FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018年12月予定表

各位

お世話になっております。一橋大学柔道部です。こちらが12月の予定表です。12月15日には納会があります。お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。
IMG_4147

今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い申し上げます。

一橋大学柔道部
スポンサーサイト

| スケジュール | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新体制の御挨拶

各位


いつもお世話になっております。


この度一橋大学柔道部新主将を務めることになりました。現3年の椛澤尚樹と申します。


先の三商戦では先輩方より多くのご声援をいただき、昨年の雪辱を晴らすことができました。ありがとうございました。

副主将には同じく3年の板橋秀英、主務には2年の斑目滋がそれぞれ就任し、新体制で一橋大学柔道部は活動してまいります。伝統ある一橋大学柔道部の主将を務めるにあたり、その責務の重さに不安を感じると同時に大変光栄であると考えております。

来年は新元号となり、さらに一橋大学柔道部創部120年の節目の年となります。この節目の年を旧三商大戦優勝で飾ることのできるよう、「マイッタなし」の精神で稽古に励んでまいります。
来春新たな部員を加え、チーム一丸となり11月23日を迎える所存ですので、今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。



また、最後になりますが、今年1年間部を引っ張ってくださった有吉元主将率いる4年の先輩方にも併せてお礼申し上げたいと思います。

本当に1年間ありがとうございました。



一橋大学柔道部主将 椛澤尚樹

| おしらせ | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧三商大戦 結果報告

各位

お世話になっております。一橋大学柔道部です。

去る11月23日に神戸大学柔道場艱貞堂において、第66回旧三商大柔道大会が行われました。
速報でもお伝えした通り、我々一橋大学柔道部が2年ぶりに優勝することができました。
以下が試合結果となります。ここの試合の詳細につきましては、部報に掲載されます三商観戦記をご期待ください。

2018三商2


2018三商1


2018三商3


また、このブログを持ちまして、現ブログ係は仕事を終えます。一年間ありがとうございました。
引き続き一橋大学柔道部ブログをよろしくお願いいたします。

一橋大学柔道部

| 戦績 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧三商大戦 結果速報


第1試合 一橋大学vs大阪市立大学
5人残しで一橋大学の勝利

第3試合 一橋大学vs神戸大学
2人残しで一橋大学の勝利


一橋大学が2年ぶりに優勝しました!

応援ありがとうございました。

一橋大学柔道部

| 戦績 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集21日目 有吉 千春

主将の有吉です。いよいよ直前特集も最後となりました。今年一年を少し振り返りながら、今年の三商への想いや意気込みを綴りたいと思います。うまく締められるかわかりませんが、お付き合いください。

昨年は、頼もしかった取り役の先輩方の殆どが卒業され、一新した戦力で臨みましたが、神戸大戦にて敗北を喫し、優勝には及びませんでした。去年は去年で全力を尽くしていましたが、敗北を通じて、やはりエースの先輩方が抜けた穴を埋める事が出来ていない事、自分達の課題が山積みである事を痛感させられた結果となりました。このような悔しい敗北の後に、私は主将に任命された訳ですが、最初は何から取り組んだら良いのかも分からりませんでしたが、何としても自分の代で、建て直しを図り、かならず優勝するということを決意しました。従来の練習の精度を一層高め、さらに、自分たちの課題から逆算して、様々な新トレーニングを取り入れました。時には、後輩達には厳しい練習もあったかもしれません。しかし、後輩たちは、私のやり方に文句の一つも言わずについてきてくれました。そして、自分から主体的に研究や筋トレに取り組み、大きく成長してくれました。今年のチームほど、全員が知恵を出し合い、切磋琢磨した代は無いという自負があります。それは今年の戦績からも明らかだと思います。あとは三商戦での優勝のみ。自分達の今までの努力が無駄ではなかった事を証明し、また、私のような主将について来てくれた後輩達に三商戦での優勝という形で恩返しをしてあげたいです。

今年の三商は、私、個人としても大学生活の総決算という位置付けの試合になります。一年生の頃から抱いていた、自分の代での三商優勝という夢を絶対に叶え、そして、公私ともに助けてくださった先輩方、偉大なる先生方の期待に応えられるよう、全力を尽くして、優勝を勝ち取り、有終の美を飾ります。


四年 有吉
20180911222130908.jpg

| 日誌 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集20日目 鈴木 海渡

皆さんこんにちは。今日の担当は四年目の鈴木です。

思い返してみると早いもので、私が一橋大学柔道部に入部してからもう四年間が経とうとしています。一年生の時に神戸大学で初めて三商戦を経験し、四年目にまた戻ってくるのかぁと思ったのは今でも覚えています。あの頃頼りになった先輩方は全員卒業され、今では自分が頼られる側の人間になりました。どの程度頼られているかは分かりませんが、この一年間は出来る限り部に貢献しようと自分なりに努力してきました。

そしてとうとう迎えた四回目の三商戦。私には三商戦優勝という全体の目標の他にもう一つ個人的な目標があります。それは誰かがうまくいかなかったときに、それを補える働きがしたいというものです。私はこれまでの三商戦で自分の役割を十分に果たしてきたとは言えず、いつも誰かにそれを補ってきてもらいました。今年こそは自分の与えられた役割を果たすと共に、誰かの無念を晴らすような働きをしたいと思います。

今回の三商戦は同期と共に挑む最後の三商であり、まだ優勝を経験していない一、二年生に三商戦優勝を経験させる数少ない機会です。これまでの辛い練習を共にしてきたみんなのために、本番では全力以上を出せるよう頑張ります。

この企画のトリを飾るのは主将の有吉です。きっときっちり締めてくれると思います。よろしくお願いします。

四回 鈴木

| 日誌 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧三商大戦開催のお知らせ

各位

お世話になっております。一橋大学柔道部です。

来る11月23日(金)に神戸大学にて旧三商大戦が開催されます。
開会は10:00~となります。

是非お一人でも多くのOB・OGの方々に、現地で応援いただけるよう願っております。

よろしくお願いいたします。

一橋大学柔道部

| おしらせ | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集19日目 田村大地

しばらく続いた三商直前特集も終わりが見えて来ました。本日からは四年生が担当いたします。まずは四年生唯一の初心者勢、私、田村大地が書かせていただきます。

(おそらく)最後の三商戦を直前に控えた近頃、自分の大学生活を振り返ることが多くなりました。思えば、柔道部に入部することを決めたあの日からの4年間は、自分史上最高に楽しい日々でした。もちろん、練習が辛い日や、怪我をして練習に出れず歯がゆい日も、試合に負け、涙を流した日もありました。しかし今では、それら全てが自分にとって一番の宝物です。


1年時、ひたすら練習が厳しく、大変でした。それでも練習を続けられたのは、先輩や同期など、周りの人の支えがあったからです。2年時、初めて柔道部での後輩ができました。後輩に負けたくない一心でますます練習に励むことができました。3年時、チームを支える立場になり、チームを勝たせたいという想いが自分の中で強くなりました。そして4回生となった今、心に思うことがあります。それは、自分をここまで育ててくれた全ての人に恩返しがしたいということです。自分の今の実力は、自分1人では決して得ることができなかったものです。先生方、先輩方、後輩たち、同期。このうちの誰か1人でも欠けていたら、今の自分はいなかったでしょう。そして自分にできる一橋大学柔道部への最大の恩返しは、11月23日の三商戦で優勝することだと思います。
この1年間、自分なりにできることはやって来たつもりです。就活の関係上、上半期は練習に出られないことも多かったのですが、夏から秋にかけて、それを挽回するくらい練習しました。今年の夏は誰よりも吐いた自信があります。
残り少ない日々ですが、体調や疲れに気を配り、自分史上最高の実力を携えたうえで、最後の試合に臨みたいです。

明日は柔道部の娯楽設備に最も巨額の資金を提供する部室の住人、鈴木海渡が担当です。
よろしく。

4年 田村

| 日誌 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集18日目 馬場 慎太郎

こんにちは。

最近、バリカンの音に過剰に反応してしまいます。馬場慎太郎です。大学内の唯一の居場所である部室でも安心することが出来ず、気が張り詰めたままになるのでいい加減諦めていただきたいものです。誰かを坊主にしてやろうみたいな動きが増えてるのも三商直前の風物詩ですね。

事前に板橋から、思いの丈を綴るブログの企画を聞いた時、去年のことをあまり思い出したくないなと思いました。正直な話、自分の情け無い姿を思い出すのは嫌なものです。とはいえ、今年の決意を語る上では去年の敗北を見ないふりをしたままにすることはできません。

去年の三商大戦が終わった後にいつも気にかけていただいている先輩に負けたことを報告した時に「負けたことに意味があったと思うよ。」と言ってくださったことを覚えています。三商間近となった今、その言葉の意味を考えるのですが負けたことは次勝つための大きな原動力になることなのだと僕は思います。この一年は一昨年とは違う気持ちで練習に望むことができました。負けたことでより気持ちの入った稽古が出来、部員の多くが大きな成長をしたと確信しています。

今度こそは3年生として役目を果たし吉報を届けられるよう神戸の地で死力を尽くして部員一同優勝を目指します。
次回からは4年生の先輩方です。まずは、田村先輩よろしくお願いします。

3年 馬場慎太郎

| 日誌 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集17日目 北村 旭

こんにちは!

3年で一番耳が潰れているらしい北村です。この耳との付き合いは3年目となりますが、一橋大学柔道部での3年間の生活を体現する思い出の一つです。腫れ始めは柔道部に入部したての1年生の夏、三商戦に向けて徐々に練習量が上がってきた頃でした。耳の痛みに耐えながらも、先輩方から聞かされていた三商戦に向けて、分からないながらも必死に練習についていこうとしていた覚えがあります。優勝したあと当時の4年生の先輩方が泣いて喜んでいたのは今でも印象的です。それは三商戦という舞台の凄さ、そしてそこで優勝するという目標の重要性を真に実感した瞬間でもありました。

そして1年生の時以上に確固たる目標を持った上で臨んだ去年の三商戦。一橋の敗北が決まった際に自然と流れた悔し涙は決して忘れることはないでしょう。

今年は、この涙を嬉し泣きにするために1年間稽古に取り組んできました。去年の敗北は部員の結束をより強くし、個人が成長するためのバネとして、ある意味いい影響があったと思います。

そして今回は、自分が一年の頃から常に三商戦の優勝を目標にして、3年間共に稽古をしてきた4年生にとっての最後の三商戦でもあります。現役の先輩方と練習できるのも残り月曜と火曜の2回のみです。寂しい思いもありますが、三商戦優勝をもってこの三年間の恩返しをしたいです。

次のブログは最近毎日のようにバリカンで坊主にされそうになっている馬場君です。宜しく!

3年 北村

| 日誌 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集16日目 河邉 藍

柔道部一私服がおしゃれらしい河邉です。柔道部一坊主の似合う男に褒めてもらえ、とても光栄です。
自分は坊主にするつもりはありませんが、三商に対する思いは皆に負けないくらいあります。だからこそ、11月23日に向けてこの一年稽古を繰り返してきました。

稽古の量ということで言えば、一橋は他の二校に確実に勝っていると思います。井上靖の『北の海』には、今椛澤に貸しているのですが、このような場面があります。


「別に柔道家になるわけじゃない。高専大会で優勝することだけが目当なんですからね。でも、練習量がすべてを決定する柔道というのを、僕たちは造ろうとしている。そういう柔道があると思うんです。そういう柔道があるかどうかは、僕たちが自分でやってみないことには判らない。それをやろうと思っている。僕などは体は小さいし、力はないし、素質は全くない。四高へ入って初めて柔道着というものを着た。練習量にものを言わせる以外、いかなるすべもないわけです。」


これは、蓮実という高専柔道の選手が主人公の洪作に語った言葉ですが、今の自分たちにもすごくあてはまると思います。
一橋の選手は神戸や市大に比べると小さい者が多いです。また、中高で目立った実績があるという選手も別にいませんし、白帯から始めた者が自分を含め多いです。しかし、練習量ならば他の二校の上をいっているはずです。
この一年部員皆が三商へ向けてトレーニングに稽古、研究など頑張って来たと思います。後は本番でそれを示すのみです。高専柔道の伝統を継ぐ三商大戦で「練習量がすべてを決定する柔道」を部員全員で体現してみせます。


明日は三年で一番耳がつぶれている北村です。

3年 河邉

| 日誌 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集15日目 板橋 秀英

こんにちは。
美容院の予約が日曜に迫っている板橋です。

長かった今シーズンもあと一週間で終わってしまうと思うと、なんだか複雑な気持ちです。去年はホームで戦ったにもかかわらず、応援に来ていただいた先輩方にふがいない姿を見せてしまってとても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。神戸大学の優勝が決まった瞬間から、感涙する神戸選手の顔と悔し泣きする一橋の部員の顔を一度たりとも忘れたことはありません。今年はそんな悔しい思いを晴らすべく、稽古に取り組んできました。


坊主の話が出たので、私が坊主にする理由を話したいと思います。春から、東京学生や都国公など様々な試合がありますが、私が坊主にするのは三商戦だけです。その理由は、自分の中で三商戦を「特別」にしたいからです。やっぱり坊主にするときは少し勇気がいります。ほかの試合でも坊主にしてしまうと、自分の中での坊主の価値が下がってしまうような気がします。だからこそ、三商戦の勝利を願って頭を丸めるのです。今年はどれくらいの部員が一緒に坊主にしてくれるか楽しみです。


自分は高校の時団体戦のメンバーに選ばれなかったこともあるので、試合に出れない選手の気持ちも痛いほどわかります。だから、我々一橋大学柔道部は21人全員で戦います。団結力ではほかの2校に負けません。必ず今年は優勝杯を国立に持って帰ります。

明日は柔道部一私服がおしゃれな河邉です。

3年 板橋

| 日誌 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集14日目 椛澤 尚樹

こんにちは、
3年の椛澤です。

今年は主務として1年間活動してきました(まだ終わってませんが)。主務の仕事を通して、我々現役部員がいかにOBの先輩方に支えられているのかを今まで以上に実感し、必ずや優勝したいと強く思い続けた1年でした。

去年の三商では重要なポジションを任されたにも関わらず、期待に応えることができないまま敗北しました。1年間、ホーム一橋での優勝を目指していたため、その敗北は本当に悔しいものでした。
その悔しさを忘れず、まさに「臥薪嘗胆」の想いでここまできました。


部員の三商戦に対する熱は日に日に増し、一致団結した良い雰囲気ができていると思います。今年1年間我々を引っ張ってくれた4年生は私たち3年生にとって1番長く一橋大学柔道部としての時間を共有してきました。そんな先輩方もあと少しで引退と考えるとやはり寂しいです。このメンバーで戦えるのも三商で最後です。

三商まで残りの時間はわずかですが、1分1秒無駄にせず23日を迎えたいと思います。



次のブログは、坊主にするためにわざわざ美容院に行くというわけの分からぬことをぬかしている板橋です。

3年 椛澤

| 日誌 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集13日目 寺内 寛雄

三商戦まで残すところあと10日となりました。
去年は初めての三商戦ということで、大事な試合なのだろう、くらいにしか考えていなかったように思います。

当日を迎え、その場のピリついた雰囲気を身をもって体験し、2年目もいよいよ、という感情を抱いたのを覚えています。

勝って喜びを感じる。
誰にとっても勝利は喜ばしいものです。
特に一番大きな目標を達成する喜びに勝るものはありません。

負けて悔しい。
もしかすると敗北の悔しさは勝利の喜びよりもずっと重いものかもしれません。

2回目の三商戦を迎えるにあたり、残すところ僅かになった今、思うところがあります。
それは、当たり前のことを大事にすべきということです。試合では練習でやったことしかできません。
今まで積んできた稽古を信じ、支えてくださった先生方、OBの先輩方、そして応援してくれるすべての方々への感謝を忘れることなく、あと僅かの時間を有意義に使いたいと思います。

最後に、次のブログの担当は椛澤先輩です。
よろしくお願いします。

2年 寺内

| 日誌 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集12日目 越石 耕多

三商戦まで残り二週間を切り移動日や休養日などをのぞくと練習するのはあと一週間ほどというところまで来ました。
去年の三商戦から一年近くたったのだと思うと時間の流れがはやいなと感じます。

正直去年は三商戦というものをあまり理解しておらずなんとなく大事な試合なんだなというふうに思っていました。しかし去年先輩方の応援をしながら大会の雰囲気を感じその認識は変わりました。一橋柔道部に所属する人はみんなこの1日のために一年間厳しい練習をこなし、試合に出る部員も出ない部員も全員で勝利を掴みにいくとても大きな目標だとわかりました。そして15人の団体戦で抜き戦形式ということで、初心者からはじめた人たちにも果たすべき役割があり、その役割をきちんと果たせるように一年間辛い練習を乗り越えて来ました。

柔道部に入っていなければこれほど大きな目標にむかって仲間と一緒に努力するという経験はできなかったでしょう。物心両面から様々なサポートをしてくださっているOBの方々、指導してくださった師範の先生方、そして部を引っ張ってくださってる先輩方に感謝しつつ、11月23日に部員全員で勝利の涙を流せるように気を引き締めて残りの期間でできることを精一杯やっていきたいと思います。

2年 越石

| 日誌 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集11日目 近藤 捷人

今年もこの時期がやって来ました。一橋大学柔道部員が、緊張、興奮、焦燥、恐怖の綯い交ぜになった気持ちで迎える三商戦は、もう目と鼻の先に迫っています。

昨年4月に白帯で入部した私は、三商の意義もあまり理解せずに、ただ稽古についていくのに精一杯なまま三商まで辿り着きました。そして結果は無残な敗北。それをただ見ていることしか出来なかった私は、自分でも訳が分からないほど、悔しくて、情けなくて、不甲斐なくて堪りませんでした。
その悔しさはこの1年間、微動だにせず厳然とこの胸に居座り続けています。この迷惑な客を追放するためには、勝利以外に道はありません。


また、三商が終わるということは、4年の先輩方が引退されるということでもあります。有吉主将は、昨年の敗北以来、単に今までのやり方を踏襲するのではなく、試行錯誤して様々な改革を実行なさってきました。この効果は今年の試合結果を見れば歴然としています。こうしたご恩に報いるためにも、優勝は至上命題であります。三商合宿などを通して、しっかりと準備を整えてきたつもりです。あとは自分のできること、やるべきことを1日でも無駄にせずこなしていくだけです。
最後に勝鬨を上げるのが、我々であることを信じて。

明日は越石です。お楽しみに。

2年 近藤

| 日誌 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集10日目 中島勇人

 早いもので、三商戦まで練習できる期間が残り10日ほどとなりました。
僕が初めて体験した三商戦からもう1年近く経つのだと思うと感慨深いです。

 去年僕はまだ1年生であり、三商戦が一橋柔道部にとってどんな意義をもった試合なのかということは正直先輩方ほど理解できていませんでした。それでも去年神戸大に敗北し、涙する先輩方の姿や我々の勝利を祈ってくださっていた大勢のOBの方々の姿を見て、もう負けたくないという思いが生まれたのは確かです。

 2年生となった今年、一橋柔道部ではさまざまな新しい取り組みをしてきました。それを通して確実に去年よりも力はついたという自信もありますし、先輩方や師範にも自信をもって良いというお言葉をいただきました。また、4月から始動した今の新チームも、たくさん入部してくれた実力的にも頼れる後輩たち、めきめきと力を伸ばしてきた同期たち、そしてなにより去年の雪辱に燃える先輩方の力が結集し、試合結果の面でも、チームの雰囲気の面でも、非常によい勢いに乗っています。おまけに、まだまだこの勢いは止まる気配がありません。
 
 三商戦には今年も大勢のOBの方々がいらっしゃいます。今度こそ応援していただいた皆様によい報告ができるよう、そしてご指導いただいた先輩方や師範への恩返しをすべく、「マイッタなし」の精神を胸に勝利を目指したいと思います。残りのわずかな期間、少しでも自分にできることを考えながら、気を引き締めて稽古に励み、三商戦当日には万全の状態で臨めるよう体調の管理もしっかり行っていこうと思います。

 明日はリレーの折り返し地点、同期の近藤がブログ担当です。きっと気合いとウィットに富んだすてきな文章を書いてくれることでしょう。よろしく!

二年 中島

| 日誌 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集9日目 山岸 優太

三商戦まであと2週間となりました。

去年有備館で神戸大学に敗北してからもう1年が経ったのかと思うとあっという間です。正直新チームが始動した当初は萩先輩と井口先輩がいなくなってしまってこのチームで優勝を奪還することができるのかと不安しかありませんでした。しかし、頼もしい新入生がたくさん入り、都国公、商東戦、OB戦で勝利を重ねた今、このチームなら必ず優勝できると確信しています。優勝して、お世話になった先生方やOBの方々、そして卒業する四年生の先輩に恩返しをしたいと思います。

また、個人的に自分は去年の三商戦では情けない試合をしてしまったので、いい意味で周りの期待を裏切る活躍ができるよう、残りの時間でやるべきことをしっかりやろうと思います。

二年 山岸

| 日誌 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集8日目 斑目 滋

去年の三商で負けた時の気持ちを、今でも鮮明に覚えています。
経験者としては弱かった自分にとって、柔道部での生活は毎日が辛く、しかし成長のある一年間でした。それだけに、あの試合にかけた想い、負けた痛みは当初想定したものを遥かに凌ぐものでした。
長い三商合宿、あんなに苦しかったのに。夏の練習、フラフラになってもみんなで力を合わせて頑張ったのに。全て何の意味もなかったのか。そう思うと悔しくて涙が止まりませんでした。


あれから一年して、色々なことがありました。先生やチームメイトのおかげで、強くなったとは間違いなく言えます。去年はついていくだけでも精一杯だったメニューも今ではだいぶ慣れてきました。しかし、成長と言っても試合で役立つまで成長していなければ意味はありません。僕はどのくらい成長出来たでしょうか。


きっとその答えは23日に自分が証明してくれます。思えば沢山のものを犠牲にしてきました。全てと言ってもいいかもしれません。それは他の部員も、きっと相手チームもそうです。僕の2年間がいったい何であったのか、もう二週間もすれば知ることになります。気を抜くことなく残り時間を過ごしていきます。


必ず役割を果たし、四年生の先輩方に人生の恩返しをします。

二年 斑目

| 日誌 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集7日目 福沢 徹

こんにちは。一年の福沢徹です。

僕も前の二人に続いて白帯から始めました。4月に入部してからもう11月に入り、三商戦直前というのが信じられないくらい時の流れが早く感じます。
自分は三商戦について、まだあまり知らないし、雰囲気とかもよくわかりません。しかし、三商戦に向かって、日々練習に力が入っていく先輩達を見て、絶対に勝たなければならない大事な試合だということはわかりました。
自分に何ができるのかを考えると、今年の三商戦に向かっていった道のりや、特に4年生の先輩の姿勢を学び、来年以降につなげることだと思いました。そのために、1つでも多くのことを学び、身につけていきたいと思います。そして、もう1つが、三商本番の雰囲気を肌で感じることです。いつか、その場に立つことを考えて、目に焼き付けておきたいです。

今年の三商戦の勝利に直接的な貢献をするのは難しいですが、1年後、2年後、3年後に先輩たちに追いつけるように、これからも努力していきたいです!

次は斑目先輩です、よろしくお願いします!

1年 福沢

| 日誌 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集6日目 紺野 眞生

こんにちは。1年の紺野です。僕も小澤と同じく白帯スタートなので今回の三商戦には参加しないかもしれませんが、自分が三商戦に対して思っていることを書きたいと思います。

最初に入部した時は三商合宿の存在など知らず、また三商戦がこんなに重要なものだとは分かっていませんでした。しかし、夏休みの終わりごろから練習がさらに厳しくなり、三商戦がそれ程重要だということに気が付きました。合宿では先輩方がさらに気合を入れて練習に励んでいるのを見て、自分も今回の三商戦には出ないかもしれないけど頑張らなくては、と思うようになりました。

今までずっと練習し続けてきて自分が強くなったという実感が全くないですが、他の人から「強くなった」と言われると嬉しいです。毎日の研究を見ていると先輩方はこれ程考えて練習しているのかと驚き、柔道はやはり頭を使う競技なんだなと実感します。自分はあまり考えることができず夢中で練習してしまうのでそこを改善していこうと考えています。

気が付けば4回もあった合宿も終わり、11月になって三商戦まで残りわずかです。今回の三商戦には出なくても今まで自分が練習してきたことは来年以降につながっていくと思うので、今年は三商戦がどういうものなのか、雰囲気を感じようと思います。そして来年以降に出ることができるように練習していこうと思います。

次の担当は福沢です。よろしく!!

1年 紺野

| 日誌 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集5日目 小澤祥里

こんにちは。1年の小澤です。

今年度の白帯勢一発目ということで、正直なところどのように書いていいのかわからないですが、自分なりの思いというものを書かせていただきます。

三商戦まであと三週間をきりました。思えば、入部を決めた春からここまでの時間は一瞬でしたが、濃密で有意義なものであったのではないかなと思います。たしかに練習についていくことは大変でしたが、毎回新しい発見があり楽しかったという思いもあります。今年度の三商戦が終わりましても、柔道部での活動はまだまだこれからも続いていきますので日々強くなっていければ良いなと感じます。

先日の決起集会でも有吉先輩がおっしゃっていましたが、今年度はチームの底上げを図るという軸の下活動されてきました。チームの一番底にいる私は身をもってその意気込みを感じました。その中でやはり三商合宿では参加できない日もあり、それに応えられなかった自分を不甲斐なく思い、悔しさも感じます。三商戦への意気込みということからは離れてしまう内容でしたが、自己管理の甘さが明らかになり、反省点でもあると思いました。

話を戻しますが、程なくして三商戦が始まります。神戸の地で闘う先輩方や同輩の勇姿をこの目に焼き付け、それを今後の自分の糧としていきたいと思います。

明日の三商直前特集の担当は紺野です。きっと熱い思いを述べてくれることでしょう!よろしく!

1年 小澤

| 日誌 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集4日目 清藤和仁

こんにちは。1年の清藤です。

実は個人的に入部当初から、三商戦までのカウントダウンをしていたのですが、10の位がついに“1”になったと思うと緊張や焦りで縛られてしまいそうな気持ちです。

三商戦での活躍を誓った入部宣言から今日までを振り返ってみると、長いようで本当にあっという間でした。はじめは三商戦について右も左もわからないままなにか漠然と練習しているだけでしたが、稽古を重ねるにつれ、自分の役割が明確になり、より効率的でストイックな練習ができるようになりました。さらに言うと、得られた知識を活用するにはどうすればよいのか自分なりに考え抜き、実践できるようにもなりました。

このような気づきを得られたのは、三商戦を経験していらっしゃる先輩方や先生、OBの先輩方のおかげでしょう。感謝の言葉を伝えることならいつでもできますが、“勝利”というカタチで恩返しするのが筋でしょうし、誰しもがそれを望んでいらっしゃると思っています。

残り19日とはいえ、できることは山ほどあります。もっと言えば、この19日間は勝利を引き寄せる最後のチャンスです。たしかに緊張や焦りはあるものの、それをはるかに凌駕する情熱が、いま私たちにはあります。難しいことは言いません。勝ちに行きます。

三商直前特集、明日は小澤です。よろしく!

1年 清藤

| 日誌 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OB戦

こんにちは!
一橋大学柔道部です。

11月3日に有備館にてOB戦が行われました。休日にもかかわらず多くのOBの方々にお越しいただきました。
大月先生、中田師範、荻布先輩(S45卒)、浅賀先輩(S45卒)、山本先輩(S54卒)、古澤先輩(S55卒)、鈴木先輩(S57卒)、山口先輩(S58卒)、船井先輩(S58卒)、小野田先輩(H7卒)、中田先輩(H8卒)、山本先輩(H8卒)、山岸先輩(H24卒)、板羽先輩(H27卒)、李子豪先輩(H27卒)、サニー先輩(H27卒)、丸山先輩(H27卒)、髙橋先輩(H28卒)、青木先輩(H29卒)、馬場先輩(H29卒)、萩先輩(H30卒)、井口先輩(H30卒)、朴先輩(H29院卒)。
本当にありがとうございました。

今年も去年に引き続きOBは歴代のエースがそろうドリームチームで、オーダーを見ただけでも強さがわかるチームでした。今年はさらに去年卒業された萩先輩と井口先輩が加わりどうなってしまうのかとはじまる前は思っていました。しかし、試合が始まると現役チームが練習量を活かし、粘り強く戦うことでじわじわとOBチームを追い詰め見事勝利することができました!これにはOBチームの監督の板羽先輩も驚かれていたようで、「負けるとは思っていなかった」とおっしゃっていました。今年一年頑張って稽古に励んできた成果を、最高の形でお見せすることができたと思います。

これで、三商前のすべての練習試合が終了しました。結果は2戦2勝とこの上ない結果です。この調子を維持して、神戸でも勝利をつかみ取れるようにあと20日あまり、頑張っていきたいと思います。

181103


一橋大学柔道部

| 日誌 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集3日目 樋口 智之

こんにちは。一年生の樋口です。

三商に向けた意気込みや決意ということですが、三商を迎えるのは初めてで、正直雰囲気などわかっていないこともあります。しかし、ここまで真剣に部活に取り組んだのは中学、高校時代にはなく、入部当初は本当にこのきつい練習を乗りきれるのだろうかと不安になりました。夏休みはほぼ毎日朝から部活があり、高校の同期がいろんなところであそんでいるのをSNSなどで知って、羨ましくなったこともありました。

三商期に入ると、練習強度がぐっと上がって体力的にきつくなったりして、きりがないですが思い返せば大変なことばかりでした。そして、ここまで大学生活を捧げたからこそ何としても三商戦で勝ちたいという思いは一層強くなったと感じています。また、筋トレも精力的に取り組んできました。これも、自分にとっては初めての経験でしたが、伸びも目に見えてあり、受けも強くなったと感じました。あと三週間ですが、これからの期間も強くなると信じて、突っ走りたいと思っています。

では、つぎは清藤よろしく!!

1年 樋口

| 日誌 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集2日目 金丸 真翔

はい!任されました。金丸です。

三商戦に向けた意気込みということですが、緊張と高揚感、期待が入り混じるこの感じ、どう表現すれば良いのでしょうか。
私を含めた1年生は、入部してから半年と少しを柔道部員として過ごし、いよいよその集大成となる戦いを迎えます。今に至るまで、相当な時間と体力、思考を柔道に捧げてきました。私はこのことを苦しいと思うことも正直ありました。
きっと他にも道はあったと思います。適度に授業に出ながらバイトに励む日々、サークルを掛け持ちしながら友達と遊ぶ日々。しかし、私たちはこの道を選び、苦しい日々を乗り越え、今、結束を強めています。
それは頑張った者しか得られない、我々しか得られない、我々こそ得るべき勝利のためだと思います。
さらに言えば先輩方は我々1年生をはるかに凌ぐ思いで三商戦に臨んでいます。ならば、新歓期にお世話になった分も含めて、23日の夜には先輩方に勝利の美酒を注がなくてはならない。
必ず役割を果たします。

怠りて磨かざりせば光ある玉も瓦に均からまし
これから三商戦まであと3週間。決して長くはありませんが、悔いのないよう全力で磨き切ります。

1年 金丸

| 日誌 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

OB戦に参加されるOBの皆様へ

各位

お世話になっております。一橋大学柔道部です。

OB戦に参加されるOBの皆様へ重要なご連絡があります。
OB戦当日に天下市が開催される関係で、大学構内に入構するには学生の付き添いが必要になります。
そのためOBの皆様は当日13:20に一橋大学正門前に集合していただくようお願いします。
集合時間に間に合わない方は、個別に対応いたしますので、お手数ですが一橋大学柔道部室までご連絡ください。
TEL:042-574-7899

一橋大学柔道部

| スケジュール | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三商直前特集1日目 諏訪部 仁

こんにちは。一年の諏訪部です。
ついに11月に入り、三商戦はもう目前です。先日のブログにてお伝えした通り、今日から毎日、21人の部員ひとりひとりが、来る三商戦への意気込みを書いていきます。一発目が自分だということで少々緊張しますが、よろしくお願いします!

「一橋大柔道部にとって、三商戦こそが最大の目標だ」これは入部して以来、幾度となく聞いてきた言葉です。思えば、これまでの試合や合同練習において、先生方やOBの先輩方は必ず我々に「今日の試合内容を踏まえて、三商戦では~」「国際ルールではこうだが、三商ルールでは~」と、三商戦につながるお話をしてくださっていました。三商戦はまさしく、一年生にとっては春からの、先輩方にとっては去年の三商戦からの、積んできたすべての稽古、トレーニング、試合の集大成となるものです。そして当然ながら、現有吉主将体制での最後の試合でもあります。頼りになる先輩方に恩返しできるとすれば、チームの勝利への貢献しかないでしょう。
きっと三商戦当日に自分は少なからず緊張すると思うのですが、緊張とは積み重ねたものがなければ起こりえないものです。残された稽古で自分の課題を徹底的につぶし、本番では自分を、そして積み重ねてきたものを信じて、与えられた役割を全うし、優勝杯奪還に貢献します。
とにもかくにも、はじめての三商戦、精一杯頑張ります!

それでは明日は金丸です。よろしく!

一年 諏訪部

| 日誌 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |