一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/12/6(土)

北風すさぶ季節となり、風邪をひいている部員もいましたが、本日も非常に活気のある稽古ができたと思います。本日の稽古には柿本先輩(平成22年卒)と山岸先輩(平成24年卒)にお越し頂きました。三商大戦が終わりましたので本日の稽古は国際ルールで行いました。

三商大戦後、高橋主将の主導で行われた改革により練習内容も少し変わりました。「強くなっている今の我々柔道部の上昇の勢いを続ける」という高橋先輩の方針に基づいて、準備体操に足運動(シン脚)が加わり、東北エビは抜けました。

乱取りは柿本先輩と山岸先輩に積極に参加して頂きました。これからも大勢のOB先輩方々にご来場頂きたいと存じます。寒い天気にも関わらず部員皆が熱意を持って乱取りに臨みました。風邪をひいている部員や怪我をしている部員はこの機会でしっかり治してまた来年の三商大戦を向けて頑張りたいと思います。

乱取りが終わってからは柿本先輩に、乱取りに於いての姿勢と取り役が分け役をより効果的に制圧するために必要な技を教えて頂きました。まず、姿勢に関しては大胸筋の力を100%活用するために胸を張って背中を張って組むことをご指摘頂きました。次に柿本先輩は先日の三商大戦で取り役が相手の分け役のペースに巻き込まれて時間を使われてしまったことがあったので、分け役が亀になる前に首締めや、帯取り返しなどの技で速やかに対応しなければならないとおっしゃいました。先輩に教えて頂いたことをしっかり磨いて参ります。

今年の三商大戦を経験してから私個人的にも成長したと思います。先輩方々にも常に未来を見据えて更に先に進むことを頼まれました。気持ちと覚悟を改めて来年の三商大戦を向かいたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1083-b4e3d492

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT