一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/10/20

朝起きるのが億劫になる程寒い季節になって参りました。
しかし、一ヶ月後に三商大戦を控えた我々柔道部員は、「もうちょっとだけ寝させて」願望を寝技をすることによって満足させます。
「先輩、布団が畳に代わるだけ!」とはチーハオ。よくぞ言ってくれました!

今日も有り難いことに、午前稽古に上田先輩がご来場。
出勤前の準備運動とばかりに、寝技乱取にかるーく全て出られるタフな先輩でもいらっしゃいます。
今日の朝稽古名物亀取りは山田、丹羽の四年生コンビでした。
柔道サイボーグ丸山の小癪な寝技を制圧致しました。
勿論、反省する点はまだまだ沢山ありますが、全体の寝技のレベルがかなり上がっていることは確かです。
初心者から始めた者の驚異的な成長に触発されてのものでしょう。

午後は授業がなかった山田、丹羽で埼玉大学に出稽古に行って参りました。
全国の国立大学の中でも毎年準優勝の成績を誇る埼玉大学では、自分より強い人を相手にみっちり追い込むことが出来ます。
強者相手に寝技を駆使しつつどのように勝つか、という工夫もこういう機会を経て生まれます。
立技、寝技とも非常に内容の濃い稽古でした。有難う御座いました!またお邪魔致します。

稽古の後、野瀬師範にご飯をご馳走になりました。
先生の奥様、埼玉大学の4年生の方達もいらっしゃり、柔道談義から果ては両校の今年のミスコン談義まで幅広い話題で盛り上がりました。また、途中野瀬師範が奥様に「今日来ていないが、もう一人一橋には山岸っていう変な奴がいる」と仰っていました。変な奴には間違いないので「そうですね」と頷くことしか出来ませんでした。
最後は南与野駅まで車で送って頂きました。先生、本当に有難う御座いました。

明日も頑張ります!

四年 主将 山田 拳
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/217-93a96583

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT