一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年1月予定表

各位

以下1月の予定表のなります。
2017年1月予定表


年明け初の稽古は7日です。
9日からは寒稽古が始まります。朝6時に集合し、谷保天満宮まで走った後、稽古をします。
23日からはテスト勉強期間、30日からはテスト期間になります。
そのため、平日の稽古はありません。

28日には柔友会総会があります。

本年度は佐野書院にて1時開始です。
午前中(9:30〜)には有備館にて稽古を予定しておりますのでお時間のある先輩方は是非いらして下さい。

よろしくお願いいたします。

一橋大学柔道部
スポンサーサイト

| スケジュール | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/12/24(土)

本日の稽古には中田師範と四年生の四戸先輩、萩先輩、青木先輩がいらっしゃいました。ありがとうございました。

本日は通常の内容の稽古を行った後、青木先輩から腕十字について教えていただきました。内容としては基礎の確認から青木先輩自身の工夫、派生などを教えていただきました。腕十字含め、関節技は体格が自分より大きい相手でも一本を狙っていける強力な技ですので、この講習を活かし技に磨きをかけていきたいと思います。

また、稽古後にはクリスマスイブという事で、中田先生より大量のケーキをご馳走になりました!
楽しいクリスマスイブになりました!!ありがとうございました。
12_24_1


因みに、夜にも女子にもてない哀れな面子によるクリスマス会という名の食トレがあったみたいです。(僕はバイトでした泣)

そして、本日で今年の稽古は最後となってしまいました。思い返せば早いもので、新歓活動に始まりこの前の三商での優勝まで本当にあっという間だったきがします。今年は三連覇を果たすことができ、柔道部の目標を達成することができました。しかし個人的には今年は怪我が多く度々練習に参加できなくなってしまい、悔しい思いをした一年でもありました。

そして、来年は四年生が皆さん卒業されてしまいます。その穴をしっかり埋められるよう、新歓活動、トレーニング、そして日々の稽古に来年は怪我なく励んでいきたいと思います。

2017年も一橋大学柔道部をよろしくお願いいたします。

二年 鈴木

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/12/10(土)

そろそろ紅葉やイチョウの枯葉が散り終わり、冬本番となり、東京にも寒い空気が入り込んで来ました。どうも一橋大学柔道部です。三商戦が過ぎ去ってからというもの試合直前期のピリピリした空気が無くなり心にも余裕を持って練習に取り組むことが出来るようになりました。
今は特に実践的なことは考えず、より基本的な項目に立ち返って練習に取り組んでいます。我々が次に頑張らなければならないことは春の新歓活動です。1人でも多くの新入部員を確保したいところです。初心者でも経験者でも関係無く、柔道部は過ごしやすい団体だと思うので是非気軽に入ってほしいものです。毎年新歓期になると大学生活ひと花咲かせようと大して女の子と話したり、チャラっとしたノリについていけないのに無理をして同化しようとして自分の立ち位置がうまく掴めず、ずっと大学内で友達や知り合いを探してキョロキョロして頸椎を痛めている新入生が多くいます。彼らの大半は自分に合うかどうかを考えず人数が多い団体に流されて入りがちで、入ってからも目の奥が死んだまま群れて生活しています。そうなりそうな新入生には是非柔道部に来てほしいです。きっと、居心地の良さに気づき、ここでは人間関係に関して無理せずにやっていけそうだと思うことでしょう。
参考までに柔道部で四年間を過ごした先輩の写真を下に挙げます。柔道部で四年間を過ごしたら、こんなに笑顔になれます。
12_10_1

12_10_2

なので体格やスポーツ歴を気にせず気軽に足を運んでください。
そして今日の練習ですが、今日は高橋先輩(H28)、萩先輩、青木先輩にお越しいただきました。先輩方が来てくださったおかげでとても練習が活気づいたものになりました。高橋さんに関しては引退されてからもうすぐ一年になりますが、動きが現役の頃となんら変わりがありません。本人は多少衰えたとおっしゃっていましたが、田村を木っ端微塵に投げ飛ばしているところを客観的に見るとやはり衰えは感じられません。私たちも見習いたいものです。
中田師範の講習では組んだ後の相手の崩し方を教えて頂きました。組手における崩しは技に入る上で最も重要な要素のうちの1つですが、これを上達させるのは中々難しく、時間と気合を必要とします。なので日々の練習で少しずつ上達させていきたいものです。

二年 有吉

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016/12/3(土)

12月に入りました。寒さも本格的になり、紅葉で美しかった木々も段々とその葉を落として、枝が目立ちます。冬の到来を肌で感じる季節になりました。

しかし、我々柔道部は寒さに負けず本日も稽古を行いました。今日の稽古には中田師範のご親族の方が新潟より、遠路はるばるいらっしゃいました。まだ中学二年生だそうですが、キレのある美しい技をお持ちで、我々現役部員に負けない気迫が伝わって来ました。また、四年生の青木先輩四戸先輩が練習にいらっしゃいました。三商戦が終わったこの時期は四年生がいなくなってしまうため、部員が少なくなってしまいがちです。そのため、こうしてOBの方や、外部の方が練習に参加していただけるということは大変ありがたいことであります。

また、今回の研究では柔道の基礎的な技のかけ方を復習しました。何度か講習を受けている内容ではありますが、なかなか身につけるのは難しく時には面倒に感じることもあります。しかし、何事にも言えることではありますが、基礎をおろそかにしないことこそ、成長への重要なファクターになってくるものです。長いこのオフ期間、今一度基礎を見直しさらなる飛躍を目指しましょう。

二年 田村

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |