FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

前期試験を終えて

みなさんこんにちは。
一年の小澤です。

最近は暖かい日が多くなってきましたね。やっと冬の寒さがなくなると思いきや花粉が飛び始めるので、花粉症の私にとっては辛い季節になりそれはそれで億劫ですが…。文句ばかりになってしまいましたね、申し訳ありません。

さて、本日の稽古では主に胴絡みからの絞め技のレパートリーを増やすための研究をしました。胴絡みからどうすれば良いかわからず、膠着状態が続いてしまいがちなので意識的に乱取りで使っていければ良いなと思います。

国公立の二次試験が終わりましたね。受験ネタは他の方々も書かれていますが、私も少し書かせていただきます。前期日程の結果待ちというものを私は恥ずかしながら三回ほど経験してきました。(自分の努力不足が原因ですが。) きっと受験生の皆さんも落ち着かない日々が続いていることと思われます。その上後期日程も控えているので、なかなか旅行など完全にオフに入ることも難しいでしょう。ですが、ここが最後の踏ん張り所です。これで人生の全てが決まるわけではありませんが、大きなターニングポイントになるのは間違いありません。最後の最後まで努力を惜しまずに励んで下さい、応援しております。

次回の稽古から信州大学柔道部の方々との合同練習が始まります。普段とは違う稽古の環境になり新鮮な気持ちで臨むことができるので、お互いに何か成長のきっかけとなれば良いなと思います。信州大学柔道部の皆さん、明後日から三日間よろしくお願いします。

一年 小澤
スポンサーサイト



| 日誌 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受験生の皆さん、お疲れ様でした

こんにちは!そろそろ就職活動を始めなくては……と焦り始めた北村です。

今年の前期入学試験も終了し、受験生活から解放された受験生も多いのではないでしょうか。僕はこの合格発表までの期間はひたすら遊んでいた覚えがあります。私立は全滅していたので一歩間違えれば1年延長だったのにも関わらず、後期試験の勉強は放棄していました笑。我ながらすごい度胸です。当時は2次試験がうまくいったから大丈夫などとぬかしていましたが、今思うと現実逃避なだけでは…。

それはさておき、本日は25・26日と入学試験があったため、2日間のオフを得られた分の水曜稽古です。日頃から筋トレでお世話になっている中田さんが稽古にいらっしゃいました。ありがとうございます。

オーストラリアで日焼け止めを全く塗らなかったせいか、道着が擦れると地味に痛いです。去年の夏のプール練の後も同じようなことを言った気がしますが、奥襟を取らないでください、痛すぎます笑。おそらくこれで普段奥襟を取らない人も取りに来ますね、ブログのネタのために弱みを一つ晒してしまいました。地味にこれで部員が普段からブログを見ているかどうかも分かりますね、一石二鳥なのでは…。

1つ前のブログで椛澤の柔道部との初接触が語られていましたが、新歓をしていて思うのは"高校では何やってたの?-柔道です"というフレーズについてのみ部員は驚異的な聴覚を発揮するということです。いや、なぜか聞こえてくるんですよね。きっと柔道部に入りたいという新入生の魂の叫びが届いているのでしょう。是非合格発表で新歓を受ける際には"柔道です"と正直に答えてください。昨年金丸が20分ほど誤魔化そうとし続けたのは未だに鮮明に覚えています。

最後に三商戦で大活躍だった金丸選手のインタビュー
IMG_3205


三年 北村

| 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【重要】3月 予定変更のお知らせ

各位

いつもお世話になっております。一橋大学柔道部です。
先日公表した予定では稽古日となっておりました3月1日は、オフとさせていただきます。直前のお知らせとなってしまい、誠に申し訳ございません。
ご参加予定の方はご注意ください。

今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い致します。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2次試験が始まりますね

こんにちは、オーストラリア遠征で想像以上の紫外線の強さに皮膚が負け背中の皮が剥けてきている椛澤です。
今日のブログは書くことが色々あり読みづらいと思いますがご容赦ください。

帰国翌日でオーストラリア合宿の余韻も冷めぬ中、土曜日は日本に戻り有備館での練習でした。稽古には中田師範、高橋先輩(H28卒)にお越しいただきました。いつもありがとうございます。
また、稽古後には山本先輩(S54卒)、岡田先輩(S56卒)、村上先輩(S57卒)、船井先輩(S58卒)、高山先輩(S63卒)、中田先輩(H8卒)、丸山先輩(H27卒)に国立までお越しいただき柔友会役員会が行われました。議題は、そう、新歓です。
気づけば2次試験直前となり、我々柔道部も他団体に負けぬよう、本格的に新歓活動の準備を進めているので受験生は安心して受験に臨んでください。

試験直前にこのブログを読んでくれている受験生のために何か受験の㊙︎テクニックなどを伝授したいところですが、私が受験したのはすでに3年前のことなので受験の記憶がだいぶ薄れてしまっています。当たり前すぎて参考にならないかもしれませんが、私からのアドバイスは
・終えた科目のことは試験が全て終わるまで振り返らない!
・最後までやりきる!

の2つです。
一橋の試験は2日に渡って行われます。初日の出来を2日目にズルズルひきずってしまうことは最悪です。初日うまくいってもそうでなくても一旦リセットして2日目に臨みましょう。
休み時間に友達と意気揚々と答え合わせをする輩もいますが無視しましょう。そこで一喜一憂することになんのメリットもありません。
また、難しい問題が出てきても焦る必要はありません。周りも同じことを考えています。制限時間いっぱい粘ることができればきっと結果はついてくるはずです!

合格発表当日、自分の受験番号をネットで見つけた時の喜びは今もなおはっきりと覚えています。嬉しさのあまり群馬から一橋まで自分の受験番号を写真に撮りにも行きました。一橋では様々な団体に囲まれました。
「高校では何やっていたの?」ーーー「柔道です。」その瞬間背後に道着を着た人の気配をはっきり感じました。
そして今に至ります。笑
入部までの詳細は機会があったら書きます。

話が逸れてしまいました。
私からのアドバイスが少しでも受験生の参考になったら幸いです。

春、受験生の皆さんと会えることを心待ちにしています!頑張ってください!!!

あとはこのブログを2次試験までに近藤があげてくれることを祈るばかりです。


最後に、西キャンパスで梅の花が咲いていたので
S__31408161



四年 椛澤

| 日誌 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿最終日!

こんにちは。二年の越石です。長いように思われたオーストラリア合宿も今日で最終日です。AISでの稽古やカウラ観光なども終わり、半日完全に自由観光ができるということで皆各々行きたいところに行ってきました!

大まかに分けると動物園に行く組とビーチに行く組に分かれていました。オーストラリアに来ればやはりコアラだろうということで動物園に行く部員も多かったですが、自分は初日のビーチに深く感動したのでフェリーでマンリービーチというところまで行きました。
日本ではあまりフェリーに乗る経験はできないので、楽しみにして乗ったら期待以上に素晴らしかったです!
天気は少し曇っていましたが、海の香りや目の前に広がる広大できれいな景色に夢中になり、30分くらいのフェリーの運行がとても短く感じました。

190223_0383
自撮りはあまりうまくいきません(汗)

ビーチに着くと少し雨が降ってきてしまったのですが、ビーチまでの道は商店街のようになっており色々な店を見て回ることができ退屈することはありませんでした。
初日にボンダイビーチに行った時も思いましたが、オーストラリアでビーチに来ている人はガタイが良く自分も筋トレを頑張ってこんな風になりたいなと思わせてくれる人が多かったですね!

一通りビーチを楽しんだ後、合流した先輩たちとインスタ映えしそうなジェラートを食べました。柔道部員はインスタと無縁な人が多いのでインスタ映えしてもあまり意味はありませんが…。ジェラートはとても美味しかったです!

190223_0274



帰りはオペラハウスによることもでき、いい1日を過ごせました!シドニーの魅力をたくさん知ることができましたが、時間の関係上動物園に
行くことはできなかったのでまた来た時に行きたいですね。

190223_0370
有名なハーバーブリッジの前にて

行く前は少し長いと思われたオーストラリア合宿ですが、終わってみるとあっという間でとても濃密な時間を過ごすことができました。
これは今日の出来事ではないですが、カウラに泊まった時に通称"説教部屋"によばれ、先輩方から部活での心持ちなどについてアドバイスを受けたので帰国後はそのアドバイスを意識しながら、いつも多大な支援をしてくださるOBの先輩方に試合での活躍という形で恩返しができるように部活動に励みたいと思います!

二年 越石

| 日誌 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空と海と大地とバスの中

こんにちは!

ついに、オーストラリア合宿も4日目を迎えました。昨夜はカウラのモーテルで各々楽しい夜を過ごしたことと思います。あのどんちゃん騒ぎしていた部屋の人は無事に起きて来られるのでしょうか?

今日は移動がメインなのであまり自由行動はありません。計算したら移動だけで6時間もかかっていることがわかりました!オーストラリアの広さを感じます。

最初に向かったのはブルーマウンテンズでした。ブルーマウンテンズは世界遺産に登録されている国立公園で、切り立った崖や大自然を堪能することができる場所です。しかし、今日は生憎、濃霧に覆われていたため、昼食を食べ、早々に退散しました。今度は是非晴れている時に行ってみたいものです。

IMG_4616
まさに五里霧中のブルーマウンテンズ

その後一同はシドニーのホテルに向かい、夕食まで自由行動となりました。各自思い思いに楽しんだことと思います。私は同期と一緒に、多数決で進む道を決めるという無謀な企画をしたため、目的地であるオペラハウスに着くことなく終えてしまいました。

190222_0194


最後はさくら亭という和食料理屋で、オーストラリア如水会の皆様と会食をさせていただきました。ありがとうございました。オーストラリアで活躍されている諸先輩方から貴重なお話を伺うことができ、大変良い経験となりました。やはり、1つの部活が総出で海外遠征をするというのは珍しいらしく、大変驚かれていました。これも、物心両面で支援してくださっているOBの皆様のおかげなのだと、改めて感じました。

190222_0336


190222_0261


その後は各々夜の街に繰り出して行きました。さくら亭を出た時点でフラフラしていた某先輩を無事にホテルまで送り届けるという最後のミッションを終え、私も遊びに行きました。

明日帰国すると思うと名残惜しいことこの上ありません。最初は長いと思ったこの遠征も、いよいよ明日帰国です。思い残すことのないよう、シドニーを堪能できるといいですね!

三年 板橋

| 日誌 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゃあ、カウラっていうのは...

こんにちは。一年の清藤です。合宿は早くも折り返し地点を過ぎました。部員一同、オーストラリアの地で充実した日々を過ごしています。

3日目の本日、午前中はAISにおける最後の稽古に参加しました。立ち技乱取りが中心のメニューでしたが、昨日のブログで諏訪部が取り上げなかった点について少し記そうと思います。

第一に、稽古のシステムが日本のものとは少し異なります。投げ込みや普通の打ち込みはせず、さらに、稽古毎にメニューが変わります。また、乱取りは握手に始まり握手に終わります

第二に、段位の考え方が特徴的です。例えば日本において有段者が無段者に負けるのは(良くも悪くも)一種の“恥”と考えられることが多いです。言い換えれば、「段位=実力」とみなされがちです。一方オーストラリアでは帯の色に関係なくポイントの取り合いが行われていました。考え方の違い一つで、稽古の成果に差が生まれるかもしれませんね。

AISでの稽古は、相手がナショナルチームなだけあって非常にハードなものでした。しかし、技術、体力面など、新たな知識を身をもって知ることができたことは非常に幸いでした。

190222_0105


稽古を終えると昼食後、カウラへ移動しました。疲れもあり、少々の観光ののち一同はすぐに食事へ向かいました。メニューは皆楽しみにしていたBBQ!やはりオーストラリアのお肉は美味しかったです。稽古からの解放感もあってか、夕食後も夜まで皆で談笑しました。

190222_0154


190222_0178


さて明日からは観光メインの日程になります。一つでも多くの思い出を持ち帰ることができるよう、AIS同様全力で楽しもうと思います!

一年 清藤

| 日誌 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稽古スタート!

昨日に続きましてAISよりこんにちは。一年の諏訪部です。今日はオーストラリア合宿2日目、ついにオーストラリアチームとの合同練習が始まりました。試合と試合の間の週とのことで朝稽古は行われず、午前と午後の稽古でした。稽古が行われたAIS Combat Centre は試合場を実に4面分有する広さで、我々はまずその広さに驚きました。

190219_0113


10時より始まった午前の稽古では、まず時間を30秒に区切ってさまざまなメニューをこなすサーキットトレーニングが行われました。1回のセットで全身の筋肉を使うため、真夏の暑さもあいまってなかなかに辛く、これを3セット終えた時点で既に息が上がって汗が畳にぼたぼたと垂れるほどになってしまいました。ちょっとキツめのウォーミングアップを終えたあとはこれまた時間を短く区切っての組手乱取りが行われ、その後に立技乱取り→寝技乱取り→短めの立技乱取りと続き、最後に技の講習をして終わりとなりました。
昼食を食べ、少し休息をとったのちに16時より始まった午後の稽古は、午前とは異なり乱取りよりもさまざまなドリルが中心となったメニューで、横ステップや四足歩行ダッシュ、左右両方で交互に行う打ち込みやスピード打ち込み、技の連絡の稽古など多種多様なメニューが行われました。自分が特に面白いなと思ったのは左右両方の打ち込みで、やはり日本のオーソドックスな稽古とは異なるポイントのひとつであるといえます。その後は変則技や最新の国際ルールに合わせた組手の講習を挟み、立技乱取りをしてから寝技の亀、かけ潰れなどさまざまな状況を設定しての乱取りが行われ、クールダウンをして終わりました。

全体を通して感じたことは、予想通り総じてみんな体の力が強く、それを生かした技を持っているということです。こちらの技に合わせて裏投や小外掛け、肩車などに入ってくる選手が多く、あまり慣れない動きは新鮮でした。学ぶものが多かったです。ときおり全身で引っこ抜くようにして投げるパワフルな背負い投げもちらほらと見られ、パワーの大切さに改めて気づきました。また組み手や技の高い技術を持つ選手も多く、よくありがちな「外国人のJUDO」という固定観念は時代錯誤だなと感じました。
まだまだ発見したことを書きたいのですが、明日も稽古があるので明日のブログ担当の人にそこは任せてしまおうと思います。よろしくお願いします。

さて、夕飯を食べたあと、水着に着替えて“Hydro Therapy”をしました。これは日本では限られたトップアスリートのみが取り入れているもので、冷たい風呂と熱い風呂に交互に入ることで筋肉の疲労をとるというものだそうです。水風呂が本当に冷たくてなかなか忘れられない経験になりそうですが、終わった今は心なしか全身が軽い気がするので、明日の朝起きたときが楽しみです。食堂でのご飯中に足や小指や腹斜筋が攣ってしまって苦しんでいた樋口もこれで無事回復することを祈っています。一橋大柔道部でもこれを取り入れるかと椛澤主将が話していたのですが、果たして可能なのでしょうか…?

190219_0118


ところで、AISには現在練習しているメンバーが全員宿泊しているため、食堂や洗濯スペースなど道場外で選手に会うことも多く、ちょっとしたコミュニケーションを取るのも楽しみのひとつです。なかなかできない貴重な経験をしているんだということをこの合宿中は忘れないようにし、充実した体験にしたいと思っています。まずは明日の稽古を精一杯頑張ります!それではこのあたりで失礼します。

一年 諏訪部

| 日誌 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤道を越えて

南半球からこんにちは、非常に楽しみにしていたオーストラリア合宿が遂に開幕し、顔に似合わず気分の浮かれている近藤です。南半球からブログをお送りするのは、どうやら当ブログ史上初になりそうです。(以前のシンガポール合宿の際は合宿の最中にはブログの更新がなかったようなので)

日本時間2月16日19:30に集合した我々は、抑えきれぬ興奮を隠そうともせずに各自搭乗手続きを終え、無事現地時間10時頃にシドニーに到着いたしました。
オーストラリアは夏ですから当然ですが、寒い日本から突然やってくると、やはりその暑さに驚きます。一同紫外線対策もしっかり心がけたいと思います。

190217_0029
空港到着時の様子

空港に到着すると、バスで移動し、各々昼食を摂ってからBondi Beachに向かいました。Bondiとは、アボリジニの言葉で「岩を越える破水の音」を意味しているようで、オーストラリア国内のみならず、世界的にも有名なビーチです。残念なことに、今日はそれほど時間がなかったので泳ぐことはできませんでしたが、是非もう一度訪れてみたいと思います。

190217_0025


ビーチで南国の風に癒されたあとは、再びバスに揺られてキャンベラまで300kmの道を辿ります。途中にあちこち牧場が点在しており、その規模の大きさには驚かされるばかりです。流石、日本の20倍の国土面積を誇るだけのことはありますね。
そして遂に、18時ごろに本日の最終目的地、Australian Institute of Sport(以下AIS)に到着しました。
AISは、オーストラリアのトップアスリートを養成するための国家機関で、数々のスター選手を輩出してきました。ここで旅行気分に浮かれていた我々は思い出しました。そうです、我々はオーストラリアに国際交流と柔道をするためにやってきたのです。
稽古相手はオーストラリアのナショナルチームの選手とあって、かなりの実力と思われますが、短い稽古時間を無駄にしないようにマイッタなしの精神で精進したいと思います。

二年 近藤

| 日誌 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年3月 予定表

各位

お世話になっております。一橋大学柔道部です。
以下、3月の予定表となります。
3月は、前期合格者発表が行われる8日以降新歓期に入るため、予定が流動的になることが予想されます。ご来場の際は、今一度最新の予定をご確認いただきますようお願いいたします。

IMG_4519


今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い申し上げます。

一橋大学柔道部

| スケジュール | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Febrero

皆様いかがお過ごしでしょうか。中高6年間を男子校で過ごし、今なお男子率100%の部活で活動している2年の中島です。

 本日の稽古には東京学芸大学柔道部の皆さんにお越し頂きました。参加人数が多く、限られた本数の中での稽古になりましたが、普段組まない相手との乱取は良い刺激となりました。特に試合等が無く、体作りがメインとなるこの時期はどうしても稽古が単調になりがちです。同じ時間、同じ場所、同じ相手とだけやるのではなく、日々の練習に変化を持たせることはモチベーションの維持やケガの防止にもつながります。これからもたびたび稽古をご一緒できれば幸いです。

 さて、2月も中頃になって参りましたが、この時期はどうにも存在感が少ないように感じます。ただでさえ短い2月ですが、主要なイベントが節分ぐらいというのはいかがなものでしょうか。祝日がなく気候もぐずつく6月に比べればまだマシかもしれませんが、それにしても地味だと感じます。やることが豆まきと恵方巻きを食べることくらいというのは寂しくないでしょうか。我が家では当然のようにこのイベントはスルーされました。
 他に面白いイベントはないものかと調べてみましたが、本日2月15日の涅槃会くらいしか見当たりませんでした。不勉強な物で、どのようなお祝いなのか、何をするのか正直さっぱり分かりません。また、来週の2月22日は語呂合わせから猫の日らしいですが、これも正直イベントと呼ぶにはパンチが足りないように思います。

 正月の祝賀ムードがしばらく続く1月や、卒業式や入学式など様々な別れと出会いに彩られる3~4月に挟まれ、非常に肩身が狭い今月ですが、唯一良い点と思われるのは受験生への誘惑が少なく、勉強に集中しやすいというところでしょうか。基本的に2月初旬が中学入試、中旬に高校入試、中~下旬が大学入試と受験のオンパレードであるこの時期には、むしろこのくらい地味にして世間も静かに受験生を応援しようという心使いが働くのかもしれません。受験日程を思い返してみると、大学受験は2~3日おきに一校、中学受験に至っては3日や4日連続試験というスケジュールでした。短期間の連戦という物はそれだけで心も体も疲弊します。受験生が脇目も振らず、精神的な揺らぎを起こさずに済むようにするためには、周りが静かに温かく見守ってあげることは非常に重要だと考えます。
 柔道をやっていてつくづく思うのですが、戦いの進め方も結果も、戦う本人が全て自分で決めて責任を持つ事であって、一度戦いが始まれば周りに出来ることは応援くらいしかありません。それでも、見守られることが力になるのは確かです。不安に思うことも多いかもしれませんが、一番不安なのは戦う本人です。優しく見守って、応援しましょう。

 ここまで読んで違和感を覚えた方もいらっしゃるかもしれませんが、きっとそれは気のせいです。ところで昨日、普段小遣いなどをくれない母が僕にカカオで出来たお菓子をくれました。あれはいったいどんな意味があったのでしょう。

二年 中島

| 日誌 | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怪我をしても

小沢杯の熱狂も去り、今日はまたいつも通りの稽古です。

今日の稽古では、研究の時間に出る質問や意見がいつもより多かったと思います。
個人個人が自らの技術に関する質問をするだけでなく、怪我をして稽古に出れない者からも、稽古全体を見ての意見が出ていたのはとてもよかったと思います。

自分も怪我をして長く稽古に出れない時期がありましたが、その時期は他人の乱取りを見たり、技術書や動画を見たりすることで、知識が特に増えた時期であるとも今は思っています。
今怪我をしている人には焦らず怪我を治して戻ってきて欲しいと思います。

明後日にはオーストラリア合宿が控えていますが、明日はまだ学芸大の方々を招いて、有備館での稽古があります。合宿前最後の稽古、気を抜かずに頑張りましょう。

三年 河邉

| 日誌 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白熱の小沢杯

お世話になっております。二年の山岸です。最近は雪が降るような寒い日もありましたが、心地よい春の兆しが感じられる日も出てきました。寒い中の稽古は辛いので早く春になってほしいです。

本日は通常の稽古を返上して小沢杯が行われました。私は二年生なので最後の小沢杯になります。気合いを入れて臨んだ初戦ですが、一年の諏訪部に負けてしまいました。延長戦にもつれ込み、なんとか勝ちをつかみとりたい一心で不用意に入った内股をすかされました。とても悔しいので今後は毎日乱取りで諏訪部にあたりに行こうと思います。そしてそのままの勢いで勝ち上がった諏訪部ですが、決勝戦で小沢に敗れてしまいました。小沢杯という名前だけあってきっと小沢は並々ならぬ気合いを秘めていたのだと思います。先日から巻いている黒帯にも箔がつきました。

話は変わりますが、今週末から待ちに待った海外合宿が始まります。私は過去二回海外に行ったことがあるのですが、実はその二回ともオーストラリアで、今回は三回目のオーストラリアになります。何か運命のようなものを感じますが、オーストラリアはとてもいい国なので何度でも行きたいです。個人的には飛行機に揺られながら映画を観ることと現地でフェリーに乗って綺麗な海を見るのがとても楽しみです。そんなことばかり考えていると柔道のことを忘れがちですが、現地のナショナルチームと稽古するということなので、怪我には気をつけてしっかり稽古に励みます。

また、私ごとですが先日昇段審査を受けに行きました。形の稽古が不十分であわや落とされるかと思いましたが、無事弍段に昇段することができました。写真は帰りに一緒に昇段審査を受けた部員が綺麗に横一列で並んで歩いていたので撮った写真です。キムタク主演の某検事ドラマのオープニングを彷彿とさせますね。
image1


二年 山岸

| 日誌 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小沢杯の開催について

各位

いつもお世話になっております。一橋大学柔道部です。
明日、2月12日は小沢杯を開催することとなりました。
したがって、通常の稽古は行いません。ご参加予定の方はご注意ください。

今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い申し上げます。

| おしらせ | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒帯初練習

こんにちは、一年の福沢徹です。

本日は非常に寒い中、寺田先輩(H23卒)、板羽先輩(H27卒)、高橋先輩(H28卒)、そしてトレーニングでお世話になっている中田さんが稽古にいらっしゃいました。ありがとうございました。板羽先輩には、正体から相手を亀にする特殊な技を教えていただきました。難しいですが、カッコいいのでやってみたいです。

個人的に、今日は僕と小澤にとって初の黒帯を巻いての稽古になりました。箱から出した黒帯はとても硬くて、これがふにゃふにゃになるまで稽古をしている先輩方は改めてすごいなと感じました。

黒帯を巻けるようになったことはとても嬉しいことなのですが、大きな懸念もあります。それは、僕を全く知らない人にとっては、同じ黒帯を巻く以上、あくまで初見では上級生の方々と同レベルに見られる可能性があることです(体格、帯の綺麗さで判別可能だと思いますが)。

当面この懸念が現実のものとなる可能性があるのはオーストラリア合宿です。とても楽しみですが、恐ろしさもあります。

この問題に打ち勝つためには、自分が強くなるしかありません。初段を取得してもうすぐ2年生になるものとして、これからも頑張ります。

追記
先日、何故か近所の子供達が部室前でたむろしていたので、ついでに新歓しておきました。彼らの輝かしい未来に期待です。
IMG_557BBD1E084B-1


一年 福沢

| 日誌 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高校生と米軍と社会人

皆さんこんにちは。
一橋大学柔道部の鈴木です。

本日は雪がちらつく中、中田先生とOBの山口先輩(S58年卒)、森先輩(H12卒)、高橋先輩(H28年卒)がいらっしゃいました。またタイトルにあるように、私の母校である立川高校の柔道部と横須賀の米軍基地の方が稽古に参加しました。皆様お足元の悪いところ有備館に足を運んでいただきありがとうございました。これだけ多様な肩書きの方たちが一様に会するのも有備館の良いところですね。

たくさんの方が参加された本日の稽古は、したがって非常に活気のあるものとなりました。国籍の違いも年齢の差も、一度乱取りが始まってしまえば関係ありません。畳の上ではお互いに対等、ただ肉体言語で語り合うのみです。こうした交流が出来るのも大学で柔道を続ける醍醐味なのではないでしょうか。

稽古後は数名の部員が立川高校の柔道部員と共にご飯に行きました。また森先輩には三年生がご飯をご馳走になり、就活の相談に乗っていただきました。ありがとうございました。

一橋大学柔道部は広く開かれた部です。OB、高校生はもちろん、大人から子供まで有備館で柔道をしたい全ての人に開かれています。我々と一緒に汗を流したいそこのあなた!是非有備館を訪れてください。我々はいつでも歓迎しますよ!

四年 鈴木

| 日誌 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ越えたのか、そこに塀があったから。

皆さんこんにちは、一年の金丸です。

さて本日は練習後、来週末から始まるオーストラリア合宿に関してお世話になっている、旅行代理店の方がいらっしゃいました。旅券の受け渡しや現地での注意などをして頂き、海外経験の浅い者が多い我々にとって、ありがたい限りです。
このようにOBの皆様を中心とした多くの方々に支えられていることを肌身に感じつつ、オーストラリアを楽しんで参りたいと思います。
私はといえば、やや早いですがパッキングを始めてしまいました。両親以外とは初の海外に胸を弾ませております。コアラは是非とも触れ合ってみたいですね!

ただ、オーストラリアのことばかりを考えているわけにもいきません。今週末には昇段審査も控えているのです。初心者勢が遂に黒帯に!果たしてなれるのでしょうか?今年の一年生は基本的にアホマイペースなので、私はとても心配です。
今年は初段のみならず、弐段、参段の審査を受ける者もおり、練習後は皆がそれぞれ形の練習をしています。形の動きは独特なので少し戸惑っているようでしたが、動画を見ながら頑張っていました。結果に結びつくことを期待しています。
くれぐれも塀だけは越えないように。

さぁ明日は積雪があるそうです。毎週土曜日は9時からラントレがあるのですが明日は雪の中を走るのでしょうか?まさかね、まさか走るなんて言わないと信じています。コイントスとか勘弁してください。
皆さんも風邪に気をつけてお過ごし下さい。それでは、この辺りで失礼します。

一年 金丸

| 日誌 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

継続は力なり

こんにちは。一年生の樋口です。昨日は少し暖かかったので、少しずつ春に向かっていくのかと思いきや、今日はとても寒く、やはりまだまだ冬なんだと感じさせられました。暑いなかの稽古と寒いなかの稽古はどちらがマシかと聞かれれば、真夏の地獄を経験した身としては寒い方がいくらかマシなのですが、やはりはやく暖かくなって欲しいものです。


 最近、立ち技で、足技からの技の繋ぎを意識して練習しているのですが、全くうまくいく感触もつかめず、もどかしい思いをしています。しかし、継続は力なりという言葉が表しているように、続けていくことで上達があると信じて、これからも頑張りたいと思っています。
 さて、もう少しで二次試験ですね。受験生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。もちろん死ぬ気で勉強していると思いますが、自分も一年前に受験を経験したので、いくらかアドバイスをしたいと思います。二次試験が近づいてくると焦りが生まれ、いつも通りの勉強が出来なくなることもあると思います。しかし、受験においては日常性の維持がとても大事になってきます。焦っているのは周りも一緒なので、自分の勉強を信じてやっていくしかないと思います。
それではこの辺で失礼いたします。

一年 樋口

| 日誌 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京駅デビュー

こんにちは!3年の北村です。

昨日の暖かさはどこへ行ったのやら、本日の練習は凍えるような寒さの中での練習となりました。その一方で1週間後に控えているオーストラリア合宿ですが、現地気温が40度近くあるんだとか。酷暑と言われた去年の日本の夏と同程度の暑さです。柔道の練習をする際に暑さで吐き気を催している自分の姿が容易にに想像できます...。

本日の練習後、自分を含め就活を控えている3年生は三菱商事のOB訪問に行って参りました!
IMG_3177


野瀬先輩(H18卒)、板羽先輩(H27卒)にお招きいただき、就職相談をしていただきました。就職活動についてあまり考えていなかった自分達にとっては、就活についてしっかりと考える良い機会となりました。オーストラリアに行っている場合なのだろうかと少し不安になりましたが(笑)、その分早めに行動しようかと思います。

その後、西銀座にある雛鮨にてお寿司をご馳走になりました。5年程前のブログで三菱商事にOB訪問し雛鮨でお寿司を食べたという内容のものがあるのですが、その記事を見た際に、一回行ってみたいという話を同期としていたのですが、それが今回実現しとても興奮しました。先輩方、本当にご馳走様でした!

最後に、受験生向けの内容を書くようにブログ係の近藤から言われているので、少しだけ書こうと思います。センター試験の結果が悪く、かなり不安な受験生もいるかと思います。自分もセンターは8割をきっており、配点の高い理科基礎は完敗、結果として二次試験ではかなり部の悪い勝負を挑むこととなりました。しかし、点数開示をしてみたところ、かなりの余裕を持って合格していました。センター試験での大失敗も数学などの大問一つで十分補うことは可能です。失敗はあまり引きずらず、その分を取り返せるように残りの期間を頑張るのが合格への最短ルートだと思います。ガンバレ受験生!

三年 北村

| 日誌 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Variety is the spice of life


皆様こんにちは。
先日年越し稽古があったかと思えばもう1月も終わり、2月になってしまいました。
本日2月4日は立春だそうです。立春というにふさわしい、あたたかな中で練習が行われました。
寒暖差が激しいと体調を崩しやすいというのは一般に知られている話ですが、実は精神面でも影響があるそうです。自律神経の乱れによる負担が原因だと言われています。
先日自分の同期が書いたブログには体調管理における睡眠の重要性が書かれていましたが、今回は別のことを書いてみたいと思います。

睡眠時間を削って何かするのは賢い選択とは言えません。それを踏まえたうえでの気分転換というテーマです。

自分個人の方法は順番や配分を変えてみるということです。
例えば、自分は、柔道部の稽古でいえば打ち込みの技の順番を変えてみるなどしています。
思えば、受験生のときも同じようなことをやっておりました。やる科目の時間配分を変えてみる、順番を変えてみる、同じ科目でも別単元をやってみる、などしていた覚えがあります。
自分で書いていて思います。月並みだと。
しかし、大切なのは日常の中にごく小さな変化や「色」を見出すことだと思っております。
ただ漫然と過ごすことがなく日々精進できる機会を与えられているのはとても幸せなことと感じます。与えられた時間が平等に過ぎていくのは受験生の皆さんを含め、このブログを読んでいらっしゃる方々全てに言えることです。このブログが読者の皆様に何かしらの意義があることを祈りまして、今回は終わらせていただきたいと思います。

2年 寺内

| 日誌 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

県立浦和高校 出稽古

こんにちは!
久しぶりのブログに書きかたを忘れてしまいそうです笑

今日は、埼玉県の県立浦和高校に出稽古に伺いました。引き受けてくださった浦和高校の皆様、一緒に稽古してくださった八潮高校、川口工業高校の皆様、ありがとうございました。中田師範もお越しくださいました、ありがとうございます。

浦和高校は何を隠そう、私板橋の出身高校でして、毎年有備館杯にも参加してくださっている高校です。先月の浦和高校柔道部の新年会の時に合同稽古のお話をさせていただき、この度実現の運びとなりました。

浦和高校の道場は有備館よりも広く、ヒーターもあるので快適な環境で練習することができました。高校生は積極的に大学生にあたりに来てくれて、また、高校生同士も気合の入った乱取りをしていて、とても刺激を受けました。特に浦和高校は寝技も精力的に取り組んでいて、我々一橋大学にも通じるところがあるなと思いました。今日一緒に練習した選手の中から未来の一橋大学柔道部員が生まれることを切に願っております。その頃には私は卒業してしまうのですが…笑。

例年この時期は各地の進学校に出稽古に行かせていただいております。こうした活動を通じて一橋大学柔道部の魅力をもっと発信して行けたらと思います。特に現部員の出身高校に行くのはとても良いと思います。もちろんそこ出身の部員は、OBとして高校の後輩との関わりを維持することもできますし、それ以外の部員は様々な刺激を受けることができると思います。

最後になりますが、浦和高校の吉井先生をはじめ、今回の合同稽古にあたり準備してくださった皆様、ありがとうございました。今後とも一橋大学柔道部を宜しくお願い致します。

三年 板橋

| 日誌 | 21:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝技の強化に向けて

こんにちは。今年はインフルエンザが大流行しているので、皆さま特に受験生の方はお気をつけください。自分は2週間ほど前にインフルと気管支炎を併発し、体調管理の大切さを再確認させられました。

さて、今日の稽古はいつもと趣向を変え、普通の寝技乱取りをやった後に亀取りをし、そのあと立ち技からの移行で寝技乱取りをしました。亀取り乱取りは七帝合宿の時にやったことがあるのですが、時間内に亀の相手を取りきる力をつけたり逆に亀を固くする力がつくのでたまにはこういう練習もいいものだなと思いました。三商は立ち技も寝技も両方やるのでずっとこういうメニューというわけにはいかないですが、寝技の重視を掲げる一橋としてこういう練習をして寝技の強化に励むのは重要なのかなと思いました。

話は変わりますが、先日有備館杯係の引き継ぎで馬場先輩にご飯をご馳走になりました。とても美味しかったです。そして、有備館杯は高校生に一橋大学柔道部の存在とその良さを知らせるいい機会なので先生方、諸先輩方のお力も借りながら今年も有備館杯を成功させ、引き継いだ仕事をしっかりこなしていかないとなと強く感じました。

二年 越石

| 日誌 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |