FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三商直前特集18日目 馬場 慎太郎

こんにちは。

最近、バリカンの音に過剰に反応してしまいます。馬場慎太郎です。大学内の唯一の居場所である部室でも安心することが出来ず、気が張り詰めたままになるのでいい加減諦めていただきたいものです。誰かを坊主にしてやろうみたいな動きが増えてるのも三商直前の風物詩ですね。

事前に板橋から、思いの丈を綴るブログの企画を聞いた時、去年のことをあまり思い出したくないなと思いました。正直な話、自分の情け無い姿を思い出すのは嫌なものです。とはいえ、今年の決意を語る上では去年の敗北を見ないふりをしたままにすることはできません。

去年の三商大戦が終わった後にいつも気にかけていただいている先輩に負けたことを報告した時に「負けたことに意味があったと思うよ。」と言ってくださったことを覚えています。三商間近となった今、その言葉の意味を考えるのですが負けたことは次勝つための大きな原動力になることなのだと僕は思います。この一年は一昨年とは違う気持ちで練習に望むことができました。負けたことでより気持ちの入った稽古が出来、部員の多くが大きな成長をしたと確信しています。

今度こそは3年生として役目を果たし吉報を届けられるよう神戸の地で死力を尽くして部員一同優勝を目指します。
次回からは4年生の先輩方です。まずは、田村先輩よろしくお願いします。

3年 馬場慎太郎
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/1950-795d6ae8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT