一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013/07/27(土)最期に

サニーです。
レポートの課題や荷造りが山ほど残っている僕は、土曜日の稽古に出られそうになかったが、やっぱり柔道部の魅力に心がひかれ、帰国する前、最後にもう一回仲間たちと一緒に練習したいと思いました。

前の夜、小平の寮の送別会で楽しみ過ぎて、朝家を出た時に外の蒸し暑さと自分の疲れに少しだけ後悔したが、有備館に足を踏み入れ仲間の活躍を見た瞬間、忙しくても練習に来て正解だったと気付きました。

柔道の魅力の一つは、やっている間に「今」というものにしか集中できないことだと思います。たとえどんな悩みや大変な状況があっても、柔道着を着て練習に取りこむことで全部を忘れることができ、むしろ冷静な気持ちになれます。

自分は柔術の経験でもそれを知っていたので、そのためにも帰る準備を中断して練習に行くことにしました。

本日の練習には、現役13名に加え寺田先輩、首都大学柔道部、電通大柔道部の方々にお越しいただき、非常に有意義な練習でした。いつも首都大、電通大の方々がいらっしゃることで我々もモチベーションが非常に高まります。この暑い中、我々と一緒に柔道に取り組んでいただいて有難うございました!

0727 稽古風景

普段の練習メニューが終わった後、暑さに体力を奪われた学生は講習で質問しないと思ったが、熱心なチハーオは巴投の詳細について尋ねました。それに対して、寺田先輩が現役の頃に使った巴投の入り方や投げ方について、快く説明してくださいました。この時、本当に一橋大学柔道部は様々な素晴らしいOBや先生方に恵まれていると思いました。

さて、本日は僕の最終日だったので、最後にお礼の言葉を申し上げたいと思います。
この一年間、一橋大学柔道部という「家族」に受け入れてくださり、本当にありがとうございました!柔道も勿論のことですが、もし皆さんに出会えなかったら、外国人として日本に住むことの様々な困難を乗り越えることができなったでしょう。そして、アメリカに帰ってもこの一年間に身に付けた柔道の伝統、習慣及び皆と繋がった「絆」を忘れずに一橋大学柔道部のOBとして頑張っていきたいと思います!

今後も宜しくお願い致します!


0727-稽古後の団欒

Sanni Wehbe
法学部2012年度交換留学生
スポンサーサイト

| 日誌 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/07/20(土)

先週とはうって変わって涼しい一日となった土曜の練習会ですが、首都大学柔道部の方々にご来場いただきました。首都大の皆さまのおかげで、練習相手のバラエティが一気に増え、質の高い練習ができており、本当にありがたい限りです。
お互いに切磋琢磨して高めあいましょう!

130720 稽古風景


さて、練習の方は中田善久コーチに絞めのテクニックを講習していただき、その後の寝技乱取りでは、互いに首を狙いあうという、いい雰囲気(?)で練習にとりくめておりました。

さて、寝技、立ち技の稽古を終えたあと、今日のmain eventとして、アメリカに帰国してしまうサニーさんによる投げ込みを行いました!!

130720 稽古風景 (1)

130720 稽古風景 (2)

130720 稽古風景 (3)

サニーさんは一年間の稽古で身に着けた多彩な技で投げ込みを行い、現役部員全員、首都大の方々、果ては中田コーチにいたるまで、見事、最後まで投げ抜きました。普段の練習メニューを終えた後に、更に合計で100本以上を投げ込んだはずなのですが、当のサニーさんはピンピンしておりました。曰く「これこそが一年間の練習の集大成です」と、とても満足げでした。

思い返せばサニーさんには、柔術の技から、留学生の様子、アメリカの習慣にいたるまで多くのことを教わったように思います。できればもっと一緒に柔道を楽しんでいたかったですが、今月いっぱいでのお別れです。

しかし!
中田コーチもおっしゃっていたように、インターネット、そして交通インフラが充実している今の時代、アメリカと日本なんて大した距離ではありません!サニーさんとも、一時の別れに過ぎず、連絡を取り続けていれば、我々がアメリカに行ったり、サニーさんが日本に来たりすることで、またいつでも会えるはずです!

その日を迎えるまでに、お互い成長して自信を持って会うことができるように、これからも精進していきたいと思います!直近では、11月23日に吉報をアメリカに届けることができるように、部員一丸となって頑張ります!!


二年 田澤

| 日誌 | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/07/13(土) OB学士交流会

去る7/13(土)に、OB学士交流会が行われました!

130713 OB学生交流会 (1)

岩垂先輩(H5)が中心となって企画していただいた本会は、年一回の柔友会総会ではどうしても技の指導や体と体をぶつけ合っての交流が難しいため、まずは道場でOBと現役学生の交流稽古を行い、そのまま東生協カフェテリアにて懇親を深めあおうという「有備館回帰」を目的とした企画とのことです。

交流会には中田コーチ、熊澤先輩(埼大院)をはじめとして、30名近くの先輩方にご参加いただきました!!
以下卒業年次順にあげさせていただきますが、なにぶん数が多いため(何度も確認いたしましたが)万が一漏れがございましたらコメント欄等でご指摘いただきますようお願いいたします!

<ご参加いただいた先輩>
大河内恒先輩(S34)、青島先輩(S37)、田中先輩(S49)、荻原先輩(S51)、村上先輩(S54)、山口先輩(S58)、塚本先輩(H3)、長濱先輩(H3)、下木原先輩(H4)、岩垂先輩(H5) 、谷先輩(H6)、窪田先輩(H6)、池宮先輩(H7)、中田先輩(H8)、羽根先輩(H8)、青木先輩(H8)、浜田先輩(H8)、黒瀬先輩(H8)、仁上先輩(H11)、大渕先輩(H11)、神田先輩(H12)、金子先輩(H16)、上田先輩(H17)、野瀬先輩(H18)、虎川先輩(H19)、田中先輩(H23)、山田先輩(H24)


当日は異常な気温となりましたが、それ以上に有備館に集まった大勢の柔道家により道場は熱気で溢れかえりました!

130713 OB学生交流会 (2)

寝技乱取りでは、先輩方が一橋伝統の「寝技」を披露し、現役部員にとって大変良い刺激となりました。

130713 OB学生交流会 (3)

130713 OB学生交流会 (6)

▼荻原会長にも乱取にご参加いただきました!
130713 OB学生交流会 (4)


稽古は熱中症に気をつけながら、こまめに水分補給と休息を挟んで行いました。

130713 OB学生交流会 (7)

130713 OB学生交流会 (8)

130713 OB学生交流会 (9)

今回は大人数の参加であったため一人一人の先輩方に技の講習をしていただくことができませんでしたが、どうか改めて道場に足を運んでいただき、ご指導いただきますようお願い申し上げます。部員一同、心よりお待ち申し上げます!!

130713 OB学生交流会 (10)


さて、稽古が終わったら、いよいよ懇親会の時間です!

荻原会長に乾杯のお言葉を頂いた後、各テーブルに分かれて歓談となりましたが、先輩方の学生時代の話や現在のお仕事について、部員の活動状況など話題は一向に尽きません!
特に私は、同じテーブルだった羽根先輩から(ここでは到底書けないような)刺激的なお話をしていただき、将来の進路を考える上で大きな参考になりました。

130713 OB学生交流会 (12)

130713 OB学生交流会 (11)


宴もたけなわになったところで、一年生から順番に三商大戦へ向けた抱負を交えながら自己紹介を行いました。この7月いっぱいで留学を終えてしまうサニーさんからは、
「OBの先輩方を含め、柔道部員はみな家族だと思っています」
という感動的なスピーチもありました。なんとか今年の三商にも一緒に出られたら、と心の中で願っておりましたが、今夏で帰国してしまうのが本当に残念でなりません。

最後は恒例の部歌斉唱万歳三唱で締めくくりです。

130713 OB学生交流会 (13)

130713 OB学生交流会 (14)

130713 OB学生交流会 (15)

130713 OB学生交流会 (16)

東生協に柔道部の力強い歌声と万歳が響き渡りました。


本年初の試みであった交流会でしたが、たくさんの先輩方と色々な話をすることができ、大変有意義な会となりました。先輩方へのご連絡や会場の手配等、様々な点でイニシアチブを取っていただいた岩垂先輩、そして現役部員のために三連休の初日に有備館に足を運んでくださった多くの先輩方に、重ねて厚く御礼申し上げます!
本当にありがとうございました!!
ご都合がよいときにぜひまた有備館へお越しください!


3年 福島

| 日誌 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【再掲】07/13(土)「柔道部OB学士交流会」のご案内

先日掲載させていただいた、OBと現役部員との交流会がいよいよ明日となりましたので、再度の周知をさせていただきます。
当日の飛び入りも大歓迎です。ぜひ奮ってご参加ください!

~~~~~~以下、再掲~~~~~~
一橋柔道部卒業生のみなさま


平素は一橋大学柔道部並びに柔友会活動に対しましてご理解ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、OB、OGと現役学生が一堂に会する場と致しましては新年恒例の柔友会総会がございますが、日頃有備館を訪れる機会が減りがちな皆様に道場に足を運ぶきっかけとして、又、両者がより気軽に触れ合う場としての交流会を下記要領で企画させて頂きました。

今年も七名の新入部員を迎え有備館での練習にも一層気合いが入って参りました。

ご多用中とは存じますが、共に汗を流し、来るべき秋の三商大戦に向けての一体感を養う場とさせて頂きたく、万障繰り合わせの上ご参加下さいますようお願い申し上げます。

尚、準備の都合上参加される方々には事前に下記連絡先へご一報頂ければ幸甚に存じますが、懇親会のみ或いは当日の飛び入りも大歓迎ですので奮っての参加をお待ち致しております。



1.日時及び内容
(1)7月13日(土)
(2)13:30~16:00
  稽古@有備館
(3)17:00~19:00
  懇親会@生協東カフェテリア

2.参加費用  5,000円                    
3.連絡先
参加のご連絡や不明な点等ございましたら下記へご連絡願います。

  
一橋大学柔道部  
TEL 042-574-7898(部室)
メール hitjudo@pop01.odn.ne.jp

柔友会平成年代幹事 岩垂(平成5年卒)

| 柔友会連絡 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OB訪問(三菱商事)

去る7/5(金)に板羽先輩、四戸、鈴木、萩の四人で三菱商事にOB訪問に行って参りました!

三菱商事の先輩方は勝山先輩(H1)、渡部先輩(H5)、千田先輩(H11)、野瀬先輩(H18)がいらっしゃり、銀座の「雛鮨」でご馳走してくださいました!!
学生にはもったいないお寿司をお腹いっぱいいただき、大満足です!
ありがとうございました!!!

130705 三菱商事


先輩方には仕事のお話から現役時代の出来事、七帝戦や商東戦に至るまで、多岐にわたるお話を伺うことが出来ました。

特に伝説の抜き役として三商で輝かしい戦績を残している野瀬先輩からは、抜き役が逃げる相手を如何に仕留めるか、分け役は如何に抜き役を止められるかが三商戦では重要であるというお話をしていただきました。

こうして先輩方からお話を伺うことで、まだ三商戦を経験していない鈴木には三商戦がいかに普通の試合と異なり、一筋縄ではいかないものかが分かってもらえたのではないでしょうか。

どの年代の先輩方にお会いしても、変わることない三商戦への情熱を感じることができます。
現役の私達は恵まれた環境で柔道をできることに感謝をし、また、先輩達の想いに応えるべく、今年は必ず優勝をしなければならないと改めて強く感じました!

末筆となり恐縮ですが、先輩方から多大な御厚志を頂きました。
三菱商事の先輩方、ありがとうございました!
今後ともご指導よろしくお願いいたします!!


2年 四戸

| 日誌 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月予定

7月の予定をお知らせします。
(掲載が遅くなり申し訳ございません)

H2507予定表
▲クリックすると拡大します

7月13日に柔友会学士OB交流会が行われます。
OBの皆様のご来場をお待ちしております。


一橋柔道部一同

| スケジュール | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OB訪問(三井住友銀行)

オフに入りしてしばらく経ちますが、先日、三井住友銀行に勤めていらっしゃる先輩方へのOB訪問に行って参りました!

メンバーは一年の青木君、斉藤君、馬場君と私、二年相川の四名です。

三井住友銀行には多くの先輩方が就職されており、我々4人は豪勢な焼き肉で歓迎していただきました。
先輩方、ご馳走さまでした!!


部員たちはそれぞれ近くに座っていた先輩と話を弾ませておりましたが、自分と青木君は隣に座られた金子先輩(H16)からお話を伺うことができました。

金子先輩は間近に控えた夏合宿に関連して、名著『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で柔道界のみならず日本中に旋風を巻き起こした作家・増田俊也氏の北大柔道部時代の自伝的小説『七帝柔道記』の世界についてお話をいただき、また部員一人一人に対しても様々なアドバイスを頂戴しました。

話は焼肉屋では終わらず、そのまま近くのラーメン店へ連れて行っていただき、替え玉までご馳走になりました!!
先輩方からいただいた貴重なお話を今後の糧にして、部員一丸となって三商大戦へ向け突っ走っていきたいとおもいます!

三井住友銀行の諸先輩方、長時間にわたり本当にありがとうございました!

2年 相川

| 日誌 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/07/06(土) 納会

Having made a timely trip to the hairdresser yesterday after my morning of lessons as an ALT at Matsugaya Elementary School, I went to bed last night brimming with confidence that (having literally taken a load of my mind with a strategically calculated haircut) I would wake up refreshed, cool and all ready to take on the sweltering summer heat, come what may. Unsurprisingly (as many of us who have experienced the wrath of Moore’s Law might have come to realize), I woke up with a start today, not knowing what to make of the beads of sweat that were rolling off my furrowed brows.

That initial confusion quickly turned into full-blown shock as a quick tap of my iPhone showed today’s highest temperature as 33 degrees Celsius – a new high, to be sure – meaning that it was going to be a sweaty, sticky day ahead.

In preparation for tonight’s 納会 (a dinner function marking the end of the summer training season and the start of the off-season), we met at the Judo club room early today at 12pm, before quickly moving off in waves to procure the necessary items for tonight. Having had scant opportunity to talk on a one-on-one basis with Suzuki-kun thus far, with Lady Luck’s help today, the two of us wound up bonding over slicing mushrooms, tofu and other assorted ingredients gleefully with a quick succession of knife strokes while the rest went about tidying up the club room and other tasks.

Training began punctually at 3pm, and before we knew it, we were sweating it out on the tatami, burning through bottle after bottle of sports drinks as moisture leached out of our bodies almost as fast as we set about replenishing. The heat notwithstanding, shouts of encouragement ricocheted about the dojo as we cheered our fellow club members on during the preparatory exercises, as well as the sparring rounds. Nakata-sensei touched on the finer points of using our bodies to the fullest to outmaneuver our opponents before going in for a lethal strike, and we practiced that using a modified training method that I am not at liberty to reveal here.

130706 稽古風景1

The heat gradually took its toll on our stamina, but the determination and grit on our faces was apparent to all. Newly minted senior-and-junior rivals, Takahashi-kun and Hagi-kun, for example, pulled out all the stops, each reluctant to let the other gain even an inch of footing in a rousing sparring match. Towards the end of practice, Nose-sensei gave us some much appreciated advice on streamlining and refining the lethality of our techniques, which our freshmen juniors, in particular, lapped up eagerly, demonstrating their voracious desire to learn more about the fantastic sport of Judo.

130706 飲み会風景1
Tazawa-kun and Ogawa-kun chatting affectionately about future events

At the dinner function after training, we took turns sharing our thoughts about the recently ended summer season and our hopes for the future, with the freshmen taking the stage first and us seniors speaking last. The recurring theme that echoed across all our speeches was the desire to tap on the potential that we hold as a club more, and give our all for the coming competitions and the training sessions in between, and our coaches, gracious and helpful as usual, dispensed immensely relevant advice to that end. With another four and a half months to go before our yearly milestone event in November, we will be sure to unleash every remaining ounce of energy and march on forward to a decisive showdown with our rivals – just you wait!

3年 チーハオ

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/06/30(日) 全国国立

ご報告が遅くなり申し訳ございません。
去る6/30(日)に講道館にて行われた全国国立大学柔道優勝大会の結果についてご報告します。

夏シーズン最後となるこの試合、前回の東京学生の雪辱を胸に臨みました。



予選リーグ第一試合 vs千葉大学
先鋒から高橋、田澤、鈴木、青木、萩、四戸、板羽のオーダーで臨みました。

130630 全国国立1- (1)

一試合一試合は善戦しておりましたが、終わってみれば1-6と大差での敗北を喫しました。

130630 全国国立1- (2)
▲先鋒 高橋 (上四方)〇塚本
先に仕掛け組み立てるも途中脇固めに近い形で潰され、そのまま抑え込まれて一本負け。


130630 全国国立1- (3)
▲次鋒 田澤 (大内刈)〇井上 
互角の勝負を繰り広げるが、途中相手に足を取られ腹ばい気味に倒される。これが有効となってしまい優勢負け。


130630 全国国立1- (4)
▲五将 鈴木〇(指導2) 田村
お互い決め手に欠けるも、鈴木の方が攻勢だったため指導ポイント2で優勢勝ち。


130630 全国国立1- (5)
▲中堅 青木 (横四方)〇和地
途中絞めに入るなど善戦するも、組み際の大外刈で有効を取られ、そのまま抑え込まれる。


130630 全国国立1- (6)
▲三将 萩 (小外掛)〇沼崎
十分に持たせてもらえず、強引に内股に行ったところを小外で返され技有を取られる。


130630 全国国立1- (7)
▲副将 四戸 (払い腰)〇納所
何もさせてもらえず投げられてしまい一本負け。


130630 全国国立1- (8)
▲大将 板羽 (大内刈)〇川添
巴投げで技有を奪うも、防戦気味になったところを大内刈で投げられ一本負け。


予選リーグ第二試合 vs山形大学
先鋒から高橋、田澤、鈴木、小川、萩、四戸、板羽のオーダーで臨みました。

130630 全国国立2

千葉大戦の敗戦を受け、気持ちを切り替えて臨んだ第二試合、一進一退の攻防の結果4-2で勝利しました!

130630 全国国立2- (1)
▲先鋒 高橋〇(背負投)佐藤
試合開始から攻め続け、背負いが綺麗に決まり一本勝ち。


130630 全国国立2- (2)
▲次鋒 田澤 (引分け) 伊藤
どちらも技を掛け続けるがポイントはなく引き分け。


130630 全国国立2- (3)
▲五将 鈴木〇(内 股) 松本
序盤に内股で有効ポイントを奪い、以降安定した柔道を続け優勢勝ち。


130630 全国国立2- (4)
▲中堅 小川〇(背負投) 田崎
次から次へと攻撃を続け、アクロバティックな背負いで一本勝ち。


130630 全国国立2- (5)
▲三将 萩 (内 股)〇佐藤
序盤、相手の粘り強い内股で技有を奪われ、最後まで取り返すことができず優勢負け。


130630 全国国立2- (6)
▲副将 四戸 (大内刈)〇五反田
寝技に引き込むなど、得意な形に持っていこうとするが、相手の大内刈に背中がつき一本負け。


130630 全国国立2- (7)
▲大将 板羽〇(指導3) 高田
有利な組手から立ち技・寝技と攻め続け、相手に指導×3で優勢勝ち。



予選リーグ第三試合 vs琉球大学

先鋒から高橋、田澤、鈴木、サニー、萩、四戸、板羽というオーダーで臨みます。

130630 全国国立3- (2)

しかし琉球大学は出場選手が4人しかおらず、サニー、四戸、板羽は不戦勝となり、最終的に7-0で勝利しました!


130630 全国国立3- (3)
▲先鋒 高橋〇(背負投) 大川
勢いの止まらない高橋。バネの効いた背負投げでまたまたきれいな一本勝ち。


130630 全国国立3- (4)
▲次鋒 田澤〇(大内刈) 井上
内股から大内刈の連続技で見事一本勝ち。


130630 全国国立3- (5)
▲五将 鈴木〇(上四方) 東恩納
開始直後に内股で有効を奪い、そのまま抑え込み一本勝ち。



130630 全国国立3- (6)
▲三将 萩〇(大内刈) 冨岡
体落としを中心に攻め続け、最後はきれいな大内刈りで一本。


今回、千葉には大差をつけられて負けてしまいましたが、千葉と山形の試合は辛くも千葉が4-3という僅差で勝ち決勝トーナメントへと駒を進めました。このことも踏まえて野瀬師範から「実力差はほとんどない。勝つためにはリスクを恐れずに攻め入ることが必要。千葉大は“自分たちが必ず予選を突破する”という気迫があり、実力は紙一重でもそういった覚悟の差が表れてくる」と評していただきました。

中田コーチには「日々の稽古の成果で地力はついてきているが、試合経験の差が試合の展開や結果に表れている。もっている潜在力を本番で発揮していけるように、これからどんどん試合の経験を積んでいこう」とのお言葉をいただきました。


山形大や琉球大の試合では自分たちの持ち味を発揮した試合ができたものの、千葉大との試合では多くの課題が浮かび上がりました。今までの稽古の成果を確認する一方で、師範のおっしゃった気持ちの問題、コーチのおっしゃった経験の問題といった課題をこれから克服していきたいと思います。


部活はこれから夏オフに入りますが、試合の反省を十分に行い、体作りも継続して8月以降のステップアップにつなげていきたいと思います!

なお、お休みのところ講道館まで応援に来てくださった山口先輩(S58)、岩垂先輩(H4)、中田先輩(H8)、植松先輩(H14)、上田先輩(H17)、寺田先輩(H23)、山田先輩(H24)、いつも本当にありがとうございます!

全国国立で試合に勝ったのはなんと平成18年(野瀬主将)以来、6年ぶりとのこと!!
三商大戦で勝つまではまだまだ名門一橋復活とは言えませんが、柔道部の活動を支えてくださっている多くの皆さまに、しっかりと結果で報いていけるように、引き続きチーム一丸となってがんばります!

今後ともご指導、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

副主将 丸山

| 戦績 | 03:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |