一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/08/05

今日の稽古でも野瀬先生に教えて頂いた寝技補強にまず取り組みました。
新しい補強を継続して行うことで定着を図っている段階です。

その後の寝技乱取では白帯が経験者相手に奮闘しました。
3分間の攻防の中で板羽相手に引き分けたり、先輩を抑込みに入る場面も見られました。
しかし抑えに入ったあとすぐに返されたり、逃げられたりすることも多く、課題として姿勢や脇締めをもっと意識する必要があると感じました。

その後に3年佐々木先輩の講習で寝技研究を行い、本日はこれに大きく時間を割きました。テーマは正対において下の不利な状況からどう挽回するか、です。膝を乗り越えて抑え込みにくる相手に対し、自分は体を小さくし横向きになり、上側の腕で相手の脇をすくうという方法を教えられました。これによって少なくとも相手の動きを制限することが可能です。不利な状況に追い込まれたら何をしたらいいのかわからない、相手のなすがままということが多い一年生にとって、この技は目からウロコでした。反復しコツをつかんできた者からは自然と笑みがこぼれていました。大掛かりな技ではなくちょっとした工夫、対処によっても局面が打開できることがわかり、動きのレパートリーの少ない一年生にとっては大きな収穫になったようです。

また、早川繊維工業殿から届いた試合用道着の写真を掲載しておきます。
試合用道着をが届くと、自然と身が引き締まります!!
110805_1230_x007E_02_convert_20110805170908.jpg 110805_1230_x007E_01_convert_20110805170947.jpg

受験生の皆さん、一橋大の道着を身に纏い、共に闘う日を目標に、勉強頑張って下さい!!

一年 丸山 起明
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/143-041a3491

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT