一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015/8/24-27 東北大合宿

遅くなりましたが、先日8/24~27に行って参りました東北大学との合同合宿について報告させて頂きます。

 

今回の合宿は、「東北だからといって涼しいと思わない方がよい」という先輩方の事前の忠告を良い意味で裏切ってくれた全日雨模様の涼しい恵まれた気候の下行われました。東北大合宿も今年で4年目を数えるほどになり、これまで培ってきた経験を活かし、特にトラブルのない集中力を保った密度の濃い合宿とすることができました。

 

簡単に稽古の内容をまとめます。初日は午後のみ参加しました。打込で体を動かしたのち、亀取りを表裏2分ずつ計12セット行いました。2日目と3日目は両日とも午前・午後の2部とも練習に参加しました。午前は回転運動・打込をして汗を流した後、七帝ルールでの乱取を6分15本行いました。午後は正対上下2分ずつ計5セット、亀取りも同じように表裏2分ずつ計5セット行いました。最終日は午前のみ参加しました。基本的には2・3日目と同内容でしたが、野瀬師範がいらっしゃったこともあり、乱取の本数を6分9本に減らし、その後大久先生(東北大学)と野瀬師範にご指導賜りました。

 

それぞれ練習後には毎回質問形式での研究の時間がとられました。基本的には一橋大の学生が東北大の学生に寝技に関する質問をする形で進みましたが、東北大の学生が一橋大の学生に質問する場面も多々あり、双方にとって実りのある時間となったのではないかと思います。印象的であったのは、東北大の学生の皆さんが、我々の質問に対し非常に論理的に答えていたことです。これも寝技に関する知識を多く覚えているだけでなく、それを体系的に理解し、「この場面・この状況ではこうすべき」ということを瞬時に導き出せるような練習を常に積んでいるからこそであると思います。「頭を使って柔道する」とはこういうことなのかなと、白帯の身ではありますが感じることのできた瞬間でした。

 

今回の東北大合宿では普段の有備館の稽古では経験し得ない新鮮な刺激を多く受けることができました。現在は多くの部員が合宿で教わったことを有備館での稽古で反復しているところです。一同この経験を活かし、一層寝技の強化に励んで、来たる三商大戦での連覇を必ずや成し遂げる決意です!!

 

最後になりますが、東北大学柔道部の皆さまには大変お世話になりました。私個人のことで言えば、白帯の身でありながら親切にも積極的に乱取にあたって頂いた学生の方々、また練習の合間に個人的に私を呼び出しては様々な指導をしてくださった大久先生にはとても感謝しています。毎年一方的にお邪魔するばかりですので、東京にいらっしゃる機会がございましたら、是非一橋大学有備館にも足をお運びください。この度は本当にありがとうございました!



松下
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1243-c8cacad4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT