FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

待ちに待ったプール稽古

何だかタイトルが小学生による夏休みの作文のようになってしまいました、元水泳部の近藤です。

本日は中田師範の指導の下、昨年同様プール稽古を行いました。また、中田師範のご息女であります優沙ちゃんも参加してくれました。

前半は、各自30分で泳ぐ距離の目標を定めて30分間泳を行いました。個人的には、昨年の記録を上回り、1.5km弱泳げたので、良いトレーニングになったと思います。他の者も大体自己目標を達成できたようで、またその記録も多くは昨年を上回っていたため、各々が成長を感じることができました。
約2名、泳ぎが苦手なB先輩と二年Kは目標を達成できずに四苦八苦しており、他の人に金を払って距離を肩代わりしてもらうことを画策していましたが、2人のトレーニングを邪魔する訳にも行かず皆丁重に断っていました。
柔道はあんなに得意なのにね、金丸。

30分耐久個人レースのあとは、普段筋トレを行っているチームに分かれて団体戦です。
我々のチームは、先鋒の椛澤先輩と大将である僕を軸にして中堅に脂肪という浮き輪を身に纏う巨漢久松を据え、後は取り役で分け役を挟むオーダーで臨みました。
結果は3チーム中2位。優勝は穴のない北村先輩のチームでした。長年の水泳経験者などいなくとも、チームの総合力で他を上回った形となり、団体戦においてはチームの底上げが重要な役割を果たすことを如実に表す結果でした。
北村先輩のチームにはラントレにおけるリレーでも負け続けており、非常に悔しく思います。

リレーの後は金丸に泳ぎを教える会が開かれるなどしました。そこで僕は周囲からジュゴンという新たな称号を授かりました。ジュゴンといえば、何を隠そうあの人魚伝説の元となった動物です。ジュゴンという名称にはマレー語で「海の貴婦人」という意味があるそうです。素敵ですね。

ある一年生は僕のことを「地上にいるより綺麗」と評していましたが、それは僕が地上では汚いということでしょうか。特に理由はありませんが姜には裸絞めの研究にたくさん付き合ってもらいたいと思います。

何はともあれ、一時的に煉獄の有備館から退避してプールで稽古を行ったことで、皆リフレッシュできたことと思います。お盆まで後少し、頑張っていきましょう。
7689


三年 近藤

関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2134-9876ac8c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT