一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015/3/3(火)

シンガポールから帰国早々、本日は有備館にて追いコンを行いました!

「追い出す」ことのできる部員がここ数年は残念ながらいなかったため、今回の追いコンはなんと実に3年ぶりの開催です。

追いコンには野瀬師範、大月先生がいらっしゃり、野瀬師範からは大量のお寿司を頂きました!ありがとうございます。

簡単な準備運動と打ち込みのあと、まずは投げ込みです。投げ込みは先輩方が大学生活4年間かけて磨いた得意技だけでなく、例えば払い腰を得意とする田澤先輩に対しては払い腰を、体落としを得意とする萩には体落としをかけたり、投げ込みが儀礼的なものではあるのにも関わらず投げられまいと耐えようとする部員がいたりと終始和やかな雰囲気の中行われました。投げ方、かけた技のバリエーションに先輩各々の個性が出ており、コンパに先駆けお世話になった先輩方が去っていくことに対する寂しさがふと心に湧いてきます。

投げ込み終了後はいよいよコンパです。コンパでは野瀬師範から社会に出ていく4年生へのお言葉、先輩方が去っていった後も部が存続するための新歓に向けての心構えについてのお話を頂き、大月先生からは同じく4年生への激励のお言葉、学生の内に「色々」な経験をしておくことの大切さについてお話を頂きました。続いて4年生各々から、4年間を振り返っての総括や現役部員へのメッセージの話がありましたが、どの先輩の話も柔道をこの一橋で続けてやってきたことに対する感謝や懐かしむ気持ち及び先輩方からすればこれからの部を託す我々現役部員を信頼する気持ちに溢れており、これで完全な別れとはならないものの、部を去ってしまう先輩方への当然あるべきものがなくなってしまうような寂寥感を強く感じました。

そしてコンパの最後には我々現役部員から先輩方へのプレゼントを贈りました! 各学年から各先輩に先輩の好みや性格を反映した思い思いのプレゼントを贈り、プレゼント開封の度に笑いの巻き起こる楽しいひと時となりました。我々後輩部員が悩みながら選んだものなので、先輩方には大切に使っていって欲しいと、そしてそれを見るたびに一橋柔道部と我々のことを考えてもらえたらと強く思います。

野瀬師範や大月先生、そして各4年生の話にもあったようにこれが今生の別れというわけでは決してありません。これからどんな進路をとるにせよ、この有備館は第二の故郷です。いつでも稽古や各行事に来て頂き、我々現役部員を叱咤激励してもらえればと思います。

4年生の先輩方、本当に4年間お疲れ様でした!

馬場
関連記事
スポンサーサイト

| スケジュール | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1120-23001b58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT