一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016/9/28(水)


三商合宿三日目です。本日はトラックでのラントレ、寝技中心の稽古という午前練習と、午後は各自でのウェイトトレーニングとなります。午後の稽古がない分、しっかりと体づくりに励みました。

三日目ともなると、部員にも疲れが見え始め、ふだんは騒がしい練習前も、今日は静かでした。疲れがたまると、怪我や思わぬ事故の元となります。練習時は集中を切らさず、頑張っていきましょう。本日の亀立ちは有吉板橋が立ちました。二人とも各々の目標や課題を克服すべく、意識して取り組んでいるようでした。

話は変わりますが、今日で一橋大学の夏休みは終わりを迎えます。始まるのが遅かった分、他の大学よりも長めの夏休みでしたが、皆さんはどんな夏休みを過ごしましたか?明日からは授業のガイダンスが始まります。勉強から遠ざかっていた身体を切り替え、文武両道に努めていきましょう。

二年 田村
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/27(火)

本日は三商合宿の二日目でした。

例年通り、午前と午後に分けて、午前は7時から、午後は14時から練習をしました。朝の練習に少し変化がありました。従来、三商合宿の毎朝行っていたラントレは定まった曜日に、三商合宿の週とそうではない週に分けて行うことになりました。更にメリハリの付いた練習ができることを期待しています。

午前は亀立、午後は基立を中心に稽古を行いまいました。亀立にも基立にも2名ずつ、立って、その後は反省会を通して部員同士で改善点を見つけ出しました。

亀立ち、基立ちに立ったものは目標を持ちつつ25分間戦い抜き、その中で新たな課題も見つけられたようです。

練習後は京大合宿で習った技を復習しています。三商大戦に向けて活かせるようにしたいと思います。

私は3年目に三商合宿を迎えていますが、毎年新しい気持ちで臨みたいと考えております。残りの時間を大切にしながら、三連覇を目指して頑張ってまいります。

9_27_1

三年 丁

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/26(月)

本日から第一次三商合宿が始まりました!
私にとっては4回ある三商合宿が最後の合宿です。

朝早くからではありましたが、練習には上田先輩(H17)、学芸大の高本さんにお越しいただきました。最近は小室さんや京大の方々もそうですが現役部員に有用な技術を教えていただく機会が多く非常に楽しい日々を過ごせていますね。上田先輩はわざわざ寝技の攻防を体系的にまとめたパワーポイント資料も作って下さいました。本当にありがとうございます。

さて、合宿についてですが初日ということでラントレはやや少なめに、それと最近教えていただいたことの復習をするために研究の時間を多くとりました。立技はともかく寝技は知ってさえいれば防御に活かされ、練習すればもちろんですが時には攻撃にすら使えるので反復は忘れないために大切です。萩や青木がリーダーシップをとって計画的にメニューを組んでくれているので我々は基本的には安心ですね。

寝技に関してはあとは個人的な得意技を見極めて磨いていくだけでしょう。私は苦手な分野が今日露見したので第一次はその克服に取り組みたいと思います。

四年 馬場

| 日誌 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/24(土) 練習日程変更のお知らせ

各位

いつもお世話になっております。

9/24(土)の練習日程変更のお知らせを致します。

変更前 9:30〜 → 変更後 14:00〜

当日は"コムロック"でも有名な小室宏二先生がいらっしゃいます。
滅多にない機会ですので是非お手すきの方はお越し下さい。

一橋大学柔道部



| スケジュール | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/17(土)

本日は京大合宿前最後の稽古となり、中田師範、山本先輩(H20)、山岸先輩(H24)、板羽先輩(H27)がいらっしゃいました。お忙しい中ありがとうございました。

本日は通常の稽古を行い、立ち技乱取りは基立ちで行いました。三商戦が近づき、皆真剣に稽古に取り組んでいました。

乱取りの後は先輩方から講習を受けました。どれも三商に向けた実践的なもので今後の稽古の中で早速試していきたいです。

三商戦までもう2ヶ月となり焦る気持ちもありますが、まずは毎日の稽古で乗り越えるべき課題に向き合っていきたいです。そして来週の京大合宿では七帝ルールの中で鍛えられた寝技を少しでも吸収できるよう稽古に臨んでいきます。また同じ国公立の柔道部同士親睦も深めていきたいと思います。

二年 鈴木

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/16(金)

こんにちは
すっきりしない天気が続いていますが今日も有備館で練習しました。

いつも思っているのですが、ただ漠然と練習をこなすのではなく、毎日課題を持って稽古を積むことは、マンネリ化せず、とても大切なことだと思います。

私は先日の練習で肘の関節を少し痛めてしまったため、肘に痛みがこないある技を(三商戦が近づいているため具体的な技名は言えませんが)徹底的に練習しました。乱取りでは1つの技のみで戦わなくてはならなかったため、どうしても単調な戦い方になってしまいましたが、何度も技をかけるうちにタイミングが少しずつあっていったような気がします。
乱取り中、きれいに一本を取れるような投げこそはできなかったものの、技への入り方やタイミングがわかるようになり、意味のある練習ができたと思います。

今まであまり使ってこなかった技ですが、今後の練習でさらに磨きをかけていきたいです。

一年 椛澤

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/15(木)

こんにちは!
ぐずついた天気が続いていますが、今日も一橋大学柔道部は稽古に励んでいます。
我々一年生も三商ルールでの練習にだんだんとなれはじめ、なんとか先輩方に食らいつこうと必死に頑張っています。
「相手によって闘い方を変える」というのは思ったより難しいものです。これも抜き戦ゆえの難しさなのでしょう。特に気持ちを切り替えるのに一苦労しております。
そんななか、インターネットである言葉を見つけました。その名も
「柔道勝利の三原則」。


「自分より強い相手と戦うなら
気持ちで負けるな
自分と同等の相手と戦うなら
自分が上だという気持ちでいけ
自分より弱い相手と戦うなら
最後まで気を抜くな」


これは柔道においてとても大事なメンタルづくりなのではないでしょうか。
私はこれを思い出しながらこの先も頑張っていきたいと思います。

一年 板橋

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/13(火)

暑さが和らぎ、涼しい気温のなかでの練習となりました。

夏休みも終盤に差し掛かり、怪我をしている人が何人かいて、その人達は練習が充分にできていないようでした。来週には京大合宿、再来週には第一次三商合宿が控えており、怪我をする機会はこれからさらに増えそうですが、怪我をしていない者は怪我の予防、すでに怪我をしている者は怪我と上手く付き合っていく方法を考え、やっていかなければいけないと思います。格闘技をやっている以上、怪我と完全に離れることは難しいですが、出来る限り離れられるよう練習前後のストレッチなどもしっかりやろうと思います。

今日の研究は胴絡み、足かつぎについて行いましたが、その中で私と同じく白帯で一年の馬場が積極的に質問しており、そのような点は見習いたいと思いました。

これからはさらにキツイ練習になっていきますが、気合いを入れ直して頑張っていきます。

一年 河辺

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/4(日) 東京学生柔道体重別選手権大会

本日は東京学生柔道体重別選手権大会(個人戦)に出場しました。選手と選手以外の部員がそれぞれ集合し、日本武道館に入りました。日本武道館での試合は団体と合わせて今年2回目となります。私も選手として出場はしませんが、主務の仕事は団体の時の経験から落ち着いて試合の準備に取り込むことができました。

 本日の試合は個人戦でありますが、皆で戦うという気持ちで選手も観客席の部員も一丸になって試合に臨みました。開会式ではオリンピック選手のベイカーさんと高藤さんが出席していましたので、この日本武道館で試合ができるということがどれだけ素晴らしいことであるかという感謝の気持ちを改めて感じました。

試合の結果報告は以下となります。

萩―○石坂拓也(駒澤大) 払い腰

 序盤から、相手を攻め続けていました。特に寝技を活かして相手を嫌がらせましたが、指導を一個もらってから体の重心が前に出すぎて相手の払い腰に投げられてしまいました。

青木○―小林徹也(東京大)  不戦勝

青木―ー矢永謙史郎(東京有明医大)  指導差による優勢負け

 相手が組手がうまい選手だったので、最初からずっと青木先輩との距離をとっていました。青木先輩は攻め続けましたが、組手がうまく持てず、あまり効果のあるポイントを取れませんでした。試合時間一杯まで戦ったものの、指導一つの差で負けました。

四戸―○吉原大智(中央大) 合わせ技(大内刈り、けさ固め)

 四戸先輩は相手の後ろに付いて寝技を徹底するという方針で戦いに臨んだそうです。相手は強い選手でしたが、巴投げとくさ刈りの連続技でずいぶん苦戦していました。

有吉―○豊田憲(順天大) 大内刈り

 有吉は得意の組手を活かして相手をコントロールしながら、草刈りで寝技に移行しようとしました。最後は相手の技に反応しきれず投げられてしまいました。

鈴木(海)― ○内山寛崇(国士舘) 崩れけさ固め

 強豪国士舘‎が相手でした。寝技にもつれたところを足絡みで抵抗しましたが、相手に足を抜かれて抑え込まれました。海渡は負けたものの、足抜きは勉強になったと感想を述べていました。

椛澤○ー長岡龍未(上智大) 指導差による優勢勝ち

 椛澤は入部して実力の向上が一番著しい部員の一人です。今回も相手を試合が終わるまで圧倒し、攻める間を与えず、指導を累積させました。

椛澤―○下山和也(中央大) 優勢負け

 相手の猛烈な攻撃に委縮せず、組手を変えたり、ステップを変えたりしながら、相手の攻撃に対応しました。有効と指導は取られたものの、三商での活躍に期待を持てる内容でした。

一つ一つの試合が手汗を握る熱い戦いとなったと思います。

中田師範は、選手一人ひとりの感想を聞いて、相手の選手たちは我々が三商大戦に臨む気持ちでこの大会に来たということを指摘され、我々も三商大戦に、「必ず勝つ。」という強い気持ちで臨んでほしいと仰いました。

柿元先輩からは、全般的に強い相手に対しても、非常に厳しい戦いだったにも関わらず、いい試合ができたことを評価していただきました。

今年の国際ルールの適用される大会は終わりましたので、明後日からは本格的に三商大戦に向けて三商ルールでの練習に切り替えます。自分に足りないものは何なのか、そのためにはどのような稽古が必要なのかを考えながら、これから三商大戦までの約3ヶ月の稽古をより充実していきたいと思います。

三年 丁

| 戦績 | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/12(月)

最近はもう気温が高いことは分かっているので、温度計を見ないようになっています笑

三商までも時間がないので、中田先生もおっしゃっていましたが、毎日"何かひとつ"意識して練習に励みたいと思います。先日、先輩から三商の雰囲気を知るためにもビデオを見るとよいというアドバイスを受け、一年の椛澤と見ました。ビデオが終わるとお互いに先輩方の勇姿に圧倒されてしまいました。自分もそのような勇姿を残せるように、これからの練習は勿論のこと筋トレもしっかりして、より一層集中していきたいです。
2016_9_12

一年 馬場

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/10(土)

台風が過ぎ去ってから、国立はめっきり涼しくなり、もはや冷房もいらないくらいになりました。一人暮らしの身の僕にとっては冷房を使わなくて良くなったことは電気代が節約できるので経済的にとても喜ばしいことです。しかし、やはり柔道場は湿度が高い為か、まだまだ暑く感じます。練習中も汗で全身ビチャビチャで、扇風機をしまうことは出来なさそうです。ついでに柔道部の胃袋といわれるすた丼国立東店も空調が効いていて涼しいのですが、すた丼の米の部分とすた丼についてる味噌汁は異常に温度が高いことと塩分が多いことから、食べている時にだいぶ汗をかきます。食べ終わった時に喉がカラカラになるので水をがぶ飲みしてるのですが、それだけでは飽き足らず隣のセブンイレブンでジュースをいつも買ってしまいます。もうちょっと遠くにあるスーパーSEIYUまで行けば安くジュースを買えるのですが我慢できないのと面倒くさいことから近いけど値段が高いセブンイレブンで買ってしまいます。この浪費癖を柔道部では馬場慎太郎状態と言い、由々しき状態だとされています(因みに本物の馬場慎太郎は僕の倍浪費します)。この状態に成ると財布から風のように現金が出て行き、経済的な破綻さえ訪れると柔道部では考えられています。僕は極度の馬場慎太郎状態に陥っているので日々苦労して節約している電気代が水の泡になっているのではないかと心配しています。

さて、本日は土曜日ということで中田師範にお越しいただきました。やはり師範がいらしゃった時の練習はとても締まった雰囲気の練習になるので普段の練習よりも一層有意義な練習になっている感じがします。講習では、三商ルールで有効な技の基礎を教えて頂きました。本格的に三商対策期間に入りましたのでこれからは今までよりもさらに気を引き締めて練習に臨みたいと思います!

二年 有吉

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/9(金)

慣れって怖いものですね。夏休みが始まったばかりの頃は、練習が始まる前に同期(主に馬場君)と「今日は昨日より気温が高いから死んでるかもしれない(笑)」だの、 「道場の今年度湿度最高記録を更新した」だのしゃべっていましたが、今では気温・湿度を見ても、「成る程な」で終わります(笑)。とはいえ、9月に入り徐々に気温が下がってきたため、少しはましになったと思います。

さて、今日は通常通り練習を行った後、先日行われた東京学生柔道体重別選手権大会(個人戦)の反省会を行いました。いつも指導してくださる先輩方が苦戦を強いられているのを見ると、自分ももっと頑張らなければいけない、と強く思います。自分は大学から柔道を始めたため、身につけなければいけないことがたくさんありますが、三商戦までの1回1回の練習を大切にし、一つでも多くのことを吸収していきたいと思います。

一年 北村

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/6(火)

東京学生柔道個人戦を終え、久しぶりの通常練習となりました。9月に入り暑さも和らぐかと思われましたが、本日は残暑のためか道場の気温も30度を超えました。準備運動の時点で汗が滲んできましたが、ここ最近出番のなかった頼れる応援団、扇風機の助けもあり、集中して練習を行えたと思います。東京学生は終わってしまいましたが、これからも商東戦三商戦といった大一番が控えています。部員一同、東京学生で得られた反省や刺激を糧に、気持ちを切り替えて練習に打ち込んでいきたいです。

本日の研究では、立ち技から寝技に引き込んでの攻防を研究しました。技によっては、体格により向き不向きが表れることもありますが、寝技を重んじる我が一橋大学柔道部の一員である以上、様々な技を吸収していきたいです。

二年 田村

| 日誌 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015/8/29(土) 有備館杯争奪高校生招待柔道大会

本日は第25回有備館杯争奪高校生柔道大会が開催されました!今年度も文武両道の高校生たちによる、熱い戦いが繰り広げられました!

高校生たちの熱戦を見守るべく、中田師範、浅賀先輩(昭和45年卒)、古沢先輩(昭和55年卒)、村上先輩(昭和57年卒)、船井先輩(昭和58年卒)、山口先輩(昭和58年卒)、中田先輩(平成8年卒)、野瀬先輩(平成18年卒)がお越し下さいました。

今年度の出場校は6校となりました。近年の学生柔道人口の減少の影響を受け、各高校も部員が減少し、団体戦ができない高校が増えたため例年よりはるかに少ない出場校数となりました。今年度の出場校は以下の高校です。(五十音順)


県立浦和高校
開成高校
県立川越高校
世田谷学園高校
桐朋高校
県立千葉高校


今年度は出場校数の減少に伴い、試合場は1面にし、もう1面は試合前の選手のアップに使ってもらいました。大会は3校ずつの予選リーグを行い、各リーグの上位2校が決勝トーナメントに進むという形式で行いました。

8_29_3

8_29_1

8_29_2


また、審判員として各高校の顧問の先生方の御協力を仰ぎました。場外が狭いため危険と判断したら待てをかけるなど、柔軟かつ的確な審判をして頂きました。この場を借りて厚く厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今年は例年圧倒的強さを有備館杯で見せつけている高崎高校が不参加ということで全くどこが優勝するかわからない大会となりましたが、最終的に川越高校と県立千葉高校で決勝を争うこととなり、川越高校が優勝を果たしました。決勝のほとんどの試合が一本勝ちにより試合が決まり、お互いが全力でぶつかり合っていたとても感動的な決勝戦となりました。
全試合が終わったあとは、大学生と高校生で合同乱取りを行いました。試合の直後というのに高校生諸君は疲れの色も見せずに赤帯を取り合い、一生懸命乱取りをしており、非常に充実した練習となりました。
また、今年は初めて世田谷学園高校の柔道部の皆様に出場していただきました。世田谷学園といえば、リオデジャネイロオリンピックで輝かしい成績を残された海老沼匡選手、金メダルを獲得された大野将平選手の出身校でありますが、この両名を指導され、世田谷学園を何度も日本一に導かれた持田先生が大会の最後にオリンピック選手を育てられてきた今までの歴史とそれを踏まえた上での我々が柔道をできていることの素晴らしさや礼法を重んじることの重要性などのお話をしていただきました。どのお話もとても興味深いお話でした。このような柔道界の発展に寄与された先生のお話を拝聴させていただけたことはとても特別な経験となりました。持田先生ありがとうございました。
そして、最後に中田師範から技の講習が行われました。内容はリオデジャネイロオリンピックで見られたベイカー茉秋選手の大内刈りの解説でした。なかなか難しい技術でしたが高校生諸君は諦めず熱心に試行錯誤を繰り返していたので講習はとても充実したものとなりました。

高校生の選手のみなさん、引率の先生方、有備館杯にご参加頂き、本当にありがとうございました。大会終了後にご協力頂きましたアンケートから、今大会の運営などに関する改善点を洗い出し、来年度以降はさらに、高校生にとって実りの多い大会にしていきたいと思います。
来年の参加も心よりお待ちしております!

最後になりますが、今大会は出場校こそ少なかったですが、非常に感動的なシーンが多く見受けられ、柔道は素晴らしいなと感じる大会になったことと思います。アンケートにも多くの好評を頂きました。しかし、一橋大学柔道部はこれに甘んじずに有備館杯を来年再来年と今年よりもさらに完成度の高い大会としていきますので、今後とも一橋大学をよろしくお願いします。そして、有備館杯に出場された高校生諸君が一橋大学に入学されまして、柔道部に入部していただけますことを切に願っております。

二年 有吉

| 日誌 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/3(土)

明日に試合を控えているため、本日は調整練習です。

練習には中田師範、中田先輩(H8)がいらっしゃいました。

明日の相手は格上となる者が大半のため、勝ち負けというよりは一つでも多く自分の形を出せるかが重要になってきます。相手が格上だと言われると、乱取りと違って試合では一発で終わってしまうこともあって萎縮がちになってしまいますが、これはもう経験でなんとかするしかないのでしょう。あれほどやったから、あのピンチを切り抜けたから、あいつに勝ったからという経験があってそれで初めての相手でも落ち着いて対処できるのだと思います。

よくよく考えたら、自信というものはおしなべて上記のような経緯でつくもので、スポーツに限った話でなかったのですが、日々の稽古に振り回されていると気付くことができませんでした。

三商での自信につなげる経験を得るため、明日は頑張ろうと思います。

9_3_1

▲試合に出ない者はトレーニングをしました!

四年 馬場

| 日誌 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/2(金)

本日も調整練習です。

試合を意識した乱取りと、息上げをしっかりと行いました。

明後日は私も81キロ級で出場しますが、先週の金曜日時点での体重は85キロでした。流石にまずいと思い、そこから一週間、練習中の水をチビチビ飲むようになり、いつもは大盛りで食べているすた丼をグッと我慢するようになりました。
結果、本日の練習後の体重は81.2キロ!丁度いいくらいに調整できました。四六時中空腹状態でしたが、前日計量のため、明日の計量終了後に沢山食べれることを今のうちから楽しみにしています。

当たり前ですが、試合に出ることはスタートラインに立っただけに過ぎません。
明後日の試合、出場した上で収穫のある1日にしたいと思います。

四年 萩

| 日誌 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年9月予定表

各位

いつもお世話になっております。

9月の予定をお知らせします。

2016年9月


4日は東京学生体重別選手権大会に出場します。
19日から22日までの3泊4日間は京都大学にて合宿を行います。
26日より第一次三商合宿に入ります。

いよいよ夏も終わりかけていますが、三商大戦優勝に向けて頑張っていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/9/1(木)

東京学生柔道体重別選手権を日曜に控えているため今日から調整期間に入り、試合に出場する人はスピード打ち込みを、そうでない人は寝技の一本取りを練習の最後に行いました。

今回私は73キロ級に出場させていただくことになりました。ここ最近は三商ルールを意識して足を直接取りに行くことや肩車を練習していたので、うっかり相手の足を持ってしまうことのないように気をつけたいです。また、土曜日には計量があるのですが今日の時点で体重は0.5キロオーバーだったので明日明後日で体重の面でも最終調整をしていきたいと思います。

本戦では初戦突破、そして少しでも長く日本武道館の畳に立っていられるよう頑張りたいと思います。

一年 椛澤

| 日誌 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |