一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/10/08

第二次三商合宿最終日。

日課の谷保天満宮までのランニング。毎朝拝殿に向かい、怪我のない稽古と三商大戦優勝と一橋柔道部受験生の合格をお祈りします。
IMGP0560_convert_20111008222649.jpg

祈り終わったらおんぶダッシュでいきなり追込みます。
IMGP0565_convert_20111008222800.jpg

谷保天名物のニワトリを追い散らしながら門前の鳥居までダッシュ!
IMGP0574_convert_20111008222851.jpg

朝の稽古には、合田先輩と荒井先輩がご来場。
寝技を中心に稽古を行い、基には丹羽と板羽が立ちました。
稽古後は先輩方からのアドバイスを頂くことができ、部員では気付かぬ点をご指摘いただくなど、
実りの多い基立ちでした。
締めの補強には一年生も難なくついてくるようになり、成長を感じることが出来ます。

午後には、浅賀先輩、山口先輩にご来場いただき、荒井先輩には午前から引き続き参加頂きました。
立技中心の稽古に加え、浅賀先輩、山口先輩から技の講習を頂きました。
今週木曜日にご来場頂いた野瀬師範からも「浅賀先輩がいらしたら必ず講習をお願いしておきなさい」とのご指導があったので、部員一同、講習を待望しておりました。
先日山田がご報告致しましたとおり、浅賀先輩が全日本女子ジュニアの合宿にて講習された技だそうで、
横四方からの抜け方についてご教授頂きました。
この内容には部員一同、目からウロコで、今までの不利な体勢で頑張っていたものが、まさに「徒労」であったことが分かりました。反復してしっかりモノにしていきたいと思います。

山口先輩からも横四方からの脱出をご講習頂き、「ピンチをチャンスにする」技術をご教授頂きました。
抑え込まれていたのが一転して一本に繋がるのでこの技も練習して身につけておきたいと思います。

二次合宿を乗り切った1年生は、合田先輩のご厚志により、テキサスへステーキを食べに行きました。ありがとうございました!
4年生には、浅賀先輩の新日鐵時代のエピソードを交えながら、社会人になるにあたっての心構えをお話しいただきました。我々が参考にするなどと言うのはおこがましいほどスケールが大きく驚くようなお話が多かったのですが、浅賀先輩の剛毅な社会人生活が垣間見え、非常に興味深かったです。
浅賀先輩にはお忙しい中、このような機会を設けて頂き、ありがとうございました。

二次合宿にも数多くの先輩方にご来場いただき、御指導御支援を賜りました。ありがとうございました!!
三商大戦が近づき、闘志が高まってまいります。部内の雰囲気を三商大戦に合わせてピークに持って行くよう醸成していかなくてはなりません。
残る時間を大切にしていきたいと思います。

来週以降も頑張ります!

4年 山岸 拓也
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/204-44ede9ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT