FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あのオリンピック

猛暑が少しやわらいだと思えば今度は台風と何かと自然現象に振り回される最近ですが、いかがおすごしでしょうか。
本日7月27日について調べてみました。
1992年の今日、バルセロナ五輪が開催される中、水泳女子200m競技において日本人最年少金メダリストが誕生しました。
バルセロナ五輪といえば、柔道においても忘れてはならない優勝劇がありました。
男子71kg以下級では古賀稔彦さん、78kg以下級では吉田秀彦さんが優勝しました。
現在3人の子供が柔道界において活躍し、自身も輝かしい記録を持つ古賀さんと、カミソリといわれた内股を武器に一本を量産した吉田さんですが、自分が今回書きたいのはYouTubeに載っていた(今はどうか不明)吉田さんが現役引退際で全日本選手権を目指す姿をドキュメンタリーにしたものについてです。
既に見たこともある人も多いかもしれないので、詳細については割愛しますが、もともと78kg級の体から全日本選手権のために100kg前後まで増やすという大増量をカメラはうつしていました。
ここで自分が感じたのは目標を持つこと、そして目標を達成するための執念ということの重みでした。
努力できるのも才能とはよく言ったもので、
数多の一本の裏のほんの一部を垣間見た気分でした。
ただの感想文のようにはなってしまいましたが
自分も日々目標を持って稽古に励んでいきたいと思いました。

2年 寺内
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1854-681aea43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT