FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野獣の論理

お久しぶりです、4回生の田村です。久しぶりのブログになるので乱文駄文はご容赦ください。

台風の影響も何処へやら、国立ではここ暫く涼しくて過ごしやすい日々が続いていました。このまま暑さが過ぎ去ればいいなー、、、と楽観しておりましたが、どうやらそんなに甘くはないようです。元気にWBGT測定器は声をあげ、乱取りの途中でとうとう危険域にまで気温が上昇してしまいました。危険域での練習は怪我や熱中症の原因になるので、早めに練習を切り上げ、各自の研究時間を設けました。習ったことはそのままにするのではなく、適宜復習をすることで我が物にしたいですね。

話は変わりますが、今日は野獣の日(810)だそうです。実は自分動物が好きで、幼い頃から「ダーウィンが来た」やアニマルプラネットの番組を好んでいました。せっかくの野獣の日ですから、ひとつ自分の知っている豆知識をあげたいと思います。
みなさん、カンガルーってご存知ですよね。実は彼ら………前にしか進めないんです!!なんだそんなことか…と思うかもしれませんが、この特性のために彼らのケンカは熾烈を極めます。お互いが一歩も引かず、互いの顔にパンチを入れ合うのです。その勇ましい姿はオーストラリアでは広く知られており、オーストラリア海軍の紋章はカンガルーになっています。そこには、いかなる敵であろうとも「後退はありえない」という意思が表現されているそうです。なんだかこの姿勢、我ら柔道部の「マイッタなし」にも共通するところがある気がします。

古来から人間は、動物の動きや知識を学び、自らのものにしてきました。野獣の日と呼ばれる今日は、そうした古代の人々に習い、動物から何かを学ぶ姿勢を持っても面白いかもしれませんね。

4年 田村
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1865-85950bfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT