一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年9/19~22 京都大学合宿

9/19-22まで京都大学合宿に参加しました。
遅くなりましたが、その報告をさせていただきます。

京都は、"千年の都"と言われるだけあって、町の名前や景観など目につくところ全てに独特な雰囲気がありました。そもそも道場から一番近いバス停の名前が"百万遍"という時点で格好良すぎます。
部員も皆そろって"ここに住みたい!"と言っていました(笑)。

さて、合宿の内容ですが、午前は通常練習、午後は京大の七帝ルールで培われた技術を中心に教えていただきました。合宿1、2日目には野瀬先生が、最終日には中田先生がいらっしゃいました。

特に午後の講習では、「ここで防御されたらこう返す」「ここで逃げられたらこういう技に移行する」など理論に基づいた寝技をみっちりと教えていただきました。
また、"寝業日本一"と言われた元谷金次郎先生にもご教示いただきました。
講習全ての記録は取ってあるので国立に戻ったらしっかりと反復したいと思います。

今回の合宿に参加して、前半にいらっしゃった野瀬先生もおっしゃっていましたが、"頭を使った寝技"を実践できているかどうかが七帝大と我々の寝技への取り組み方の大きな違いであるということを痛感いたしました。
京大の学生曰く、同じ技でも、年ごとにマイナーチェンジを繰り返し、より効果のある技へと変えて代々技術を受け継いでいるとのことでした。力任せに寝技をやるのではなく、研究と改良を繰り返し、合理的に寝技を行うという強かさはこれから先我々にとっても必要不可欠な姿勢になると思います。

三商戦まで残り約二ヶ月です。二ヶ月で今回学んだこと全てを吸収して、自分のものにするということは不可能ですが、自分のスタイルに合うように微調整を繰り返しながら取り入れることはできると思います。これからの三商合宿でも今回の技術を試行錯誤していきたいと思います!

四年 萩
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1451-8f50fda6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT