一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/08/03

本日の稽古には野瀬先生が御来場、様々なご指導、ご講話を頂きました。

寝技の補強反復のご指導を頂きました。
いつもの伏臥、エビの注意点に始まり、横エビ、船底、回転ブリッジなど、多くの補強運動を教えていただきました。

全日本女子柔道の選手は、常時1時間半以上も補強運動を行って寝技を強化されているようです。
我々も毎回の稽古に取込み、さらなる寝技強化に取組みます。
寝技補強は一人でも取組むことができるため、自主トレメニューとして個人レベルでも取組んでいきたいと思います。

また、力を抜いて抑え込み、相手が逃げる動きの初動を抑えることで抑え切る方法もご指導頂きました。
単純に力任せに抑え切るのではなく、勝抜き戦で次の相手に備えるためには必須の技術になります。

立技では、相手が投げられまいと力を入れ、その力が抜けた後に掛切ると投げることができるとのことでした。
そのためにも、技に入ったとき投げる直前の姿勢を維持できるように、何度も打ち込みをするようにとのご指導を頂きました。

以下は本日お話しいただいた埼大監督ご就任時のエピソードです。
先生のご就任当初は、現在とは違い推薦選手はいなかったそうです。
それでも、徹底的に寝技とトレーニングを行うことで徐々に強化を進め、七人戦でもしっかり引分け、僅差のポイントで勝てるチームを造っていかれたそうです。強豪選手が続々と集まるようになったのは、それで結果が伴うようになった後のことだそうです。

高校時代に特段の実績があるわけではない我々でも、寝技の徹底、トレーニングなど、個人の努力次第で成長できるはずです。何しろ我々埼大とは同じ野瀬門下生なのです。兄弟弟子ができてることを我々ができないはずがありません!

オフ空けで皆気力充実、モチベーションも高い中、じっくりと、また多面的なご指導を頂けて、本日は非常に良い稽古にできました。ありがとうございました!!

明日も頑張ります!!
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/141-44b7849c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT