一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/8/12(金)

帰省する部員がちらほら見られるようになってきました。

最近の話題といったらなんといってもオリンピックですね。私が柔道部に入って長くなったからか、今年は珍しく私の家族もリオの柔道をテレビで観戦しています。家族には技有りと一本の差がわかりづらいらしくそこはもやもやしているようです。

リオオリンピックにあたって柔道に限らず各選手や指導陣の紹介記事が多く出されているので電車の中で読んでいるのですが、やはり「ここまでやった」と思える程の練習をするというのが大切なのだと改めて感じました。オリンピックという実力が高レベルで伯仲する舞台で、しかも今回のような地元の応援がかなり激しいアウェーで戦うことには相当のプレッシャーがかかると思われますが、それに打ち勝ち自分の実力を出し切るためにはそれ相応のバックボーンが必要なようです。大野選手はオリンピックをひとつの国際大会に過ぎないと思えるレベルまで精神を落ち着かせて試合には望んでいたようですが、それに足る練習の量と質があってこそだったのでしょう。

以前も書いたように思いますが、合理的でないという理由で悪者に決めつけられる根性論ですが捨てたものではないです。

これからもマイッタなしで取り組んでいきましょう。

四年 馬場
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1417-e9a9283b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT