FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/09/07

本日は野瀬師範、柿元先輩がご来場。
昨日に引き続き涼しく爽快な稽古になりました。

先生は道場の隅々を動きまわられ、1時間以上にもわたって我々の打込をご指導下さいました。
先生が繰り返しおっしゃったのは、絶対「前へ前へ」の気持ちを忘れない!ということでした。

打込の際、あまり考えず動きだけを模倣したり動きの小さい技ばかり反復し、実戦で全然技が出なくなる者もいますが、偉大な先生の耳の痛いご指摘に是非奮起して欲しいと思います。

その後の乱取では板羽が柿元先輩を豪快に投げておりました。
柿元先輩の絶頂期を知っていた4年生からすれば、法科大学院での難しい勉学に没頭されてしまったせいで身体的に見る影も無くなってしまわれたとは言え、そんな先輩を軽々と投げ飛ばす板羽の信頼感は高まるばかりです。
もちろんここで満足せず、もっともっと高みを目指して励んで欲しいと思います。

最後は各自で形の稽古です。
昇段試験が日曜日に控えているので、試合で落ちて形審査を受けられず帰る羽目にならないよう、白帯一年生は不退転の決意で頑張って欲しい!!

稽古後、風呂から上がって道場に戻ると、丸山が独りで何やらにょろにょろと畳を這い回っております。

丸山、ドジョーかもしれません!!赤いベベきた金魚にはなれません!!ドジョーですが、ドジョーなりに、命を賭けて、この国の一橋柔道部を前進させて、いや横エビで進んで参りたいと思います!!!ニョロニョロ!!!

誠に志の高い丸山をスタ丼に連れていってあげました。

引き続き明日も頑張ります!
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/172-119ac3ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT