一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014/09/27(土)

本日の稽古には中田コーチにご来場頂きました。
来週からお子さんの運動会シーズンということで、中田コーチもますます体づくりに余念がありません!

はじめに今日は、先のテニスで活躍した錦織選手が基本である「ストローク」を徹底的に反復したということに倣い、乱取り稽古の前に寝技の基本の反復をおこないました。

「袈裟」、「横四方」、「上四方」の三種の他、「立ち技から寝技への移行技」の打ち込み稽古を行い、三商戦に向けてもう一度基本技に立ち返りました。

 乱取りは三商大戦を意識し、分け役と取り役に区別して行いました。中田コーチからは役割に応じたアドバイスを頂きました。

一、「相手の顔をしっかり見ること」
一、「組手を先に持って取り役との充分な距離を置くこと」
一、「喧嘩四つの場合は相手の引手、相四つの場合は相手の釣り手を
  制御して相手が技をかけにくくすること」

以上の三点を分け役の注意点として、ご教示頂きました。

新しい試みとして実践形式での20分基立ちを行い、体力的にもしっかり追い込みました。

白帯から始めた1年生も上級生相手に必死に食らいついており、これからの三商での活躍が楽しみでなりません。
来週から三商合宿Vol2です。怪我に気をつけながら、より集中して稽古に臨みます!

 福島
スポンサーサイト

| 日誌 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/26(金)

本日の練習は通常通り有備館にて行いました。

 来週には第二次三商合宿が控えておりますが、合宿で最大限の成果を出すためには怪我がネックになります。その為、今怪我をしている者は回復に努めており、練習後には怪我防止のためストレッチの時間をとっております。
 第二次三商合宿は怪我人を出さないことも1つの目標として頑張りたいと思います。

 末尾となり恐縮ですが、先日塚本先輩(H3卒)に梨を頂きました。抜群の糖度とみずみずしさで、練習で疲れきった部員の体が潤いました。
 塚本先輩、有難う御座いました。?先輩方のお気持ちにお応え出来るよう残り2ヶ月練習に励んで参ります。



高橋

| 日誌 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/25(木)

本日は丸山先輩、田中先輩、相川先輩と、私(馬場)、丁、松重の6名で、以前より交流の深い首都大学東京柔道部へ出稽古に行って参りました。

 寝技の打込と乱取りの後、練習試合を2試合(1試合目:5人制三商ルール、2試合目:
5人制国際ルール)行いました。試合経験のほとんどない1年生にとっては大変貴重な経験になりました。

 戦績としては、1試合目引き分け、2試合目も引き分けという結果で御座いました。

 特筆すべきは1試合目における丁の活躍です。丁にとって初めての体外試合となりましたが、立ち技の掛け合いでもつれて倒れたところで、機を逃さず袈裟固に移行し、押さえ込み一本をとる、というお手本のような、堂々たる試合運びでした。

 試合で実際に「勝つ」という経験は柔道を続ける上で強力なモチベーションになります。丁には今日の経験を胸に今後も更なる技術の向上を目指して欲しいです。

 三商まで残り約2ヶ月。今日の試合で見えた各々の課題の克服を含め全力で稽古に打ち込む所存です!

 首都大学東京柔道部の皆様、本日は有難う御座いました。これからも宜しくお願い致します!

馬場

| 日誌 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/23(火)

第一次三商合宿が明けてから初めての稽古となりました。

本日の稽古には中田コーチにご来場頂きました。練習試合を含めて行われた本日の稽古は、三商大戦に向けて大変有意義な稽古となりました。

準備運動の後で行われた練習試合(三商ルール)には田中先輩、丸山先輩、馬場先輩、丁が出場致しました。私にとっては初めての試合であり、中田コーチと先輩方からは試合の際の礼儀作法を教えて頂きました。

試合の結果
馬場 対 丁 (背負い投げー技あり、抑え込みー技あり) 勝者:馬場先輩
馬場 対 田中 (大外刈りー技あり、けさ固めー技あり) 勝者:田中先輩
丸山 対 田中 引き分け

練習試合の後、寝技打ち込みと寝技乱取りを行いました。
三商ルールは国際ルールに比べ、寝技が重視されますが、展開が止まると「待て」になってしまいます。中田コーチからは「展開を止めない」重要性についてご指導頂きました。
また、打ち込みは移動打ち込みを中心として自分の得意技と足技を練習してからその二つを連続的につなげる練習をしました。寝技も立ち技も三商大戦に勝つために必須のものです。抜かりなく双方を高めて行きたいと思いました。

乱取りは三商大戦を意識し、分け役と取り役に区別して行いました。中田コーチからは役割に合わせたご指導を頂戴致しました。「相手の顔をしっかり見ること」、「組手を先に持って取り役との充分な距離を置くこと」、「喧嘩四つの場合は相手の引手、相四つの場合は相手の釣り手を制御して相手が技をかけにくくすること」の三点を分け役の注意点として、ご教示頂きました。 自分の役割を意識した練習試合と乱取りを通して、我々1年生ももっと成長しなければならないと決意を新たに致しました。

三商大戦まで残りあと60日です。
「多くの大学で柔道をしているが、我々一橋大学柔道部のように「三商大戦」という一つの目標を目指して部員全体が一丸になって努力している大学はあまりない。そしてそういうところが我々一橋大学柔道部の素晴らしいところである。」とのお言葉を中田コーチからは頂戴致しました。
天気はどんどん涼しくなりますが、気持ちはどんどん熱くしながら三商大戦に臨みたいと思います。

| 日誌 | 13:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/23(火)【一橋柔道クラブ】東日本実業団出場

平成17年卒の上田です。

先日当ブログでもお知らせした通り、本日講道館にて行われた第51回東日本実業柔道団体対抗大会の男子3部に一橋柔道クラブが参加してまいりましたので結果をご報告します。

初の公式戦出場となる本大会には、若手OBの柿元くん(H21)、寺田くん(H23)、そして私、上田(H17)の3人で臨みました。

直近の大きな改正も含め、幾度かのルール改正を挟んでいるため、3人とも、現役時代と異なるルールを、試合直前まで頭に叩き込みます。

全試合が行われる大道場には、吉田秀彦監督率いるパーク24や日本中央競馬会、ALSOKといった強豪チームがひしめいており、日常生活では体験しえない緊張感を味わえるもの公式戦の醍醐味です。

そんな中、浅賀先輩(S45)、村山先輩(S48)、荻原先輩(S51)、植松先輩(H14)、上田(寺次)さん(H21)が応援にかけつけてくださいました!
お休みのところ、ありがとうございました!!


さて、初戦の相手は村山先輩もかつて所属していた三井物産柔道部、平均年齢にして5歳以上若い、勢いのあるチームでした。

140923 東日本実業団01試合開始

以下、写真とともに簡単に試合を振り返ります。


【先峰】上田  (内 股)○ 小倉

先峰の相手は慶応の主将を務めていた小倉選手。得意技の内股を何度かかわして寝技で反撃を試みるが、極めるまでには至らない。

140923 東日本実業団02上田-小倉

中盤、新ルールにおける組手の攻防に窮するとともに、自身のスタミナ不足も手伝って、最後はいい所を持たれたまま、高く上がった足に宙を舞ってしまう。

140923 東日本実業団03上田-小倉

【中堅】寺田 ○(合せ技)  西田

開始早々、内股で有効を奪い勢いをつける。

140923 東日本実業団04寺田-西田

途中、つい足に手が伸びてしまいそうになるシーンも・・・

140923 東日本実業団05寺田-西田

序盤の勢いそのままに攻勢に試合を運び、中盤豪快な袖釣りで技有りを奪い、そのまま横四方固めで合せ技一本。

140923 東日本実業団06寺田-西田

寺田君の活躍により、1勝1敗。
試合は五分に戻される。


【大将】柿元  (優 勢)○ 福井 

大将も慶応柔道部出身の福井選手。一進一退の攻防を繰り広げる。

140923 東日本実業団07柿元-福井

途中、場外際で技を掛け、崩れてしまったところに体を浴びせられ有効を奪われる。なんとか取り返そうと立技・寝技を駆使して攻めるも、相手も引かず、最後まで激しい攻防を続け、時間切れとなる。

140923 東日本実業団08柿元-福井

140923 東日本実業団09柿元-福井


以上、残念ながら1-2で初戦敗退という結果になりました。


悔しい結果ではあるものの、世代を超えたメンバーで真剣勝負に臨む楽しさを、今日の試合では十分に味わうことができました!

試合後に一橋柔道クラブ監督である浅賀先輩からは「細く長く続けていきましょう!」と激励の言葉をいただきました。

継続は力なり、今後も仲間を増やして、大小様々な大会に出場できるよう活動を続けてまいりたいと思います!

卒業後も柔道を楽しみたいOB・OGの皆さま、ぜひご一緒にいかがですか?
参加希望者をお待ちしております!!


140923東日本実業団10集合写真

(追記)
浅賀先輩、村山先輩には試合後にラ・クーア内のレストランに昼食に連れていっていただきました。
真剣勝負の後の一杯は格別!
先輩方、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

平成17年卒 上田

| OB・OG近況 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/22(月)

先週は、自分たち一年生にとって初めての三商合宿でした。
日曜日に休息したものの、慣れない合宿でどうしても疲労は体内に蓄積します。

最良の状態で三商に臨む事が我々の目標です。
1番伸びるこの時期に怪我をしてしまうのは得策ではありません。
目標を見据えた上で自らの体の状態と相談し、適切な稽古を行うのが一橋柔道部です。

 そこで、我々一年生は板羽主将に、集中力の向上・手首のスナップ鍛錬に効果がある事で有名なダーツを使用した稽古を提案致しました。

流石は一橋柔道部を束ねる板羽主将。
大きな度量で我々一年生の提案に耳を傾けて下さり、早速実行に移されました。

心身ともにすっかり疲労が抜けました。
明日から三商戦を見据えて、集中して稽古に臨みます!

松重

| 日誌 | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/20(土)

本日は横浜国立大学との練習試合&練習会で、横浜国立大学の選手8名高田監督、中村先生、そして野瀬先生、中田コーチ、山口先輩(S58卒)が有備館にいらっしゃいました。


まず最初に三商ルールの抜き試合を行い、結果は3人残しで一橋が勝利しました。次に抜き試合の方で試合をやらなかった選手を中心に点取り制で試合を行い、2-5で横浜国立大学が勝利しました。両者の実力は拮抗していたと思いますが、それでも3人の差が出たのは抜き試合特有の”流れ”というものがあったからでしょう。その流れをつかむために一つ一つの試合で決して油断してはならないということを改めて覚えておかねばなりません。


練習試合後は基立ち稽古を行い、最後に講習を受けました。野瀬先生からはまっすぐ入る大内刈りと試合での大外刈りの重要性、中田コーチからは大外や大内を同じ姿勢で入ることで相手を惑わす技術、中村先生からは三商戦に向けての寝技の技術をいくつかご指導いただきました。


練習後は釣り船とロージナに分かれ、横浜国立大の皆さんと一緒に食事をしました。

横国の皆さん今日は本当にありがとうございました!今後とも練習試合などを通じてお互い切磋琢磨して参りましょう!



丸山

| 日誌 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/19(金)

今週は三商合宿の週ですが、明日が練習試合のため、本日は練習は午前のみで、かつ内容も軽めのものとなりました。
また、本日は熊澤先輩(埼玉大学院生)が道場にお越し下さいました。

今週一週間三商合宿を行ってきて疲れが溜まっている状態ではあったと思いますが、短い時間で集中したいい練習が出来たと思います。

練習後には熊澤先輩から、逆三角からの腹固めについて講習をして頂きました。熊澤先輩と寝技乱取りをしていると、三角がくるとわかっていても、いつの間にか三角あるいは逆三角などでやられてしまいます。一つの技でも、バリエーションを持っていればそれだけでも戦えるということだと思います。
自分も三角とそこから派生する腹固めなどのバリエーションの技を練習して、亀取りに威力をつけたいと思います。

明日は横浜国立大との練習試合です。今年では初めての、三商を模した形式での試合となります。また初心者の1年生2人にとっては、初めての試合です。明日の練習試合を、三商の優勝と自分たちの成長に繋げられるよう、全力で取り組んで参ります。



青木

| 日誌 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】9/23(火)一橋柔道クラブが東日本実業団に出場します

一橋柔道部OB・OG各位

一橋柔道部のOBチームである「一橋柔道クラブ」が、下記の通り第51回東日本実業柔道団体対抗大会の3部に出場いたします。

日時:平成26年9月23日(火)開会式9:30~
場所:講道館
選手:上田(H17)、柿元(H21)、寺田(H23)


一回戦の相手は三井物産チームとなります。
(その後の対戦相手はこちら

試合結果は追って当ブログにてご報告させていただきます。
応援のほど、どうぞよろしくお願いします。

平成17年卒 上田

| 柔友会連絡 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/17(水)

三商合宿三日目です。

〈午前練〉
まずは恒例の谷保ランを行いました。一年生の丁が先導し、朝の国立の街を駆け抜けます。ここ最近は涼しい日が続いているので、気分よく走ることができました。

有備館に戻ってからは亀立ちを行いました。小川、高橋、丁の三人が立ち、それぞれの課題を持って稽古に臨みました。ノルマを達成できた者は少なかったながらも、取り役、分け役ともに技術、体力が向上している様子がうかがえました。

亀立ち後は皆でフィードバックを行い、お互いの技術向上を図るため、忌憚なき意見を出し合いました。とくに、自分では気付かなかった課題を皆が指摘してくれるという点がこのフィードバックの大きな強みです。私自身もその点を指摘してもらったので、今後の練習に活かしていきたいと思います。

〈午後練〉
午後はトレーニングを行いました。

翌日にまだ合宿が控えているため、普段より軽めの内容ではありましたが、各自ができる内容をしっかりとこなしました。
柔道をしている中だけではなく、見た目からしても感じることではありますが、皆の体つきがだいぶがっちりしてきたように思います。継続的なトレーニングが実を結んでいるのでしょう。現状に満足することなく、この調子でさらに鍛えていきたいと思います。

小川

| 日誌 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/16(火)

三商合宿二日目。

今日は三商に向けて持久力、瞬発力を鍛える試みとして陸上競技場のグラウンドでラントレを行いました。

初日の今日は400m×3本と100m×2本を全力で駆け抜けました。



午前の練習では田中先輩、萩、自分が亀立ちを行いました。自分としては亀を返すのに意識をしすぎてしまい、返したあとの決めが甘いのがこれからの課題であると感じました。

また山岸先輩にご来場いただき、正対している相手への対応法を二パターン教えていただきました。自分は三商で正対している相手を取りきれず悔しい思いをしたことがあるので、ぜひともこれらの技は身につけたいと思います。



午後の練習では丸山先輩、高橋が基立ちを行いました。二人とも三商の中での自分の役割を意識し、自分に合ったスタイルをつくっていました。




三商まで約二ヶ月。三商でベストな状態で臨むことができるよう怪我には特に注意して、自分の身体を追い込んでいきたいと思います。

田澤


| 日誌 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/15(月)

三商大戦までいよいよ残り2ヶ月余りとなり、第一次三商合宿が始まりました。

朝の練習には池宮先輩(H7卒)に参加いただきました。恒例の谷保ランから始まり、国立市民の皆さまに、爽やかな朝をお届けしました。






本日の亀立ちは丸山先輩と青木が行いました。二人とも正対からの攻めを積極的に仕掛けており、三商戦に向けた意気込みが伝わってきました。

亀立ちのあとはフィードバックを行いました。練習をより意義のあるものとするため皆真剣に意見を出し合いました。

その後、普段と同様の寝技乱取りを行い、最後に池宮先輩から何点かアドバイスを頂き、それを踏まえた研究をして朝の練習を終えました。




午後の稽古には、寺田先輩(H25院卒)と、以前にもお越し頂いた神戸大学柔道部OBの中村さんにお越しいただき、立ち技の稽古を行いました。基立ちには相川先輩と鈴木が立ちました。勝ち抜き戦である三商戦で最後にものをいうのはスタミナです。勝ち抜き戦でフルに戦えるスタミナをつけるべく、激しい稽古を行いました。

池宮先輩、寺田先輩、中村さん、本日はありがとうございました。

三商合宿が始まり、いよいよ三商大戦に向けた追い込みの時期になりました。国立開催でもあり、今年こそは優勝を勝ち取らなければいけません。そのためにも全員が最高の状態で試合に臨めるよう、これからの稽古を行っていきます!


鈴木

| 日誌 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第一次三商合宿練習予定の変更のお知らせ

来週の練習予定に変更がありましたので、ご連絡致します。

[変更前]
18日(木) 第一次三商合宿四日目(14:00~) 中日
19日(金) 第一次三商合宿五日目(7:00~、14:00~)
20日(土) 第一次三商合宿六日目(7:00~、14:00~)

[変更後]
18日(木) 第一次三商合宿四日目(7:00~、14:00~) 通常通り
19日(金) 第一次三商合宿五日目(9:30~) 中日、調整練習
20日(土) 第一次三商合宿六日目(9:30~) 横国大来校、練習試合


よろしくお願いします。

| スケジュール | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/13(土)

本日の練習には中田コーチ、塚本先輩(H3)にお越しいただきました!

練習自体は普段通りのものでありましたが、九月も半ばで、三商まで残り二ヶ月弱。部員同士の乱取りも日増しに熱が入りつつあるように感じます。今後も練習でも試合のつもりで真剣勝負を意識して行きます!



乱取り、投げ込み後は中田コーチから大内刈りの講習です。

部員のほとんど全員が使う技ではありますが、個々人での掛け方は多種多様です。
私も自分に合ったスタイルを今後も試行錯誤して身につけたいと思います!



さて来週からはいよいよ第一次三商合宿が始まります。
自分の持っている力を全て出し切りつもりで頑張ります!

| 日誌 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/12(金)

本日は温度湿度共に快適で、まさに柔道日和の一日となりました。

練習では乱取りの本数こそ変わらないものの、練習の内容は日増しにより三商を意識したものとなっております。



特に最近は隅返しなど、その後の寝技への移行を意識した技をかける部員が多く、また立技の後にすかさず寝技をかけるなど、来週から始まる三商合宿に向けて妥協の無い練習が出来ていると思います。

研究では東北大の技術の復習ということで、「外掛け」と呼ばれる正対でのテクニックを練習しました。

自分のペースで攻め続けることのできる技であり、実際自分も東北大学の学生にこれで何分も時間を使われてしまった経験もあります。

これまで研究した技を全て実戦で使えるまで高めるのは難しいですが、その中でも各々一つや二つこれという技を身につけておけば、試合当日必ず役に立つはずです!

明日はまた少し暑くなるようですが、
マイッタなしでがんばります!

四戸

| 日誌 | 02:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/11(木)

本日は東京学芸大学へ出稽古に行ってまいりました。

東京学芸大学といえば今年の東京都国立大学柔道大会の団体戦において
で一橋大柔道部が決勝戦で対戦し、惜敗した強豪校です。

練習は乱取りが中心でした。
今年の春には惜敗したものの、一橋大柔道部の部員はいずれも東京学芸大学の選手を相手にして奮闘しており、互角以上の戦いを繰り広げる者もおりました。



夏の猛暑のなかでも稽古を重ね、東北大合宿で寝技を中心に研鑽を重ねた成果が本日の乱取りにおいて少しずつ現れているように思いました。



乱取り後の研究の時間では馬場が昨日野瀬師範にご教授してていただいた足技の入り方を反復練習しておりました。

覚えたばかりの技術は、乱取りで使うことは難しいものの、打ち込みや研究の時間を利用して日々反復練習を重ねることで実戦で使えるようになります。ということは誰もが頭では分かっているものの、それを継続的に行っていくことは容易ではありません。

その点で馬場は先生から教えられたことをしっかりと反復練習しており殊勝です。見習わなければならないと思いました。

故事成語に秋高く馬肥ゆという言葉があるように、秋に入って比較的快適な気候になってまいりました。柔道するにはうってつけの季節ともいえます。
ここで夏に培ってきた技術・体力をさらに伸長させて、きたる11月23日の三商大戦に向けて万全を期してまいりたいと思います。

田中

| 日誌 | 02:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/09(火)

本日はだいぶ過ごしやすくなってきたものの涼しいとはまだ言えない気候の中練習を致しました。また、本日は野瀬師範がいらっしゃいました。

普段と同じ練習を行ったあとに師範より講習を頂きました。内容は足がらみとその対応、さらに足技の入り方です。

前者はこれから寝技の比重が多くなってゆくと考えられ、とても重要になってくると思われます。

さて、本日9月9日は重陽の節句であります。また非常にどうでもよいことでありますが、自分の誕生日でもあります。ですから、最近ではこの時期になると秋の訪れを感じるとともに、年月が過ぎてしまう不安も覚えます。みなさんは重陽の節句では菊花を眺めながら家族親類の長寿を祈ったり国家の殷盛を願ったりしているかと思いますが、このように日本民族の悠久の伝統の中で生きるのはとても誇らしいことであります。それは偉大な先人の導きで生きることになるからです。また、柔道も長い歴史の中で生まれたといえます。

先人の知恵が詰まった柔道を習うのもとても良いことだといえるのではないでしょうか。

相川

| 日誌 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

201409/08(月)

今日も先週に引き続き東京経済大学に出稽古させてもらいました!

稽古が始まる前、更衣室の中の話ですが2年の馬場が何やら鏡の前で異様にニヤニヤしておりました。
話を聞くと、どうやら昨日の昇段審査に無事合格し晴れて初段になったとのこと。

黒帯を締めた自分の姿を見ていつもより一層のニヤケ顔です。

3年前に自分もそういえばそんな瞬間があったなぁと思い返します。

初めて黒帯を締めるときに湧く感情というものはなんとも言えない独特なものですが、それはさておき、今後の馬場「初段」には締めている帯の色に相応しい選手になるよう活躍を部員一同期待するばかりです。



さて、稽古には埼玉大の熊澤先輩と首都大学東京の柔道部の皆さんがいらっしゃっていました。
三商戦に向けて幅広く相手に自分の技を試すには絶好の実践的な機会でした!


稽古後には、国分寺駅周辺の中華料理屋で栄養補給です。
金曜日以来の来訪ですが、リーズナブルで美味しいご飯に一同舌鼓を打ち
明日への稽古にまた備えるのでした。


国分寺の中華料理店にて寛ぐ萩・丁


東経大・首都大の皆さん、今後とも宜しくお願い致します!!

福島

| 日誌 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/06(土)

本日は中田コーチと河合先輩(H19卒)、そして河合先輩の同僚の藤田さんと細井さん、山岸先輩(H24卒)が練習にいらっしゃいました。

藤田さんはアメリカの大学で柔道を、細井さんは筑波大学で柔道をしていたということで大変強く、我々にとってはいい刺激になりました。

講習ではコーチが応用的な足技の入り方、そして細井さんが背負いに入るときのひと工夫を教えてくださいました。普段の打ち込み、投げ込みで綺麗で力強く投げられるように技を磨いてはいますが、試合でもその通りにそのままかけられることは滅多にありません。試合でも使える技にするためのひと工夫というのはコーチにしても、細井さんにしても一朝一夕で思いついたものでは無いはずです。それを我々に教えてくれるというのは大変貴重なものなのだと改めて実感しました。残り三ヶ月を切りましたが、自分の技に組み込むために積極的に試していきたいと思います。




また、河合先輩からは栄養費をいただきました。栄養のあるものを食べて体力を付けます!

| 日誌 | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/05(金)

本日は東京経済大学に出稽古に行って参りました!

東経大とは一時期交流も途絶えておりましたが、最近は定期的に合同稽古を行ったりと、懇意にしてもらっています。

OBの先輩方から伺ったお話によれば、定期戦を行っていたこともあるとのことで、昔から関係が続いていたそうです。




さて、稽古は乱取りを中心に行いました。

「出稽古は試合に行くつもりで行け。」

ある先輩から頂いたお言葉ですが、長らく我々の課題として指摘される経験不足を補うためには非常に有効だと考えております。
三商戦まで残り2ヶ月余り、現役部員として柔道に励む日数は残り僅かであり、稽古出来る回数も僅かしかありません。

学生生活の集大成として結果を残せるよう、1日1日を大切に過ごして参りたいと思います。

主将 板羽

| 日誌 | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年9月予定表

ご連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。
9月の予定表を掲載させて頂きます。



よろしくお願いします。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/04(木)

本日は空が曇っていましたが、はらりと零れ落ちる椿の花のように爽やかな天気で非常にいい環境での稽古となりました。本日の稽古には山岸先輩(H24年卒)にお越し頂きました。


今日の稽古は普段通りに行われましたが、東北大合宿後の成果が見受けられつつありました。乱取りで投げたら必ず押さえこみに入る、また、投げられたら速やかに防御姿勢を取ることが徐々に身体化されてきていました。立ち技で投げても勝てますが、寝技も三商大戦で勝つためには欠かせません。我々の柔道が一層強くなっていると思いました。私も寝技が強くなっている部員たちと肩を並べられるように、エビなどの基本から練習を頑張ろうと思います。



東北大合宿以降、稽古の後半は丸山先輩の指導の基で東北大合宿で教わった技の研究及び練習を行っています。前回のSRTの攻めと守り方に続いて、今日の講習では「横返し」の攻めと守りを研究及び練習しました。東北大学柔道部では横返しと呼ばれていますが、実は我々一橋大学柔道部では「高橋返し」と呼ばれています。横返し(高橋返し)は立っている状態から寝技に移行するための技の一つであります。分け役にも三商大戦で適切に使える有用な技でありますので部員一人一人が身に付けなければなりません。



稽古が終わってからは馬場先輩の昇段審査のための特別練習が行われました。今までは主に萩先輩と青木先輩が馬場先輩の形の練習を手伝っていましたが、今日は山岸先輩を含めて多くの先輩がビデオを利用して暖かく指導してくれました。馬場先輩は大学生になってから柔道を始めて、ついに黒帯を取ることになりますが、昇段審査で一橋大学柔道部の極意を見せて、白帯から始めた私と松重くんを正しく導いて欲しいと思います。

練習終わりには、山岸先輩に怪我しないよう、手首と足首のストレッチをしっかりすることを頼まれました。中田コーチもおっしゃった通り、怪我に注意しながらも、練習の強度を三商大戦に向けてどんどん上げていく道を部員一人一人各自が模索しなければならないと思います。明日は東京経済大学への出稽古となります。東京経済大学には今年の5月以来、2つ目の出稽古になりますが、東京経済大学との交流で両大学の柔道が更に発展すると期待しています。

草木が秋になって実を結ぶように、我々も技の精度を高め続けて、成熟し、三商大戦でその結実を結びたいと思います。

| 日誌 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/09/02(火)

暦も9月に入りましたが、本日はやや気温が高い中での稽古となりました。
とはいえ、夏の盛りは過ぎ、練習環境は格段に向上しています!

本日は、通常メニューをこなしました。東北大合宿、体重別個人戦、有備館杯など柔道部イベントが目白押しだったのもひと段落し、本日からは三商大戦に向けての練習が始まりました。

馬場が昇段審査を控えており、全体練習後、形審査に向けて、形の練習を行っていました。初段の形では鬼門とも言うべき肩車に馬場も苦労しているようでした。同期の萩と協力して形の細かな部分を研究しており、本番は頑張って欲しいと思います。

そんな馬場の姿を一年生が見ており、彼らにも早く昇段審査を受けられるように日々の練習を頑張って欲しいと思いました。

さて、三商大戦までは残り80日たらずになりました。現メンバーで柔道をできるのが残りそれだけだというのは、若干さみしく思います。今年は去年までと違い、4年生の先輩が卒業してしまいます。怪我には気をつけつつも、全力で追い込んで、今までの御恩に報いたいと思います!

| 日誌 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014/08/31(日)

本日は第23回有備館杯争奪高校生招待柔道大会が開催されました。今年度も文武両道の高校生たちによる、熱い戦いが繰り広げられました!

高校生たちの熱戦を見守るべく、中田コーチ、浅賀先輩(昭和45年卒)、坂上先輩(昭和51年卒)、村上先輩(昭和57年卒)、山口先輩(昭和58年卒)、中田先輩(平成8年卒)、上田先輩(平成17年卒)がお越し下さいました。

今年度の出場校は12校でした。昨年に比べて一校減ってはいるものの、長い目で見れば有備館杯の出場校は増加しております。今年度の出場校は以下の高校です。(五十音順)

浅野高校
県立浦和高校
開成高校
海陽学園
県立川越高校
桐朋高校
県立高崎高校
都立立川高校
県立千葉高校
東邦大付属東邦高校
県立前橋高校
早稲田高校

今年度も昨年度に引き続き2面の試合場を用意しました。大会は4校ずつの予選リーグを行い、各リーグの上位2校が決勝トーナメントに進むという形式で行いました。

また、審判員として各高校の顧問の先生方の御協力を仰ぎました。場外が狭いため危険と判断したら待てをかけるなど、柔軟かつ的確な審判をして頂きました。この場を借りて厚く厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

そして、今回決勝を争ったのは、昨年度と同じ組み合わせである、高崎高校と浦和高校。お互い実力ある選手揃いでしたが、最後には5-0で高崎高校がその実力を見せつけました。

3位決定戦は川越高校対県立千葉高校。川越高校が3対1で勝利し3位となりました。
ベスト4の順位は昨年と全く同じ結果になりましたが、どの高校も昨年にましてレベルアップしています。また、非常に積極的な試合が目立ち、引き分けが少なかったという印象を受けました。

そして全試合終了後には、中田コーチによる、高校生への講習を行いました。今ロシアで行われている世界選手権で活躍した宇高選手の得意とする大外刈りを教えて下さいました。高校生たちが中田コーチのお話を聞く姿は真剣そのもので、柔道に対する真剣な姿勢がよくわかりました。

全日程終了後、高校生たちのいなくなった有備館には、ゴミ・忘れ物の一つも残されていませんでした。こういったところこそ、柔道を修練する意義であるのだと思いました。

高校生の選手のみなさん、引率の先生方、有備館杯にご参加頂き、本当にありがとうございました。大会終了後にご協力頂きましたアンケートから、今大会の運営などに関する改善点を洗い出し、来年度以降はさらに、高校生にとって実りの多い大会にしていきたいと思います。
来年の参加も心よりお待ちしております!

最後になりますが、将来、今日の熱戦を繰り広げた選手達が、一橋大学柔道部で柔道をやりたいと思ってくれれば幸いです。今後も一橋大学柔道部をどうぞよろしくお願いします!

青木

| 日誌 | 03:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |