FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

厳重警戒初めと高校の後輩達の話

こんにちは。二年の諏訪部です。
今日の稽古は気温31℃オーバー、湿度65%という凄まじい環境の中で行われました。特に立ち技乱取り前の打ち込み中には、昨年の夏休みに度々危機を知らせてくれていた熱中症指数計から、おそらく今年初の「厳重警戒」のサウンドを聞きました。おや、これはもしや「危険」(=稽古中断)に達してしまうのでは…?と思ったのですが、結局一度だけ鳴ったそのときがピークでした。よくよく考えたら去年の夏は基本的にずっと厳重警戒状態だったので、そのことを考えると、まだまだ大丈夫と言えるのでしょうか。

しかしいくらWBGT値が「危険」域に達していなかったといってもここ最近の中では最高に暑かったことに変わりはなく、乱取りの本数を減らしたり、休憩時間を少し多めにとるなどして熱中症にならないよう気をつけながら稽古が行われました。自分も塩分補給のタブレットなどを使いながら用心するようにします。
また、今日は寝技乱取りを亀取りから開始するようにして行われたのですが、最後の研究の時間に、多くの部員が相手を亀にした状態で上から十分な圧をかけられていないという話があり、圧のかけ方と下の相手を正対などに戻させない方法を練習しました。これらは三商ルールや七帝ルールにおいて非常に重要な技術なので、普段から意識するようにしたいです。


ここからしばらく個人的な話をさせていただきます。私は今週の日曜に、母校の後輩たちの引退試合である県総体団体戦を応援に行ってきました。昨年の有備館杯で準優勝した充実のチームですが、結果としてはベスト8に入賞した高校に2対2の内容差で惜敗してしまいました。それでもオーダー次第でどっちに転ぶか全く分からなかった試合を見せてくれ、十分ベスト8に入る力を持っていたと思います。悔しい結果でしたが、とにかくお疲れさまでした。二年生が軸となる新チームにも期待しています。
また、試合会場で自分の中高の顧問の先生に久しぶりにお会いし、色々とお話をしたのですが、その中で先生が「気づいたらみんな柔道やってるな」と仰っていたのが印象的です。というのも、自分の高校の先輩の中で大学でも柔道部に入部したという先輩は自分に近い代にはあまりおらず、同期でも続けたのは自分だけだったのですが、昨年大阪教育大に一人、今年は京大に二人と千葉大に一人、後輩が柔道部に入部したのです。やはり同じ道場で稽古をした仲間たちが場所は違えど今も柔道を続けているというのは何とも言えない嬉しさがあります。
実は来週に迫る全国国立では予選リーグを突破すれば決勝トーナメントでベスト8をかけて大阪教育大と試合をする可能性が高いので、ぜひとも対戦したいです。また、京大の後輩が来週開催される七大戦で活躍することも願っています。

長々と自分の話をした挙句にあまりまとまらず恐縮ですが、国際ルールの団体戦の締めくくりである全国国立大会に向けて残り一週間、精一杯頑張っていこうと思います。それでは失礼します。

二年 諏訪部
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2105-07d45a17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT