一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全国国立大学柔道優勝大会(その3)

丹羽/岩手大戦
ピクチャ+30_convert_20110704192328
近距離でがっちり持たれて抗えず、払腰一本負。
あまりに消極的に終始し工夫も見えず、相手に全く脅威を与えられず。

阿部/岩手大戦
ピクチャ+31_convert_20110704193237

ピクチャ+32_convert_20110704193253
体重倍以上の巨漢に組際の払腰で一本負。組み際先行し第一撃を封じたい。

丸山/岩手大戦
ピクチャ+33_convert_20110704193910

ピクチャ+34_convert_20110704193925
組際慎重に臨んだが、引手で襟を持ってきた相手にすぐ間合いを詰められ内股一本負。
引込技から寝技を仕掛ける選択肢も備えたい。

福島/岩手大戦
ピクチャ+35_convert_20110704194439

ピクチャ+36_convert_20110704194455
組手は健闘するも巻込みには堪えきれず。袈裟固に対しても馬力を発揮しあわやの場面を作る。寝技の鍛錬を徹底し投げられた瞬間をも好機としたい。

以上です。

野瀬先生からは組手の技術向上、先に技をかけること、また寝技の好機はそうないので確実のものにすべく稽古するようご指導を頂きました。
また、もっとも基本的な「勝負をしているのだから、リスクを取って攻めにいかないとチャンスは全く作れない」というご指摘とともに、4年生に猛省を促されました。

また先輩方からは、少しずつ良くなってきているものの、やはり稽古の絶対量が足りない、特に組み負けても挽回できず、技をかけてもすぐに切れてしまうのは技術以前に最低限必要な筋力が全然足りていないというご指摘を頂きました。

ご指導、ご指摘ありがとうございました。
着実に成長している1年生にとって、今の4年生は目標とするに足りないレベルと言わざるを得ず、我々にとってもこの状態に甘んじたまま秋を迎えることは堪え難いものがあります。
一つ一つをしっかり噛みしめ、オフ中も含めて歯を食いしばって克服していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 戦績 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/118-cafd73d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT