一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/4/16(土)

桜は散ってしまいましたが、すっかり暖かくなってきました。道着の洗濯で道場の裏に行くと、どこからか虫の声が聞こえてくるようになりました。虫たちも活動的になる季節になってきましたね。

本日の練習では、中田先生、元主将の高橋先輩と、神戸大学の元主将の上嶋さんと、今年から一橋大学大学院に入られた松田さんがいらっしゃいました。また、すでに入部してくれた一年生も練習に参加してくれました。
ありがとうございました。

この時期は四年生が就活で忙しくなるため、どうしても部員が少なくなりがちです。そんな中、こうして外部の方が練習に参加していただけることは、我々にとって本当にありがたいことです。

やや話は変わりますが、本日の練習後に高橋先輩と上嶋さんがお話しているのを見かけました。元々は三商大戦(一橋、神戸、大阪市立大の定期戦)を通して、ライバル関係にあった御二方ですが、新入社員としてのお話など、気軽に会話されているのを見て(私もなんとなくですが)柔道のよさ、更には三商大戦という大会の良さを再確認することが出来ました。

もちろん我々現役部員にとって、神戸大学、大阪市立大学は、何を持ってしても越えねばならない存在であり、三商大戦の優勝こそが何よりも優先される至上命題となっていることは間違いありません。そのため、我々には時期尚早であるとは感じますが、「昨日の敵は今日の友」という言葉も強ち間違いではないのだなぁと御二方を見て感じました。闘争を通して他者理解が深まるということも武道の美点の一つだと思います。

小難しい話をダラダラとしてしましました……。まぁ何が言いたいかといいますと、

やっぱり、人生になくてはならないものの一つが、腹を割って話せる仲間だと思います!
ってことです。


最後に……
新入生の皆さん!
柔道を通して、「仲間」をつくりませんか⁇まだまだ柔道部は新歓中です!

二年 田村
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1347-6eb4511f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT