一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/08/27有備館杯

本日8月27日は高校生招待試合「有備館杯」でした。

今年は7校の高校柔道部に参加して頂き、白熱した試合が繰り広げられました。
特に決勝戦、川越高校対宇都宮高校では力が拮抗した試合が多く、僅差で勝敗が決したり、あっというような逆転劇があったりと、最後まで勝敗が見えない本当に面白い柔道を見させて貰いました。
高校生の勝負に対する粘り強さを見て、我々も見習わなければと思うばかりです。

試合後の総括講話では、野瀬師範から柔道の4つの大事なポイントを高校生に向けてお話し頂きました。
各高校の柔道部員は、オリンピックメダリストである野瀬師範のお話に真摯に耳を傾けておりました。
大月部長にも一橋大学とその柔道部の宣伝を存分にしていただき、2、3年後が非常に楽しみです。
今日、配布されたボールペンからこのブログに辿り着いた君、待ってるよ!!

P1000459_convert_20110827210251.jpg

さて、今日の大会で部員はひたすら「運営スタッフ」として裏方役に徹していましたが、そのことで選手として出場しているだけでは決してわからないことに気付かされました。
すなわち、柔道の大会が多くの方の協力によって下支えされていることです。
それは、タイマー役であったり、記録であったり、審判であったり・・
ふだん我々柔道部員は、大会参加に際しても開場設備・運営などをあまり深く考えずに参加させて頂くことが多かったのですが、今後は、大会などに参加させて頂けることを「当たり前」とは思わずに、その根幹を担う人々に対して感謝の念を抱きながら柔道をさせて頂きたいと思います。

最後に、本日ご参加いただいた各校の先生方、柔道部員の皆さん、ありがとうございました!
また野瀬師範、中田コーチ、遠方からお越し頂き審判役も担って頂いた先輩方、ありがとうございました!
おかげさまで大きな怪我もなく、無事に終えられてほっとしております。

来年もお待ちしております!
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/160-f4aa464d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT