一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/08/30

京大合宿二日目です。

お世話になっている宿泊所は、「ゲストハウス地球号」で、体育館から徒歩5分の場所にあります。素泊まり1600円のゲストハウスですが、空調も効いており、非常に居心地が良く、昨晩は皆ぐっすり眠ることができました。
そのおかげで、二日目も気力十分で稽古に臨むことができました。

稽古では、京大の寝技の強さに苦戦しております。
一度カメになると攻めに転じることが難しくなり、時間だけが過ぎてしまいます。膠着すれば「待て」がかかる三商大ルールではリセットされ再び立技から始めることができても、七帝ルールではそうは行きません。京都の選手は相手を泥沼に引込んでそのままコントロールする術に長けています。逃げても何も得るものがなく、戦うしかない状況は非常に勉強になります。徹底的に正対で戦うこと、カメからも常に相手の隙を狙い逆転を狙うことを更に意識し実践していきたいと思います。

午前の講習では野瀬先生より巴十字を教えて頂きました。
野瀬先生は柔道の幅を広げるため現役時代単身でソ連に渡りサンボに挑戦されたり、レスリングでも稽古や試合に出られたりしたそうです(ロス、ソウル銀メダリストの太田章先生とも親交があるそうで)。内股に並ぶ野瀬先生の必殺技である十字固めを直々に教わることができ、我々は改めて自分が幸せ者であると感じ入りました。

いつも以上に寝技で勝負しているため、午後の稽古が終わる頃には、皆皮膚のあちこちがすれて赤くなっていますが、それにも関わらず意識の高い一年生は京大式エビ(京大柔道部特有の補強運動です)を居残り練習しておりました。
京大三回生の星野君も一緒に残り、指導してくれました。
京大柔道部には二年連続で合宿をお願いしていますが、今年も多方面で面倒を見て頂いています。ありがとうございます。我々も全国から合宿に来て頂けるような柔道部になりたいです。ひたすら強くなりたいと思います。

明日は合宿三日目です。疲れも出始めますが、気持ちを前に出して頑張ります。
お休みなさい。
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/163-686e73a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT