一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015/6/13(土)

今日は部員や先輩が道場に入る度に「これは暑い」と口にする程の気温の中での稽古となりました。

本日の稽古には山口先輩(S58)、 桐原先輩 (S61)、柿元先輩(H21)、山岸先輩(H24)と、桐原先輩のお知り合いで皇居警察柔道五段の大内譲さんにお越しいただきました。

私の気のせいではないと思いますが、今年は例年以上にOBの先輩やそのお知り合いの方が道場へ来てくださるように感じます。毎日部員同士で稽古をしている以上避けられないことですが、乱取りではどうしても相手の掛けてくる技に合わせた戦い方をしてしまい、実戦の感覚から離れた柔道になってしまいがちです。その意味でも多くのOBの先輩に来ていただけることは多いに刺激となります。また、この間の大会等で寝技の強化をしなければならないことも明らかになりました。なので、諸先輩方におかれましては、これからの暑さが気になるところではありますが、是非有備館へのご来場、ご指導をしていただきたく思います。

稽古後、大内さんからは攻撃に繋げる組手と実戦に生かす寝技や立技の打ち込みを、桐原先輩からは亀で守る相手を油断させてから取る絞め技を、柿元先輩からは肘を取ってから各所を固めつつ抑える亀取りを、山岸先輩からは潰れた相手を休ませない大切さについてご指導いただきました。

神戸大と大阪市立大の今年の新歓は我々に負けず劣らずのレベルで成功したようです。連覇のためには一切の油断はできませんので、北さんが仰っていたように教えていただいた技術は各々の中で消化し、日々の稽古の中で磨きあげていきたいと思います。

また、山口先輩からは稽古後に多大な御厚賜をいただきました!ありがとうございます!


馬場
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1199-1a83af4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT