一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013/12/21(土)稽古納め

土曜日は今年度最後の稽古(稽古納め)を行いました。

稽古納めということもあって、野瀬師範、中田善久コーチ、中田先輩(H8)、上田先輩(H17)、柿元先輩(H21)、寺田先輩(H23)、 山田先輩(H24)、 山岸先輩(院生)、新田さん(東大OB)と、多くの先生、先輩方にご来場いただきました。

そのおかげもあり、今年度の締めにふさわしい、非常に中身の濃い稽古ができました。年末のお忙しい時期にお集まりいただきありがとうございました!

131221 稽古風景 (1)

131221 稽古風景 (2)

講習では、野瀬先生からは絞め技と十字固めのポイントについてご教授いただきました。

131221 稽古風景 (3)

講習の際、私は受け役を仰せつかったのですが、野瀬先生の絞め技には気道を抑えられることによって生じる「嫌な苦しさ」が全くなく、頸動脈をピンポイントに抑えられることで一瞬にして意識が遠のいていく、ある種の「心地よさ」があります。

また、十字固めを受けた際にも、肘に痛みを感じることなく、「あと僅かでも腕を傾けられたら絶対に折れる」という予感を自覚し、自然とタップしてしまいました。

野瀬師範の領域にまで到達することは、並大抵のことでは不可能ですが、本日教えていただいたポイントを心に留め置き、実戦でも活用できるよう鍛錬を重ねてまいりたいと思います!

中田コーチからは今年の「得意技を一つ作る」という目標に代わって、「得意技と逆の方向の技をつくる」という来年の目標を提示していただきました。

例えば大外刈りなら大内刈り、背負い投げなら小内刈り、といったように得意技と異なる方向に投げる技を習得することによって、より得意技を実戦で活かせるようになります。

131221 稽古風景 (4)


来年は現三年生にとって最後の一年です。
本日師範とコーチに教えていただいたことをしっかり身につけ、最後に三商で優勝できるように、これまで以上に愚直に、真摯に稽古を重ねてまいります!
来年も頑張ります!



3年 田中

131221 集合mini
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/12/14(土)

遅くなりましたが、先週土曜日に行いました練習会の様子をお伝えします。

土曜日の練習会には、野瀬師範、中田善久コーチのほか、かつて新歓期に顔を出してくれた熊谷君、坂本君にもご来場いただきました!

二人とも現在は他のサークルに所属していますが、「久しぶりに柔道がやりたい!」という二人の希望により、再び有備館に足を運んでくれたのです!
寒い中来てくれて、本当にありがとう!!

さて、「久しぶり」という彼ら、いざ練習をしてみると・・・うーん、強い!!
全く衰えを感じさせない・・・というか、むしろ強くなっているのでは?と疑うほどの動きのキレです!
なるほど、二人は柔道強化のために、他の競技のエッセンスを盗みに行ってたんですね!・・・というのは冗談ですが、二人が参加してくれたことで、本当に有意義な練習をすることができました!

またやりたくなったときはぜひ、月一回でも、週一回でも、週六回でも、いつでも練習に参加してくださいね!!


さて、中田コーチの講習では、立技の打込みにおいて、

①相手の帯より下に入ること
②大きく入ること
③入る前には脱力し、入る時に力を入れること


・・・の三点についてご指導いただきました。この冬オフ期間は、三商戦で明らかになった自分の課題を根本から見つめなおす良い機会となるはずです。一つ一つの技について、ご指摘いただいた点に注意して再確認してまいりたいと思います。


また野瀬師範からは、先の脱力についての話のほか、アイシングのRICEなど、応急処置についてご説明をいただきました。

今年はメンバーも増え、稽古が充実していたことを差し引いても、少し怪我が多かったな、という印象です。怪我をしてもなるべく早く練習に復帰するために、怪我の程度の判断と応急処置の方法は最低限知っておかなくてはなりません。チームで共有し、誰がけがをしてもすぐにサポートできる体制を作っていきたいと思います!
二年 小川

| 日誌 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/12/10(火)納会

本日は有備館にて今シーズンを締めくくる納会を行いました。

納会には大月先生、野瀬師範、山岸先輩(院生)、ヴァレさん(院生)にお越しいただきました。


先生方からは三商の反省点や冬オフを迎えるに当たっての課題についてのお話しいただきましたが、共通して仰っていたことは、体作りを中心に、限界点を引き上げるべく、個々人が自分を追い込むようなトレーニングや練習をしなければならないということです。

自分もオフ明けには皆さんに「二度見されるような体」を披露できるよう、 オフ中の時間をうまく使って日々トレーニングに励みたいと思います!


ところで今日の納会には、李先輩の妹である家彗(カーフィ)さんも納会に参加してくれました。

131210 納会


家彗さんは現在高校生で、東京の大学への進学を目指しているとのこと。李先輩同様、日本語が達者で、楽しそうに色々な話を聞かせてくれました。
家彗さん、またいつでも遊びに来てくださいね!!

そして、納会の締めには部員一人ひとりが三商の反省や今後の抱負を語り、決意を新たに致しました!

三商まであと347日。
一日一日を大切に過ごし、来年こそはここ国立で、必ず優勝杯を奪還します!

引き続きご指導、ご支援のほど、宜しくお願いいたします!!



一年 馬場

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

納会のお知らせ(12月10日 火曜日)

各位

いつもお世話になっております。
下記の通り納会の日程についてお知らせします。

 【日時】12月10日(火)18:00 開会
 【場所】有備館


直前の連絡となり申し訳ございません。
平日ではございますが、ご都合のつくOBの皆さまはぜひ有備館まで足をお運びください。


一橋大柔道部 部員一同

| スケジュール | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013/12/07(土)

今日はオフに入って二度目の練習会です。
朝はかなり冷え込みますが、皆週に一度の楽しみのために集まってきます。

寝技乱取りでは、1年の馬場がやはり良い動きをしていました。大学から柔道を始め、寝技中心に鍛え上げていくという一橋らしい柔道スタイルが身についてきているように感じました。

131207 稽古風景 (2)

131207 稽古風景 (1)

自分は寝技に苦手意識を持っていたのですが、大学から始めた馬場の成長っぷりを見る限り、単に研究や反復が足りなかっただけなのかもしれません。馬場の姿勢を見習って「寝技が得意」と胸を張って言えるようにがんばります!


乱取り後には、三人打ち込みを行いました。
三人打ち込みは相手を最後まで投げ抜く力感覚を養うために有効な練習です。また、技をかけ切ることは相手の反撃のタイミングを奪うことにも繋がるので、そうしたことも意識しながら取り組みたいと思います。



稽古終了後、各々残って研究する中、今までやったことのない技に挑戦している部員もおりました。多少自分の体格に合わない技であっても、相手の意表を突いたり、技の組みあわせ次第で得意技の威力が上がったりすることもあるため、技の種類を増やしていくことはとても意義のあることだと思います。特に三商も終わって一区切りついた今、そうした新しい試みをするには丁度いい時期かもしれません。

オフ期間ではありますが、逆にオフだからこそ出来ることがあると思います。今何ができるかを考え、常に成長していけるように頑張っていきます!

一年 青木

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年12月予定

12月の予定は以下の通りです。
納会については現在日程を調整中です。
日程が決まりましたら、改めてご連絡致します。

1312予定

▲クリックすると拡大します


一橋大学柔道部一同

| スケジュール | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |