一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/10/15

本日は中田コーチ、中村先生、庄司先輩、山本先輩、山口先輩、篠原先輩、熊田先輩、寺田先輩にご来場いただきました。
多くの先輩方に足を運んでいただくことができ、今回も活気ある稽古となりました!先輩方、ありがとうございました!!

さて、メニューは準備体操、寝技反復、寝技乱取、打込、移動打込、乱取、基立乱取、投込、講習というフルコースでした。

寝技乱取の後、中田コーチから我々の脇や首の甘さについてご指摘を賜り、相手が手を入れてきた際に、襟をつかまれる前に手をかき出す防御方法を教授いただきました。毎日の稽古で徹底して意識し続け、習慣化させたいと思います!

また、立技乱取の後には取り役の練習として基立に山田先輩、山岸先輩、板羽が立ちました。
三商戦で勝利するには、やはり取り役がどれだけ抜けるかが重要な要素です。

中田コーチからは、「もっと試合に臨むような気持ちで乱取に取り組むように」と注意いただきました。
確かに、毎日の稽古で同じメンバーと乱取をしていると、相手の手の内は大体わかるようになり、緊張感も薄れがちです。
そういった一種のマンネリ化を防ぐため、例え柔道部の仲間であっても、いや、同じ目標に向かって努力する者同士だからこそ、畳の上に立ったら相手を倒すことのみを考えて参りたいと思いました。

最後の講習では熊田先輩から相手の腕の縛り方をご教授いただきました。
現役ではあまりやる者がいないこの技ですが、片腕を制するだけで攻める側はかなり有利になります。
隙あらば攻める。熊田先輩に教えていた技術には、こういった意味合いが含まれているのではないかと私は勝手に解釈いたしました。

諸先輩方から激励の言葉をいただき、本日の稽古は終了しました。

月曜から第三次三商合宿が始まります。
残された時間は僅かですが、声を出し合い、稽古を盛り上げながらがんばります!

1年 板羽 貴輝
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/212-55325ee0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT