一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/5/31(火)

5月も今日で終わりです。ゴールデンウィークの埼玉大遠征や東京学生など盛りだくさんだった5月もついに終わりです。ほんとに時間が経つのはあっと言う間ですね。今年も去年と同じように6月もあっと言う間に過ぎて7月になり勉強していないことに気づいて、皆んな焦るんでしょうが、僕はそんな呑気な部員達に隠れてこっそり最近定期的に図書館で勉強しています。

それはともかくとして、最近四年生の先輩方の就職活動が徐々に落ち着きを見せ始め先輩方も練習参加してくださることが増えました。やっぱり、四年生が戻って来て下さり部員が大勢揃うようになってきたので練習にも活気が出て充実した練習になってきたように感じます。隣で活動している剣道部の方達もきっと柔道部の活気に驚いていることでしょう。一年生達もやる気に満ち溢れている感じがします。このままいけば暑く苦しい夏も難なく乗り切れそうです。

寝技講習では腕絡み草刈りをしました。どちらも寝技が上手くなるためには必要なスキルなので実戦で使って試行錯誤していってほしいです。

5_31_1


練習後、田村にひたすら関節と絞めをかける戯れをしていたのですが、その時、道場の端っこから笑い声がしたので見てみると一年生が円形に並びうつ伏せになって何かしていました。「何してんの」と聞くと「体幹トレぇーニングですぅぅ笑(北村)」と彼らは答えました。彼らは自主的に同期で集まってお互いに時間を測りあい、しりとりをしながら体幹トレーニングの姿勢をどれだけ続けられるかというトレーニングをしていたのです。素晴らしいことですね。同期で集まり協力してトレーニングしようとする姿勢に加え、トレーニングにゲーム性を持たせて楽しく乗りろうとする工夫。彼らはきっと伸びるだろうと思いました。そして、皆んなで楽しそうにトレーニングしている風景はとても仲睦まじく微笑ましいものでした。あまりに嬉しい気持ちになったので僕は田村に関節技をかけ続けていることも忘れ、それを見つめていました。田村は何か叫びながら、畳にタップし続けていたようですが、そんなことより一年生の成長が見れてとても嬉しかったです。

トレーニングは一人でストイックにやるのもいいですがこういう皆んなでやるのもありですよね。

二年 有吉
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1378-add128d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT