FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久松&姜〜失言ブラザーズ〜

こんにちは。二年の諏訪部です。タイトルに深い意味はありません。
さて、今日の稽古には野瀬名誉師範にお越しいただきました。ありがとうございました。野瀬先生からは、取り役は稽古の中で各々が自分をどう追い込むかを考えねばならず、分け役は四分間ないしは五分間を戦い抜くだけの体力・戦略を持たねばならないこと、また昨年の三商戦の優勝は実に紙一重であったが、明確に試合の流れが一橋側に変わったポイントがあったこと、そして今年の三商戦で相手に試合の流れを変えさせないためには分け役の活躍がキーになるということをお話ししていただきました。
一橋には神戸大や大阪市大のように何人でも抜くという絶対的取り役はおらず、まさに総力戦で優勝を掴み取らねばなりません。そのことを改めて認識しました。


明日はいよいよ有備館にて商東戦が行われます。三商戦前の貴重な実戦というのはもちろんですが、何より椛澤主将体制になってからの東大との(練習試合も含めた)戦績は一勝二敗で、一橋が負け越してしまっています。特に東京学生優勝大会や東京都国公立大会では、自分は足を引っ張ってしまって苦い思いをしました。その雪辱を果たすためにも、ぜひともチームの勝利に貢献する活躍をして、来たる三商戦に弾みをつけたいと思っています。


さて、先週の金曜日、すなわち第三次三商合宿五日目に、自分(と清藤)はめでたく誕生日を迎えたわけですが、貰ったプレゼントは樋口からのカップ麺、福沢からのミルクプロテイン、そして椛澤先輩からの基立ちの三つでした。その数日前に「誕生日プレゼントは基立ちな」と椛澤先輩が仰っていたときは本当にするとは思っていませんでしたが、甘かったです。大学に入ってからどうも誕生日が嬉しくないのは、自分が大人になったからでしょうか。第三次合宿がモロ被りしているからでしょうか。前者ということにしておきましょう。



話が逸れましたが、そんな二十一歳の誕生日はハードな稽古を終え、超大型台風の来襲に備えて近所のスーパーで食糧を買い込み、すぐに寝てしまったことで終わりました。そのまま土曜日は稽古も無くなったので台風の暴風域のなか一日中アパートで過ごし、日曜日の朝、外出しようと自転車置き場に向かったところ、自分の自転車のカゴの中にレジ袋が入っているのを見つけました。何だこれ?飛んできたのか?

しばらく考えてから真相を思い出したのですが、これは金曜に食糧を買い込んだときに余ったレジ袋で、あまりに疲れていたために帰宅時にカゴに入れたのを回収し忘れ、そのまま存在すら忘れていたものだったのです。
あの暴風雨の中、こんなに薄くて軽い袋が自転車のカゴの中で吹き飛ばされることなく丸一日以上雨風に耐え続けたのだ、そう思うと、ちょっとした感動すら覚えてしまいました。

1991年に台風19号が発生した際、青森県の津軽地方は甚大な被害を受けたのですが、その中で暴風に耐えて木についたままだったリンゴが「落ちないリンゴ」として全国の受験生に人気を呼んだそうです。この話を思い出すと、まさにこのレジ袋は「飛ばないレジ袋」ではありませんか!

自分はあまり験担ぎをしないのですが、レジ袋はあって困るものではないですし、今年の三商戦にはこのレジ袋を持っていこうと思います。きっとこれで相手のどんな技が来ても飛ばされないことでしょう。頼むぞ、袋。
それではこのあたりで失礼します。

二年 諏訪部
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2197-b7022a37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT