FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

部員の日常ブログその13

COVID-19に宇宙船地球号が翻弄される中、皆様如何お過ごしでしょうか。いつの間にやら4年生になっていた近藤です。人は共通の敵が現れた時にこそ真の団結力を発揮すると言われるものですが、現実はそうでもありません。乗組員としては自らの生活を守るだけで精一杯です。

さて、越石も言っていた通り、俗に言う「21年卒」である我々の世代の就活は前代未聞の様相を呈しています。色々と戸惑うこともありますが、メリットもあります。やはりオンライン面接はなんといっても交通費がかからないのが魅力です。さらに、面接の際に、面接官の顔を写した映像の横に自分の書いたESや想定問答を表示させておくことができるため、演説等で使われるプロンプターさながらに目線を逸らさずに喋ることができます。おそらく企業の方々にとってもそれなりのメリットがあるはずなので、来年以降も「一次面接や二次面接は全員オンライン」などの措置をとる企業もかなり増えるのではないでしょうか。いずれにせよ私の心境としましては「取り敢えず内定よこせ」ということに尽きるのですが……。

つらつらと就活の話を書いてしまいましたが、できる範囲でのトレーニングも行っており、私の場合は元々の趣味である自転車を利用しています。極力人のいない道を50km程度走り、人のいない場所で休憩をとって帰ってきます。ヘルメット+サングラス+マスクという格好で走っているためか、やたらと犬に吠えられます。筋トレは自宅でもできますが、心肺機能を鍛えるためにはこのような方法が効果的ですね。(ランニングは膝がご臨終しそうなので控えています。)

また新入生の皆様におかれましては、(STAY HOME週間のあまりの暇さに耐えきれずこのブログを読んでいる新入生が多くいることを切に願います)折角大学に入ったにも関わらず未だ授業も始まらない状況に悶々としていることかと思いますが、「柔道部という空間が存在する」ということだけでも気に留めていただければ幸いです。

430


四年 近藤
スポンサーサイト



| 日誌 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその12

こんにちは。四年生の越石です。
部員の日常ブログということですが、あまり書くネタがないので四年生らしく就職活動の事でも書こうかなと思います。

自分たちの代の就職活動はコロナウイルスの影響で例年とは異なる方法で行われているので、就活体験記のようなものを読んでもあまり参考にならず、手探りの状態で始めることになりました。学内説明会や各種セミナーなどが中止になっていく中でインターンなども参加していなかった自分は業界や企業理解に不安を持っていたのですが、いろいろな企業がウェブでの座談会や説明会、面談での逆質問の時間などを活用して企業理解を深める機会を用意してくれ、ウェブ形式だと時間や場所の制約が少ないので逆に便利だったかなとさえ思っています。自分は割と都心に近い方に住んでいるので移動の負担はあまりないですが、住んでいる地域によっては移動が大変なこともあるのでそういった意味では比較的自由に視聴できるウェブ形式と言うのは良いのではないかと思います。一方で、やはり直接会ってわかる相手の雰囲気などもあると思うので来年からはどちらも併用してやっていくのがいいんじゃないかと個人的には思います。 

面接にあたっては、自己PR苦手だなと思っていたのですが、大学から柔道を始めたと言う話は結構興味を持って聞いていただくので、もちろん就活のためにやっているわけではないですが一年生の時に新しいことに挑戦すると決意して良かったなと感じます。
今の一年生は新歓を十分に受けることができないと思いますが、各団体もSNSなどを活用して情報発信しているので4年間打ち込めるものを見つけて欲しいと思います。また、個人的には初心者の人も入ってきて欲しいので柔道部は敷居が高いと感じるかもしれませんが、高校で運動していなかった部員もいるので気軽に連絡いただければと思います。

とりあえず今の時期は就職活動に集中して部活動が再開された時期に憂いなく柔道に打ち込めるように励んでいきます。

ものすごい個人的な近況報告みたいで面白味のないブログになってしまいましたが、ご容赦ください。

四年 越石

| 日誌 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその11

こんにちは、新三年生の福沢徹です。みなさま、コロナの自粛期間どのようにお過ごしでしょうか。私は最近知り合いのところで外仕事のバイトを紹介してもらい頑張っています。飲食店などが臨時休業する中で、働かせていただきとてもありがたいことですし、さらに、重い丸太を運んだりする力仕事なので筋トレにもなるという素晴らしい仕事です。作業着は全く似合っていませんが、コロナ期間での良い経験としてとても楽しんでいます。
とはいえ暇な時間も多く、運動はランニングと国立公園での懸垂を繰り返していたのですが、最近なんと高鉄棒も下の写真のように使用禁止になってしまったためいよいよ困っています。これからは家にあるダンベル(下写真)で工夫して少しでも衰えないように頑張りたいです。また、一度だけ本当に暇を極めていた時に、母親に柔道着を着させて打ち込みをしました。母には痛いからやめてくれと言われたのでもうできませんが、打ち込みはやりたいのでどなたか受け役のボランティアを募集しています。
自粛期間に終わりが見えない中でもみなさんできることをやって団結してコロナに打ち勝てるよう頑張りましょう。それでは、失礼いたします。

427


427-2


三年 福沢

| 日誌 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその10

こんにちは。三年生の樋口です。コロナで自粛ムードの中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。自分も買い物の時以外はなるべく家に籠るようにしていますが、そろそろ自粛疲れも出てきました。ただ、ここで外に出てしまっては意味がないので、もう一度自分を律してやるべきことをやるように気を引き締めたいと思います。

さて、ブログを書くといっても代わり映えのない毎日を過ごしているので、正直書くことがありません。必死にネタを探したのですがなかなかいいのが無いので、新歓期ということもあり、僕が柔道部に入ったきっかけでも紹介させて頂こうかと思います。
最初に、僕は大学で柔道部に入る気などさらさら有りませんでした。というのも小学生の頃からアルトサックスの音楽教室に通って習っており、大学では音楽をする予定だったからです。その証拠に引っ越しの際サックスは東京に持ってきましたが、柔道着は福岡に置いてきておりました。
当時、僕は第二外国語について迷っており、三つ上の兄に一橋の先輩を紹介してもらおうと連絡を取ったところ、兄が声をかけたのが今年卒業された馬場先輩でした。そして、馬場先輩と兄を通して僕が法学部ということもあり、同じく法学部の板橋先輩と連絡先を交換させて頂きました。こうして知らず知らずのうちに僕は柔道部と繋がりを持っていました。
板橋先輩から入学前にご飯に誘っていただき、とても嬉しかったのを今でも覚えています。そのご飯には板橋先輩と椛澤先輩がいらっしゃったのですが、大学の事を丁寧に教えてくださり柔道部アリかもな、と帰宅途中に思ったことを記憶しています。
その後、男子校の自分にとっては凄まじく居心地の良い柔道部に入り浸るようになり、入部に至りました。

最後に、新入生に向けて一言。本当に柔道部の良さは雰囲気にあると思うので、コロナが落ち着いたらとりあえず部室に遊びに来てほしいです。その後、ご飯でも行きましょう!勿論おごります!!
長々と駄文を続けましたがそろそろ終わりにしたいと思います。それでは失礼します。

三年 樋口

| 日誌 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその9(役職紹介)

こんにちは。三年の諏訪部です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?私は体重が増え、体が明らかに重くなりました。66kg級だった高校生のときに比べ、ランニングや懸垂がかなり辛いです。

先日、柔道サイトeJudoにてこの記事を読み、色々と思うところがありました。みなさんもお時間がありましたらぜひ読んでいただきたいのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況と柔道というスポーツ/武道がいかにあるべきか、ということを考えると、やはり今は耐えるときです。道着を着ず、人にも会わず、力を蓄えるべきなのでしょう。ただし、頭では分かっていても、やはり稽古をしたいですし、何よりも、新入生に会いたい!そう思ってしまいます。また、様々な試合・大会の中止の情報が耳に入るたび、不安な気持ちになります。三商戦はどうなるのでしょうか…
ただ、いくら不安になっていてもウイルスが収束するまでは間違いなく柔道はできず、収束如何は完全に自分のコントロール外にある以上、ネガティブに考えるのはやめて、いざ練習ができるようになったとき、新入生や部員に会えるようになったときにこの鬱憤をいい方向に爆発させられるようにしようと思います。

さて、暗い話題はおしまいです!今日のブログでは、三年生になり、僕と同期部員たちが部の役職に就いたということで、簡単に三年生以下が務める各役職を紹介してみたいと思います。このブログを読んでいる二年生と未来の部員は、ふわっとしたイメージを掴んでみましょう。


主務:諏訪部
部の練習予定表を作ったり、大会の申込をしたり、納会などの開催願を提出したり、毎月如水会会報の原稿を書いたり、これ以外にも色々な仕事があります。
僕はマネージャーがいる部に入ったことはありませんが、おそらくマネージャーみたいな感じだと思っています。マネージャー、募集してます。
また、基本の仕事に加えて、(イ)三年に一回、一橋大で開催される旧三商大戦の運営を行い、(ロ)二年に一回、海外遠征の計画に携わり、(ハ)九年に一回、東京都国公立大会の運営を行う、というように、年度によって仕事量が増えます。前々主務の椛澤先輩(R2卒)が(ハ)、前主務の斑目先輩が(ロ)、そして僕が(イ)の担当の年になっています。
ここで、未来の主務のために、自分がどの仕事の担当になるかの見分け方を書いておきたいと思います。西暦で考えて、入学年が3で割ると2余る年の主務は(イ)、奇数の年の主務は(ロ)、9の倍数の年の主務は(ハ)の担当になります。これで「あれ?俺は何するんだっけ?」という悩みはパパッと解決ですね。

副務:湯澤
主務の補佐をする、言ってしまえば雑用係で、主務のひと学年下の代から選ばれます。
昨年の副務は僕だったのですが、前主務の斑目先輩の優しさから、仕事はあまりありませんでした。その一方で僕は既に湯澤にさまざまな仕事を押し付けており、主務によって副務の大変さは違うといえます。練習後に部室に長く滞在していると選ばれがちです。
なお、「副務→主務」は必ずしも成立しませんが、湯澤の同期は伊藤・姜・久松なので、次の主務は湯澤です。

会計:金丸
その名の通り、部のお金の出入りを管理しています。
例えば部員の全柔連への選手登録や部の洗濯用の洗剤などの部の運営に関わる出費・買い物を部員がした際は領収書を会計係に渡し、支払った額のお金を受け取るようになっています。
お金、それも柔道部OBの先輩方のお力で存在する大切なものの管理ということで、代々キッチリ・しっかりしている部員が担当することが多いようです。
商学部だからといって会計になるわけではありませんが、現在三年連続で商学部の部員が担当しています。なんだか商学部のイメージ通りですね。

部報:清藤
各年度ごとに発行される柔道部部誌「一道」の制作を行います。
先生方・OBの先輩方にも寄稿していただき、一橋大柔道部関係者に活動の報告をするものであるとともに、遥か未来まで残るものなので、非常にやりがいがありそうです。期日までに原稿を出さない、そんな不真面目な部員を淡々と詰めることのできる人(清藤)が向いているといえます。
ただ、清藤があまり多くを教えてくれないので僕は具体的な仕事内容についてほぼ知りません。3月ごろから6月ごろにかけて忙しい、ということは知っていますが…もしかして守秘義務とかあったりする感じ?

ブログ:小澤
年間を通してこのブログの編集作業をします。
部員が書いた原稿をブログとして掲載する作業がメインということで、稽古がある日は毎日仕事があります。コツコツ仕事をこなせる人が好ましそうですね。樋口や福沢ら日本語が怪しい部員の誤字脱字を修正する能力も必要です。
ちなみに文字の色や大きさを変えるのは結構大変なようで、カラフルで華やかなブログの裏ではブログ係が人知れず汗を流しています。
余談ですが、僕はブログを読むのが好きなのでブログ係を志望していました。

有備館杯:樋口
毎年8月に開催される有備館杯高校生招待試合の運営を行います。また、高校生との合同稽古を企画したり、福岡県まで金鷲旗の視察へ向かったりと、進学校との窓口ともいえる役職でもあります。
各進学校に招待状を送り、参加校をまとめ、パンフレットを作り、メダルや賞状を発注し…と有備館杯に関わる業務をほぼ全て行うので夏は非常に忙しくなります。部報係と一緒で、特定の期間に仕事が集中しているタイプですね。
有備館杯の参加校の選手のみなさまや先生方から充実していたと思っていただけるような大会の開催が求められるため、とても重要な役職です。また、一橋大柔道部を目指してくれる高校生達を増やすという使命があります。
余談ですが、僕は中学時代から有備館杯に思い出があるので有備館杯係も志望していました。

新歓:小澤
新歓期にビラや看板を作成したり、新歓スケジュールの把握をしたりします。ちなみに、あくまでも全体の管理を行なっている役職であって、実際に新入生と対面なりSNSなりでコンタクトを取るのは新歓係も含めた部員全員です。
有備館杯係も高校生の新歓を行いますが、あちらは大学に入る前の勧誘、こちらは大学に受かったあと、入ったあとの勧誘ということですね。新入部員の獲得にダイレクトにつながる、新歓期には最も重要な役職です。
以前は主務の仕事だったようですが、最近新歓係として分離独立したそうです。また、今年は小澤がブログ係と新歓係を兼任していますが、年により兼任だったりそうではなかったりします。
情報化の時代ゆえ、SNSやGoogle検索等における検索能力があると高く評価されます。この能力は、「ネトストリョク」とも言うそうです。近藤先輩や伊藤はネトストリョクが高いことで知られています。小澤のネトストリョクはいまひとつですが、正しいのが一体どちらなのかはみなさんの判断に委ねたいと思います。

無職:福沢
無職です。三年生の人数が多い年にのみ発生します。
なぜ福沢はブログ係にも新歓係にもならなかったのか、というのは柔道部七不思議のひとつです。

以上、これらに斑目主将・山岸副主将を加えたものが斑目主将体制の役職一覧です。現時点ではホームページやTwitter、Instagramなどについては特定の役職はなくそれぞれ詳しい部員が動かしていますが、今後変わるかもしれませんね。
基本的に自分の希望通りの役職に就けるので、二年生になるころには早めに自分の性格に合ったものを見つけておきましょう。見つけたところで希望の役職に就けないこともあるみたいですが、そのときは受け入れましょう。それではこのあたりで失礼します。

三年 諏訪部

| 日誌 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新入部員の報告

各位

いつもお世話になっております。一橋大学柔道部です。
タイトルにもあるように小池西山森本の計3名がZOOMで開催しましたオンライン新歓で入部を決めてくれました!3名とも柔道経験者で、非常に頼もしい後輩ができました!詳細に関しましては新入生の自己紹介で明らかにしていきたいと思います!

柔道に興味がある人、または体育会に興味がありどこに所属するか迷っている人はぜひ柔道部に連絡をください!オンラインでの対応となりますがいつでも歓迎しています!

一橋大学柔道部

| 日誌 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその8

こんにちは。新3年の清藤です。
久しぶりのブログ執筆になります。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はと言えば、新年度からこのような状況だと、曜日感覚だけでなく季節感覚まで狂ってしまいそうです。せめてもの...ということで、昼夜逆転だけは絶対に避けようと23時までには寝るようにしています。

さて、今回なにを主にして書くか迷いましたが、どの団体に所属するか迷っている新入生の参考になるかも?ということで、私のスポーツ遍歴を紹介します。
あくまで一例であることを考慮の上お読みください...。

ー幼稚園からー
5歳あたりから水泳を習っていました。当時は水が怖くて、プール後に親に買ってもらう100円のジュース(検定に受かったときは120円)をモチベーションに頑張っていました。

-小学時代-
浦和に住んでいたこともあって、本格的にサッカーをはじめようと浦和レッズのスクールに申込み、埼玉スタジアムまで通いはじめました。ユースではないのでボール遊びを楽しむ程度でしたが、非常にいい経験になりました。

ー中学時代ー
なんの迷いもなく(兄の影響で)ソフトテニス部に入り、平日は朝練と放課後練、土日も朝から晩まで練習していました。中学の頃の写真を見返すと、日焼けで焦げています。
陸上部、水泳部がなかったので、学校代表で大会に参加することもありました。
ちなみに、柔道の授業は大嫌いでした。

ー高校時代ー
武道をやってみたい!ということで剣道と迷った結果柔道部に入部しました。中学の時痛すぎて嫌になった受け身が実は全く間違っていたことに気づいたり、力に頼らない投げ方を教えてもらったりすることで、「楽しい!」と感じるようになりました。

大学では体育会に入りたいと思っていましたが、柔道は続けないつもりでした。しかし、どの団体の新歓に行ってもピンと来ず、最終的には柔道という競技の面白さ、そして何より柔道部の魅力に惚れ込み、入部を決意しました。

長々しくなりましたね。
もちろん小学生から柔道をやっていたり、スポーツ未経験だった部員もいます。半数は柔道未経験スタートです。多様なバックグラウンドがありながらも、「三商戦」は部員全員が活躍する場所であるところが他の部活とはかけ離れた素晴らしさだと思います。

日常のブログと言いながら新歓らしくなってしまいました。それだけ私の中で柔道が構成要素として大きいですよ、ということで勘弁してください。

三年 清藤

| 日誌 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその7(経営者山手線ゲーム…だと…)

こんにちは、新3年の金丸です。皆さま如何お過ごしでしょうか?私は自宅に引きこもり、単調な毎日を過ごしています。

さて外出自粛を求められている今こそ、#おうち時間 ということで映画について書こうと思ったのですが、映画って実は見始めたら大抵楽しめる反面、案外見始めるハードルが高い事に気付きました。TSUTAYAも最近そんなに無いし。全員がサブスクに加入しているわけでもない。
テレビで放送予定の映画を紹介することも考えましたが、今回はとりあえず一度映画から離れ、近況報告をしたいと思います。

最近2つ、出来事がありました。
1つは4月から始まるはずだったゼミのメンバーとZOOM上で顔合わせをした事です。皆久しぶりに家族以外との会話だったためか話が弾み、よりゼミが楽しみになりました。ただひとつ気になったのは、経営者山手線ゲームの話です。昨年の新歓コンパで教授が経営者の名前で山手線ゲームをしようと言い出したらしく、浅学な私は戦々恐々としています。ゼミになんとかついて行けるよう、企業や経営に関して知識を深められるような読み物があれば教えて頂けると幸いです…
2つ目は自宅の筋トレの趣向を少し変えた事です。今までは基本的に足を引っ掛けて腹筋等をしていたのですが、あるDVDを引っ張り出してみました。覚えている方いらっしゃいますでしょうか、『ビリーズブートキャンプ』です。15年ほど前に流行した30分〜1時間ほどのエクササイズなのですが、やる前は主婦のダイエットくらいだと舐めていました。超しんどいです。画面の中から語りかけてくるので、まぁまぁの強制力があり、しばらく続けてみようと思います。


近況は以上ですが、最後に小耳に挟んだ話で終わります。どうやらどの団体も新歓に苦戦する中、応援部が一番乗りで新入生を1人獲得したそうです。応援部は活動自粛中の今も、ZOOMを使って部活動を続けているらしく、SNSも含めて創意工夫を感じます。活動の性質や部員の性格がありますから、同じ事は出来ませんが、我々も新歓を頑張らないといけないなぁと思った次第です。
代わり映えのしない毎日ですが、楽しみつつ健康的な生活を心がけましょう。それではまた。

三年 金丸

| 日誌 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその6

こんにちは、新三年の小澤です。本日から新三年生が現在の状況について書いていきたいと思います。

課外活動の自粛が始まってからあっという間に1ヶ月以上が経過しました。そして現在は日本中で外出自粛を求められています。もちろん、そうなると体がなまってしまうのは避けられないこととなります。そこで、この機会に体重の増量と背中のトレーニングを重点的にやっていこうかなと思っています。

結果から言いますと、増量は成功しておりましてもうすでに5キロほど増えました。もし増量を考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひカレーをたくさん作って食べまくることをおすすめします。カレーは作りやすいですし、保存も効くのでこの時期にはもってこいの食べ物ではと思います。この体重を部活動が再開された後でも維持できるように努力していきたいと思います。

続いて背中のトレーニングについてですが、先日に健康ぶら下がり器具なるものをネットで購入いたしました。この器具では懸垂だけでなく、腹筋と深めの腕立て伏せもできるのでかなり有益な品物であるなと思います。ランニングに加えてこういった自重トレーニングを続けていき自分にできることを最大限していきたいと思います。

416
購入した物です

最後になりますが、自分がコロナウイルスに感染しないのはもちろん、相手にも感染させないようにできるだけステイホームで頑張っていきましょう。

三年 小澤

| 日誌 | 08:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその5(アメリカ大統領選挙について)

こんにちは、二年の湯澤です。皆さん健康でお過ごしでしょうか。外出を自粛して家にこもっているので、日々映画や本を見ながら過ごしています。ただ何もせず家にいるだけでは、あまりに時間がもったいないので、世の中を知るために、今日はアメリカ大統領選挙について、勉強しました。今日のブログでは、そのことについて書きたいと思います。

アメリカの大統領の任期は4年で、二回より多く選出されることはありません。2021年1月20日に現大統領のドナルドトランプの1期目の任期が満了することに伴って、今年アメリカでは、大統領選挙が行われます。6月ごろまでに各州で、予備選挙または、党員集会が行われます。この予備選挙・党員集会というのは民主党、共和党それぞれが各州で行い、政党としてどの候補を正式な大統領候補とするのかを決めるための準備です。そして夏の党大会で、各党が大統領候補とそれに付随する副大統領候補を決定します。ここで選ばれた共和党と民主党の候補二人が本選挙で戦うことになります。今月初めに民主党のサンダース候補が辞退しことで、民主党はバイデン、共和党はトランプの二人が本選挙で戦うことになると考えられています。ちなみにバイデンはオバマ大統領の時の副大統領です。本選挙は2020年11月3日に行われます。ここでより多くの選挙人を獲得した候補が大統領となります。

コロナウイルスは今回のアメリカ大統領選挙にも影響を及ぼしています。両候補ともコロナウイルスの感染拡大防止のため、しばらく対面での選挙活動を中止しています。そして、コロナに対応するためにできた法律には、郵送で投票を行うための予算についての内容も盛り込まれていました。また、コロナウイルウスによる経済の停滞に対してどのように対応していくのかも、今回の選挙の論点になりそうです。

世論調査ではバイデンの方がトランプに比べ、数ポイントほど高い支持を得ています。しかしNew York Timesのこの記事(https://www.nytimes.com/2020/04/13/upshot/polling-2020-biden-trump.html)によると、一見バイデンの方が世論調査では支持を得ているように思えても、投票ではトランプの方が優位なのではないかということが説明されています。他にもこの記事は有権者のグループや地域における支持の差に注目して支持を分析していました。例えば、バイデンは非白人、高齢者から支持を得ていて、トランプは中年の白人から支持を得ているようです。現状では、とても接戦になっていて、トランプ政権のコロナへの対応や経済政策などで今後の支持が変わると予想されています。また、先ほど述べたように郵送で投票を行った場合、投票率が通常の選挙と大きく変わる可能性があり、それがどのように影響するのか注目です。一般に、低い投票率は共和党に有利と言われています。

アメリカでは、若者の政治に対する関心が日本に比べとても高いです。SNSなどで自分の支持者についての情報をシェアしたり、自分は誰に投票するといったことを明言してる人も多くいます。日本ではまず考えられないことではないかなと思います。そのような人の投稿を見ていると、自分の将来、自分の国の将来をしっかり考えて、意見を述べています。自分はあまり政治に興味がないのですが、有権者である以上、最低限の勉強をしなければなと感じました。

一応色々な記事やサイトを参照しながら書いたので間違いはないと思いますが、あったらすいません。久しぶりになかなか長く、大学生らしいブログを書けたので満足しています。今日のブログはここまでです!

二年 湯澤

| 日誌 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその4

みなさんこんにちは。新二年の久松です。
さてさて日常について書けということですが、書くことがありません。他の部員とほとんど変わらないと思います。それよりも入学早々こんな状況になってしまった新入生の力に少しでもなりたいと思い、今日はアルバイトについて書いていきます。というのも僕は集団指導、家庭教師、個別指導でバイトをし、教育系は一通り経験しました。そこで今回はこの三つのおすすめ度を5段階で表したいと思います。教育系のバイトを考えている人も多いと思いますので参考にしてみてください。

集団授業 :おすすめ度2
まず時給が個別に比べてに良いです。僕が勤めていたところは確か2100円だったと思います。しかしその授業のための準備は大変でした。僕のところでは一コマ3時間(休憩20分)で授業をするのですが、それの予習に同じくらい時間を当てなくてはなりません。なので実質時給1050円になると思います。あとこれは校舎によると思うのですが、授業外の仕事も多かったりします。僕のときは毎週火曜の21時半から1時間ほどミーティングに参加しなくてはならず、そのためだけにスーツに着替えて行くのが面倒でした。人手も圧倒的に不足していて、前日の夜になって他校舎へ授業しに行くのが決まるなんてこともザラでした。いろいろ経験できるという意味ではおすすめですが、体育会に入るなら両立は大変かもしれません。

家庭教師 :おすすめ度5
まず私服でいいので楽です。個別は塾によっては私服可ですが、集団はほとんどスーツだと思います。夏場にスーツで動くのはやはり暑いので私服でいられるのは快適でした。時給も、仲介会社を通したって時給2000円近くもらえますし、個人契約なら4000円くらいもらえるのではないでしょうか。生徒のお母さんによっては気を使ってもらい、お茶やお菓子が出されたり、交通費を多めにいただくなんてことも多いでしょう。ただ塾は駅周辺にあることが多いのですが、家庭教師先は場所によっては駅から歩くなんてこともあると思います。責任も重大ですので自信がないなら受験生を避けるなどした方がいいかもしれません。

個別指導 : おすすめ度4
家庭教師に比べて責任が軽く、集団よりも仕事が楽です。大多数の人は個別でアルバイトしているのではないでしょうか。先程も書きましたが、塾によっては私服ですし駅から近いことも多いのでいろんな意味で楽です。授業も生徒と喋っていればいいので、何もせずとも時給がもらえます。しかし前の二つに比べて時給は安いので、稼ぐにはそれなりの時間働かなくてはなりません。ただシフトの融通も効きやすいので頑張ればけっこう稼げると思います。

いろいろ言ってきましたが、結局は自分に合ったものが一番だと思います。しかし実際に働いてみないと自分に合っているものかは分からないものです。今働いているところは雑用に多くの時間がとられるのにコマ給(授業分の給料)だけで事務給(プリント印刷などの雑用)は出ないところです。むろん面接の時に言われたのですが、働いてみるまでピンときませんでした。バイトは手軽に辞められるのが特権ですのでいろいろやってみるのもいいと思います。

柔道部は他にもいろんなバイトを経験した部員がいます。知っていることはなんでも話しますので、ぜひ一度部室に遊びに来てください。最後までありがとうございました。今日はこの辺で失礼します。
(長くなってしまったので勝手に占ってみたのコーナーはお休みです。)

412
看板製作をする湯澤(コロナ封鎖前)

二年 久松

| 日誌 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその3

こんにちは、二年の姜です。授業開始が一ヶ月延期されたので二年と書いていいのか分かりませんが、とにかく二年の姜です。
記憶が正しければブログで二年と書いたのは初めてでしょうか。新入生とはほぼ対面していないので、あまり実感は湧きません。この一年間は非常に長いものでした…。東京駅乗り換えで戸惑っていた頃が懐かしいです(笑)。恐らく柔道部に入ってなかったらもっと早かったでしょう!
さて、ブログでは日常について書けと言われたのですが、正直代わり映えが無さすぎて書くことがないです。バイト筋トレ勉強ゲーム。この四つが僕の日々を構成してます。思ったよりも大学がある時期と変わりませんね…。変わったところを強いて言えば、早寝早起きするようになったことぐらいでしょうか。コロナが流行する前よりも健康になった気がします。最近はアラームをかけなくても7時に起きれるので、これで部活に遅刻する心配は無いですね!!!
今は大学もなく、新歓期を楽しむことも出来ない新入生にとっては時間が余って仕方がないと思います。時間をどう使おうがその人の勝手ですが、一日10時間も惰眠を貪ったりゲームに夢中になり過ぎるのは少し勿体ない。今後に向けて出来ることは必ずあるはずです!英語や数3の勉強、体育会系に入部予定の方なら出来る範囲で身体を運動に慣れさせる等々…。ぜひ時間を無駄にせず、有効活用してください。
中身もなく拙い文章をこれ以上だらだらと書くのもなんなので、短いですがこれで失礼します。

二年 姜

| 日誌 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその2

こんにちは、新2年の伊藤です。仮に5月から部活が再開できたところで大学で授業を受けられないなら新歓はどうするんだろうな?と思っています。三商は11月から変わらないはずなので、秋に新歓できるんでしょうか?大学でも柔道をしたい経験者はいるでしょうが、未経験者は通常柔道部にはこないと思うので心配です。白帯0人はついこの間まで白帯だった自分としても悲しいです。

これまでは部活に出るために朝早起きして、しっかり疲れて眠れていたのですが、最近はすっかり昼夜逆転してしまい、朝ごはんを食べてから眠る始末です。家の外にも出られないので常に気分が落ち込んでいます。

最近はこれまで以上に張り切って筋トレをしていたんですが、部室には入れず、私営ジムは9日から(?)閉鎖されるようなので、出鼻を挫かれたような気分です。余りに眠れないので疲れようと思い、ランニングも始めたのですが、足が痛くなるばかりで眠れません。ダンベルを買ったのですが、ベンチは高いし邪魔だしで買えないので、胸のトレーニングは結局腕立て伏せがメインになりそうです。サイドレイズとかはできそうですけど。

この生活があと1ヶ月続くなんて考えたくもありません。去年は出席したくなかった授業も始まったらよろこんで受けられる気がします。オンラインですけど。シラバスは全然確認していませんが、授業回数が減るようなので春夏で24単位取って後半を軽くします。昨年の秋冬は23単位取り切ったのですが、試験前は苦労したので反省を生かします。

CMが全部ACになったら大抵の日本人は直感的に「ヤバい」と感じて外出を自粛するんじゃないかな、と思っています。東日本大震災から数週間は異様な雰囲気で、今思えば世界の終わりのようだったと記憶しているので、今の状況はあれの再来だと思わされれば、意識も変わるのではないでしょうか。当時のよく流れていたモノは、あいさつの魔法みたいな内容のCMだったと思うんですが、今回は人と会ってはいけないので流しちゃダメですね。

日々無の生活をしているのですが、普段部活がある時よりもたくさん文章を書いた気がします。やろうと思えば意外とできるものですね。

二年 伊藤

HP:https://hitjudo.wixsite.com/hito

Twitter:https://twitter.com/hitjudo2020

| 日誌 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部員の日常ブログその1

こんにちは、新四年の山岸です。授業がないので新学期が始まったという感覚が全くなく、このブログを書いていて初めて自分がもう四年生だということに気づきました。

新入生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。授業のことやサークル・部活のことなど、不安は山積みだと思いますが、みんな状況は同じです。焦らずに事態が収束するのを待ちましょう。ただ、もし何かわからないことがある際はいつでも私達を頼ってください。時間を持て余している部員も多いので、すぐに対応いたします。

さて、ここで少し最近の私の生活について話そうと思います。現在新四年生は就活真っ只中で、例年であれば毎日スーツを着て都心に出向いているはずなのですが、今年は多くの企業が説明会や面接をオンラインに切り替えており、自宅にこもってPCと向き合う日々が続いています。私は一人暮らしなので、「そういえば今日誰とも喋ってないなぁ」なんて日が毎日です。だんだん寂しくなってきたので、たまには親に電話でもしようかなと思います。もし何かいい気分転換の方法があれば是非教えてください。何はともあれまずは健康第一で就活頑張ろうと思います。


新入生の皆さんも体調には気をつけてください。元気な状態でお会いできるのを楽しみにしています!

四年 山岸

HP:https://hitjudo.wixsite.com/hito

Twitter:https://twitter.com/hitjudo2020

| 日誌 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【重要】今後の活動について

各位

いつもお世話になっております。一橋大学柔道部です。
コロナウイルスの影響により5月12日まで部活動は行わないことになりました。
また、一橋大学柔道部の紹介はSNS上でアップロードしておりますのでそちらをご覧ください。

ホームページ:https://hitjudo.wixsite.com/hito

Twitter:https://twitter.com/hitjudo2020

Instagram:https://www.instagram.com/hit_judo/?hl=ja

また、新入生の皆さん。
入学は決まったものの現状では様々な不安を抱えていると思います。
大学生活はどのようであるかや、その他の些細な悩みなどがありましたら上記のアカウントのDMに相談してください。
少しでも我々が力になれればと思います。

今後とも一橋大学柔道部をよろしくお願い致します。

一橋大学柔道部

| おしらせ | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |