FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

寒さ増す国立市

こんにちは。最近、寒さが増して寒稽古と大して変わらない気温になり、足の裏がとても痛いです。乱取りをしてしまえばなんとか暖かくなるのが救いです。

本日の稽古は、野瀬名誉師範、田村先輩にお越しいただきました。ありがとうございます。
野瀬先生には、相手を投げるには相手の重心をコントロールする必要があること、そしてそのためには相手と自分の頭の位置関係を意識することが重要であることをご教示頂きました。

最近、稽古後に未経験から始めた一年生が昇段審査の型の練習をしているのを見ます。自分からYouTubeで動画を見たりと今年の一年生は真面目ですね。今年は二段、三段を受ける人もいるのでその人たちも頑張ってほしいです。

さて、2月にはオーストラリア合宿があるのですが私自身とても楽しみです。2年前にも、OBの先輩方のご尽力により台湾合宿に行かせていただきましたが、現地の大学との交流など、柔道部に入ることでしか経験できないようなことができました。オーストラリアでも、ナショナルチームとの合同稽古など、普通では経験できないようなことをさせていただくことに期待が膨らみます。

最後になりますが、受験生の皆さんに。悔いの残らない選択をしてほしいと思います。各々事情はあると思いますが大学に入った後に後悔しても遅いです。自分に自信を持って二次試験にのぞんでください。一橋大学柔道部一同応援しています。

三年 馬場
スポンサーサイト

| 日誌 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地球の反対で

受験シーズンということで、皆さん体調はいかがでしょうか。
センターから二次試験までは意外と時間があるもので、夏休みと同じくらい勉強ができます。どうか諦めずに頑張ってください。
一方、ここまできたら心身のコンディションを一番に考えてあまり詰めないのも大切です。


さて、先日の総会ではOBの先輩方とたくさんのお話をさせていただき、OBの方々は特に四年生の先輩方の今後を大変気にされているようでした。
先輩方の来年は三者三様といった感じですが、もう1人昨年帰国したニコの近況といいますか、私の知る限りでお伝えします。

彼は学年的には四年生なのですが、柔道部に入部したタイミングが現二年生と同じでしたので、部内では我々と同期という立場でした。
柔術出身の彼は寝技重視の一橋の練習を大変気に入ってくれたようで、当時一年生だった僕らに積極的に寝技を教えてくれました。夏練、三商合宿、寒稽古に増量なども「crazy」と言いながら頑張り、それが報われなかった一昨年の三商戦では一緒に泣きました。
留学生相手の新歓活動にも尽力してくれ、一年かけて日本語も完璧になりましたが、柔道部でよくない言葉もたくさん覚えてしまったようです。
帰国の際には部員にプレゼントをくれ、再会を約束しました。

DA6FC3EC-1027-48E5-86D9-62665839431E


夏に帰国した後も連絡を取ってくれており、彼は母国ルクセンブルクの軍隊に就職し、またこれからも地元の道場で柔道を続けるそうです。
来月のオーストラリア合宿にも誘ったのですが、「学生は暇でええな」とのことでした。


一方、遠く離れた日本ではある柔道部員が授業中に赤鉛筆を食べている姿が目撃されたそうです。
本人は赤鉛筆など持っていないと主張していますが、それは食べてしまったからではないでしょうか。
こちらからは以上です。


二年 斑目

| 日誌 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成30年度 柔友会総会

去る1月26日に平成30年度柔友会総会が佐野書院で行われ、32名ものOBの先輩方にお集まりいただきました。
年に一度の総会は、現役部員にとって普段お会いする機会の少ない先輩からお話を聞くことのできる、とても貴重な機会です。インフルエンザのため出席できなかった部員もいましたが、はじめて総会を経験する1年生は心なしか緊張しているようでした。
(普段ブログを読まれている方は部内でインフルエンザが大流行していることをご存知かもしれませんが、発端は私椛澤です。猛省しております。)


総会を通して、我々現役部員が物心両面にわたって支えられ、恵まれた環境で稽古に取り組むことができていることを再認識しました。それと同時に先輩方の三商大戦への強い想いに触れ、三商大戦連覇に向けて身の引き締まる思いです。

終わりに、総会は恒例の校歌と部歌斉唱で締めくくられました。長い歴史をもつ一橋大学柔道部の一員として、私自身も先輩方と肩を組み校歌と部歌を歌うことができ、大変感銘を受けました。
42072D53-21B8-40EC-97C7-BE310C48A440



また、総会後には多くの部員が三幸でご馳走になりました。ありがとうございました!
IMG_4482




最後になりますが、総会開催に向けご尽力くださった柔友会役員の皆様、お忙しい中足をお運びくださった先輩方、誠にありがとうございました!
今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願いいたします。


三年 椛澤

| 日誌 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Count SHEEP

皆様いかがお過ごしでしょうか。
このところ寒い日が続き引きこもり度が増している中島です。
天気予報によると大寒波が襲来しているそうで、冬生まれながら寒さにめっぽう弱い僕としては非常に憂鬱です。

さて、前回インフルに気をつけようという趣旨のブログを書いたのですが、皆様ご存じの通り先週部員が続々と倒れてしまいました。「フラグが立つ」とはこういうことを指すのだなと実感しました。
今では部員も復帰しつつあるのですが、その一方で新たに体調不良となる部員も出ており、総数があまり変わっていないという状況です。

そんな中、ありがたいことに僕は特に目立った不調も無く練習に参加できており、同期や先輩から「中島はずっと元気だな」といじられる日々なのですが、その理由をいろいろ考えたとき、やはり睡眠は大事なのかなと思います。最近は基本的にずっと寝ているので、おそらくそのおかげでしょう。

思えば受験期も毎日夜0時には寝て、朝6時半くらいに起きるという生活を送っていたのですが、風邪などは全くひきませんでした。受験生なら寝る間を惜しんで勉強しろと親や家庭教師には言われたのですが、僕は徹夜というものがとにかく苦手だったので毎日がっつり寝ていました。

受験勉強において大事な事は、とにかく自分に合った方法を取るということだと思います。ただでさえつらい受験勉強を自分に合わないやり方でやっても、能率は上がらないし心も体も疲れるばかりです。実際僕の場合、徹夜をしてもただ時間を浪費するばかりで、おまけにその後3日間くらいは頭がろくに働かないという羽目になりました。
もちろん自分を追い込む事は大事ですし、親などのアドバイスもしっかり聞いた方がいいのは確かです。ですが、受験の形式も多様で、様々な教材や勉強方法が開発されている今、定番の方法に囚われる必要は無いと思います。入試期間でも、一度自分に良い流れを作ってしまえば、後は勢いでうまくいくというのが僕の経験です。そのためにも、焦りや緊張が募ってくる時でも自分のペースを崩さない事は大事だと思います。

受験生の皆さんも、体調に気をつけながらお過ごしください。追い込み期間ですが、まだまだここから力は伸びます。自分のやっていることに自信を持って頑張ってください。とりあえず僕も、この記事がまたフラグとなって今度は僕だけがインフルエンザになるなんてことが無いよう、健康に気をつけます。

二年 中島

| 日誌 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

身体は大切に

こんにちは。寒稽古最終日にインフルエンザを発症し今日から復活した近藤です。
普段はあまり体調を崩すことはないのですが、寒稽古期間を通して広がり続けたインフルエンザの猛威を前に、敢えなく屈することとなりました。
今シーズンもインフルエンザが全国的に大流行を見せていますが、小さな子どもを中心にインフルエンザ脳症を発症することがあり、痙攣や意識障害、最悪の場合死亡してしまう例も報告されています。まだ発症していない皆さんも、くれぐれもお大事に。

最近はまた稽古後に綱を登っているのですが、これがインフルエンザ明けにはかなり効きます。熱自体は発症から2日ほどで下がったのですが、実家暮らしである私は、弟が受験生であるために、トイレ以外の用事で自室から出ることを禁じられていました。食事も定期的に部屋に運ばれてくるシステムでしたから、まるで囚人のようですね。このため、発症から1週間をほぼベッドの中で過ごしていたのです。筋力の低下は著しく、階段を少し登るだけで膝は痛み、満員電車で揉まれれば腰が悲鳴を上げます。やはり健康であることが人生において何より重要であるのだと痛感しております。
柔道が出来る歓びを噛み締めながら、明日からも稽古に励んでいきます。

二年 近藤

| 日誌 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縮んだ胃袋

2年の山岸です。もうすぐ二月になりますがまだまだ寒さは続きます。もしかしたら寒さが一番厳しいのはこの時期かもしれません。畳が冷たすぎて練習中も立っているだけで足がしもやけになりそうです。暖房器具があればだいぶ楽になるのでしょうが、寒さに耐えて練習に励むのもまた一興なのかもしれません。

受験生の皆さんはセンターが終わり、二次試験の勉強に励んでおられることと思います。また、私立大学の試験日も近づいているのでそちらの方にも力を入れなくてはいけないのが難しいところですね。何はともあれ残りの期間悔いなく頑張ってください(このブログを受験生が見ているかはわかりませんが)。

話は変わりますが、最近部内でインフルエンザが流行しており、半分近くの部員が稽古に出れない状態が続いています。かくいう自分も先週インフルエンザを発症し、家で寝ていました。今は熱も下がり、稽古にも出ているのですが、胃袋が縮んでしまったようで以前ほど量が食べられません。この時期は体重を増やすことも重要になるのでたくさん食べて早く胃袋を元に戻したいと思います。

二年 山岸

| 日誌 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンディショニング

久しぶりに順番が回ってきた気がします。3年の河邉です。

寒稽古明け最初の稽古になりますが、寒稽古中から続くパンデミックのお陰でとても人数が少ないです。今年だけで部員の半数以上がインフルエンザに罹患しています。自分はまだかかっていませんが、予防のコツはできるだけ部室にいないことです。部室は今ウイルスの温床となっています。今、柔道部を訪れる方はくれぐれも気をつけて下さい。

この土日、受験生の皆さんはセンター試験でしたね。二日間お疲れ様でした。

結果については人それぞれあったと思いますが、センターの結果が振るわなかった人でも、一橋は二次試験の配点が高いため、足切りさえ回避できればまだまだ逆転できると思います。部員の中にもセンターで合格ラインに届かなくても二次で巻き返し、合格した者は複数います。受験生の皆さんにはぜひ、気持ちを強くもって一橋大学を受験してほしいと思っています。

二次試験まではあと1ヶ月程しかないと思います。ここまで来たら、勉強するだけではなく、コンディションの調整も重要です。受験生の皆さんもインフルエンザや風邪には気をつけて万全の状態で受験に臨めるよう頑張って下さい。部員一同、未来の部員となる皆さんの合格を願っています!

三年 河邉

| 日誌 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その7

皆さんこんにちは。
一橋大学柔道部、四年の鈴木です。

今日はとうとう寒稽古も最終日を迎えました。ブログをこまめに読んでいる方はご存知だと思いますが、我が柔道部では現在風邪が流行しており日に日に稽古の参加人数が減ってきております。かくいう私もこの五日間で体調を崩し、本日とうとう風邪をひいてしまいました。

私は一年生の頃の寒稽古が一番寒く、一番辛かったと思っていましたが、まさか四年目に寒さ以外の敵にやられるとは思いませんでした。どんなに鍛練を積んでも、目に見えない細菌には敵いません。良い教訓となりました。

明日はとうとうセンター試験です。受験生の皆様の中には緊張している方も多いと思います。僕がセンター試験を受けたのは四年前ですが、会場がとても暑かったのを覚えてます。皆様ぜひ脱ぎ着しやすい格好で試験に臨んでください。

本日の寒稽古の谷保ランでは、谷保天満宮にて一橋大学柔道部を目指す高校生の学業成就を祈願してまいりました。我々一橋大学柔道部は皆様を全力で応援しております。頑張れ受験生!!

四年 鈴木

| 日誌 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その6

こんにちは。
1年の清藤です。
寒いですね。暦の上では20日に大寒を迎えます。
ついに寒稽古も4日目、ラストスパートといったところでしょうか。ただでさえ冬は基礎代謝が上がるので、況んや寒稽古に於いてをや、いつもよりお腹が空くのにも納得です。

さて、人々の活動をより安全かつ効率的に行うことを可能にする知として「人間工学」という学問が存在しますが、昨年読んだ人間工学の教科書には次のようなことが記されていました。
・寒冷対策には着衣の加減が有効
・寒冷時、下半身(足腰)の保温が効果的
・耐寒の食事としてカロリーとともに質も重要
・筋的作業の至適温度は20~24℃
やはり寒稽古は素晴らしいですね。至適温度で柔道をする未来はやってくるのでしょうか...。

ここからは入試について書きます。センターについては同期がいろいろ書いたので、私からはセンター直後の併願校出願についてアドバイスしたいと思います。
第一に、最初の受験校は安全圏の大学にすると良いです。受験独特の雰囲気に慣れるのに良いと思います。
第二に、連続受験は2日までにすると良いです。試験は予想以上に体力と気力を消耗します。
また、私大対策に力を入れすぎ、本命の国立対策を怠ることがないようにしましょう。論述問題のある学部は、国立志望にとって有利でしょう(W大学法学部など)。
最後に、センターリサーチの判定を過信しないようにしてください。

果たしてどれだけの受験生がこの記事を読むかはわかりませんが、皆さんが晴れて第一志望に合格することを祈っております。

一年 清藤

| 日誌 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その5

こんにちは。一年の諏訪部です。今日は寒稽古三日目ということで、五日間にわたる寒稽古の折り返しの日でした。
今日も朝6時から道着で声出しをしながらランニング、谷保天満宮にて鶏の声を聞きつつ参拝、そして道場にて寝技の稽古、と充実した練習になりました。ランニングの途中には近隣の方々数人からあたたかい応援のお言葉をいただき、改めて声出しに身が入る思いでした。とても嬉しかったです!
自分は成人式があり地元の千葉に帰省していたため初日の稽古には残念ながら参加できず、昨日から稽古に参加しているのですが、昨日は張り切りすぎたためか、それともやり方を事前に聞かずにいきなり臨んだためか、開始早々かけ声を思いきり間違えてしまいました。しかしリベンジをかけた今日はそのような醜態を晒さずに無事に終えることができ、ホッとしました。

道場での稽古には、日頃トレーニングで度々お世話になっている中田さんがお越しくださり、更に稽古にも参加してくださいました。極寒の早朝にもかかわらず、本当にありがとうございました。
中田さんには、普段はウェイトトレーニングにおいてフォームやメニュー等について多数ご教示いただいているのですが、今日は我々の実際の柔道の稽古を見て今後の指導に生かしたいということでのご来場でした。実際に稽古後にはいくつか分かった点があったとおっしゃっていただき、さらにハイクリーン・ロークリーンの動画もいただきました。ありがたく頂戴するとともに、一橋大柔道部はたくさんの方々が支えてくださる恵まれた環境にあるのだということを再認識しました。

テスト休みからすぐということもあってか現在体調を崩している部員が多く、心なしか少々寂しいです。今のところ元気な自分も体調に気をつけ、あと二日間しっかりとやり抜きたいと思います。


IMG_4450
朝から気合充分の面々

さて、センター試験までいよいよ残り三日です。一橋大学受験生のみなさんへの自分からのアドバイスは「緊張はしても、不安にならないでほしい」ということです。
試験当日に緊張するのは当然です。もし些細な計算ミス或いはマークミスで何点、何十点と失ったら…もし傾向が変わって見慣れない問題が出たら…といった心配を、まじめに勉強に取り組んできた受験生ほどするものです。さらに、受験はあくまでも他者との競争であって、いくら自分の中で緊張してしまった、うっかりマークミスをしてしまったなどと言い訳ができても、合否判断に使われるのは結果の数字のみです。そのプレッシャーが大なり小なり平常心を失わせることもあるかもしれません。
しかし、最初に書いたように、緊張は殆ど誰しもがするものです。それを集中力などのプラス方向に変換できれば普段よりも良い点数に、焦りなどのマイナス方向に変換してしまえば普段よりも悪い点数につながります。どうせ緊張するなら、大きく構えて、それを利用しようとしてみてください。それも成功したらもうけものくらいで大丈夫です。
さらに加えるなら、福沢が書いたように、一橋大学の入試ではセンター試験の点数はそれほど重視されません。ご存知の通り、足切りさえ超えてしまえば、センター試験で生まれた数十点の点差は圧縮され、二次試験の記号問題数問・漢字問題数問でいくらでもひっくり返ります。センター試験で成功しても油断せず、失敗してもくよくよせず、あくまでもセンター試験は一橋大合格への通過点であるということを忘れずに、頑張ってください!

一年 諏訪部

| 日誌 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その4

みなさんこんにちは。
一橋大学柔道部です。

本日の稽古には、野瀬名誉師範にお越しいただきました。お忙しい中ありがとうございました。

講習では、亀の状態から立ち上がってくる相手への対処と、送襟絞の方法をご指導いただきました。
一朝一夕で身につく技能ではないので、普段の稽古で自分の技のレパートリーを増やすために意識していきたいところです。

寒稽古が始まってもう2日目です。朝早く起床するため、1日の体感的な長さがかなり長く、読書や課題など学生としてやるべきことをやるにはかなり好条件な気がします。

さて、センター試験まであと4日となりました。あまり声を大にして言いたくはありませんが、私は2浪の末に一橋大学に合格しました。ですので、この時期を3回経験しております。
やはりこの時期にやっておくべきことというと、体調を整えておくことでしょう。
体調が整っていない状態で試験本番を迎えたとして、果たして今までの積み重ねを発揮することができるでしょうか、私にはできないと思います。ましてや、この時期丁度流行っているインフルエンザにかかってしまうと、それだけで本試験を受けられず、より難易度の高い追試験に回ってしまいます。そうなると、本来の点数から落ちてしまう可能性が上がってしまうため気をつけるべきです。
(因みに、この冬既に柔道部員は3人ほどインフルエンザにかかっています。)

そして、当然のことですが、1日目が終わった後に自己採点をするのもやめておいた方が良いです。終わったことは終わったこととして捉えて、2日目に向けて脳と身体を休めることをオススメします。
こんな話何度も聞いたと思われる方もいらっしゃると思いますが、当然のことを当然のように行うというのは思いのほか難しいので、あえてこのような話をさせていただきました。


最後になりますが、受験生のみなさん、今まで自分のやってきたことを信じて、本番でそれを出し切れるように頑張ってください。

一年 小澤

| 日誌 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その3

こんにちは!一年の金丸です。
今日は寒稽古1日目でした!朝6時から大声を出しつつ、気温1°cの外を柔道着1枚で走るという誰得なのかよくわからない行事です。冷たい畳の上もスケートリンクかと思うほどで、足の裏は常に痛みが襲っています。

そんな環境下で、引退されたのに宿泊(詳細略)の田村先輩、お疲れ様です……。
四年生にもなればこの痛みも風物詩くらいに感じられるのでしょうか?

寒稽古1日目_3
早朝の暗闇の中、楽しそうな部員たち

私も今、同期の樋口宅に居候しています。自宅からだと始発に乗っても間に合わないので仕方ありません。しかし、彼のおかげで部室とは比べ物にならないほど快適な環境で過ごせているので感謝感謝です!
体調が悪いことに変わりありませんが、少しでもいいコンディションで臨みたいと思います。


さて話は変わりましてセンター試験応援特集です!
私がセンター試験のためにやっていた勉強と言えば、過去問の繰り返しでした。年明けからは2日1セットで数年分のセンター試験を時間通りに再現していたので、本番は緊張せずに臨むことが出来ました。皆さんも良ければやってみてください。
当日のアドバイスとしては、昼食に何を持っていくか、もう考えましたか?
センター試験は1日が長く、試験と試験の間の休憩も長いので、昼食とは別に軽食も持っていくといいと思います。私は昼ご飯と別におにぎりを持っていきました。片手で食べられる、というのもポイントです!勉強の成果を発揮できるように、当日の環境作りにも気をつけてみて下さい!

最後に、今日は成人の日でしたが、成人式の話は別の人にお任せしたいと思います。
それでは明日も朝早いのでこの辺りでおやすみなさい。

一年 金丸

| 日誌 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年2月 予定表

各位 

お世話になっております。一橋大学柔道部です。
2月の予定をお知らせします。2月2日には、県立浦和高校にて合同稽古を行います。参加予定の方はご注意下さい。
また、16〜22日はオーストラリア合宿となっております。

LINE_P20190114_11242438


今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い申し上げます。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その2

こんにちは、1年生の福沢徹です。

今日は、ご多忙の折に、中田師範、高橋先輩(H28卒)がいらっしゃいました。ありがとうございました。
先週に引き続き、背負い投げの講習をしていただき、崩しの部分で手首の力を抜いて振るように意識して打ち込みに取り込めるようになりました。

ここで、センター試験が近いということで、受験生への応援を綴ります。
自分が受験生のときは、センター試験が一番緊張しました。実際センター試験が最も緊張したという人は、友達にもいっぱいいます。一橋大学は、足切りさえ突破できれば、2次試験で十分取り返せる大学だと思います。そこで、みなさんには周りの受験生は自分より緊張していると思って、落ち着いて取り組んでもらいたいです。
落ち着いて普段の力を出して、センター試験を突破してください!

一年 福沢

| 日誌 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【重要】1月 再度の予定変更のお知らせ

各位

明けましておめでとうございます。
お世話になっております。一橋大学柔道部です。
昨年末に、14日は通常稽古に変更されたことをお知らせしましたが、再び予定が変わり当初の予定通り6時より寒稽古を行うことになりました。度々の変更となってしまい、申し訳ありません。
また、29日は大学の設備の都合上オフとなりました。ご参加予定の方はご注意下さい。

更に、来月2月2日には県立浦和高校への出稽古が予定されています。
IMG_B5C3135D9462-1


昨年の三商大戦優勝から早くも40日あまりが経過しました。新年の幕開けと共に、心機一転、二連覇を目指して精進して参ります。
本年も一橋大学柔道部をよろしくお願い申し上げます。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センター試験直前特集 その1

こんにちは。そして、明けましておめでとうございます。一年生の樋口です。冬休みは実家の福岡と、祖父母のいる宮崎に帰省し、非常に充実した年末年始を過ごすことができました。冬休みが明けたらテスト週間なのですが、日頃真面目に勉強していないのもあり、そのつけが回ってきた分勉強も大変になるものとなるでしょう。部室に来ると、色々な先輩方から誘惑されて、ゲームなりしてしまうと思ったのでなるべく部室には近づかないようにしようと思います。

本日は今年初の稽古となりましたが、中田師範、高橋先輩(H28卒)がいらっしゃいました。年が明けて間もない折に足をお運びいただき、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。年末年始には先述の通り悠々と過ごしておりましたので、少し体力が落ちてしまっていました。改めて気を引き締めてやって行きたいと思います。

さて、再来週から寒稽古なのですが、最近はいよいよ寒さが厳しくなり、通常の稽古のときでさえ寒さゆえに着替えるのが億劫なのに、ましてや寒稽古となるとどうなってしまうのだろう、と密かに恐れています。自分はいままで、これほど早くおきて稽古をしたことなどないので、寝坊をしてしまわないかとても心配です。しかし始発に乗っても物理的に稽古に間に合わない同期が、家に一週間だけ居候するので、皆で早起きを乗り越えたいと思います。

話は変わりますが、あと一週間でセンター試験です。今週は一年生から受験のアドバイスを書きたいと思います。自分も去年の今ごろは、現在の自分はから想像もできないほど猛勉強していました。センター試験はとにかく過去問を解きまくるのが一番よいと思っています。そして、それを丁寧に復習することが知識の定着に繋がります。復習内容をノートにまとめるのも良いかもしれません。受験から一年がたったいま、あのとき頑張っていて本当に良かったと感じています。受験生の皆さんも頑張ってください!

一年 樋口

| 日誌 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |