一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013/05/31(金)

天候は一転、晴れ渡る空の下、大学内は何やらテントまみれ、大きな看板もちらほら。
そう。実は、明日はKODAIRA祭です!(すっかり忘れておりました(笑))

もちろん、柔道部も明日のKODAIRA祭では、お祭りの勢いに負けないくらいの勢いで、普段通りの稽古を行います!諸先輩方もお気兼ねなく足をお運びください!!


さて、本日も柔道部はキャンパス内の浮足立つ学生たちを横目に、真剣勝負の稽古に励みます。
晴れてはいるものの、梅雨入りした国立は非常に蒸し暑く、汗の量も尋常ではありません。熱中症を予防すべく、こまめな水分補給をしつつ稽古に臨みます。

厳しい環境においても部員たちは皆前向きで、黙々と柔道を楽しんでおりました!(こういうところも、一橋柔道部の良さの一つです!)


本日の稽古には埼玉大学・院生の熊澤さんにご来場いただきました。毎回毎回ご足労いただき、本当にありがとうございます!

部員たちは寝技・立ち技ともに、熊澤さんに次々と挑みます。

名門・埼玉大柔道部で技を磨かれた熊澤さんには、やはり何度も何度も投げられ、抑えられてしまいますが、その経験も強くなるためには必要なプロセスだと思っています。熊澤さんの緻密な柔道を全身で味わい、何とかしてそこから逃れるために試行錯誤することが、技術の向上につながるはずです!

みんな、自分よりも強い相手に積極的に挑んでいきましょう!



稽古の最後に、熊澤さんから前三角の講習をしていただきました。オリジナリティ溢れる入り方で、皆習得に手こずっておりましたが、やはり合理的。

個人的に感じたことは、技のメカニズムを理解することの重要性です。
熊澤さんに質問すると、必ずご自身の入り方、体の捌き方のポイントと目的・効果をご提示いただけるのですが、それは技についての深い深い理解があってこそなのだと思います。

ある技がなぜ効くのか、なぜ絞まるのか、なぜ関節が極まるのか。
体を使うことは場所を選びますが、頭を使うことはいつでもどこでも可能です。ふとした時間を有効活用し、自分の技一つ一つについての理解を深めてまいりたいと思います!


これからじめじめとした天気が続きますが、吹き飛ばすくらいの勢いで楽しんでいきましょう!
明日も頑張ります!!

主将 板羽
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/30(木)

今日は、梅雨入りを予感させるじめじめとした天気でした。

屋外スポーツはこの時期なかなか練習ができず困るという話を耳にしますが、柔道は違います。雨や雪、たとえ台風が来ようとも、有備館の屋根に守られ安心して稽古に打ち込むことができるのです。
(唯一、柔道着が乾きにくいのが困りものですが・・・)


さて本日の練習ですが、全体的に一年生が体力を戻してきたな、という印象を受けました。

以前は横エビゴキブリなどの寝技補強だけで疲労の色を見せていたのが、今日は上級生に負けないぐらいのスピードで元気よく跳ねて&這っております!

また、新入生の青木君は立ち技乱取りでも躍動感溢れる柔道を見せ、体重で大きく引けをとる四戸や鈴木君相手でも、小外刈や背負投げなどを駆使して手を止めることなく攻め続けておりました。

練習最後の研究では、サニーさんが去年の三商合宿で皆に教えてくれたスウィープの応用版を教わりました。

これは、スウィープを試みても相手を動かせない時に、相手の片足に自分の体を入れて回す(←言葉ではうまく伝えられませんが)という、難易度の高い高等テクニックです。
スウィープすら知らない一年生はもちろんのこと、 昨年からサニーさんに教わっている上級生でもこの技のコツをつかむのには苦戦しました。

しかし、そこは積極性溢れる一年生たち!
練習後もサニーさんに付き合ってもらい、一年生同士でスウィープの基本形から何度も何度も練習を繰り返していました。
きっとすぐに乱取りでも使えるようになることでしょう。

自分も彼らに負けないよう、貪欲に新しい技を身につけていけるようがんばります!

20130530.jpg


2年 田澤

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/29(水)

今日はトレーニング日、そして月に一度のMAX測定ということで、各々が自分の限界を越えるべくマイッタなしで挑みました!!

中田コーチ曰く“ビッグスリー(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)の合計=体重の四倍”を目標に、とのことでしたが、これは簡単には到達できる数値ではありません(笑)

それでも、去年の目標であった“体重の三倍”は多くの部員がクリアしており、三商期までには全員が四倍をクリアできることでしょう!!
とにかく、マイッタなしです!!

先日の東京学生では技術面も然ることながら、パワーの面でも敵わず、「あっという間に投げられた」というのが自分の試合の印象でした。

柔道の技術は修業すれば修業しただけ確実に向上していくため、同じ時間練習していても既に開いている経験・技術の差を埋めることは容易ではなく、技術面の全てにおいて相手を上回ろうとするのではなく、何とか自分の得意とする形に持っていくこと、そして格上の相手には寝技を駆使して食い下がるということを目標にやっていきたいと思います。

一方、普段から野瀬師範中田コーチがおっしゃる通り、筋力面は経験年数に関係なく継続さえすれば誰でも強化できる分野であります。

そのため特に初心者から始めた者の多い我が部に於いては、ウェイトトレーニングは柔道の練習と同等に意義のあるものと捉えております。

特に白帯の齊藤、馬場にとっては「怪我をしない体づくり」という点で、筋力向上が大きな役割を果たします。(もちろん受身の技術向上は言わずもがな、ですが)

経験者や上級生にとっても、練習に毎日参加する上で、大きな怪我はなんとしても避けたいところです。
靭帯や関節など鍛えようの無い個所は、周りの筋肉でしっかりカバーすることで幾分怪我の可能性が低下することでしょう。

一年間継続すれば、挙げられる重さも大きく向上するので、これからも継続的にトレーニングに励みましょう!!

130529.gif


2年 四戸

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/28(火)

五月末から六月の上旬にかけて一橋大学では中間試験のシーズンを迎えます。
初めての試験を迎える一年生には、ぜひ新歓合宿で鍛えた気力、体力で軽々突破してもらいたいものです。

日曜日の大会から一日休養を取り臨んだ本日の稽古では、試合後に中田コーチ、先輩方からいただいたアドバイスや各自の反省点を意識して練習を行いました。

中田コーチがおっしゃっていたように、普段の乱取りの中でも、
・できるだけ早く自分の組手にする
・相手より一つでも多く先に技を出していく
・立ち技から寝技への移行際を徹底する

・・・など、試合を意識して取り組める点は数多くあります。
これらの点を、意識するまでもなく自然と実行できるよう今後の練習では徹底してまいりたいと思います。

さて、本日の研究では、横四方固めで抑え込む際の足抜きの技術を共有しました。
以前、柿元先輩に教えていだたいたこの技術ですが、特に絡んでくる相手の足の制し方が目から鱗でした。
試合中に寝技を展開できる場面は限られており、更に抑え込みの形にまで至ることは、逃すことが許されない絶好のチャンスです。
このチャンスを確実にものにし、相手を抑えきるために、足抜きの技術は今後も反復していきたいと思います。

写真 2

写真 1

六月末の次の大会では結果を残せるように、頑張っていきます!

2年 高橋

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/26(日)東京学生柔道優勝大会 ~団体の部~

昨日5/26(日)、日本武道館にて東京学生柔道優勝大会(団体の部)が行われました。

今年度最初の公式戦ということもあり、部員一同気合い十分で臨みました!

また本日は監督として上田先輩(H17)、応援には荻原会長(S51)植松先輩(H14)が駆けつけてくださいました。お休みのところ、誠にありがとうございます!

20130526東京学生 (23) (1280x1023)

一回戦の相手は明治学院大学
先鋒より順に、高橋・丸山・田澤・鈴木・小川・四戸・板羽というオーダーで挑みました。

20130526東京学生 (24) (1500x873)

20130526東京学生 (2) (1500x824)

20130526東京学生 (1) (1276x713)


みな積極的に前に出て、臆することなく相対しておりましたが、残念ながら結果には繋がらず、終わってみれば0―5という大差をつけられての敗北となってしまいました。

以下、簡単に各試合を振り返ります。

先鋒戦
 高橋(初/2年)  ✕  入江(弐/1年)
20130526東京学生 (3) (929x743)

20130526東京学生 (4) (840x672)

似たような体格、技をもつ相手との対戦。実力的にも伯仲するが、後半はスタミナ十分の高橋が攻勢。最後まで攻め続けるも取り切れず引き分けとなる。

次鋒戦
 丸山(初/3年)  ―〇 梅津(弐/2年)
20130526東京学生 (7) (826x660)

最初の組み際に放たれた内股で宙を舞った丸山。実力差のある相手に対し、如何にして自分の柔道をするか、課題をつきつけられる。


五将戦
 田澤(初/2年)  ―〇 蓮沼(弐/2年)
20130526東京学生 (8) (1201x959)

20130526東京学生 (10) (959x764)
奥を持たれ組み負ける田澤、大内刈で起死回生を試みるも通じず、そのまま体格差のある相手に大外刈(大外車?)でもっていかれる。


中堅戦
 鈴木(弐/1年)  ✕  吉江(弐/2年) 
20130526東京学生 (11) (883x707)
内股で攻める鈴木、あと少しのところでかわされる。

20130526東京学生 (12) (916x731)
さらに内股で攻める鈴木、引手が不十分で決められず。

20130526東京学生 (15) (918x732)
最後まで攻め続けたが、惜しくもポイントを取ることはできず、引き分けとなった。

三将戦
 小川(初/2年)  ―〇 菅野(弐/2年)
20130526東京学生 (16) (838x670)
積極的に動いて技をかけに行くも、入りが浅くポイントにはつながらず。逆に30kgの体格差がある相手に力でも圧倒され、払い腰はかろうじて有効でこらえるも、その後の逆技をかわし切れず技有、そのまま抑え込まれ合せ技一本となる。

副将戦
 四戸(初/2年)  ―〇 三浦(弐/2年)
20130526東京学生 (18) (947x756)
大学から柔道を始め1年で7人戦に抜擢された四戸。しかし相手は経験・体格ともに格上の相手。奥襟をつかまれ、相手の放った豪快な内股に一本負けを喫する。


大将戦
 板羽(弐/3年)  ―〇 崎原(弐/2年)
20130526東京学生 (20) (836x666)
積極的に寝技を展開し、試合を組み立てる板羽。

20130526東京学生 (22) (896x713)
技が極まりそうな場面もあったが、逆に攻め込まれ危うい場面も。

20130526東京学生 (19) (996x795)
最後は相手の豪快な払い腰にのってしまう。


スコアだけを見ると実力差を感じますが、練習でやってきたことをすべて出しきることができれば、もっといい勝負ができたように思います。

試合後には、中田善久コーチから選手1人1人にアドバイスをいただきました。

今年度最初の試合で、しっかりと各人が課題を把握することができたという意味では、いい結果であったと思います。

次の公式戦は6月30日の全国国立大学柔道優勝大会です。

残り約1ヶ月の練習で、今回見つかった課題を一つでも多くクリアできるよう、意識して日々の稽古に打ち込んで参ります!

引き続きご指導、ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い致します!

三年 古川

| 戦績 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/25(土)

試合を明日に控えているため、本日の稽古は乱取りの本数を減らした調整練習を行いました。

また、本日の稽古には野瀬師範をはじめ、池宮先輩(H7)、柿元先輩(H21)、寺田先輩(H23)にお越しいただきました。



さて、今日の講習では野瀬師範から安全に柔道を行うために、以下2点についてお話をいただきました。

一点目は事故の起こる時期について。

柔道における重大な事故の多くは統計的に4月から7月に起こっているそうで、ちょうど今がその時期に当たります。
確かに、この時期は大学から柔道を始めた者や、受験を終えて久々に柔道を再開した者にとって、相手の技を受ける備えが十分とは言えず、無理をすれば大きな怪我につながりかねません。

また上級生であっても、新たな仲間と乱取りすれば、不意に慣れない技をかけられることがあります。
少しずつ暑くなってくる時期でもあり、集中力も乱れがちです。十分に受け身が熟達していれば怪我は防げるかもしれませんが、やはり強引に投げにいったり、逆に投げられそうになったときに無理に堪えたりすれば、怪我を誘発してしまいます。


もう一点は怪我を防ぐためトレーニングを怠らないように、ということです。

怪我するのは一瞬、怪我を治すにはとても長い時間がかかります。
きっと新入生の初心者二人は、早く皆と同じようにお互い全力で乱取りをしたいと思っているかもしれませんが、そこはグッとこらえて、まずはしっかりとトレーニングで身体を作りつつ、受け身の免許皆伝を目指して頑張りましょう!!
自分たちも先輩として、安全対策には十分に気を配っていきたいと思います!


いよいよ明日は東京学生の団体戦です。
一回戦の相手は明治学院大学となります。
一回戦に勝つと、二回戦の相手は順天堂大です。
二回戦に勝つと、三回戦の相手は中央大でしょうか。
三回戦に勝つと、準々決勝の相手は日体大でしょうか。
準々決勝に勝つと、準決勝の相手は国士館大でしょうか。
準決勝に勝つと、決勝は・・・東海大?明治大?

東京都の層の厚さが伝わってくるトーナメントです!
詳細な組み合わせは東京学生柔道連盟のHPをご確認ください。

9時開会式、9時半試合開始となりますので、諸先輩方に於かれましても、お時間がございましたらぜひ日本武道館へ足をお運びください!
自分も全力で気合を入れて応援いたします!!!


二年 相川

| 日誌 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/24(金)

本日は大分県で気温が35度4分まで上昇し、今年初めての猛暑日を記録したそうです。東京は国立も非常に暑く、練習開始時には有備館の温度計は29度を指しておりました。


しかしながら本日は、こういった気温の「暑さ」よりも部員の柔道に対する「熱さ」の方がはるかに上回っていると感じさせられるような情熱的な稽古でした。


その中でも特に熱いと感じたのは初心者・馬場柔道に対する真摯な姿勢です。

立ち技乱取りでは重量級の田澤板羽にも積極的にお願いしていき、乱取り終了後には「どの点が悪かったか」「どこを改善すべきか」という点について、先輩からのアドバイスに熱心に聞き入っておりました。

技術面ではまだまだ先輩から学ばなければならないこともありますが、柔道に対する熱意の点では先輩や他の一年生にも決して劣らない熱さを持っていると感じました。

また、先週の土曜日には中田善久コーチ内股の講習をしていただきましたが、その際に受けた馬場の内股の入り方や力の入れ方が非常にうまく、「初めてなのになぜそんなにうまいのか?」と尋ねたところ、「YouTubeで井上康生選手の内股のビデオを見て研究した」とのことでした。

熱意の面も然ることながら、技術面でも非常に呑み込みが早く、馬場のポテンシャルは計り知れないと思わざるを得ません!


さて、日曜日は東京学生柔道大会団体の部があるので、明日は調整練習となります。
試合に全力を出せるように、万全を期して臨みます!!

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/23(木)

本日は埼玉大学の熊澤先輩にお越しいだたきました。
気温、湿度ともに快適。
柔道するにはうってつけの好コンディションです!

1年生は毎日、稽古に顔を出しています。
最近、寝技補強の「ごきぶり」を習った馬場、練習前に、にょろにょろと自主練をしております!
なんと頼もしいやつでしょう!

馬場は、ライバルを「同期の齊藤!」と公言しており、お互いに切磋琢磨して稽古に励んでいます。
柔道をするにあたって、刺激しあう同期がいるのは最高の環境といえるでしょう。
(もちろん、二人の成長は部にとってもとてもいい刺激になります!)

20130523 (2)

20130523 (1)


講習では、熊澤先輩よりロンドン五輪-73kg級銀メダリストの中矢選手が得意にしていた亀取りをご教授頂きました。
相手を回転させた後は、帯をつかんでいるためがっちりとホールドできるのが特徴です。
1~3年生ともに日々反復を積んで、得意技にしていきましょう!


さて、最近全日本の柔道界ではサンボのテクニックを取り入れようという流れがありますが、我が一橋柔道部・野瀬師範は現役の頃から既にサンボの有用性に目をつけておられました。(改めて野瀬先生の先見性には心より敬服いたします)

サンボはなかなか身近な競技とは言い難く、その技術を身につけるのも容易ではありませんが、我々の仲間には柔術に長けたサニーがいます。
帰国までに彼の技を吸収し、柔道を多角的にスキルアップさせていきたいと思います!


試合も間近、体調管理に気を付けて、明日も頑張ります!!

3年 福島

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/22(水)

本日はトレーニングDAY

新入生はトレーニングをはじめて1ヶ月ほど経つでしょうか。
正しいフォームが身につきつつあり、それに従い扱える重量も増えています。

今はフォームの改善だけでも重量が増えていきますが、いずれフォームが完成した頃には、今度は己の筋肉との真剣勝負が始まるでしょう。
そこからが本当のトレーニング、どう伸びるのかが見物です!

見物といえば・・・本日四戸ベンチ100kg×8回の目標を達成しました!
始めの頃は50kgでも「上げるのがきつい」と言っていた彼ですが、1年でこれだけ成長を見せました!

一時75kgまで絞られた体は、今では筋肉の鎧を纏い80kg台後半となっております。
最近は乱取りでも「とてもやりにくい」と評判です(笑)

一年生もぜひ四戸を目標にして、柔道とともにトレーニングもがんばりましょう!

副主将 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/21(火)

今日の国立は曇りでしたが、最高気温は27度蒸し暑い夏日となりました。

しかし、今週末は今年初めての公式戦(東京学生・団体戦)です!
試合に向けてのラストスパート、気合を入れて練習に取り組みました!!

130521 稽古風景 (1)

130521 稽古風景 (2)

今年のテーマは「得意技を磨くこと」です。
今週末の試合では何とか得意技を発揮したいところですが、試合で得意技を出せるかどうかは、普段の稽古への取り組み方にかかっている、と言えるでしょう。

1年の時から中田コーチに言われ続けてきたことですが、「練習をどれだけ試合に近づけることができるか」、それによって自ずと試合での成果が決まってくるのです。

乱取りの時も、技の攻防だけではなく、「開始線、場外際を意識する」、「礼をしっかりと行う」、「1本の乱取の中で試合展開をイメージして戦略を組み立てる」といった、試合と同じ状況を想定し、その中で得意技を繰りだしていくことが重要です。
この一週間はそういった点を特に意識して、稽古に臨んでいきたいと思います。


明日のトレーニング、そして木・金・土の稽古によって、着実に精神および肉体の備えを固めてまいります。
今年初めての試合を白星で飾るため、頑張ります!!

副主将 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/20(月)

May 20th 2013 Summer is here!

Today’s practice was our first back after a week of two a day sessions to welcome the new freshmen into our club.(新歓合宿) Having participated in the training camp for 三商戦 (our big tournament in the fall) when I first entered the club, I know how tiring these two a day sessions can be for new members but I also know how essential they were for helping me build camaraderie with my teammates and the love for Judo that I have now. As everybody returned to practice today after a well-deserved Sunday off, the results of this training camp were apparent. Everybody from the 1st years to the international students in our club were fired up increasing the heat in the Dojo that the warm summer weather has brought upon us.
 
Today’s training consisted of the normal menu of warm ups(準備体操), drills(打ち込み) and sparring (乱取り), however the intensity of practice was much higher than usual making me realize something about not only my Judo but also about our club as a whole. We have made progress. In the past month and a half since I have returned to training I made a promise to myself that I would train hard to improve my standing techniques (立ち技) so that I can actually be a real opponent for my training partners during sparring and the results of are finally starting to pay off. I can finally use techniques (that my teammates helped me hone) such as Haraigoshi(払腰),Uchimata(内股) and Kosotogari(小外刈) to score ippon(一本) during sparring. (Sorry guys!) haha

130520 稽古風景 (1)


But it is not just me who’s improving. Dominic, Mika, Saito Kun who were beginners that joined this semester are already readily participating in sparring and even frustrating some of the older members of the club who are impressed with their amazing growth. Adding to the fact that the super strong 1st year team of Hagi kun, Suzuki Kun and Aoki Kun have joined the club, this insurmountable progress by the new members has undoubtedly given our already powerful team of 2nd and 3rd years the strength it needs to be triumphant 三商戦 later this fall. And even though we (Me, Mika and Dominic) are going to be leaving in a few months we are glad to lend a hand in training as long as you guys keep teaching us!

130520 稽古風景 (2)

Although Saito-Kun was craving Soba, the store we wanted to go was closed and we ended up having dinner at our favorite, すた丼!

130520 稽古風景 (3)

Until next time,
Sanni Wehbe・Exchange Student

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/18(土)

楽しかった新歓合宿も今日が最終日
悔いを残さぬよう全力で頑張りました!!

当然、疲れもピークに達しているわけでありますが、一年生は溌剌と柔道を楽しんでおります!(もちろん上級生は彼ら以上に楽しんでおります)

一年の青木は残念ながら怪我をしているため、乱取りには参加できませんでしたが、本日お越しいただいた中田善久コーチ四股踏みをご指導いただき、声を張り上げつつこなしておりました!

130518 稽古風景 (1)

「無事之名馬」の言葉が示す通り、怪我をしないに越したことはありませんが、やむを得ず怪我をしてしまった者は、自分のできうる努力を続けることで、練習への復帰がよりスムーズになります。

齋藤、馬場の白帯コンビも、先輩に技を受けてもらいながら、指摘された改善点の反復を熱心に繰り返しており、見ていて頼もしく感じます。

130518 稽古風景 (2)


ふと一年前の自分を思い出し、同時期に柔道を始めたライバルがいることに、羨ましさも感じてしまいました。
これから二人は投げて投げられ、抑えて抑えられの関係を築くのでしょうが、お互いにマイッタなしで競い合って欲しいと思います!

中田コーチによる講習では、先週に続き内股をご教授いただきました。
自分の投げやすい形の内股を作ることが今回のテーマでしたが、は先週の講習から意識して内股を使い始めたようで、元々得意技であった大内刈りと組み合わせ、早くも自分の技として身につけつつある様子でした。


練習後はトレーニング講習です。

130518 稽古風景 (3)

今回は特に一年生の正しいトレーニングフォーム構築に重点を置き、一人ずつ中田コーチから丁寧な説明を受けました。彼らにとっても非常に参考になったことと思います。

鈴木は高校時代からウェイトトレーニングを行っていたようで、綺麗なフォームでこなしておりましたが、中田コーチにアドバイスされた点を踏まえ、更に負荷を上げていってほしいと思います!


末筆となり恐縮ですが、稽古後有備館に立ち寄っていただいた山口先輩(S58)より、栄養費をいただきました!
いつも本当にありがとうございます!
疲労した筋肉に、良質なたんぱく質を補給させていただきます!!
(≒みんなで「すた丼」を食べさせていただきます!)

今日の稽古も参加者15名と、一橋大学柔道部は賑やかになってきました。
名門復活の時は刻一刻と迫っております!
応援のほど、どうぞよろしくお願いします!!



2年 四戸

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/17(金)

新歓合宿五日目。

本日も午前練は谷保ランから始まります。
一年も経てばもう慣れたもので、声を出して国立の街並みを走り抜けるのはとても気持ちがよく、これ無しには一日が始まらない気がします!

先頭を走る一年生も軽やかな走り、爽やかな掛け声を見せてくれます。
彼らもきっと、谷保ランの魅力(?)に気付いてくれたのでしょう!


寝技補強、寝技乱取りの後の研究では新入生に高橋返し、腹固めの説明を行いましたを。

亀取りや正対下からの攻撃パターンが増えてくると寝技が一気に面白くなってきます。
寝技の味わい深い魅力、駆け引きの楽しさを、今後彼らとも分かち合えるようになることを思うと、今からとても楽しみです!



午後は立ち技中心の稽古。
今日の乱取で目立っていたのは、やはり昨日入部したばかりの馬場くんです。
柔道経験が一ヶ月に満たないにも関わらず、臆せず必死に技を掛けてくる彼の姿勢には見る者の闘志を掻き立てるものがあります。
このような稽古を地道に毎日続ければ、秋には見違えるように実力が身についていることでしょう!
馬場くんのひたむきさに負けぬよう、自分も日々全力投球で稽古に臨みます!!


また、午後の練習には野瀬師範にもご来場いただきました。

野瀬師範の講習では、まず一点目として怪我をしないために体作りがいかに重要であるかについてお話いただきました。

師範は現役時代、ベンチプレスでは体重の二倍を目指して継続的にトレーニングを積まれた結果、肩や膝で大きな怪我をされたことは一度もなかったそうです。
最近、俄に怪我をする部員が増えておりますが、今後は今以上に高く、明確な目標を設定して体作りをし、怪我の防止に努めていきたいと思います。

また、二点目には立ち技における相手の技の受け方と足の位置について、三点目には裸絞めと三角絞めを教えていただきました。

相手を絞める足や腕を「一本の棒」に例えて、相手の身体に対してどういった向きでその棒を当てれば絞まりやすいのか、分かりやすく説明していただきました。

本日教えていただいた点は、明日からの稽古ですぐに実践していきたいと思います!

明日はついに新歓合宿最終日。
この一週間の集大成と呼べるような稽古ができるよう、がんばります!


2年 高橋

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/16(木)

新歓合宿4日目。

毎日続く二部練で、疲労がたまった一年生は今年度初めてとなる反乱を決行しました!

情に訴えるような一年生の直訴が板羽主将の心を動かし、朝の稽古を中止とすることで反乱は無事鎮圧されました(笑)



午後の稽古には浅賀先輩(S45)にご来場いただきました。

一年生のおかげでリフレッシュできた部員たち、午後の稽古はいつも以上にはりきって臨みます!

乱取りでは、いつもより練習量が多めであるにも関わらず、みんな声を出し、元気のある柔道をしていました。
特に一年生。
有段者組の鈴木君、萩君、青木君はもちろんのこと斎藤君、馬場君の初心者組も、みんなに少しでも追いつこうと積極的にお願いし、何度も何度も技をかけておりました。

講習では、浅賀先輩から二点ご指導いただきました。

まず一つ目は、考える柔道を実践していくことです。
先般の全日本や皇后杯での試合を例に、考える柔道をしてきた選手とそうでない選手との違いについて語っていただき、いかに柔道において考えることが重要であるかについてご指導いただきました。

二つ目は、体罰やいじめと柔道の関係について。
今、現在柔道の体罰問題が騒がれていおりますが、柔道関係者上層部の対応状況や、柔道という武道の特性を踏まえて他スポーツと比較した際に、いじめがいかに少ないかということについても熱く語っていただきました。

また、浅賀先輩は練習後にも二年生に技の講習をしてくださったり、一年生や留学生に自分の体験エピソードを話してくださったりと、柔道もそれ以外についても、いつも長く深い人生経験に基づく貴重なお話をしてくださるので、非常に勉強になります。
本当にありがとうございます!

20130516稽古風景 (4)


ところで今日は吉報があります!
なんと、ついに馬場君入部確率100パーセントを宣言してくれました!!

長い間迷っておりましたが、彼もまた柔道の魅力の虜になったのでしょう!

これから、四年間もっともっと柔道の魅力を知って、一緒に強くなりましょう!!

20130516稽古風景 (3)

20130516稽古風景 (2)


新歓合宿も残り二日です。
新入生に負けていられません!
上級生も元気いっぱいでがんばります!!


2年 田澤

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/15(水)

新歓合宿三日目。

まず午前の練習は、恒例の谷保ランから始まります。
先頭を走るのは新入部員たち
心なしか今日は昨日よりも掛け声が自信に満ちています!
上級生も嬉しさを噛みしめつつ爽やかに国立の朝を駆け抜けました!

新歓合宿中は、毎日長い時間を一緒に過ごすため、新入生同士の距離も近づきます。
こと谷保ランは、全員が一体となって走るため、連帯感が醸成されるのではないでしょうか。

谷保ランの後は寝技中心の稽古。
新歓合宿では寝技の基本動作として、伏臥やエビはもちろん、柔道未経験者には少し難易度の高い逆エビ横エビといった反復も行います。
自分もまだ完璧とは言い難いので、基本に立ち返って新入生とともに理想的な形を目指していきたいと思います。

寝技乱取の頃には1限に出るために若干人数が減ってしまいましたが、少ない人数でも集中して非常に有意義な練習ができました。

20130515 (1)

20130515 (2)


また、午後にはウェイトトレーニングを行いました。

残念ながら、最近ちらほら部員の怪我が見られます。
合宿の疲れもあるかもしれませんが、日々きっちりと体作りを行い、怪我の予防に努めなくてはなりません。

ちなみに入部以降、新入生のウェイト記録も大幅に向上しており、我々上級生もうかうかしていられなくなってきました。もともとウェイトに自信がある者もおり、自主的に様々なトレーニングメニューに挑戦している姿を見ると、上級生にとってとてもいい刺激になっています!

新歓合宿も折り返し地点。
残り半分、全力で頑張ります!!


2年 相川

| 日誌 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/14(火)

新歓合宿2日目です!

朝は恒例の谷保ランから。
本日の谷保ランは1年生が先導し、国立の街を駆け巡りました。
一橋伝承の掛け声も徐々に1年生は覚えてきております!

有備館へ戻ったあとは、みっちりと寝技です。
朝は涼しいので、寝技をするには絶好のコンディションと言えるでしょう!

「守破離」の道筋に倣い、名門一橋復活のため、新入生はまず全力で一橋伝統の寝技を吸収していってくれ!


午前はその他、役職決めを行いました。
高校までの部活動とは違い、大学は自主的に部を運営していかなければいけません。
実際に役職を担うのは上級生になってからですが、今のうちに自身の担う役目を意識して上級生と接することで、部の全体像が見えやすくなり、また柔道部と自身との一体感も増し、もっともっと柔道部の活動が充実したものになるでしょう!!



午後は山岸先輩と新入生の馬場君にご来場いただきました。
やや蒸し暑い中での立ち技稽古、山岸先輩は久しぶりの柔道ということで「あーキツイな!」と漏らしながらも笑顔で稽古を付けてくださいました。

馬場君は、柔道の楽しさを忘れることができないようで、時間を見つけては練習にきてくれます!
入部確率は横ばいですが、「これからも来たい」とのこと。
いつでも大歓迎だよ!
もっともっと楽しさを感じて、ぜひ一緒に強くなっていきましょう!!



まだまだ2日目ですが、1年生が少しでも柔道部に溶け込んでいけるよう全力で配慮しつつ、ともに頑張っていきたいと思います!

写真 3


3年 福島

| 日誌 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/13(月)

本日より新歓合宿が始まりました!

[午前の部]
雲行きが怪しく心配していましたが、無事に恒例の谷保ランからスタートできました!
初挑戦の一年生たちもしっかりついてきてくれました。
私(小川)も去年、息も絶え絶えでなんとか着いて行った記憶を思い出しましたが、今年の一年生は体力と根性に溢れています!

有備館に帰ってからは、寝技中心のメニュー・・・のはずでしたが、月曜一限の授業を取っている部員が多く、急遽メニューを変更してトレーニングを行いました。
(文武両道をモットーとする柔道部、一般的に嫌がられがちな月曜朝一の授業も、厭わず履修しております!)


[午後の部]
午後の練習には、埼玉大OBの熊澤さんにお越しいただきました。

130513 稽古風景

午後は立技中心のメニュー。

いつもと違い立技に多くの時間が確保できるため、特に乱取りは本数を多めにこなしました。
GW中の稽古を踏まえ、各自改善点ややるべきことを見据えた動きを見せるようになり、より濃密で、充実した稽古ができているように感じます。
この良い雰囲気を、合宿中維持していきたいと思います!


講習では、熊澤さんから立技、寝技に関して一つずつ技を教えていただきました。
特に寝技では、横三角から肘関節をとる方法を教えていただきましたが、これまで教えていただいた入り方を含め、「横三角」一つをとっても、攻め方に多くの選択肢があることに驚かされます。

どの場面においても攻め方を柔軟に変えられるよう、一つ一つのパターンを体に染みつくまで練習していきたいと思います!



ところで昨日、サニー昇段試験に行ってきました。
ドキドキしながら結果を聞いてみると・・・・合格とのこと!!
さっそく黒帯をつけてみると、既にベテランの風格!
とても似合っていました!本当におめでとう!!!

130513 サニー


2年 小川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/11(土)

昨日土曜日の稽古には中田善久コーチ、首都大学東京柔道部電通大学柔道部の皆様にご来場いただきました。

130511 稽古風景 (1)

首都大柔道部の皆様は先週火曜に引き続いてのご来場でした。
いつも我々の道場にご足労いただいており、頭が下がるばかりでございます。
次回合同稽古をする際には、ぜひこちらから伺わせていただきたいと思います!



昨日の稽古は、特に基礎・基本の確認に重点を置いた稽古となりました。


寝技では、毎週行っている抑え込まれた状態からの返し方に加え、帯取り返し、横返し、そして正対上からの攻め方についても中田コーチにご教授いただきました。

正対越えの方法は多々ありますが、本日ご指導していただいたのは俗に“かみつき” (※)とか“くっつき”などと呼ばれる、石井慧選手が柔道家時代に得意としていた攻め方です。
※自分の体全体を使って相手の片脚の自由を奪ったのちに相手の脚に密着しながら徐々に上半身の側に移動して相手の上体を極めていく正対越えの技術

正対での攻防を得意とする選手を相手にする場合には、なかなか正対越えができないケースもありますが、この技では素早い動きを必要とすることなく自分の有利な状態へと持っていくことができるとのこと。
初心者であればこれ一つを完璧に修得するだけで大きな武器となります。
日々の反復練習の中でしっかりとものにしていきたいと思います!


また立ち技では内股の講習をしていただきました。

内股ひとつとっても様々なバリエーションがあり、例えば吉田秀彦選手が得意としていた相手の頭を地面にこすり付けるような形の内股もあれば、井上康生選手のように遠心力を使って一気に相手の体を浮かせるタイプの内股もあるため、自分に合った形の内股を習得することが必要だと中田コーチは説かれました。

私見ですが1年生の斉藤は内股を得意技にできるのではないかと思っております。
斉藤は部員の中でも身長があり、また練習中に見せる足腰の強さは、将来的に粘り強く相手を跳ね上げようとしている姿を想起させてくれます。
地道な努力の積み重ねで、ぜひ強力な内股を身につけてください!
(私は己の道=背負いの道を突き進みます!)


さて、稽古後には新入部員4名(短期留学生以外)の写真を撮りました。

130511 新入生集合写真 (1)

現状では4名ですが、我々柔道部はまだまだ営為新歓活動中です!
人種・信条・思想・経験・性別等一切不問、誰でも大歓迎します!


月曜からはいよいよ新歓合宿がはじまります。
新入部員にとっては色々新鮮なこともあるかと思いますが、新歓合宿を通じて基礎・基本を確認し、部員同士の結びつきを更に更に固くしていただければと思います!!

130511 新入生集合写真 (2)


2年 田中

| 日誌 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/10(金)

本日の国立市の最高気温は28℃と非常に暑く、日中は半袖日和でした。

そんな中、久々に登場してくれたのが新入生の馬場君です!
ここ最近、授業や課題に追われ、なかなか有備館に足を運べなかったとのことですが、満を持しての復帰です。
待ってたよ、馬場君!!

と、いうことで、今回は(今回も?)彼にフォーカスして書かせていただきたいと思います。

まずは寝技から。
打ち込みの際、「何か覚えている技があったらやってみて」と亀になってみたところ、横返し、横三角をスムーズにこなしてみせた馬場君。
特に横返しについては、膝を当て、上手に相手を制します。
お世辞ではなく、本当に動けない!



続いて立ち技。

馬場君と授業で度々顔を合わせる斎藤曰く、
「背負い投げが一番かっこいい技だと思う!」
と熱弁していたそうですが、打ち込みの出来も上々でした!
野球をやっていたためか、足腰がしっかりしており、膝を使って相手の重心の下にうまく潜り込めておりました。

約束乱取においても、果敢に技を繰り出します。
その上、「技をかけてもらっていいですか?受ける練習もしたいので」と、相変わらずのストイックさ!!
素晴らしい!
柔道部には君が必要だ!



馬場君の影響か、他の部員もいつもに増してハツラツと稽古に取り組んでおりました!
IMG_4056.jpg

IMG_2953.jpg


抜群のセンス、足腰の強さ、そして何より大切な柔道に対するひたむきな姿勢を見せられ、部員の気分も高揚する中、恒例の自己紹介&入部確率の発表です。

結果は・・・残念ながら横ばいでしたが、雑談の中で聞くところでは、本当に真剣に考え中とのこと。
もちろん、ゆっくり考えて決めてください!(一部で「とりあえず入ってからゆっくり考えようか(笑)」という囁きも聞こえますが)

道場に住んでしまう者、国の将来を担う留学生、ダブルスクール
、何でもありの一橋柔道部です。
入部を決めたその日から、自分の可能性が無限に広がること間違いなし!

一橋柔道部113年の歴史に、キミも名を連ねよう!!

主将 板羽

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/09(木)

Being one of the nicest days in terms of weather since I came to Japan, I was very excited to come to practice after my part-time job today. When I arrived, both Dominic and Mika were already engaged in sparring and seemed to be having a lot of fun doing so. When I see them train nowadays, it surprises me that they started Judo less than a month ago. While Dominic has taken a liking for standing techniques, such as Sasaetsurigoshi(支え釣り込み腰) and Obi Tori Gaeshi(帯取り返し), Mika has been practicing his ground work(寝技) and already can pull off a flying armbar(飛び付き十字固め) and back chokes(絞め技) in live training. Since I was the one that introduced them to the club, I am extremely happy that they have taken a serious commitment to their Judo training. If I don’t watch out I might be the one learning from them soon! haha

写真 4

写真 2

After practice I began my now daily routine of preparing for the Black Belt Test(昇段試験) which will take place this Sunday May 12, 2013. Aikawa kun will be taking the test with me so we both have been practicing the traditional forms(形) that we will have to do under the tutelage of Maruyama Senpai. After several days of practice, I have now essentially gotten the basics down but there is still more work to do in order for me to really master each move. Doing this practice has taught me that in order to truly become a real Judo player rather than simply just focusing on obtaining victory, you must have respect for your opponent, as well as be aware every detail of each move to be successful. There is still one more practice session before my test and I intend to use the knowledge I have gained in the past year and become a Black Belt before I go back to America!

Thank you for reading,

Sanni Wehbe ・Exchange Student

| 日誌 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/08(水)

本日は、ウェイトトレーニング・デイでした。
最近は部員が増え、部室が賑やかになってきたためか、同じメニューをこなしていても、心なしかいつもより楽しく思います。
 
去る5/6(月)の学芸大出稽古では、自分より体の大きい者と組む時に、(技術が足りないことも然ることながら)せめてもう少し自分にパワーがあったら、と感じることもありました。

柔道上達のために、技術の向上と並行し、少しずつでもパワーをつけていきたいと思います。

 
また、トレーニング後には、今週の日曜日に迫った昇段試験に向けて、サニー先輩と一緒に形の練習をいたしました。

形をやってみると、相手との呼吸を合わせたり、綺麗に投げることを心がけたりと、色々気を付けなければならないことが多いということに気付かされます。

サニー先輩にとっては「日本で柔道を修業した」という何よりの証であり、大切な思い出の1ページとなるため、パートナーである自分は、何としても十分な練習をして審査に臨まなくてはなりません。

20130508 (2)

もう昇段試験まで時間は限られてきましたが、精いっぱい頑張る所存です!

2年 相川

| 日誌 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/07(火)

出稽古ウィークも昨日で終了、今日からは授業も始まり再び有備館での稽古です!

各人出稽古で得た課題を胸に、乱取りを行いました。


130507 稽古風景 (1)

130507 稽古風景 (2)


自分(丸山)の場合は、技のバリエーションが課題です。
出稽古では技を知らないが故に投げられてしまったり、相四つで技が出ず硬直状態に陥ってしまったりと、技のバリエーションの少なさに起因する課題が散見されました。

埼玉大出稽古の際の野瀬師範のお言葉通り、これらの状況を打開するためには、やはり技の知識を増やしたり、積極的に新しい動きを取り入れてみたりすることが重要です。これから三商までの半年間、「得意技を磨く」というテーマと並行して「引き出しを増やす」ということも意識して取り組んで参ります!


また、全体での練習後はサニー昇段試験の形の練習を行いました。
形の動きは、一見すると乱取での動きとは質を異にするものの様にも見えますが、一つ一つの動作は柔道の理合を端的に表現しており、もしかしたら形の稽古を積むことは、柔道の理合を理解し、その動きを身につけるための最短の道なのかもしれません。

昇段試験は次の日曜日。
日本での柔道修業の集大成として黒帯を取得すべく、サニーも猛特訓をしております!


練習後はロージナ茶房に行きました!
130507 稽古後
▲大盛りのビーフストロガノフ。ものすごい量です。


明日も頑張ります!!

3年 丸山

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/06(月)

今日でGWも最終日!
・・・ということで、本日は学芸大学に出稽古に行ってまいりました。

稽古には明治学院大柔道部、明治大柔道サークルも参加し、大人数での活気ある稽古となりました。
去年は出稽古に行くと一橋の人数が少ないことに引け目を感じることもありましたが、今年はそれなりの人数で参加することが出来、とても嬉しく感じています。(勿論、まだまだ新入部員は募集中です!!)

練習の方はとにかく乱取、乱取、乱取の連続で、GWの締めに相応しい稽古内容であったと思います。
まだまだ実力不足な自分ですが、とにかく前に出ることと、組み手を雑にしないことを特に意識して乱取を行いました。
相四つで組むとどうしても頭が下がってしまうのが現在の自分の課題なのですが、残念ながら今日の出稽古ではそれが如実に表れる結果となってしまいました。
これからの練習は、この点を克服できるように、引き手の取り方や体の動かし方を意識して取り組んでまいりたいと思います。

寝技では横三角を得意技とする人が多いように見受けられました。
高専柔道で新技として開発された横三角も、今や基本的な技術の一つです。
自分も昨年の三商合宿で田澤にさんざん横三角を掛けられたので、今日の乱取りでも防御できることが多かったように思います。
田澤には感謝しなければなりません(笑)

GWでは多くの課題を見つけるとともに、自分達の成長を実感することもできました。この経験を糧にして、有備館での日々の稽古をマイッタなしで頑張ります!!

2年 四戸

| 日誌 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/05(日)

ゴールデンウィークに入り気温、湿度ともに練習に最適な状態が続いております。
柔道漬けの生活が送れるこの大型連休に「少しでも強くなろう」と臨んだ我々を、天候も後押しします!

有備館で行った本日の稽古には、池宮先輩(H7)、寺田先輩(H23)にご来場いただきました。

練習メニューは普段通りでしたが、先日の埼玉大学・秋田大学との合同稽古で浮き彫りになった課題を皆意識しているようで、非常にメリハリのある稽古になりました。

研究では、池宮先輩から相手の足を担ぐタイプの高橋返しについてご指導いただきました。
高橋返しは普段から使っていますが、脇を掬うタイプの返し方ばかり多用していたので、臨機応変に足を担ぐタイプも使っていけるよう、引き出しの一つに加えていきたいと思います。
(最近レパートリーが増えることで、正対下からの攻めがどんどん楽しくなってきています!)

寺田先輩からは引き込む相手に対して足を担いで抑え込みに行く方法を教えていただきました。三商大戦では、引き分けを狙う相手が徹底して引き込みを仕掛けてくる場面も多々見受けられます。
そんな相手に対し、寝技でも追いつめんとする取り役向きの技とのことです。
自分も取らなければならない場面で確実に仕留めることができるよう、しっかりと反復して身につけていきたいと思います!


明日は東京学芸大学に出稽古です。
ゴールデンウィーク最後の練習、悔いが残らないよう全力を出し尽くしてきます!

2年 高橋

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/03(金)

爽やかな晴天の下、本日我々一橋大柔道部は埼玉大学・秋田大学との合同稽古に参加しました。
言うまでもなく、埼玉大学・秋田大学ともに強豪校であります。
彼らの柔道を見て、体感して、少しでも何か学んで帰ろうという心意気で今回の合同稽古に臨みました。


今回の合同稽古は午前・午後の二部練です。
午前中は練習試合を行いました。

さて、自分の試合に関しては、
①試合になると、普段の乱取りに比べ腰が引けてしまっている
②奥を持ち、自分の組み手に持ち込んで投げることを意識しなければならない

・・・という二点を野瀬師範にご指摘いただきました。

一点目については、今後の稽古では「試合に出ているつもり」で乱取りを行うと同時に、実際の試合の中では、特に意識して乱取り通りの柔道を心掛けたいと考えております。
二点目については、自分の得意な型をしっかり認識し、普段の乱取りから相手を自分の型に持っていけるように、組み手の技術向上に取り組んでいきたいと思います。

また試合全体を通して、
・体の大きな相手に対しても奥を持って攻めることが効果的
・強い選手は状況に応じ臨機応変に対応できるよう、多様な技のパターンを持っている

・・・といったお話をしていただきました。
やはり、そもそも自分の柔道に引き出しが少なければ、試合においてもできることは限られてしまいます。
「得意技を磨く」という今年度の目標は当然継続して追求するものとして、得意技へ繋げる組手や技、或いは得意技どころではない場面での危機回避法等、得意技周辺の引き出しを増やすことも、ひいては得意技の威力向上へと繋がっていくものと考え、今後力を入れていきたいと思います。


午後は乱取中心の稽古を行いました。

乱取りでは、練習試合で得た反省点を意識しつつ、各々が積極的に他大の学生に稽古をお願いしておりました。一年生もまた、できる範囲で乱取りに参加してくれました。

今回の出稽古では、部員一人一人が自分自身の課題を見つめ直すいい機会となったように思います。
ここで得た教訓を、これからの稽古に活かしてまいります。
埼玉大学、秋田大学のみなさんありがとうございました!!

二年 田澤

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月予定

5月の予定をお知らせします。

5月予定表
▲クリックすると拡大します

まだまだ新入部員募集中です!
見学だけでも大歓迎!!
気軽に見に来てくださいね。


一橋柔道部一同

| スケジュール | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/02(木)

季節の移り変わりは早く、もう5月になってしまいました!
そろそろ気温も高くなる時期ですが、今日の最高気温は20℃ほどで快適です。

さて、本日は山本先輩(H19)にご来場いただきました!
山本先輩は先日のコンパで「近々練習に行きます!」と仰っておりましたが、本日はわざわざ会社の休みを取って練習に来て頂きました!
大変ありがたいことであります。
先輩の有言実行ぶりを現役も見習わなければなりません。


稽古の方は、各々明日の練習試合をイメージしながら取り組みました。
新入部員の1年生も毎日練習に顔を出しており、名門一橋の復活に向け頼もしい限りです。

写真 2

初心者の斎藤も、柔道の基本である受身からじっくりと学んでおります。今後身体が自然と反応できるようになるまで、しばらくは受身を繰り返し反復することになります。
少々退屈に感じるかもしれませんが、この先どんな強敵に挑んでも、怪我をせずに全力で闘うことができるようになるためには、決して欠かすことのできないステップです。
焦らず確実に修得するように!!


練習の最後には、山本先輩より現役時代得意にされていたという「横返し」の真髄を教えていただきました。

写真 1

個人的には「踏ん張る相手を如何に崩して転がすか」というポイントが、とても勉強になりました。しっかり反復して得意技にしていきたいと思います!


最後になりますが、山本先輩から栄養費としてご厚志を賜りました。
「みんな見ないうちに体が大きくなったね」とお誉めいただきましたが、ますます大きくするために大切に使わせていただききたいと思います!
ありがとうございました!!

明日は埼玉大学・秋田大学と合同稽古です。
強豪相手ですがマイッタ無しで頑張ります!!

3年 福島

| 日誌 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/05/01(水)

本日はウェイトトレーニングを致しました。

柔道においては、筋力の向上も技の威力向上に繋がると考え、毎週水曜日にトレーニングを行っております。

新入生の中にはウェイトトレーニングをしたことがない者もいるため、最初はコーチや上級生が懇切丁寧に指導します。

実は自分も柔道部に入ってからウェイトトレーニングを初めましたが、以降現在に至るまで、上げられる限界がどんどん上がってきており、とてもやりがいを感じております!

新入生の皆さんも楽しみながら切磋琢磨していきましょう!


ちなみに最近、四戸の記録が伸びており、彼の柔道も非常に力強く、心無しか自信に溢れた動きになってきたという声が聞かれます。

自分も負けてはいられません!
同じ初心者から始めた者として、四戸を超えられるようにがんばります!

ゴールデンウィークは他大学への出稽古を予定しております。今のうちに体力をつけて、万全な状態で挑んで参ります!!

2年 相川

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |