一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2015/7/25(土)

テスト期間も後半に入り、私も含め各部員は突如悟ったような目で部室に入ってきたりしてしますが、暑い中今日も気炎万丈、稽古に励みます。

本日の稽古には山岸先輩(H24)と、埼玉大学の方々にお越しいただきました。遠路遥々ありがとうございます。

毎年のことではありますが、夏の暑さの中での稽古では通常のメニューをこなすだけで精一杯になりがちで、声出しが疎かになることが多くあります。精神的な面のみが強調されがちな声出しですが、声を出すことには脳によって神経系にかけられているブレーキを外し筋肉のパフォーマンスを向上させる効果があることが実験でわかっていと聞いたことがあります。調べてみると、他にも声出しにより一時的に呼吸が深くなり、心肺機能や集中力が増す効果もあるらしいですね。

私は元野球部だったので練習中等にかなり「声を出せ」と言われてきてはいましたが、しばらくすると声を出すことを忘れ、そしてその度に監督に「声を出せ」と怒られていた覚えもあります。効果は何となくわかっていた気もしますが、本当に自発的に声出しをするようになるためには上記のような背後のメカニズムまで知っておかなければならなかったように思います。

何事もそうですが、柔道においても言われたからやるのではなく、何故必要なのか、どうしてそうなるのかを一つ一つ突き詰めて理解した上で取り組んでいかなければ長期的なモチベーションの維持や、躓いた時の反省点の特定が難しくなるのでしょう。

ひとまずは声出しの原理を知ったので、次からは辛くとも辛いからこそ積極的に声を出していきたいと思います。





馬場
スポンサーサイト

| 日誌 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/18(土)

Due to the preparation for final examination, we decided to reduce Judo practice to three times a week. Considering Prof. Otsuki worried whether it will be alright or not regarding our members’ credit in the university, it may well be important to perform well in the university. As the breeze of summer bear humidity and the beating sun have put us all on edge these days, it is getting more rigorous to practice Judo every day. Yet, no matter how harsh the circumstances, it is clear that our morale stands resolute. Today we received the honor to learn from Judo master Nose, and coach Nakata. Today’s menu was as same as always in that it is balanced with Tachiwaza and Randori.

In the idouchikomi session, we tried to connect Ashiwaza to each one’s favorite Judo skill. During the Randori, by using Hikikomi, we tried to utilize Newaza actively. Coach Nakata instructed that though it is hard to concentrate on practice in this hot weather, we have to concentrate on each bout of Randori to avoid injury. In addition, even if we get the point through Nagewaza, the competition is not over until the judge declares our victory, so we have to assault the opponent with Newaza even after the success of Nagewaza. He also added that from the start to the end of each bout, we must greet each other with proper manners.








Since this is the period of transition from international rule to Sansho rule, we are trying to strengthen the connection from Tachiwaza to Newaza, and Hikikomi is one of the most popular skills to connect both. After the Randori there was lesson from Judo master Nose and Coach Nakata. From Coach Nakata, we learned how to swoop the opponent swiftly with various Kumite. From Judo master Nose, we learned Sumigaeshi and hikikomigaeshi on the continuous way from coach’s lesson. We are so grateful to two teachers today for providing this great lesson in need. We are going to master these lessons by practicing them and I hope we will be able to use these skills in the competitions following.

Judo master Nose said, as we have more than 15 members in the club we can think of various strategies for the Sanshodaisen. He also said that it is important to understand the history of Hitotsubashi Judo. He said that this understanding is possible by understanding background history from Kodokan rule to Shichitei rule and Sansho rule. I believe that through Judo, not only are we learning Judo as martial art but also we are participating the great history with honor and glory.

 

Sophomore JEONE

| 日誌 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/11(土)

本日はオフ前最後の練習、およびOB学生交流会を行いました。

柔友会総会のようなフォーマルな機会だけでなく、OBと学生がお互いに道着を着て、畳の上で共に汗を流すことで懇親を深めよう、またこうした会をきっかけに「有備館回帰」を進めていこう、という目的のもと、本交流会は企画されています。

今年度の交流会も、大月先生、野瀬師範を始めとして、多くの先輩方にご参加頂きました。ありがとうございました。また厳しい暑さの中、練習にも参加してくださった先輩方、本当にありがとうございました。

以下、お越しいただいた先輩方を記載致します。
竹内先輩(S37)、青島先輩(S37)、山本先輩(S54)、村上先輩(S57)、山口先輩(S58)
、船井先輩(S58)、岩垂先輩(H5)、濱口先輩(H5)、黒瀬先輩(H8)、森先輩(H12)、野瀬先輩(H18)、武元先輩(H18)、星野先輩(H19)、寺田先輩(H23)、サニー先輩、丸山先輩(H27)

これから8月までオフ期間に入りますが、すぐに復帰できるよう、筋トレなどを通じて体力を落とさないようにしていきます。

秋の三商はあっという間にやってきます。最後まで悔いを残すことのないよう、一日一日を大切に過ごしたいと思います。





小川

| 日誌 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/5(日)

本日は全国国公立大会でした。まず結果をご報告いたします。

予選1戦目 対徳島大学
2-5で敗北

小川ー仁紙(内股) ◯
田澤ー(袖釣込腰)◯
◯萩(払腰)ー池原
四戸ー仁紙(内股)◯
◯高橋(小外刈)ー石原
青木ー山本(送足払)◯
有吉ー(一本背負い)◯

予選2戦目 対横浜国立大学
2-5で敗北

青木ー安居院(肩車)◯
◯萩(横四方固め)ー冨田
小川ー光楽(払腰)◯
◯高橋(上四方固め)ー森山
田澤ー清水(払腰)◯
四戸ー中神(内股)◯
有吉ー久保田(払腰)◯

以上の結果となり、一橋大学は予選で敗退いたしました。

試合後、師範からは寝技の重要性と、それが出来ていないということをご指摘いただきました。格下の相手に勝つための力はついてきているものの、格上の相手に引き分ける力がないということでした。そして格上の相手に引き分ける力とはすなわち、寝技をいかに使うかということです。
言うまでもなく、三商戦においてはいかに強い相手に引き分けるかということが最も重要になってきます。そのことを踏まえても、本日の試合は反省点が多く、これからの練習もこれまで通りでは駄目だと痛感しました。
中田コーチは試合後の総括において、点差ほどの実力差はないと言われましたが、それではなぜ実際点差がついてしまうかといえば、試合の流れのなかで自分の役割をしっかり把握しているかということ、そして少し格上の相手に引き分ける寝技がないということが原因だと考えます。

これまでの練習で寝技、立技の両方をやってきたつもりではいましたが、寝技は寝技、立技は立技で分けて練習している場合が多く、その間の連続という実践的な側面を軽視していたと思います。また私自身が典型ですが、三商で取り役であるからといって寝技より立技を重視して考える傾向があったり、立技からの引き込みや巴投げを全く練習しないということがあったりしました。
なのでこれからは、寝技と立技の連続のところの練習が必要であり、また個々人においては、取り役であっても、自分が格上の相手に当たった時のための戦い方も練習していくことが必要であると感じました。

今日の試合は良くない結果には終わりましたが、反省点としては得られるものが多かったとも思います。これから三商へ向けて照準を合わせていくなかで、練習でもどんどん取り入れられることは取り入れ、課題を克服していきたいと思います。

青木

| 日誌 | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/4(土)

明日は全国国立大会のため本日は調整練習を行いました。


また、本日は中田コーチ、寺田先輩(H23)、山田先輩(H24)、山岸先輩(H24)にご来場いただきました。

ありがとうございました!


練習では試合を意識して、選手はしっかり息を上げることと、立技から寝技への移行の際は国際ルールに合わせ、寝技を長くやりすぎないことを心がけました。

怪我人もいなく、試合に向け万全のコンディションで練習をすることができたと思います。


選手の練習後は下級生中心での乱取りです。

OBの先輩方へ皆積極果敢に技をかけているのが印象的でした。



乱取り後の中田コーチの講習では、

分け役に対して、投げられないようにするコツを教えていただきました。

中田コーチありがとうございました!


明日は上半期最後の大会となるので、決勝トーナメント進出を目指し頑張ります!


| 日誌 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/3(金)

本日は日曜日の全国国立大会に備え、調整練習を行いました。


先週から風邪が流行ってしまい、練習の参加人数も少なくなっていましたが、休んでいた部員も回復し、短い時間でも集中して稽古を行うことができました。

今回の大会では、まず決勝トーナメントに進むことを目標にしますが、個人的には、試合の中で立ち技から寝技への移行を徹底したいと思います。




夕飯はいつものすた丼です。

突如一年生が皆大盛りを頼み始めたので、今日は全員ですた丼大盛りを完食いたしました。

苦しそうにしていた田村もかなり時間を残して完食していました。

夏に向けてたくさん食べて鋭気を養いましょう!


明日もマイッタなしで頑張ります!


四戸

| 日誌 | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/7/2(木)

  最近、梅雨のせいもあり、雨の日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて本日は野瀬師範に起こしいただきました。いつもお忙しい中本当にありがとうございます。

 今日の練習は、全国国公立も近いので調整練習となりました。調整練習ですので練習量は減りましたが、その分集中力を高めて練習に臨みました。




 講習では師範から足払いについてご指導いただきました。足払いはとても簡単そうに見えて、実戦で使えるようになるにはとても高い技術が要求される技ですので、自分たちもこれを反復していってものにしていきたいです。



 これからも梅雨でどんよりとした天気が続きますが、それに負けないようにしっかり集中して練習していきます!

松重

| 日誌 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/6/30(火)

早いものでもう6月も最終日となりました。新体制となって半年は経ったわけですが、年々忙しくなっているからか、実感できません。

本日もいつも通りの稽古をしました。

最近部内で喉からくる風邪が流行っています。一人風邪引いてるなぁと思っていたら、感染力が強いのか、最近部室に来たことがあったり、練習に出てたりしていた部員はほとんど感染、程度の差こそあれ中々治りの悪い風邪を引いてしまっています。

マイッタなしで稽古に望むことを誇りとする我々ですが、その結果健康な部員に風邪をうつしてしまうのは別問題です。大会が近く、焦る気持ちもありますが、自分の体調を整え健康体へ戻ることを第一に、第二に稽古にてマイッタなしの精神を発揮するのが部のためになるのでしょう。

かくいう私も風邪が長引いているので、早く治して稽古に参加したいです。

馬場

| 日誌 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/6/29(月)

Professor Nose Eigo opened Judo lecture named “Judo as Martial Art, Its sprit and Technique” I and my beloved comrades, Matsushige and Kaito-kun are taking this lecture together this semester. Although this lecture is for ordinary students who encountered Judo for the first time in their lives through this lecture as well as members of Judo club like us, the lessons from Professor Nose is really helpful to improve both our skills and spirit. As the lecture is conducted on every Monday, we can make use of what we have learned through class during the practice.

Today’s menu was same as usual with Newaza and Tachiwaza in balance. Mr. Kita from Saitama University provided us another great opportunity for us to learn from him today. As senior students are busy with job hunting and some of our comrades are sick, Newaza Randori has been extended, while Tachiwaza Randori has shrinked. However, we were able to practice Judo as usual today.





After the Tachiwaza Randori, Mr. Kita taught us basics of Kouchigari. Mr. Kita always tries to reflect our need to his lessons, and we are grateful for his kindness. Thanks to Mr. Kumazawa, who taught us last year, we all know how fierce and powerful Kouchigari can be. Mr. Kita especially emphasized the timing and swiftness of the skill with one tempo. As many of us use Kouchigari as minor skill, I think it was fruitful lesson indeed. We will practice Kouchigari during the practice.

We have another competition ahead of us now. Every member of our Judo club is doing his best to exert his full strength in the competition. I wish we can fight fiercely without regrets in the competition.


Sophomore JEONG

| 日誌 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |