一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014/06/30(月)

毎週のことですが、月曜日はゼミがある部員が多く、参加人数は少なめです。



しかし、今回は中島さん、中野さん(膝の怪我からの復帰おめでとう!)の女子部員2名が参加し、いつもより活気のある稽古となりました!


中島vs中野の乱取です


先週末中田コーチよりご指摘いただいた「寝技への拘り」、そしてその基盤となる「基本事項の徹底」の二点を踏まえ、前半の寝技では、袈裟固め、横四方固め、上四方固めの返し方の反復メニューを行いました。

第一義的には上記の3種類の固め技の返し方が身に付きますが、それだけでなくそれぞれに寝技の基本的な動きのエッセンスも詰まっていると思います。

自分の得意技と同様、これらは一朝一夕に身につくものではありません。
日々の反復を通して、もう一度基本動作の精度を高めてまいりたいと思います!

かく言う私も、大学に入るまでは寝技の「ね」の字も知らず、「寝技の打ち込み?そんなものあるのか?」と言った状態でした(笑)

とりわけ経験の浅い初心者組は、寝技をアドバンテージに自分の柔道の「型」を構築して行く必要があると思います。

「寝技は練習量で決まる」という言葉にあるとおり、セオリーを抑え、日々反復を繰り返すことが寝技の稽古において最も重要な点に違いありません。
今日の稽古のように、下級生は上級生に質問することで疑問を解消し、上級生は下級生に教えることで理解を深め、互いに学び合いながら精進して行きましょう。

この話に関連して、最近(今年度)は稽古の後に後輩たちが積極的に1年生の指導にあたってくれている様子をしばしば目にします。

今日も「投げの形」に含まれる体捌きの重要なエッセンスについて、白帯部員を相手に青木と萩が力説していました。

やはり、「コウハイ」という未知の存在の出現によって、部内での自分の立ち位置、責任を意識したりと、様々な面で好影響が及ぼされるのだなあ、としみじみと思う今日この頃です。

ブロクを執筆させていただく度に書いてしまっている気がいたしますが、今年は「勝負の年」です。
もう一度、改めて去年の悔しさを思い出し、残された5ヶ月弱という時間をより濃密なものにしていきましょう。


主将 板羽
スポンサーサイト

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/28(土)

本日は、小雨が降り、じめじめとした天候の中練習を行いました。また、本日は中田コーチ、寺田先輩がいらっしゃいました。

練習についてですが、基本的には通常どうりの練習を致しました。また、途中に中田コーチによる新ルールに関する説明を受けました。

我々はこの間の都国公の試合において新ルールを経験しましたが、新ルールにより試合の様相も多少変わって来るように思われます。



さて、物事の変動期にはその本質を見失いやすくなるものですが、金融の歴史においてもブラックショールズ式の出現直後がこれに当てはまるものと思います。

ブラックショールズ式によって、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、アノマリー調査を超えて、確率論によって投資に科学的なセオリーとその根拠をあたえられたことは重要です。

しかしながら、ブラックショールズ式を盲信するあまりに、LTCMのような失敗に陥ることもあります。ブラックショールズ式はあくまでもモデルであることを忘れてはならず、実際には変動差分は正規分布よりファットテールであったり、ボラティリティも変動したりしているのだということなども忘れてはなりません。


柔道においても、自分が普段やっていこうとしていることを見失わないことが重要だと思います。

自分はこの度のルール改正に伴って、新ルールを頭に入れるのはもちろんですが、新ルールに合わせて何か変えるより(これは自分には実際に困難でもあります)、新ルールを使って今までやってきたことをどう生かすかを考えていこうと思っております。


中田コーチのご子息のしょうまくんに抑えられる四戸


相川

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/27(金)

最近、暑くはないですが湿度が高くムシムシした天気が続きます。
柔道着も乾きが悪いので、早く梅雨明けしてからっとした天気となってもらいたいです。

さて今日の練習ですが、先日師範に教えて頂いたことを、立ち技の打ち込み、乱取り、投げ込みで取り入れている選手が非常に多かったのが印象的でした。

打ち込みや投げ込みでは「居合い」つまりは組んですぐに技を出す練習を皆が行っており、それを基に乱取りでも
実践していました。



また立ち技から寝技への移行についても、巴投げ、帯取り返し、引き込みを積極的に駆使する、もしくは相手が背負いをかけてきたのを避けるなどをした後に、寝技をしている場面が多かったです。


ところで、今日ワールドカップ日本代表が帰国したというニュースがありました。
残念ながら日本代表はグループリーグ敗退となり、日本に優勝杯を持って帰ることができませんでした。

このニュースを見て、私は先週の土曜日に中田コーチに「なぜ、日本代表の負けが批判されていると思うか?」と尋ねられたことを思い出しました。

私はこの質問に大した回答ができなかったのですが、中田コーチは「日本代表にかけられた期待がそれだけ大きかった」からであると仰っておりました。

一方で、中田コーチは、それだけの期待を背負い試合に出られる日本代表は幸せであるとも仰られました。
そして、三商戦もワールドカップ同様にOBの先輩方や先生方からの期待があり、その中で試合できる自分たちは幸せであると話しておられました。

日本代表チームと同じく、我々も多くの期待を背負って自分達は柔道をしているのであり、三商戦に向けより一層努力しなければならないという使命感を新たにしました。

三商まで約5ヶ月ですが、明日が三商でも良いというような意気込みで毎日の練習に臨みたいと思います。

田澤

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/26(木)

本日は野瀬師範にご来場いただきました。


やや蒸し暑い1日でしたが、例年の6月に比べれば今年は比較的涼しいように感じます。

さて、稽古後には野瀬師範より2点ご講話頂きました。
1点目は、武道としての柔道は剣術に似た点があるということです。
すなわち、剣術は刀を抜いてすぐに攻撃をしかける「居合い」の技術と
刀を対峙した状態で倒すことを狙う技術の二つがあるということです。

柔道もこれと同様に、組んだ瞬間にすぐ技を出す技術と組み合った状態で技を出す技術、この両方が必要だというご講話です。
早速、組んですぐに技を出す練習のために「持ってすぐの投げ込み」を行いました。ぜひともモノにしていきたいと思います。

2点目は、立ち技から寝技の移行をスムーズになるまで何度も反復するということです。
これは、日頃から何度もご指摘頂いている点ですが特に来週以降に控える全国国立大学戦に向けて今から重点的に対策する必要がある必須技術でしょう。

また、野瀬師範より「1年生の寝技が上達している」とのお褒めの言葉。
松重・丁コンビも思わずニヤケ顔です。
この調子で頑張っていこうな!!!

怪我に気を付けつつ、次の試合に向けて頑張ります!!

福島

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/24(火)

本日の練習は雷を伴う激しい雨の中で行いました。

雨が降り気温が下がることは大変ありがたいことですが、一方で柔道着が乾かないことには頭を抱えてしまいます。

クリーンな柔道部を謳う我々にとって練習環境は常に清潔に整えておきたい所であります。時間のある部員でまめに柔道着を整備していきたいと思います。


さて、本日の練習には院生の山岸先輩にご来場いただきました。
先週に比べると乱取りの参加人数も多くなり少しずつではありますが練習に活気が戻っております。





今後も怪我人の数を減らしていけるよう体調管理に細心の注意を払っていきます。

高橋

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/23(月)

本日は熊澤先輩(埼玉大OB)にお越し頂きました。
また、私の先輩である片岡先輩(同志社大学三回生)が練習に参加してくれました。
片岡先輩は小中と柔道をやっており、また久々に柔道をやりたいということで、東京観光の時間を削り、一橋柔道部の練習に参加してくれました!

片岡先輩は練習後も、「柔道はやっぱり楽しい」と言っておりました。私自身も高校の間柔道から離れた後、その面白さを忘れられずに大学で再び柔道を始めた身です。
やはり柔道には人を惹きつけて離さない魅力があると感じます。



さて、本日は月曜日ということで、ゼミや役員会があるため人数は少なめでしたが、熊澤先輩の指導のもと、密度の濃い練習が出来ました。

練習の最後の技の講習では、熊澤先輩に効果的な引き込みの方法について教えて頂きました。


熊澤先輩の正対

言うまでもなく、引き込みは特に三商戦において、分け役の者が使う常套手段です。
1年生の松重君や丁君にも、是非今日の引き込みはマスターしてもらいたいと思います。

来週末には全国国立があります。怪我をしている人も多いですが、うまく調整して各自出来ることをやり、出来る限り良い状態で試合を迎えられるよう頑張ります!


本日も暑かったです!


青木

| 日誌 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/21(土)

本日は、慶應義塾大学に出稽古に行ってまいりました!中田コーチにもお越しいただきました。

先週に続いて二週連続の出稽古となりましたが、今回は東京都の一部に所属している強豪ということで、各自先週とはまた異なる目標を持って練習に臨みました。

練習は、慶應義塾大学の一部の選手が翌日に東京ジュニアの試合をひかえているということで、まずその選手たちの調整を行い、その後それ以外の選手で乱取りを行いました。



やはり東京都一部の壁は厚く、慶應義塾大学のレギュラーの選手には我々は歯がたちませんでしたが、相手も手を抜かずに練習してくれたこともあり、非常によい練習ができました。一年生たちも、慶應義塾大学の女子の選手と乱取りを行い、部内での練習とは異なる雰囲気を味わうことができていました。

練習後に中田コーチからは、この時期に、あえてレベルの高い大学と練習することで、目線を高くして以後の練習に励むように、という言葉をいただきました。

来月の初めには、全国国立の試合があるので、それに向けての追い込みを頑張っていきます!

鈴木

| 日誌 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/20(金)

ここ数日、日中は晴れているものの湿度が高く、じめじめした日が続いております。
梅雨の中休みといったところでしょうか。



そんな中、本日も気合を入れて練習に取り組みました。1年生は毎日熱心に練習に取り組んでいますが、最近丁君は大外刈りの入り方を何パターンか研究し、乱取りでも実践しているようです。

大内から大外、出足払いから大外など、技のつながりを意識しているようで、がむしゃらに技に入るだけの初心者から少しずつ脱皮していく様子が見て取れます。

今後も臆せず上級生に技をかけていって、自分の得意技にしていってもらえればと思います。

明日は慶応大学へ出稽古に参ります。自分の全力を尽くして次の成長につなげられるよう、気持ちをしっかり持って練習に取り組みます。

丸山

| 日誌 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/19(木)

梅雨の季節ということもあり、近頃はすっきりとしない天気が続いています。

本日は雨こそ降らなかったものの、湿度と気温の高さに悩まされる一日となりました。
蒸し暑いなかでの稽古となりましたが、部員一同気合いを入れて臨みました。

木曜日はゼミなどで参加できない部員が少なく、いつもより多い人数での稽古となるため、やはり活気のある稽古となります。ただ、最近は怪我をする人も多く、乱取りともなると若干人数が少なめに感じられるのも事実です。

ここ数か月は試合も続いており、どうしても練習を休みたくない重要な時期ではありますが、先週野瀬師範より伺ったお話にもあった通り、怪我に対してはとくに適切に処置をしなければなりません。無理をしすぎないこと、しかしできることはしっかりとこなすこと、こういったことが後々復帰したときに活かされてくるはずです。(筋トレをする者、打ち込みに励む者、それぞれが自分にできる「練習」に励んでいました!)



今週末からは、梅雨が本格化するとのニュースもありました。今後は夏の近づきも相まって、さらに蒸し暑さが過酷になっていくことが予想されます。このような時期は集中もとぎれやすく、怪我の恐れも高まります。今順調な者は怪我をしないように、怪我をしている者は早く治すように、さらに気合いを入れて頑張りたいと思います!

小川

| 日誌 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月21日(土)の練習予定変更のお知らせ

6月21日(土)の練習予定が以下に変更になりました。
稽古場所の変更がありますので、ご注意下さい。

【変更前】練習(9:30~)

【変更後】慶應大学 出稽古(10:00~) 於:慶應大学日吉キャンパス

よろしくお願いします。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/17(火)

少し涼し目の気温の中本日も稽古に励みました!

本日は山岸先輩(院生)、さらに稽古の見学のために桐原先輩(S61年卒)にもお越しいただきました。
お忙しい中本当にありがとうございました!

稽古の方ですが最近は怪我人等で乱取りに不参加の者が多くなっているため、部員全員で乱取りはできなくなってしまっています。しかし1年の丁、松重コンビが本日も問題なく元気に参加!受身をしっかりマスターしている証拠だと思います。

また、二人に共通して言えることですが、最近丁も松重も積極的に前へ出てきて技をかけてこれるようになりました。特に二人とも立ち技の連絡変化を上手く習得できているように感じます。上級生を倒す日もそう遠くはないかもしれません。





稽古後には山岸先輩より講習をしていただきました。
寝技の基本的な返し方と、その基本から派生した返し方を紹介して頂きました。
一つの返し方が防がれてしまった時に対応するための幾つかの別のパターンを持つ事の重要性について説いていただきました。
部員同士で「ああでもない、こうでもない」と、試行錯誤することで充実した研究になったと思います!

夏が少しずつ近づいてきたということで、暑さでスタミナが切れてしまわないようこれからも集中して稽古に取り組んで行きたいと思います!


| 日誌 | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/16(月)

本日は埼玉大学院の熊澤先輩にご来場いただきました!
熊澤先輩には野瀬英豪先生の「武道としての柔道」にも参加いただき、初心者がほとんどの学生たちに向け、浮き落としや出足払いなど形の基本的な技を教えていただきました。

また稽古のほうでは一二年生が中心の練習になりましたので、寝技に重点を置いた練習となりました。
特に立ち技で投げられた後や抑え込まれた後の対応を乱取りの中で徹底していくことを課題に乱取りに取り組みました。
松重や丁も段々と得意技や得意にしたい技の方向性が決まってきたようで、乱取り中に何をかけようか迷う部分が少なくなってきたように思います。

研究では熊澤先輩から正対について教えていただきました。
相手の頭を下げることが一番のポイントということで、頭を下げさせておけば、攻めやすく守りやすくなるので、次はいかに相手の頭を下げさせるのかを重視して取り組みたいと思います。


下剋上を狙う相川

しばらく暑い日が続きますが、マイッタナシで頑張ります!

四戸

| 日誌 | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/14(土)

本日は千葉工業大学に出稽古に行って参りました!

去年もこの時期に千葉工大の稽古には参加させて頂きましたが、去年同様、本日の稽古は千葉工柔道部の方々だけでなく社会人や他大生、高校生との合同稽古となりました。

千葉工大の方々が大会直前とのことで、今日は乱取を中心とした調整練習のようでしたが、多くの方と短いながら刺激的な稽古をさせて頂きました。東京都国公立の反省でも出ましたが、今の私達に欠けているものの1つとして「他大との対戦経験及び試合の組み立て」があります。
今日は試合こそしなかったものの、何をしてくるかわからない相手と戦うという経験は今後より大切になってくるでしょう。もちろん普段有備館で行う稽古も技の洗練、体力向上などの点で必要ですが、やはり試合で普段の実力を出し切るには、本日のように出稽古に来て普段を知らない相手に自分の動きを試す経験を数多く積むことが不可欠だと私は思います。

本日は千葉工大の皆さんありがとうございました!また共に稽古をする機会がありましたら是非よろしくお願い致します!

馬場

| 日誌 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/13(金)

金曜日の稽古には野瀬師範と埼玉大学の熊沢先輩にご来場いただきました。
雨が続いておりお足元の悪い中にもかかわらず、ご足労いただきまして誠にありがとうございます!

最近は怪我人が続出していることもあって乱取りなどに参加できる人数は少なかったですが、
集中した稽古ができたように思います。

乱取り後には野瀬先生からお話をしていただきました。

1つは怪我人が多いことに関連して、自分の怪我の原因と治療法を知っておくことについてお話をしていただきました。
怪我に限らずあらゆる問題に通底することでもございますが、なぜその問題が生じているのか、その原因を知らなければ問題を克服することはできません。そのため怪我に関していえば信頼のおける医者に診察してもらい、自分でできる治療法を実践することを通じて建設的に怪我を克服していかなければならないということを野瀬先生から教えていただきました。

2つめは柔道のモラルを守ることに関してお話をしていただきました。
たとえば試合場では道着を脱いで裸にならないということや、裸足で外に出たりしないこと、タオルをくびにかけたりしないことなどは柔道における最低限のモラルであり必ず守らなければなりません。国際柔道連盟試合審判規定が頻繁に改正されて、柔道はますますスポーツとしての競技性が重視される傾向にありますが、どれだけルールが変わっても柔道のコアにある「礼」の精神は変えてはなりません。そのためにも普段から柔道のモラルに気を付けて行動しなければならないように思います。

3つめは技術的な点についてご指導を賜りました。
寝技では相手が正対の時の攻め方と守り方について、そして立ち技では相手の動きに合わせて大内刈りをかける方法についてご教授いただきました。野瀬先生から本日ご教授いただいた技術は特に基礎を固めている最中の一年生にとって非常にためになったようで、丁は思わず「有益だ」と言っておりました。

練習後には先週に引き続き来てくれた未入部の三浦君から入部確率60%の宣言を頂きました!
徐々に入部確立を上げてきてくれているので、4週間後には100%になっていることを期待したいところです。

梅雨で空が暗いと気分も暗くなってしまいがちではございますが、
7月の全国国立に向けて健康管理を万全にし、稽古に精進してまいります!

田中

| 日誌 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/12(木)

連日の雨の中、有備館の湿度計は95%。
室温はほどほどでも汗が蒸発しにくく、異様な暑さを覚えます。
汗っかきな私にとっては最も嫌いな季節と言っても過言ではありません。。。

さて、木曜日はゼミナール等で欠席する部員もおらず、ほぼ全員が揃う日です。
道場の人口密度も非常に高く、それに比例して活気ある稽古となりました。
(一方で、スペースが足りないという嬉しい悲鳴もありますが笑)
乱取りの際にも「ファイト」の声が至る所から聞こえ、一層気合いが入るとともに、心地よい緊張感が作られるようになりつつあります。
しかし、先日の東京都国公立大戦で課題となった、「5分間戦いきる」という点においては、練習のあり方についてまだまだ改善の余地がありそうです。
一本取や部内試合など、試合に近いメンタリティで戦うメニューを盛り込んで行こうと思いました。

次の試合は全国国立です。
残りおよそ3週間、今回の反省点をフィードバックし、一歩でも成長できるよう精進していきましょう!

板羽

| 日誌 | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/10(火)

最近は梅雨真っ盛り。
湿度が高く、毎日のように雨が降るので柔道着が乾きづらい日々が続きます。

しかし、真面目な一年生二人の活躍もあり、今日も道着の心配をせずに柔道に打ち込むことができました。
松重も丁も柔道部としての生活に慣れつつあるようです。

さて今日の練習ですが、マネージャー的存在であり実力が謎に包まれていた中島さんがついに道着を着て練習に参加!!

立ち技乱取りでは軽量級の部員を相手に技を見せてくれました。
ぜひともマネージャーだけでなくプレーヤーとしても頑張ってもらいたいと思います!!

明日は東京都国公立大会の反省会を行います。
部員それぞれの試合で異なる課題が見つかるでしょう。
特に私はこの度の試合で自分の悪い点が多く出てきてしまい思うような結果が残せませんでした。
今回の試合から少しでも学び、これからの練習、試合へと生かしていきたいと思います。

田澤

| 日誌 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/08(日) 東京都国公立大学柔道大会

まずは試合結果のご報告をさせて頂きます。

<団体戦>
一回戦 対農工大 6-0
〇高橋 (内股) 岩崎
〇青木 (内股) 中井
〇萩 合わせ技(体落とし、横四方) 安藤
小川  引き分け 大岡
〇田澤 不戦勝
〇板羽 不戦勝
〇鈴木 不戦勝

二回戦 対東工大 6-1
〇高橋 合わせ技(一本背負い、内股)  江尻
〇板羽 (縦四方固) 待島
〇鈴木 (反則勝、指導4) 堀田
〇四戸 (反則勝、指導4) 高木
〇青木 (大外刈) リー
田澤  (横四方固) 氏家〇
〇萩 合わせ技(体落とし、大内返し) 細田

決勝 対学芸大 3-4
〇青木 (大外刈り) 深見
高橋  (優勢勝ち) 丸山 〇
板羽  (優勢勝ち) 吉田〇
〇鈴木 (内股) 大工廻
田澤 (払い腰) 大峯〇
〇萩 (優勢勝) 森下
小川 (袖釣込腰) 上野〇 

<個人戦>
66kg級 青木 3位
81kg級 高橋 3位
無差別 板羽、鈴木 3位

となりました。

本日は東京都国公立大会の本番。目指すは優勝ただ一つ!今まで練習に励んできた自信を胸に試合に臨みました。一回戦農工大、二回戦東工大に勝ち、決勝戦は去年も優勝をかけて争った学芸大学と戦いました。3-3で勝負は大将戦の小川までもつれ込みましたが、学芸大主将の上野選手に敗北。惜しくも優勝を逃しました。

個人戦も含めた今大会の反省点は、まだまだ試合経験が不十分だったというところです。それは隙をつかれて普段投げられないようなところで投げられたり、動きが鈍くなったところを相手のペースにさせてしまうという場面が多かったことにあらわれていました。
集中力を途切れさせず、体力を使い果たさないようにするためには、力んで単調な攻めを続けるのではなく、どこかで力を抜いたり、攻めの形を変えたり、場合によっては寝技を活用するというのも有効な手段だと考えられます。そういった試合の中での工夫をもっとできるようにしなければなりません。

また、今大会で特徴的だったのは新しく変わったルールに対応しなければならなかった点です。試合場が赤畳分狭く設定されたうえに場外注意の判定が厳しく、指導4で反則負けという事例が割と多く見られました。両手で組手を切ることの禁止や、足持ち禁止と合わせて新ルールに対しての研究も行っていかなければなりません。

我々4年生にとっては最後の都国公となる今回、優勝できず悔しいという気持ちがある一方で、自分たちの問題点を再認識できるいい試合ができたと思います。それは我々が普段やっている練習の成果を発揮できたということでもあります。その上で負けてしまった自分たちの実力や立ち位置というものを自覚し、来たる11月の三商に向けて新たなスタートを踏み出していこうと思います。

最後になりましたが、主幹校の農工大の方々をはじめ、各大学の皆さんお疲れ様でした。各大学部員不足というものに悩まされているであろうとは思いますが、そんな状況であるからこそ7人制の試合を維持するというのは非常に有意義なものであるとも思っています。東京都の国公立という狭い世界だからこそ交流も深めやすいですし、今後も出稽古等お邪魔させて頂く機会があると思いますので、その際はよろしくお願いします!






| 戦績 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/07(土)

国立も梅雨入りをむかえ雨降りしきる中での稽古。
いつもとは違う独特の雰囲気の中で、本日は中田コーチ、寺田先輩、そして都立立川高校柔道部の皆様にご来場いただきました!


立川高校の皆さんのご参加もあり、活気に溢れています

稽古は、東京都国公立大会前日ということでいつもよりも控えめなメニューでしたが共に良い汗を流すことができました。

そして、なんと既に引退して、受験勉強に励んでいる立川高校柔道部3年生の中には一橋大学を目指してくれている子がいるという情報を入手!!

我々一橋大学柔道部は、勉強を頑張る君を積極的に応援していきます。

本日いらした立川高校の皆さん!
「立川―国立」という好立地ですのでで、これからも気軽に稽古にきてください!


さて、稽古の最後にはコーチから明日の試合について先週の試合の時と同じく、必ず自分から組みにいくこと、
そして自分から技をかけにいくことを意識して試合に臨むようにというお言葉を賜りました。

先日の試合で実践できなかった者は特に意識しなければなりません。

明日の東京都国公立大戦、今年は開場が講道館です。
前回の試合の反省点、そして本日ご教授いただいたことも含めて試合に生かせるよう、そしてこれまでの稽古の成果が出せるように、部員一同、死力を尽くしてまいります!!!

福島

| 日誌 | 03:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/06(金)

東京も梅雨に入り激しい雨に見舞われましたが、むしろ最近の暑さを吹き飛ばすかのようで普段以上に快適に練習に打ち込みました。

練習には四月に柔道部を訪れくれた三浦君が見学に来てくれました。三浦君は現在入部する体育会を探しているようですが彼の中で柔道部が魅力ある候補として残っていて何よりです。


小川が三浦くんに柔道の魅力について語りました!



さて本日の練習内容は日曜日に東京都国公立大会が控えているため練習量を普段より少なくして調整を行いました。


日曜日は2年生の鈴木・青木コンビにも活躍してもらう予定です。

試合に出ることは勝ち負けを問わず選手にとって収穫となりますが、試合前に怪我をしてしまっては出場すら出来ません。今日だけでなく明日も怪我だけはないように練習したいと思います。

気になる三浦君の入部確率は50%でした。まだ他の体育会と迷っているようですが、また有備館に足を運び練習に参加してもらいたいと思います。


新入生の皆さん!柔道部はいつでも門戸を開いています。まだどこの部活にも入ってはいないけれど、もうどこの部活にも入れないだろうと諦めかけている新入生はぜひ一度練習に参加してください。

高橋

| 日誌 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/05(木)

本日は、雨が降り、そのため蒸し暑く、不快な天候でした。
明日もまた雨でありますからおそらく梅雨に入り、今後もこのような天候が続くものと思われます。このような時期は練習がしにくいものですが、その分練習によって体力の向上が見込まれることもあるため、気持ちを入れて臨んでまいります。
練習についてですが、本日も通常どうりの練習を致しました。都国公も迫る中で気持ちを入れて臨みたく思っております。

相川

| 日誌 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/03(火)

本日も通常通り稽古を行いました。

稽古には山岸先輩(H21年卒、院生)にお越し頂きました。






日曜日には東京都国公立大会が控えているので、今は試合前の追い込みの時期です。中田コーチが常々仰るように、乱取りにおいては、一本一本を試合のような感覚で取り組み、出来るだけ実践に近づけていくことが大切だと思います。そして本日の乱取りでも、一切馴れ合いの感なく、真剣勝負が繰り広げられておりました。

しかし1つ気になることは、怪我人が多いことです。全く怪我なしの者は少なく、乱取りも後半になるにつれ人数が徐々に減っていくようでした。自分も怪我をしてしまっているのですが、とりあえずは今週末の試合に照準を合わせ、休む時は休み、我慢する時は我慢するといった調整をうまくしていこうと思います。

怪我に関して言えば、まだ体力・筋力がまだまだ足りない1年生には、4年間大きな怪我がないよう、これから基礎的なトレーニングなどに協力していく次第です。

日曜日の都国公は、今からできる限りのベストの状態に仕上げて、優勝を狙っていきます!

青木

| 日誌 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/06/02(月)

本日は最高気温32度、道場内は34度の真夏日となりましたが、今週末に都国公が控えていることもあり、皆で声を張り、集中して稽古を行いました!


先週末は部活にも出つつ、小平祭で大活躍した(松重のクラスの模擬店は2日間で16万円の利益を出したとのこと!)松重や丁も暑さに戸惑いながらも、気持ちを切らさず積極的に練習していました。
今年の都国公ではまだ受身が完全ではなく、まだ時期が早いとのことで、2人の無段の部での参加は見送りましたが、投げ込み程度の受けならかなり上達しているので、これからも我々上級生が安全に気をつけつつ、徐々により実戦に近い稽古をこなせるよう、指導して行きたいと思います。



乱取りでは月曜日はゼミの部員が多く、人数が少ないので同じ相手と行う機会が多いため、毎回なるべく違うことを課題にし、行いました。
自分は前回の試合の反省から、特に組み際や組手の攻防に重点をおいて取り組んでいますが、そればかりに気を取られ、頭を下げたり攻めっ気がなくなってしまうのが課題です。


まだしばらくは暑い日が続きますが、マイッタなしで頑張ります!

相川

| 日誌 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年6月予定表

6月の予定をお知らせします。

2014年6月予定表

一橋大学柔道部は、新入部員募集中です!
まずは見学&体験会へ!部員が丁寧に柔道の魅力を語ります!
有備館でお待ちしています!

| スケジュール | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |