一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昔の一橋大学柔道部


本日は平成8年卒の羽根次郎先輩柔道育成会から宮地さん、そして中田師範と、中田師範の実業団の後輩である落合さんがいらっしゃいました。

大人数による練習となったので乱取りは基立ち形式で行いました。人数が多かったこともあり、非常に活気のある練習になりました。本日、初めてお越し頂いた落合さんですがやはり師範の実業団時代の同志の方だけあって、段違いの強さでした。当たった部員は皆赤子のようにボコボコにされていましたが、投げられるたびに得られるものがあり、非常に実りのある乱取りになったように感じました。

羽根先輩は柔道部に練習にいらっしゃるの約10年ぶりだそうで懐かしさもあってか、練習後に20年ほど前の一橋大学柔道部の話を聞かせていただきました。どのエピソードもビックリするくらいパンチが効いていました。部室の裏の柵の話や応援団の話、ある先輩の話、The 亀の話などなど、ここでは詳細に書けないような内容のものでしたが、とにかく面白くて大爆笑でした。昔の柔道部はハジけていたということがよくわかりました。面白エピソード以外にも故柴山先生とのお話や昔の野瀬先生のお話しなども聞かせていただき、一橋大学柔道部の歴史に触れることができました。

数々の貴重なお話しを聞かせていただいた後に羽根先輩が「よし、ご飯行こう!」とおっしゃり、なんと、テキサスのステーキをご馳走してくださいました!普段こんな高価なステーキを食べられる身分ではないのでとても嬉しかったです。この日食べたステーキは確実に大学生になってから最も美味しいステーキでした。羽根先輩は照れていらっしゃいましたが食事風景を写真に撮りましたのでご覧ください。みんな美味しそうに食べていますね。いつも垂れ下がっている馬場の眉毛が上に上がり、椛沢も自慢のニヤケ顔全開です。板橋は美味しさで引き笑いが止まりません。みんな本当に嬉しがっていますね。羽根先輩、貴重なお話しだけでなく、ステーキまでご馳走していただき、本当にありがとうございました!!!
image2

三年 有吉
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1640-c0ba2c17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT