一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/4/14(木)

今日の部活では、新入生向けに寝技補強の動作や寝技・立ち技の講習を行いました。

河辺君北村君も、初めての寝技補強で、独特な動きに戸惑いを見せながらも、最後には形にしていました。特に、横四方固めを鉄砲で返す動きは、2人ともとても飲み込みが早く、驚きました。
また、立ち技では僭越ながら私が内股の基本を教えました。2人とも非常に形がよく、内股を練習していけば得意技に出来る素質があると感じました。これからこの技を練習してくれると、内股を使う私にとっても嬉しいです。

立ち技の乱取りでは、新入生とやる際には約束乱取りにし、新入生側が攻めるのみ、というルールで行っています。私も今日北村君と河辺君と乱取りをしましたが、2人ともいい技を出していました。
河辺君の支え釣り込み足、大外、大内は、まだあまり練習していないのにも関わらず非常にセンスが良く、私も不意に崩されてしまいました。
北村君は、背負いに入る際の回転がスムーズで、このまま背負いを練習していけば強力になると感じました。いま柔道部には背負いを使う人が多くいます。みんなに教えてもらいながら、かつ競争して、頑張って技を磨いて欲しいです。

さて、新歓期はまだまだ半ばです。柔道部に入部してくれた新入生3名以外にも、柔道部を気に入り、何度も来てくれている新入生がいます。彼らも歓迎して、柔道部の良さを伝えていきながら、同時に新規開拓も進めたいところです。一橋大学のどこかにいるであろう潜在的柔道部を見つけていきたいですね。

さて、新入生向けに私が思う柔道の魅力を伝えたいと思います。柔道は自由な競技です。どんな選手になりたいか、自分のなりたいように練習すればいいというところが魅力です。セオリーでは、例えば小柄な人は背負い投げを得意技とすることが多いです。しかしもし自分が小柄であったとしても、内股をやりたければ内股を極めて行くのもアリです。
多くの技を広く使い、多彩な技を覚えていくもよし。寝技に引き込み、圧倒的な寝技の知識と技術をもとに、立ち技では格上の相手を打ち負かすもよし(オススメです)。
努力次第で、どんなスタイルの選手にもなれます。1年生の初心者は、柔道を知っていくにつれて、自分のなりたい姿をイメージ出来るようになると思います。そして、自分の取り組み次第でなりたい姿になることができます。
その過程では厳しい鍛錬もあるでしょうが、きっと自分の目標とする自分が実現していくにつれて、柔道はどんどん楽しくなります。

私たち先輩の部員も皆その途中ではありますが、教えられることは教えますし、サポートします。新入生はどんどん新しいことを吸収して、磨きたい技術は磨いていきましょう。

部活後には、スタ丼へいきました。一年生の皆もスタ丼大盛りを食べきり、これからの体重増加へのポテンシャルを示してくれました。
4_14_1



四年 青木
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1346-e531f501

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT