一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/6/17(金)

連日の雨から一転、今日は快晴、部室に上半身裸の部員が多数出現するようなとても暑い日でした。これから何日か暑い日が続くようなので体調管理には気をつけたいところです。

最近部員が自主的に柔道に使える技術を研究することが増えてきたように感じます。ブラジリアン柔術や各種絞めや関節技を部活外の時間で調べ、打ち込みや練習後に実践している場面をよく見るようになりました。皆部室内の本やインターネットの動画を参照にしています。

私はそういうことをして技を覚えて一度練習で誰かにかかると、それで満足してしまい次々と新しい技に手を出してしまうことが結構ありました。結局、肝心な場面でそれらが出ないという結果になるのですが。

実力者の誰もが口にすることですが、やはり最後の最後に頼りになるのは考えずとも出る体に染み付いた技です。かの野村選手も、「背負い投げは入れると思った時に入るのでは遅い、入れると思った時に既に入っていなければかからないんだ」とインタビューで答えていました。考えてからでは遅いということです。それこそ「考えるな、感じろ」ということなのでしょうね。

地道に反復していきましょう。

四年 馬場
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1392-db371b2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT