一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/08/23

東京の割には涼しかった本日、8月23日は、三商戦開催日の3か月前でありました。
練習前の「ここから試合の日まではあっという間である」という緊張感高まる先輩のお言葉を頂きつつ、より成長すべく稽古に励みました。

乱取の後は、「型」を復習し、来月に迫る昇段審査に向けて練習しました。
9月から黒帯を締めて稽古を行うのは、現在の目標の一つであります。

さて、稽古後には、やよい軒にて、たらふくご馳走になりました。
以前のブログにも書かれておりましたが、わたくしも帰省した際に「体が大きくなったね」と言われた類の人間であります。
普段毎日あっている人間同士ではなかなか気づきませんが、毎日たくさん食べているのは、やはり効果てきめんであることを実感致しました。

やよい軒では、ミンが株をやっているという話を聞き、同期の志の高さに触発されました。
彼曰く、「アメリカ経済の影響で株は暴落」とのことです。
彼自身、現在は損失気味であるとのことなので、今後は彼と株の動向に部員一同注目して参りたいと思います。

ところでわたくし福島は、本日より満を持して稽古に復帰致したのですが、ここで少し帰省中の柔道活動について述べさせて頂きたいと思います。端的に、帰省した際に母校にて新歓活動をして参りました!

札幌出身である私は、高校では硬式野球をやっていたため、高校の柔道部とは縁もゆかりもなかったのですが
未来の一橋大柔道部員確保のために、母校、札幌西高校で新歓稽古をしてまいりました。
(残念ながら撮影したデジカメのデータは向こうに置いてきてしまいました。)

当日は稽古に参加させて頂く日を向こうの先生には連絡を入れてあったものの、いきなり知らない人が、しかも白帯でやってきたので母校の生徒は若干驚いた様子でありましたが、それでも熱い稽古を通じて彼らと交流を深めることができました。上田監督のおっしゃった「乱取りをすればすぐに仲良くなれる」という言葉を身に染みて実感した所存であります。

さて、気になる一橋を熱望する部員の存在でありますが、残念ながらまだ一橋志望の子はおりませんでした。
しかしながら、一橋大学と一橋柔道部を強くアピールすることに成功し、さらに「成績次第では・・・」という声もあったので精一杯応援していきたいと思います。

冬にもう一度稽古に参加させて頂くことを承諾していただいたので、冬オフにもがんがん新歓して参りたいです!
最後にこの場を借りて、札幌西高校の皆様(見てる?)にお礼を申し上げたいと思います。

e6b7bbe4bb98e383a1e38383e382bbe383bce382b8e983a8_convert_20110824003102.jpeg
写真は、北の大地のお土産であります。
「マルセイバターサンド」は地元でも愛されるお菓子であります。
我が一橋柔道部でもそれは例外ではなく、部員の「これは美味い!」という声を耳に挟み、「ちょっと高いけどやっぱり買ってきてよかったなぁ」と思 いました。

以上、北海道帰りの福島でした。
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/155-67b18fe6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT