一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011/10/22

第三次三商大合宿最終日です。

朝は寝技の稽古、立技の打込を行いました。合宿も三回目となり、第一次合宿に比べると、寝技で一本を取ることが非常に難しくなりました。それだけ粘り強い攻防を出来るようになったのだと思います。

午後はOBの先輩方の胸を借り、練習試合を行いました。
中田コーチ、浅賀先輩、荻布先輩、山口先輩、合田先輩、中田先輩、上田監督、武元先輩、星野先輩、村田先輩、金濱先輩、柿元先輩、寺次先輩、荒井先輩、木村先輩、寺田先輩にご来場頂きました。休日にも関わらず、ありがとうございました!

試合は三商ルールの抜き戦で行いました。
2試合行ったのですが、結果は2試合ともOBの先輩方の圧勝という残念な形になってしまいました。

一年生は抜き戦というルールに対して、今まで練習してきた技術を用いて必死に戦い、自分の役割を果たしてくれました。
それにも関わらず、4年生の三人はチームの核となり試合の流れを作るべきなのですが、その役割を果たすことが出来ませんでした。
私(丹羽)も、抜き戦は4年目であり、自分の働きがその後の結果を左右するとわかっているのに、引分けることすら出来ませんでした。

情けない事態です。非常に悔しいです。

今のままでは三商大戦での勝利など得られるはずがありません。必死に考え、実践し、残りの一ヶ月で絶対に改善して行きます。

OB戦の後には毎年恒例の決起コンパを行いました。1年生の抱負、4年生の最後の年にかける決意、先輩方の現役時代の経験など、一橋柔道部の皆が持っている想いを共有しました。
この会で毎年思うのは、大学生活の中で、これだけ一生懸命になれる試合があり、それを先輩方が必死に応援してくれるなんて、何と幸せなことなんだろうか、と言うことです。

まして、昨年までとは違い、今年は一緒に戦ってくれる素敵な後輩が沢山います。

山田主将が言っていましたが、今年は一橋柔道部が復活の狼煙をあげる年です。

11月23日、国立有備館で優勝杯を勝ち取り、仲間とともに笑えるよう、残り一ヶ月を大切に過ごしたいと思います。

来週も頑張ります。

4年 丹羽 大地
関連記事
スポンサーサイト

| 日誌 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/219-94190143

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT