一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/8/17(水) 中部柔友会

こんにちは、4年の青木です。
このオフの間愛知に帰省している私ですが、今日は中部柔友会に参加してきましたので報告します。

中部柔友会は、毎年お盆の時期に、中部地方付近にいるOBの先輩と現役部員が集まり、ざっくばらんに話をする会です。
毎年いろいろなお話を伺っています。

私はここ数年、お盆に愛知に帰省するときには必ず中部柔友会へ参加させて頂いています。

今年は、渡辺先輩(S62卒)、梅本先輩(S62年卒)、山田先輩(H7卒)と私の4名で行われました。

山田先輩には多大なご厚志を頂きました。ありがとうございます。

さて、会では柴山先生の時代の柔道部のお話、先輩方の伝説的な(?)エピソードの数々を伺いました。その当時の寝技へのこだわりや、今時の人は持ち合わせていないようなエネルギッシュさを感じました。

そして何より、三商大戦へかけた思いが強く伝わってきました。柔道のことだけ考えて過ごしていたからこそ、その4年間の記憶は消えないんだろうなと思いました。

ちなみに話は逸れますが私の場合、高校時代の文化祭や修学旅行のことはほとんど思い出せません。ちょうど帰省して双子の姉と話していたら、私は文化祭の1日目を休んだらしいです。が、私はそれすら覚えていませんでした。
しかし、部活のことは覚えています。多分、大学時代の記憶も柔道以外以外のことは忘れていくんだと思います。

今日いろいろなお話をお聞きし、昔から受け継がれている伝統もあれば、もうなくなっているものもあるようでした。変わっていけばいいものもありますが、三商大戦への本気さは、そのまま受け継いでいかなければならないですね。

間違っても他の部活における三商大戦のように楽しいイベントにはなってほしくないと個人的に思います。

梅本先輩、渡辺先輩、山田先輩、今日はこういった機会を設けてくださり、ありがとうございました。

三商まで残り100日を切りました。
必ず優勝するよう、チームみんなで頑張っていきます!

四年 青木
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1420-f46e67e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT