FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

極寒

いつも当ブログをご覧下さりありがとうございます。



本日の練習には4年生の井口先輩にお越し頂きました。卒業論文の執筆お疲れ様です。井口先輩は卒論を終えたそうで、これから積極的に練習に顔を出していただけるそうです。よろしくお願いします!
雪は既に融け始めていますが、まだまだ寒い日が続きますね。有備館では、水道が凍っていて使えなかったり、洗濯機の中の洗濯物が凍ってしまったり、また購入したばかりの洗濯機が寒さのせいか止まってしまったりと、なかなかに困る事態も起きています。

さて、本日は練習後に井口先輩からいくつかのアドバイスを頂きました。

まず1つ目に、全体的に視線を下がっていることをご指摘頂きました。これは私自身も大いに身に覚えのある部分ですから、是非とも注意したいところです。

また崩しについて、
・自分の主軸となる技を念頭に置いた上で、その逆側(例えば内股がメインであれば小外刈など)の技をかけて相手の重心を一旦ずらすことが大切であること
そして自分よりも大きな相手と相四つで戦う際、
・まずは相手の釣り手を持たせないように自分の釣り手を使って弾くなどして取りに行き、更にその手を内側にいなしてから自分の組手を作って即座に技をかけに行くこと
・相手に釣り手を持たれてしまったら、自分の道着を緩めにしておき、相手の釣り手を持ったまま自分の首を動かすことで道着ごと相手の釣り手の位置を下げ、相手に技をかけにくくさせること
などをご教示頂きました。

これらの点を意識しつつ、三商に備えて練習を積んでいきたいですね。

気がつけば1ヶ月後には一橋大学の二次試験も終わってしまいます。受験生の皆様、この寒さにはくれぐれも注意し、万全な体調管理を行って試験にお臨み下さい。

一年 近藤
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1722-65c0353a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT