一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/07/02

本日は山口先輩(S58卒)と小野田先輩、荒井先輩がご来場。
明日の国立戦に備え、自らの動き、明日何をするのかをそれぞれが確認しつつ熱気のある稽古をしました。

初めての公式戦となる一年生もおり、先輩方からはテーマをしっかり持つようアドバイスを頂きました。
緊張してあわあわしているうちに先手を取られ数秒で一本負してしまうようなことがないように、まずは相手がどうであろうと自分から仕掛けていく強い気持ちを持って臨まねばなりません。

板羽が元主将、背負投の名手荒井先輩との乱取でほぼ互角の攻防と繰り広げていました。
ブランクが長かったもののようやく本来の動きを取り戻し、完全に本格化軌道に乗りました。
「いやー体が大きいだけっす」と謙遜する大人でもあります。

福島は山口先輩の必殺横三角絞で落ちかかっておりました(ア!既に7月でした!!)。
やられっぱなしで終わるのは許せない福島、自分も横三角絞を身につけようと稽古後山口先輩を質問攻めにしておりました。やられたらやり返す闘志が強くなる人間に不可欠です。大変好ましいことと思います。

明日の全国国立大学柔道優勝大会は、講道館(JR水道橋駅、丸の内線後楽園駅下車)で9:00開会式となります。
予選リーグ第一試合の対戦相手は横浜国立大学、第二試合は岩手大学となります。
闘志を表に出し、強豪にも食い下がる一橋らしさを出せるよう、全力で闘って参ります!!
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/113-181b68c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT