筋肉痛を楽しみつつ、明日も頑張ります!

2年 四戸

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/23(火)

近頃の激しい気温の変化に体調を崩す部員もおりますが、鈴木君青木君の新入部員コンビは今日も元気いっぱいです。
そして、今日の稽古には、まだ他の部と迷っている馬場君も参加してくれました!
馬場君、頻繁に参加してくれて本当にありがとう!!


新入生たちの熱い心意気に応えるために、我々上級生も風邪などひいている暇はありません。

全力で運動し、全力で栄養を取り、全力で休む!
正のスパイラルで風邪を吹き飛ばす身体を作ります。


さて、今日の寝技の練習では、馬場君が既に取り組んだことのある横四方固、上四方固などの復習をやってもらったのですが・・・
なんという成長っぷりでしょう!!

抑え込ませてみると、返すのに苦戦するほどきれいな形で抑え込みます!
まさか2週間ほど前に初めて柔道を体験した人間とは、そして実はまだ入部していないなんて、信じられません!

この凄まじい急成長を見せられてしまうと、ますます他の団体に渡すわけにはいかなくなってきました。
馬場君、どうか迷いを捨てて、我々の力になってくれ!!


稽古終了間際には、もう一人の期待の新人、斎藤君が5限を終えて駆けつけてくれました。
柔道場と講義棟の往復にすっかり慣れた様子の斎藤君、部室を大学生活の軸とする姿勢は「一橋生のあるべき姿」と言っていいでしょう!!


そして、恒例の入部確率発表です。


昨日、自己ベストの90%を叩き出した斎藤君の
去就に注目が集まる中・・・

でました!
斎藤君、入部確率100%!!
待ちに待った入部宣言です!!!


毎日部室で顔を合わせる斎藤君、逆にまだ入部していなかったのかと思ってしまうくらい柔道部に馴染んでくれています!
柔道を通して、これからもっともっと固い絆を作っていきましょう!!


馬場君はまだ迷いがあるとのことで、確率の発表は控えますが、柔道の面白さが少しずつ分かってくれているようです。

柔道は等比数列的に面白くなるので、是非これからもどんどん練習に来て、じっくり味わってみて選択してください!
新しい仲間とともに、明日も頑張ります!!

2年 高橋

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/22(月)

先日までの暖かさもどこへやら、突然寒さが戻ってきて、不安定な気候が続いております。
しかし、そんな寒さなど吹き飛ばすかのように、今日も元気よく練習を行いました!

130422 稽古風景 (1) (300x194)

130422 稽古風景 (2) (300x224)

今日の練習には英豪先生と埼玉大学の熊澤さんがいらっしゃりご指導いただきましたが、一年生は、新入部員の鈴木君青木君、そして「稽古に参加しながら入部を検討する」というスタイルを貫く斎藤君が稽古に参加してくれました!
斎藤君、今週もよろしくね!!


さて、今日の立技の打込で、英豪先生から
①膝を柔らかく使うことと
②常に力を入れるのではなく一気に力を放出すること
③体の軸を意識すること

・・・の三点をご指導いただきました。
①および②については、先日来テーマに挙がっている「脱力」にも通じるポイントであり、この3点を打込で意識すると同時に、乱取の中でも実践できるよう取り組んでまいりたいと思います。

また、最後の研究の時間には、熊澤さん横三角の更なる応用パターンをご指導いただきました。
これまで紹介していただいたテクニックも含めて、自分では到底思いもつかないような技術ばかりで、何度も驚かされました。
自分もこのように、理論を高く積み上げていくような柔道ができるよう、がむしゃらに取り組むだけではなく、日々試行錯誤を繰り返し精進していきたいと思います!!


さて、恒例のお楽しみ・斎藤君の今日の入部確率は・・・

でました! 90%!!

もう首から下は完全に柔道部員といってよいでしょう!!
入部へのマジック点灯!?
斎藤君、「バンザイ」の千本打ち込みして待ってるね!!


柔道部では、まだまだまだまだ一緒に柔道を志す新入生を募集しています!!
何かを始めるのに「遅すぎる」ということは絶対にありません!
どんな些細なきっかけでもオッケーです。
少しでも柔道に興味を持ってくれたなら、ぜひ軽い気持ちで練習会に参加してみてくださいね!!


二年 田澤

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/20(土)

春先にしては冷え込む中、本日も気合を入れて練習に臨みました。

残念ながら1年生はスポーツ大会があり、今日の参加者はいませんでしたが、土曜日ということもあって、野瀬師範中田善久コーチ、そして浅賀先輩(S45)、池田先輩(H1)、岩垂先輩(H5)、寺田先輩(H25)がいらっしゃり、ご指導いただきました。
池田先輩はバンコクにて勤務されておりますが、たまたま帰国した折に有備館にお越しくださったとのこと。
貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございます!

さて、いつもの準備体操と寝技補強の後、寝技反復では中田コーチから「形だけの反復にならないよう、逃げる側もポイントを押さえて逃げる動作をするように」とアドバイスいただきました。
反復や打込では「受け」「取り」という役割分担はあるものの、どのような意識でその役割に臨むかによって、稽古の密度は2倍にも3倍にもなりえます。
部員の中で一番柔道経験が浅い自分にとっては、反復や打込に限らず、投込の受けであっても、相手が技に入る瞬間の動きを見極めることができ、受身を取る練習になります。
少しでも早く皆に追いつくために、これからは常に効果を意識して稽古に臨みます!

立技の練習では、浅賀先輩から小内刈についてご指導いただきました。
相手を後ろにのけぞらせるテクニックは、身体がそこまで大きくない自分にとって不可欠な技術なので、しっかりと反復して身につけていきたいと思います!

また、中田コーチから打込の際に気をつけるべき点として「より遠くから、より大きく入るように」とのアドバイスをいただきました。
大きく入ることで、技の威力が増すとともに、形も美しく、見栄えのよい打込ができます。
後輩が入ってきたことで、自分も以前より見られることを意識するようになりました。
少しでもいい手本になれるように、また、新たなライバルたちに対抗できるように、頑張っていきたいと思います!

最後の研究の時間には、野瀬師範から、立技は技の受け方について、寝技は十字固めに至る動きの中でのポイントについて、それぞれご指導いただきました。
技を受けるときに「力を抜く」というのは、人間の本能に反する動きであり、十分に修練を積まなければなし得ないものと思われます。
しかし、これまでも中田コーチ(H25.4.13記事)や、柿元先輩(H24.10.27記事)、埼玉大の冨田さん(H24.6.5記事)など多くの方が「力を抜くこと」の重要性に触れており、柔道のレベルがあがれば必ず身につけるべき技術であることは疑いありません。
逆に、身につけなければ「柔能く剛を制す」=「柔道」を学んだと胸を張れないようにも思います。

果てしなき柔の道――
まだまだ歩みだしたばかりではありますが、これからも精進してまいりますので、引き続きご指導のほど、よろしくお願いいたします!!

2年 相川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/19(金)

冬が戻ってきたかのように、突然寒くなった国立。
予報によると、日曜まで寒さが続くようです。

最近の稽古ではかなり汗の量も増えてきていたのですが、今日は一転して畳が冷たく感じます。
季節の変わり目、体調に気をつけつつ張り切っていきましょう!


さて今日は月曜に引き続き埼玉大から熊澤さんがご来場。
稽古をつけてくださいました。

今日は留学生のドミニクと組んで打ち込みや反復を行いました。
ドミニクに技を教えるときは、自分が見本を見せてから簡単な英語で説明するのですが、それだけで言いたいことは大体伝わっているようです。
細かい微妙な動きを説明するにはサニーチーハオに通訳してもらわなければいけませんが、ほとんどの場合その必要がなく、片言の英語であっても伝わってしまうのが、柔道の素晴らしいところです。
おそらく、柔道そのものが言語同様のコミュニケーションツールとして機能しているのでしょう。


稽古の最後には、熊澤さんに三角絞め変形パターン、応用技術を教えていただきました。
三角絞めは熊澤さんが最も得意とする技だそうで、実戦を想定した様々なバリエーションをご紹介いただきました。
状況に応じて使い分けるにはそれぞれのパターンを十分に反復し、身体に覚え込ませなければなりません。
今後、時間をかけて修得していきたいと思います!
熊澤さん、ありがとうございました!


今週は5限が無い日はすべて稽古に参加してくれた斎藤君
本日の入部確率は75%!
つ、ついに3/4を超えました!!
そして、参加率はすでに3/4を超えています!!(笑)

斎藤君、これだけ練習に来てくれるということは・・・!?
我々の期待も、すでに100%を超えています!
斎藤君、来週もいっぱい参加してね!!!


副主将 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/18(木)

本日の気温は23度!
国立の桜も散り、本格的にへと移行しつつあります。
有備館では新入生が加わり、ますますアツい稽古が行われています。


本日も馬場君が稽古に参加してくれました!
最近、馬場君は授業の合間にも部室に入り浸っており、すっかり居心地が良いようです。
「今日は一本背負いを練習しに来ました」と馬場君。
テーマを持って稽古に臨むとは・・・もう上半身と左足まで入部していると言ってよいでしょう!

寝技乱取りでも積極的に、そして楽しそうに稽古に取り組んでおりました。

また、既に入部している留学生のミカドミニクも、日々稽古に励んでいます!

写真 (300x207)
(白帯が足りず黒帯を締めています)

現在、柔道部にはフィンランドポルトガル、シンガポール、ロサンゼルスの留学生が揃っています。
もちろん韓国のミンも、いつも我々の心の中にいます!

留学生たちは英語でコミュニケーションを取っているため、日本人の部員たちも自然とリスニング能力が備わってきます。
安倍内閣でTPP参加が決定し、更なるグローバル化が進む中で、今後ますますコミュニケーション力の必要性が高まってくることでしょう。

しかし、言語は所詮コミュニケーションツールに過ぎません!
「国家の品格」で藤原正彦先生が述べているように、中身のないコミュニケーションは無意味です。
自国の文化に精通してこそ、国際社会で胸を張ってコミュニケーションが取れるというものです。
国際社会にも広く認知されている日本の伝統文化とは何か?
そう、柔道です!
柔道の稽古を通して「礼に始まり礼に終わる」「精力善用・自他共栄」といった、武士道にも通じる日本の伝統的価値観を、自然と身に着けることができるのです。


柔道部はまだまだ引き続き、新入生を募集しています!
将来世界で活躍したい新入生は、ぜひ柔道をご検討ください!!


3年 福島

| 日誌 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/17(水)

今日は水曜日恒例の筋肉トレーニングを行いました。

新入部員の鈴木君、青木君、ドミニクさん、ミカさんそして新入生の斉藤君が先週に続いてトレーニングに来てくれました。

ケガ防止・当たり負けしない体づくりを目的に始められた水曜日のトレーニング。
毎週続けることで、皆の体格がより格闘家らしくなり、筋肉痛を感じては超回復の予感にワクワクしています!

現役部員は去年よりももっと記録を伸ばすこと!
新入生は受験で落ちた体力を取り戻し、怪我をしない丈夫な体を作ること!
今年も目標をもってトレーニングに励んでいきましょう!!

一橋大学柔道部では、安全に配慮した活動を行っています。
柔道未経験者だけでなく、運動初心者の方も安心して柔道ができますので、是非見学にいらして下さいね!


3年 古川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/16(火)

四月半ばとなり、部活・サークルを決める新入生もちらほら見られるようになってまいりました。
まだ決めかねている新入生の方は、ぜひ柔道場に立ち寄ってみてください!
性別・国籍・経験・体型など、一切関係なし。
柔道を志す方はどなたでも大歓迎いたします!!


さて本日は新入生の馬場君、齋藤君が稽古に参加してくれました!

最近はほとんど毎日のように練習に来てくれている、齋藤君と馬場君。
今日も積極的に約束稽古や反復に取り組んでくれました!!

寝技乱取では、玄人肌の丸山に挑戦した馬場君が、終わった後に「おもしれー!」と叫んでいたのが印象的でした。
そう、寝技はおもしろいんです!!

柔道というと、どうしても見た目に派手な立ち技のイメージが先行しがちですが、寝技は怪我をする可能性が低く、初心者でも研究と稽古を重ねれば比較的短期間で実力を伸ばすことがでます。
さらに、寝技には体重や腕力の差を簡単にひっくり返すことができる技術が多数存在しており、素早く動くことよりも、ポイントを押さえた動きによって相手を制することができるため、じっくりと互いの隙を探り合うような駆け引きの楽しみもあります。

これは実際に経験してみないことには分かりませんので、「柔道は危険そう」と遠ざけてしまっている方にもぜひ体験してみていただきたいです!
馬場君のように「おもしれー!」と叫んでしまうこと請け合いです!

立ち技乱取り、整理体操後には入部確率の発表です。

斉藤君は前回より5%アップの70%
馬場君は前回より15%アップの80%でした!!


2人とも、これまでの練習参加を通じて柔道の楽しさ、奥深さを実感し始めているはずです!

あとはその感覚に忠実になるだけです!
Don’t think! Feel!



さて明日はトレーニング日です。

技を知りたい!投げたい!という貪欲な新入生には、個別に体験会も実施しますので、ぜひぜひ有備館に足を運んでみてください!

3年 田中

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/15(月)

月曜4限は一橋の大人気講義”武道としての柔道~その技と心~”があります。
今年度の初回授業が本日開講されました!

講師に野瀬英豪先生をお招きしたこの授業、超一流の指導者に週1回ご指導いただけるという、非常に贅沢な一コマなのです。
本年度も35名の受講者が集い、有備館はまさに白熱教室と化しました。

特筆すべき点は、女性が14名もいることです!
・・・柔道の魅力に魅かれて?はたまた英豪先生の甘いマスクに魅かれて?(笑)
真相は藪の中ですが、何はともあれ多くの学生が柔道に触れる機会を持ってくれることを私は嬉しく思います!
今回は礼法と、柔道の動きに慣れることがテーマでしたが、皆さんとても楽しそうに受講しておりました。
柔道部は授業のアシスタントをしているので、お気軽にご質問ください!
(もちろん、「投げさせてください」も大歓迎です!)
そして一人でも多くの方が柔道の楽しさを知り、我々の仲間になってくれることも密かに期待しております!


さて、授業の後はそのまま稽古に突入です。

本日は埼玉大大学院生の熊澤さんに御来場いただきました!
また、新入生は鈴木君(入部第1号!)、青木君(入部第2号!)、斎藤君、萩君、馬場君が参加してくれ、交換留学生のミカさん(入部第3号!)、ドミニクさん(入部第4号!)も稽古に来てくれました!

少々蒸し暑さを感じた今日の有備館でしたが、人口密度とみんなの熱気も影響したのかもしれません。
大人数で、活気溢れる稽古を行うことができました!

20130415 稽古風景 (3) (172x200)

20130415 稽古風景 (2) (172x200)

20130415 稽古風景 (1) (180x200)


乱取では、青木君闘志あふれる柔道が印象的でした。
体格差があろうとも、経験や筋力の差があろうとも、自分から積極的に技を繰り出し、投げられても抑えられても妥協しない柔道。
強くなるためには、こういう練習をしなければなりません!!
気持ちを前面に出して闘う「アツい漢」青木、今後がますます楽しみです!

斎藤君、馬場君の初心者コンビも負けていません。
斎藤君は大外刈り、馬場君は背負い投げを中心に、約束乱取で果敢に技を仕掛けます。
二人ともセンスあります!(手垢にまみれたお世辞ワードですが、こればかりは本気です!笑)
斎藤君は豪快な大外刈りのあと、首をかしげながら一人でフォームチェックを行っているし、馬場君「ちょっと投げてみてください」と部員にお願いしだすという、どちらも負けず劣らず非常に研究熱心です。
「投げる」ことの楽しさに気付き始めてくれたのではないでしょうか?

最後に、三角絞めの名手熊澤さんから横三角の入り方についてご講義いただきました。

始点から極めの部分まで、一つひとつの動作が合理的かつ画期的で、自分では到底思いつかないポイントにまで気を配って技を掛けており、目から鱗の連続でした。
とくに、乱取で何度も何度も一本取られた技の講義だったので、まさしく身を以て学ぶことができたと思います。
何度も反復して、自分の技にできるようにしましょう!

さて、今回参加してくれた新入生(未入部)の入部確率は・・・

斎藤君65%!!
萩君70%!!
馬場君65%!!


なんと、全員50%超えです!!
みんなもう上半身は入部していると考えてよいでしょうか?



冗談はさておき、柔道部に入部すれば充実した学生生活が待っています。
自分の目標、チームの目標にむけて直向きに努力できる場。
1つの目標のもと仲間と切磋琢磨し、喜び・悔しさを共有できる場。
一橋大学柔道部は、最後の学生生活を謳歌するのに最高の舞台です!
「人間力を鍛えたい」というあなたも、
「大学で部活なんて」というあなたも、
どうか一度、道場へお越しください!
部員一同、あなたの踏み出した一歩を、全力で応援します!!

20130415 稽古風景 (4) (300x180)
▲飯を食う時も、全力です♪

主将 板羽

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/13(土)

先日までの肌寒さもようやく和らぎ、今日は比較的過ごしやすい陽気となりました。
新入生はクラス対抗のボート漕ぎ大会があるとのこと。
「精一杯応援してきてね!」と送り出したような気もしますが、なんと2人の新入生が柔道部の稽古に参加してくれました!
私たちとしては非常に嬉しいのですが、クラスの子たちとも仲良くしてあげてね(汗)

さて、本日の稽古には、中田善久コーチのほか、山口先輩(S58)、中田先輩(H8)、上田先輩(H17)、野瀬先輩(H18)、寺田先輩(H25)、上田先輩の同僚の上河邊さん、そして楽天柔道同好会からイートンさんディミトリーさんにお越しいただきました。
平日の多くは新歓行事など、稽古に十分なエネルギーを注げない分、今日は部員一同全力で稽古に取り組みました!

まずは寝技です。
今日はせっかく来てくれた新入部員・鈴木君に得意技の「横返し」を紹介してもらいました!
無駄のない動きで相手を制する鈴木君。繰り返し反復と研究を重ねてきたことがよく分かる、洗練された技でした!
一人一人が自分の「得意技」として胸を張れる技を持つことは、一橋柔道部の今年度のテーマの一つでもあります。
彼のように堂々と得意技を紹介できるよう、自分の技にも、もっともっと磨きをかけていきたいと思います!!

一方、今回で4度目の練習参加となる齋藤君は、横四方固め、十字固め、送り襟絞めの3つの新しい技に挑戦しました。

20130413 稽古風景 (1) (300x197)

178cm・80kgと体格のよい齋藤君は、抑え込みも力強く、教えられたことを直向きに実践しようとするため、上達も早そうです!
齋藤君、ぜひぜひ一緒に強くなりましょう!!


立技では、OBの先輩方や出稽古で参加してくださった皆さま、そして新入生の鈴木君も加え、大人数での活気のある乱取をすることができました!

20130413 稽古風景 (3) (300x168)

山口先輩からも技を教えてもらった齋藤君
「自由に投げてみていいから」と、約束稽古をしてみたところ、豪快な大外刈り内股が光っておりました。
寝技のみならず、立ち技のセンスもありそうです!
練習を重ねれば、きっと将来の「得意技」になるはずです!!


練習後には、中田コーチ、野瀬先輩から講習をしていただきました。

中田コーチからは、技の受け方の講習をしていただきました。
中でも「力を抜いて、相手の力を受け流す」技術は、とくに力んでしまいがちな試合の場で実践するのは非常に難易度の高いものとなりますので、普段の乱取りで繰り返し試して、体で反応できるよう徹底していきたいと思います!

野瀬先輩には、(中田コーチからのリクエストで)十字固めの講習をしていただきました。
野瀬師範、英豪先生、そして野瀬先輩と、野瀬一家の皆様それぞれから十字固めを教えていただいたことになりますが、共通したポイントを挙げている部分も多く、本当に大切なポイントなのだということがひしひしと感じられました。
今日の講習では私も野瀬先輩から「腕を取れる姿勢になるまでは素早く動くように」とアドバイスいただいきました。
野瀬先輩、ご指導ありがとうございます。
今後の稽古で意識しながら取り組んでいきたいと思います!


稽古のあとは、山口先輩が入部を決めてくれた鈴木君と、本日「65%」と宣言してくれた齋藤君「ぜひステーキをご馳走したい」ということで、皆でテキサスにお昼を食べに行きました。

20130413 稽古風景 (5) (300x233)

鈴木君、齋藤君もステーキをおいしそうに頬張っておりました!
山口先輩、そしてご厚志をくださった野瀬先輩、ありがとうございました!!

2年 小川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/12(金)

本日は我々柔道部をはじめとした武道系の部活六団体が合同で開催する「武道系コンパ」に参加して参りました。

毎年の恒例となっているこの「武道系コンパ」、武道に興味がある新入生の熱意を沸き立たせるのはもちろんのこと、あまり興味がない新入生にもコンパがてらに武道への関心をもってもらおうというイベントです。

柔道部では板羽主将自分(高橋)がいくつかの投げ技を紹介したところ、会場は大いに盛り上がりました!
普段の勧誘では、柔道部の魅力を必死に言葉で伝えようとしていますが、柔道家の我々は言葉よりも身体を使う方が得意であり、やはり技の豪快さを見せることが一番のアピールになる気がします!

さて、他の武道系の部活を見ていますと、護身術的な側面をアピールする団体が多く見受けられました。

柔道というと、オリンピックや学校の授業といったスポーツとしての側面が注目されがちですが、言わずもがな護身術としても十二分に有益な武道です。

自分が思う、柔道の武道として優れている点は・・・
・対人のみならず、すべての衝撃から反射的に身を守る“受身”の技術がある
・形の反復だけではなく、全力で向かってくる相手を制する稽古を日々行っている
・絞め技、関節技などの独自の寝技技術はグラウンドの攻防で絶大な威力を発揮する
技術的&肉体的な成長を目に見えて実感することができ、自信が持てる


ひとり暮らしを始め以前より帰宅時間が遅くなり、人気がない夜道に不安を覚えたことのある新入生は少なくないのではないでしょうか。
そういった方こそぜひ、柔道を体験してみてほしいと思います。

見学だけでも大歓迎!
あなたの参加をお待ちしています!!


ベジータ


二年 高橋

| 日誌 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/11(木)

ご挨拶

読者の皆様

初めまして。去年の10月に入部させていただきましたサニー・ウェビです。
入部してから、三商戦柔友会総会をはじめ、柔道部では数え切れない程の素晴らしい経験をさせていただきました。
そのお陰で、柔道の技を吸収するために入部した自分は、いつしか柔道部の仲間と言語や国境を超える絆を作り、柔道に純粋な恋をしました。
帰国するまで半年しか残っていませんが、本物の柔道家になれるように一生懸命頑張りますので、皆様のご指導ご鞭撻を宜しくお願い致します。

サニー・ウェビ 2012年度交換留学生(法学部)

入部宣言した日の集合写真:一生の仲間
入部記念日

さて、本日のブログに入ります!

4/11/2013

Today’s practice was a continuation of the training sessions geared towards new students and part of our overall schedule of new member recruitment. (新歓) To be honest, having arrived to Hitotsubashi last winter I was unaware that clubs and circles in Japan go to such great lengths to attract new members but I am glad to be here during this momentous time of year.
Speaking of momentous, today we were joined by Yamagishi Senpai, who took time out of his busy schedule to help us with training. Though a prior engagement left him with too little time show us full techniques, his participation and advice during sparring and technique practice is always an invaluable asset to members new and old.

The ever elusive Yamagishi Senpai:
20130411-1 (300x225)

One thing that amazed me about Judo club is the willingness of experienced members to share their knowledge with beginners that join the club. When I joined the club six months ago, I received a tremendous amount of advice and encouragement from fellow teammates and I see that is no different with the members that are thinking of joining this semester. I am sure if they choose to commit to Judo they will gain incredible strength through the unique camaraderie of our club.

Chee How and Shinohe Kun diligently explain the finer details of Judo to a new student:
20130411-2 (300x225)

A day of training cannot be complete without sparring and today both of our new members Suzuki Kun and Aoki Kun showed some of their skills on the ground training with some of the older members of the club. I personally had a chance to train with Suzuki Kun and with the strength, experience and composure I felt from when he trains, it’s hard to believe he just is a first year student. His addition to the club is sure to make an impact at major tournaments this year.

Suzuki Kun working his excellent top control:
20130411-3 (300x225)

Aoki Kun showing off his bottom game:
20130411-4 (300x225)

Not to be outdone, today I worked with Dominic, whom I introduced to the club earlier this week. Though he is a beginner at Judo, he has been working diligently at mastering all the moves we have shown him. Today we focused on some the essentials of Judo including Ukemi (受け身)、O-sotogari(大外刈)、the armlock(十字固め)、back choke(絞め技) and defense from the turtle (亀) position. Even with no martial arts background Dominic’s quick progress shows just how friendly this sport is to beginners. Having such a sturdy build and now that the Judo bug has bit him, I am sure he will be able to make great progress before returning home.

Stretching out after a day’s practice
20130411-5 (300x220)


Well that’s it for today! I hope you enjoyed this blog and if you want to actually try your hand at this amazing sport we are always waiting for you at the Judo Dojo in Hitotsubashi University!
Best regards,
Sanni Wehbe・Exchange Student

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/10(水)

今日は水曜日、トレーニングの日です。

普段の稽古が大切なのは言うまでもありませんが、トレーニングも毎週の積み重ねが体幹を鍛え、ひいては柔道のパフォーマンス向上へとつながるため、稽古と並行して取り組んでいかねばなりません。

思えば昨年の今頃、受験明けの自分はベンチプレスやスクワットで思うような記録が出せませんでした。
中田コーチトレーニング講習でコツを掴んだり、毎週トレーニング記録をつけたりしながら、一年間徐々に記録を伸ばし今の記録にたどり着いたかと思うと、積み重ねの大切さを再認識させられます。
これからも、更なる高みを目指しトレーニングを続けてまいりたいと思います!

ところで、今日もまた新入生の斎藤君、青木君、鈴木君、萩君に加え、留学生のドミニクさん、ミカさんが部室に顔を出してくれました!
新入生たちも柔道部の雰囲気に慣れてくれたのか、ここのところ稽古以外の時間でも毎日のように部室に顔を出してくれます。

今日は新入生や留学生のみなさんにもトレーニングを体験してもらいました。
新入生では、丸山先輩の指導の下、斎藤君がトレーニングに初挑戦しました!

130410 (1) (300x173)

正しいフォームでフルパワーを出すには慣れも必要ですが、斎藤君はとてもいい体格をしているので、すぐに伸びていくことでしょう!!
一方、留学生の二人はベンチプレスやデッドリフトにおいて力強さが光っており、すでにしっかりした体幹が備わりつつあることが見て取れました。
これで柔道の技術を身につけたら・・・末恐ろしい限りです!!

今回のトレーニングを通じ、柔道部では怪我をしないための体作り、基礎となる体力の醸成にもしっかり取り組んでいることが理解してもらえたと思います。
また明日から、筋肉痛の心地よさを感じながら、柔道に邁進していきましょう!!

130410 (2) (300x224)
▲お昼ごはん@スタ丼です

二年 田澤

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/09(火)

本日も新入生の皆さんに一橋柔道部を知ってもらうべく、体験会を行いました!
もちろん普段の稽古の様子を知ってもらうためにも、新入生の体験会と並行して我々は通常通りの練習を行います。

今日の体験会には、新入生の斎藤君、馬場君、そして、フィンランドからの留学生・ミカさんとポルトガルからの留学生・ドミニクさんが参加してくれました。
留学生のお二人は、サニー先輩のお誘いで柔道部に来てくれたそうです。
ドミニクさんはとてもいい体格をしたハンサムガイで、一方、知的な雰囲気を醸し出すミカさんMMA(総合格闘技)の経験もあるとのこと!
稽古の様子を間近で見られ、我々もいつも以上に気合が入ります!!


さて、体験会では初心者の馬場君が積極的に様々な技に挑戦してくれました!
最初は慣れない動きに戸惑っておりましたが、馬場君は非常に呑み込みが早く、兄貴肌の四戸やテクニシャン高橋が隣について丁寧に教えていると、すぐに見事な前回り受身、抑え込み、十字固めといった技を見せてくれました!!

130309 (300x224)


一方、留学生の皆さんはサニー先輩にご指導いただきました。
サニー先輩の巧みな寝技テクニックに、留学生のお二人も興味深そうに技を試しておりました。


後半、立ち技に差し掛かったところで、5限を終えた新入生・斎藤君が合流してくれました。
乱取の様子を間近で見つめる斎藤君。聞いてみると、内股に興味を持ってくれたようです!
内股は野瀬師範、中田善久コーチがともに得意とする技であり、一橋柔道部で練習すれば誰にも負けない切れ味の内股が身につくことは間違いありません!!
ぜひもっともっと内股の魅力を感じ、技の探求への一歩を踏み出してもらえたらと願っています!

また、馬場君は同じく新入生ですでに入部を決めてくれている鈴木君から体落としを教えてもらい、自分の身体で技を受けてみるなど、立ち技においても非常に積極的に体験してくれました。


最後に!
恒例の新入生自己紹介です。

なんと・・・

留学生のミカさん&ドミニクさん、いきなりのダブル入部宣言!!

一橋柔道部のグローバル化も、いよいよヨーロッパ進出です!!!
二人の留学生を迎え、柔道部もより一層賑やかに、さらに国際色豊かな部へと生まれ変わります!
ミカさん、ドミニクさん、入部宣言ありがとうございました!
これから一緒にがんばっていきましょう!!


また、斎藤君馬場君約5割の入部確率を宣言してくれました。
二者択一の選択肢に入れてくれて本当にありがとう!
この確率が少しずつでも上がってくれるよう、我々も全身全霊を尽くして柔道部をPRしていきたいと思います。
是非是非また遊びに来てくださいね!!! 

130309-2 (300x214)
▲板羽主将と肩を組むドミニクさん&ミカさん

2年 相川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/08(月)

本日は柔道体験会と、体験会後にコンパを行いました。
また、野瀬英豪先生も道場にいらっしゃいました。

まず、体験会の方ですが、新入生6名留学生6名、合わせて12名の皆様に参加して頂きました!
今日来てくれた新入生は初心者の方も多かったのですが、積極的に稽古に参加してくれ、また、呑み込みが非常に早いことにも驚かされました!
入部して稽古を続ければ、間違いなく試合で活躍できる選手となることでしょう!
(もちろん、新歓期だからといってお世辞を言っているわけではありません!)

130408 稽古風景 (2) (300x222)

130408 稽古風景 (4) (300x221)

130408 稽古風景 (1) (300x292)


体験会の最後には、野瀬英豪先生に十字固めの講習をして頂きました。
器用な新入生はすぐに手順を覚えて、部員相手に技を試します。
皆さんうまく極められましたか?
もっと反復して身につけたい新入生の皆さん、我々の身体ならいくらでも自由に使ってください!一緒に技を身につけていきましょう!!

130408 稽古風景 (5) (300x225)

130408 稽古風景 (3) (300x218)


稽古後の新入生自己紹介では、何人か「もう少し他の部を回ってみたいと思います」という新入生がおりましたが、ぜひぜひじっくり悩んで、できればもっともっと柔道部のことを知ってくれた上で決断していただければ幸いです!

さて、4/1の記事にも登場した熱血漢・青木君ですが、本日の自己紹介では、ついに嬉しい嬉しい決断をしてくれました!
「入部確率は・・・・100パーセントですっ!!」

部員第2号、誕生です!!
青木君、入部おめでとう!!!!
これからどうぞよろしくね!頑張って一緒に強くなろう!




興奮冷めやらぬ中、体験会後にはテキサスにて新歓コンパを行いました。
コンパから参加してくれた新入生もあわせ、総勢約30名での活気溢れるステーキパーティーとなりました!
コンパには野瀬師範もお越しくださり、嬉しそうに新入生と言葉を交わしておりました。

残念ながら本日新入部員となった青木君は所用にてコンパに参加できませんでしたが、青木君の入部祝いはまた改めて盛大に行うことにしたいと思います。
青木君、なんでも食べたいものをご馳走します!
美味しいものをたらふく食べに行きましょう!


そして、本日体験会やコンパに参加してくれた新入生の皆さん、ぜひ今後も体験会やコンパ等を通じて、じっくりと値踏みしてみてください!
柔の道の奥深さ、一橋柔道部の素晴らしさは、知れば知るほど身に染みて感じられるはずです。

そして!
決心がついたその時には、声高らかに「100%!」と宣言しましょう!
部員一同、心からの歓迎をもって祝福いたします!!
更なる仲間が増えることを、首を長くしてお待ちしています!!!


3年 古川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年 チーハオ 成績優秀者表彰!

人一倍の努力家チーハオより、うれしい報告がありました。
経済学部の3年生進級時に成績優秀者(首席)として表彰されたそうです!

チーハオ表彰 (1)

チーハオ表彰 (2)


以下、チーハオからのご挨拶です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この度、新三年生向けの学部別ガイダンスで、成績優秀者として表彰されることとなりました。
柔道部関係者の皆さま(師範・コーチ・諸先輩方・部員)のしっかりとしたサポートがなければ存分に力を発揮できなかったと思います。

これからも柔道と勉学が両立できるよう、頑張っていきたいと思っております。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

3年 チーハオ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


改めてご紹介しますと、チーハオはシンガポールからの留学生であり、一橋大学に入学してから柔道をはじめました。柔道に対しても非常に研究熱心で、こと寝技への探求心は誰にも引けを取りません。

このようなチーハオが、学問の道においても表彰されたということは、日々柔道に打ち込むチーハオを見ている我々からすると、至極納得のいく結果とも言えます。

とはいえ、本人が語るように、チーハオ自身の絶え間ない努力に加え、先生方や多くの先輩方が我々を支えてくれる環境があってこその受賞であることも忘れてはいけません。
改めてこの一橋大学柔道部で柔道ができることを感謝するとともに、引き続き、文武両道を実践すべく精進して参ります!!

主将 板羽

| おしらせ | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/06(土)

OBの先輩方がいらっしゃる土曜日、新入生にもぜひ来てもらいたいところですが・・・・今日から二日間は新入生歓迎クラス合宿(通称新歓合宿)とのこと。新入生は皆、富士急ハイランドに出かけてしまいました。
新入生には思う存分旅行を楽しんできてもらいたいところですが、雨が心配です。
一日目昼食のバーベキューは無事行えたのでしょうか・・・。


さて、一方の上級生は久々に新歓を忘れての稽古ということで、少し鈍った身体を叩き直すべく、全力で稽古に臨みました。
本日の稽古には、腰の手術から退院して間もない野瀬先生もいらっしゃいました。
電車に乗るのも術後初めてとのことで、最初の遠出が有備館であったということを、大変嬉しく思います。野瀬先生はとてもお元気そうなご様子でした!
また本日は、中田善久コーチ、山口先輩(S58)、池宮先輩(H7)、そして寺田先輩(H25)もいらっしゃいました。

池宮先輩は今まで九州勤務でしたが、今年度から東京勤務となり引っ越して来たということで、さっそく有備館に足を運んで下さいました。
今後も道場へいらしてくださるそうなので、楽しみです!
寺田先輩「府中の職場で研究員の仕事をやっていくので、もしかしたら一生ここに定住することになるかも。アハハハハハ」と仰っておりました。
寺田先輩、末長くよろしくお願いいたします!!


さて練習のほうは、師範から「打込も上達しているし、良い練習が出来ている」とお褒めの言葉をいただきました。今後も慢心することなく、多くの新入生を仲間にし、共に良い雰囲気で練習を行っていきたいと思います!

また講習では師範から十字固めについてご教授いただきました。
これまでも何度か十字固めの講習をしていただき、その度に技術が上達しています。
私も十字固めを得意技とする一人ですが、師範に講習をしていただくたびに皆のガードの技術も上達していくのが、私としては悩みどころです。
(師範が私にだけ十字固めの講習をしてくれれば一番嬉しいのですが 笑)

また師範はいらっしゃる度に、最新の柔道事情に関するお話をしてくださいます。
今回強く印象に残ったのは、技術と筋力についての話です。

野瀬師範によると、韓国の道場などでは正面に「体力第一、技第二」と掲げられているそうで、体力や筋力を重視する風潮があるそうです。それに対して、日本では技術を重視した指導が行われているものの、一方で「正面から組んで、正しい技をかける」というスタイルを徹底するが故に、組み合ってから力負けをすることが多く、国際試合で日本柔道が勢いを失ってしまった一因となっている可能性があるとのことです。
なお、「正面から組んで、正しい技をかける」スタイルで世界を制した山下泰裕先生や井上康生選手は、技だけでなく筋力も相当あったとのこと。
我々も正しく組んで負けない体力をつけていくと同時に、体力が自分を上回る相手に対しては、組手や寝技を駆使して試合に勝つことを意識しなければなりません。

このように、技術のみならず、様々なお話をしてくださる野瀬師範。
いつも部員たちを励まし、心技体をバランスよく育ててくださる中田コーチ。
毎週末のように道場に足を運んでくれる多くの先輩方。
そして、道場には来られなくても、物心ともに柔道部を支えてくださっている四百名以上の先輩方。
柔道部では、様々な人たちに支えられて四年間を過ごすことができます。
それは高校の柔道部とはまた一味違ったものであり、他のサークルでは得がたい貴重な経験であると自負しております。

そんな柔道部で充実した四年間を過ごしてみませんか?
部員一同、アナタの入部を心よりお待ちしています!!


副主将 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/05(金)

Today marked the first day of school for the summer semester of the 2013-2014 academic year, a momentous day of rejoicing - not merely because we get to dive headlong into our books and lectures again, but mainly also because of the uplifting feeling of embarking on a whole new journey, with new comrades among our midst.

130405-1 (300x222)

As our devoted readers who follow this blog conscientiously would know, the freshmen recruitment drive this year is riding on the unprecedented momentum of zealous participation by a core group of experienced judo club members who were formerly supporting pillars of strength at their respective almae matres, as well as adventurous volunteers, who while yet inexperienced, are sure to blossom as budding judo enthusiasts in the near and foreseeable future.

130405-2 (250x244)

As the official scribe of the day, I am proud to report that this momentum is still going strong (with barely any signs of letting up!). In addition to our new resident heavyweight 鈴木-kun (who had wowed us with his skills and 100% affirmation to joining our club), 萩-kun (who had pledged 70% previously - more on this later!), one of the aforementioned experienced freshmen (who just happens to have been born in the UK [how cool is that?!]), dropped by to train with us today. His brimming love for judo was plain in his burning, focused eyes as he sequentially challenged our club members to a bout each during the sparring segment before going on to ask 山岸-san for the last dance (bout) of the day.

After a confidential lecture by 山岸-san on joint techniques (the contents of which are too potent and thus sensitive to be revealed here), we ended the training segment of today's session, which brought us to the highlight of the day...

130405-3 (300x206)

萩-kun's re-affirmation to joining our club! The silence was deafening as we awaited his answer...

"The probability of me joining the club is still... 70%!"
He then added that while the club was an extremely attractive proposition, he still needed to go look around for a bit more before making up his mind.

While we haven't got the answer that we're looking for, 萩-kun's heart and actions speak for themselves (why else would he have joined us time and again, and had as much fun as he did, right? :P). Our doors will always remain open to you, 萩-kun, and all you other judo lovers and budding enthusiasts out there!

3年 チーハオ 

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月スケジュール

4月スケジュールについてお知らせします。

H2504予定表
▲クリックすると拡大します

例年行っている4/29の全日本選手権観戦は今年から授業日となるため実施いたしません。
その代わりとしまして、4/27(土)に新入生を歓迎して大コンパを開催します。

新入生のみなさん、奮ってご参加ください!!


一橋柔道部一同

| スケジュール | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/04(木)

今日は東京女子大学の入学式があるということで、吉祥寺と国立の2手に分かれての熱烈新歓活動です!

チームさわやかイケメン(自称)は、東京女子大学の入学式に潜入してまいりました。
さすがは女子大、非常に華があります!
我々は柔道部特製ビラを手に、未来のプレイヤー・マネージャー候補を求め勧誘活動を行いました。
ビラをきっかけにこのブログを見てくれている東京女子大のみなさん、連絡をお待ちしています!

▼け、警備員さん誤解です!
130404(300x277).jpg


一方、チームTATAMI BOYSは大学内での勧誘です。
クラス別ガイダンスにやってくる新入生を狙い撃ち!
待ち伏せて笑顔で部室へと誘います。

早くも入部を決めた鈴木君、クラスで柔道部のPRをしてくれているようです!
何と柔道部愛に溢れる新入生でしょう!
我々も鈴木君に負けぬよう、柔道部の魅力を全力でPRしてまいります!!


そして、熱烈な勧誘の結果、昨日に引き続き多数の新入生に部室へ来てもらうことに成功しました。
そのうちの一人、斎藤君は何と2日連続部室に訪れており、すでに我が家の如くくつろいでくれております。
斎藤君、なんなら住民票を部室に移してくれてもいいんだよ!

斎藤君は、練習会では「腕拉ぎ十字固め」に興味を持ったようで、目を輝かせながら試しておりました!
残念ながら用事があり途中で帰ってしまいましたが、柔道にはまだまだ色々な技があるので、またいつでも遊びに来て下さい!待ってるよ!

明日から遂に学校が始まりますが、柔道部は引き続き、いえ、いつまでも勧誘を続けて参ります!
何かを始めるときに、遅すぎるということはありません。
新入生はもちろん、2年生以上でも大歓迎です!
どうぞ気軽に道場へお越しください!


3年 福島

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/03(水)

本日は新勧の一巻として、履修相談会及び体験会を行いました。
今日も沢山の新入生に来ていただき、我々も大変嬉しく思っております!

まず、履修相談会についてですが、色々な学部の新入生を相手に、履修のルールなどについて説明致しました。
柔道部は全学部の学生を有するわけではありませんが、どの学部の新入生の相談にも答えられるよう、自分の学部とは異なる学部についても知識を集めています。

思えば去年の今頃、自分は「まさか柔道はやらないだろう」と思っていたのが、この履修相談で他の団体よりも百万倍丁寧に教えてくれる先輩方を見て、「柔道部、アリかも知れない」と心変わりしたのを思い出します(笑)

履修相談だけでも全く構わないので、是非一度部室に遊びに来て下さい!
(連絡をくれれば、いつでもどこでも飛んで行きます!)


次に体験会についてですが、新入生の前で、大外刈内股などの技を披露致しました。
柔道場に入るのも初めて、という新入生もいて、部員同士で軽く投げ合っているのを見て、「思っていたより痛くなさそう」と好印象を抱いてくれました。

新入生の皆さんにぜひ知ってもらいたいのは、現代の柔道畳はある程度柔らかく、マットのように衝撃を吸収してくれるということです。
もちろん、最初に繰り返し受身の練習を行いますので、衝撃をしっかり受け流せるようになれば、固い畳の上であっても全く痛くありません。
柔道はスポーツ感覚で楽しめるものと捉えていただければと思います。

また、経験者であっても、繰り返し安全指導講習を行うとともに、定期的にトレーニングを行うことで、部をあげて怪我をしない体作りに取り組んでいます。
新入生の皆さんにはこれを機に安心して柔道にチャレンジしていただければ幸いです!

明日以降も新入生を歓迎するイベントを沢山用意しています。
興味がある方は勿論、柔道に興味が無い方も是非一度遊びに来て下さい!


2年 四戸

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/02(火) 入学式

Though my usual practice has been to take a moment to rub my groggy eyes before struggling to get out of bed, the instant the alarm clock went off this morning, I snapped wide awake, in full alert. And so, the battle begins, I thought.

The pitter-patter chorusing through the bedside window filled me with dread. So that's how it's gonna be then, eh? As you probably already know, today marked the day of the entrance ceremony for our school, meaning that almost all the incoming freshmen were going to gather in a single location: the hallowed halls of the Kanematsu Auditorium. While this sounds like a fabulous opportunity to recruit new members for our beloved judo club (as it does every year), the only problem is that all the other clubs are also thinking the same thing, which makes for a rather interesting twist on the classic prisoner's dilemma. In a nutshell, if you rush in and throw out all the stops in attracting the attention of the freshmen, all that happens is that every club ends up putting in more time and money to little effect; sit this event out though, and you miss out on the best chance on the calendar! A truly hideous catch-22, if you will. Upon detailed planning and careful consideration, the latter alternative was judged to be much too foolhardy to risk, and we agreed to take up the challenge of direct competition with all the clubs in town.

Pitter-patter. Rain (a real monkey wrench if there ever was one) and plans torn asunder (not).

Though all of us knew upon leaving our respective residences that the crazed scramble (not too unlike the grand melees that persisted throughout the period of warring states [sengoku-jidai]) to catch hold of freshmen had just got that much more arduous, we threw aside our fears and marched on towards the battleground.

The initial battles were furious as we braved wildly swinging umbrellas, demoralizing disinterest and the thronging crowds to approach as many freshmen as we could. The start of the entrance ceremony itself furnished us some brief respite as we regrouped, polished our strategies further and repositioned our forces for the second firefight, newly reinforced by our ever-supportive coach and seniors, Nakata-san and Nagahama-san.

An hour of persuasive wrangling, shameless advertising and guerrilla ambushes later, we were pleasantly surprised with our spoils of war: 12 freshmen, brimming with zeal, joined us for lunch at Gagetsu, a premium Chinese restaurant in Kunitachi. Although 湯生-kun, 浅川-kun, 浅岡-kun, 尾高-kun had to leave early because of prior commitments, the steadfast commitment by 青木-kun, 鈴木-kun, 萩-kun, 斎藤-kun, 三井-kun, 坂本-kun, 石田-kun and 熊谷-kun gave us the zeal to carry on in our push to increase the number of members in our club.

After a scrumptious lunch, we proceeded to the dojo with the remaining freshmen. Before training began, all we had to cling onto was the promise from our coach that training today would last about an hour or so, but boy were we in for a surprise! Instead of our usual warm-up exercises, coach implemented a couple of fresh ideas that tested not only our physical strength and stamina, but also our reaction time and other elements that are key to how we spar in the dojo. Amongst the club members and the freshmen, the single person with the most exceptional performance would be Shinohe-kun, without a doubt. When commanded to respond in the opposite manner to the instruction given, he went on to act in a predictable, almost comedic manner.

After copious warm-up and technique drills, we moved on to sparring. What amazed us and shocked us simultaneously was the competitive, dynamic pace that the freshmen demonstrated throughout the six bouts of sparring.

0402-13 (300x225)

0402-15 (300x218)

0402-5 (300x242)

0402-2 (300x219)

Thank you, juniors, for pouring out your hearts and souls into the practice today! We really appreciate your burning spirits and will be sure to put our 200% into making the club a more fun and dynamic place to be!

3年 チーハオ

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/04/01(月)

今日は新入生のプレイスメントテスト(英語力のレベル分けテスト)があったため、その前後を狙って新入生に声をかけたところ、何人かの一年生が部室へ履修相談に来てくれました!


また、新入部員一号の鈴木君、そしてブログをいつも読んでくれているという青木君も部室へ遊びに来てくれました。
二人とも同じ社会学部のようで、話も弾んでおりました。
なんだか大学生活のいいスタートが切れそうで、安心しました!
「一緒に強くなろう」という鈴木君の言葉に青木君闘志を燃やしてくれたようです。
青木君は部室が大変気に入ったようで「イメージよりずっとアットホームで安心しました!」と嬉しいことを言ってくれました。

この部室は僕らにとっては、傷ついた身体を休め、勉学に勤しみ、仲間と交流を交わす、まさに家そのものなのです!!!

▼時には食べ・・・
0922反乱 (2) (300x219)

▼時には鍛え・・・
1024 fukushima


アットホームなのは当然、ここが「ホーム」なのですから(笑)
部室の魅力を伝えつつ、今後も精力的に新歓活動を繰り広げてまいります!

明日は入学式です!
柔道部では、雅月で食事会を行った後、練習会を行う予定です。
経験者はもちろん、未経験者もぜひ気軽に遊びに来てください!


2年 四戸

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月月報

  ~ 月報“ 一道 Vol.24“ 4月号  ~
祝・発行2周年&新歓特別号
“別れ、出会い”


*目次
1.中田コーチご挨拶
2.一時帰国の挨拶(閔永基)
3.4月取り組み目標
4.4月のイベント
5.新歓速報
6.OBリレートーク(平成15年卒芦本先輩)
7.信州大合同合宿を終えて
8.OB番外編(ブログより抜粋)
9.編集後記

1.中田コーチご挨拶

桜咲く一橋大学柔道部

コーチ 中田 善久

柔友会の皆様におかれましては、益々ご健勝のことと拝察いたします。
いつも学生に対する多大なるご支援、ご指導を賜りまして誠にありがとうございます。
僭越ではございますがご挨拶兼ねて柔道部の近況報告をさせていただきます。
今年も国立有備館にこの季節がやってまいりました。桜満開の大学通りは例年通り活気に満ち溢れております。
今月は、月報一道発行2周年と新歓特別号ということで記念号として発行させていただきます。
この“月報一道“を定期的に作成、発信させていたくこととなって丁度2年が経ちました。今の柔道部の現状を皆様に伝える必要性と情報の共有を図る目的で始めさせていただきましたが、先生方や多くの先輩方にご協力をいただき、毎月滞りなく作成させていただくことができたこと、改めて皆様に感謝いたします。このたび1つの節目として、この月報の編集を丹羽君(平成23年卒)に引き継ぎを行い、引き続き発信していくことになりました。今後も、ブログと併用することでリアルな情報を提供できるように工夫をしてまいります。引き続きご協力、ご愛読の程宜しくお願い致します。
また、2年前より始めました新歓プロジェクト、進学高校との交流も例年通り行っております。先月から、千葉高校、浅野高校には出稽古にお伺いをし、また川越高校、浦和高校、海城高校、早稲田高校には有備館にお招きし、合同練習を行いました。この時期に進学高校とのコネクションを持ち、より高校生との距離感を近づけることは、非常に重要な活動であると考えております。実際に各高校一人以上の学生が一橋を希望していることが分かりました。この活動も継続して行い、早い段階での有力な高校生の発掘につなげていきます。
さて、現在新歓活動真っ只中です。ブログ上でもお伝えしておりますが、今年はすでに数名の新入生が柔道部に興味を示してくれており、すでに1名の新入部員を迎えております。このように新歓プロジェクトを立ち上げてからというもの、少しづつ成果となって現れてきております。このように順調に新歓活動できているのも、大月先生、野瀬師範の多大なるご支援、OBの皆様のご協力、ご指導、学生達の情熱の結晶だと思っております。皆様のご協力に対し重ねて御礼を申し上げます。
また、少々残念な報告があります。2年生のミンが韓国の徴兵制度によって1年10ヶ月軍隊に召集され、一時柔道部を離れます。北朝鮮のミサイル問題で非常に緊迫しているとの話も聞いております。ミンには1年10ヶ月の合宿を経て大きくなって戻って来いと伝えました。先日最後の練習会で久しぶりに練習をしましたが、この2年で体重は10kg以上増え、力が強くなっているのに驚きました。同級生と出られる三商大戦には間に合いませんが、皆でミンを応援し、今以上に成長したミンと2年後に再開することが楽しみです。
人の出会い、別れは常ですが、どこで出会い、いつ別れがくるのか分からないのも運命であり無常でもあります。一人ひとりの出会いに感謝し、これから訪れる新たな出会いを逃すことのないようにしっかりと準備をしていきます。板羽主将を中心に部員一丸となって、新歓活動、チーム力向上により一層精進をしてく所存でございます。
今年こそは15人全員で三商大戦の畳に上がること。
そして、8年ぶりの勝利を本気で掴みに行きます。
今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

2.一時帰国の挨拶(閔永基)

「なぜ」

二年 閔永基

去年の旧三商大戦で、惨敗したとき頭ん中に真っ先に浮かんだことばである。始まって僅かの数秒で投げられ、一本負け。苦しかった。皆が、自分の役割をきちんと果たしているのに、自分だけ自分の役割を果たすことができなかったことが、自分さえ、自分の役割を果たすことができたら、チームが勝利できたはずであったことが、2年間、準備してきたことが、僅か数秒で終わったことが、もっと普段頑張れなかったことが、とても悔しかった。
その後、柔道をすることが、有備館へ足を運ぶことが、部員皆の顔をみることが、先生方そして多くの先輩方の前にいることがとても苦しかった。しかし、何より苦しかったのは、自分に対する失望感であった。文頭の「なぜ」に対する答えは、私自身にあった。もっと頑張れたはずである。そして、普段もっと頑張っていたら、同じ結果にはならなかったはずである。このことに気づくことが、何より苦しかった。苦しくてたまらなかった。
この思いを何とかしたい、という動機から予定されていた徴兵を先に延ばし、今年の旧三商大戦、そして、来年の旧三商大戦に出場したいと、親を説得し、奨学金の受給を条件に予定されていた徴兵を先に延ばすことを許してもらったのである。しかし、残念ながら奨学金を得ることができず、今春兵役の義務を果たすため、2年間帰国することになった。
前に進むことができず、この悔いを持ったまま一歩後退することになり、無念である。が、私の思いは、既に2年後に向かっている。まずは、私に今できることをこの2年間続けて行きたいと思う。そして、2年後、より成長したミンとして有備館に戻りたい。悔いの残らないよう柔道をしたい。
まとまりのない稚拙な文章になってしまいましたが、最後に、野瀬先生、大月先生、中田コーチ、及び、多くの先輩方に御礼申し上げます。有り難う御座いました。
そして、今後とも変わらぬお付き合い、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

閔

130322 閔最終日 (5) (1280x904)



3.4月の取り組み目標
・新歓活動に全力を注ぐ
・個人練、自主トレで練習不足を補う

4.4月のイベント
・2日 入学式
・27日 練習会&新入生歓迎会@有備館
例年は29日に全日本選手権観戦と合わせて新入生歓迎会を行っていますが、今年は29日が授業のため、27日練習後に大学近くで計画しております。


5.新歓速報
<ブログより抜粋>
●3月13日記事 鈴木君、いきなり入部確率100%!

●3月29日記事 熊谷君、入部確率80%!

●3月30日記事 萩君、いいやつ!


6.OBリレートーク(平成15年卒芦本先輩)

H15卒(本当はH16卒) 芦本 知明

ご無沙汰しております。芦本です。現役の皆様は私のことを知らないと思いますので、簡単に自己紹介させていただきます。年次では、先月のリレートークの山本君の4つ上、学生指導幹事の上田君の2つ上になりまして、大学に入ってから柔道を始めて、5年間一橋大学柔道部に所属しておりました。卒業後は地元の愛知県に帰り、監査法人で公認会計士をしております。
私の学生時代を振り返りますと、最初の2年間は柔道するか漫画読むか寝るかという生活を過ごし、これでは堕落する一方だと思い、大学3年次から柔道をフルでやりつつ、会計士試験の勉強を始めました。当時は、9時から3時前まで図書館に引き籠って勉強して、3時から6時前まで有備館で柔道をやって、自転車で猛スピードで立川の大原まで行って講義を受けて、9時過ぎに家に帰って深夜まで勉強するという生活を続けていました。結局、4年の三商戦までは柔道をフルでやって、その後しばらく柔道をせずに勉強に専念して大学5年次に試験に合格して、柔道部に復帰して5年次の三商戦に出場しました。
今となっては、学生のころから焦って勉強する必要があったのかどうか考えるところはあります。現役の皆様は、柔道漬けの日々を過ごしている人もいれば、資格試験の勉強やアルバイト等をやりつつ柔道部との活動を両立しようとしている人もいるかと思います。卒業してから思うのは、勉強はいつでもできるが、柔道は学生の時にしかできないということです。現役の皆様は、悔いのないよう、柔道をがんばってください。陰ながら応援しております。


7.信州大との合同合宿を終えて
 去る3月7日~9日、信州大学柔道部との合同合宿を実施いたしました。ここ数年、信大の皆さんにお越しいただくのが春の恒例となっております。一橋・信大ともに1年生が入部し、昨年よりも賑やかな練習を行うことができました。
実践的なメニューが中心の合宿でしたが、普段やらない相手との乱取は刺激的で、一日一日、練習の一回一回が非常に楽しく、あっという間の3日間でした。また、最終日には信州大の松永師範に御来場いただき、高専柔道で培った寝技の技術をご教授いただきました。昨年度に引き続き目から鱗の連続で、早速稽古で活用させていただきたい技術ばかりでした。長野と東京、距離は離れていますが、今後ともこのご縁は大切にしてまいりたいと思います。松永先生、信大柔道部の皆さん、ありがとうございました。

130309 集合写真 (1024x641)


8.OB番外編
① 木村先輩・寺田先輩大学院ご卒業

② 星野先輩ご結婚


9.編集後記
 速報でご紹介いたしましたが、秋田高校出身の鈴木遼平君が合格発表直後に入部宣言をしてくれ、新歓シーズンは好スタートを切ることが出来ました。その一方、閔の一時帰国が決定したのも最近のことです。一橋柔道部は今春、出会いと別れを両方経験しました。閔が再び有備館に戻るのは2年後、ちょうど現在の2年の代が卒業する春になります。その時には彼の復帰を沢山の後輩が迎えられるよう、これからの新歓活動に全力で邁進して参りたいと思います。先輩方におかれましては、今後とも格別のご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。最後に、ご寄稿頂いた中田コーチ、芦本先輩、お忙しい中ご協力ありがとうございました。今月号は板羽が担当致しました。引き続きご愛読の程、よろしくおねがいいたします。 

以上
柔道部員一同

| 月報「一道」 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |