FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三商直前特集11日目

こんにちは。三年の越石です。
今日からは三年生が三商戦に向けての意気込みを書いていきます。

いつのまにか3回目の三商戦を迎えようとしているということを最近はひしひしと感じ、年々時間の流れが早くなっているなという気がします。
去年、総合力で勝つという方針のもと稽古を積み重ねて三商戦優勝を果たすことができました。あの時の感情の昂りは柔道部に入っていなければ絶対に味わえなかったものだろうと思います。今年も、チーム全体の実力の底上げを図り、二連覇を目指して稽古を重ねてきました。
底上げ、ということは柔道経験の長い人達が引っ張っていくことも大事ですが、自分のような経験の浅い者が下から追い上げることが重要です。
日々の稽古、特に出稽古や合宿などは辛いものでもありました。柔道部に入っていなければこれほど身体的、精神的に自分を追い込まずとも平穏な大学生活を送れていたのかもしれません。しかし、三商戦優勝という目標はこのような辛さ全てを計算に入れても目指すべき価値のあるものだと入部した後に諸先輩方に教えていただき、三商戦を経験した後、自分でもその価値を実感しました。
また、先日の三商戦決起集会では多くのOBの方々から激励の言葉をいただきました。改めて三商戦優勝というのが現役だけでなくOBの先輩方含めた一橋大学柔道部全体の目標であると感じ、身の引き締まる思いでした。



今回の三商戦は柔道部で最も長い時間を共にしてきた先輩方の集大成です。振り返れば数え切れないほどのご恩があります。だからこそ、絶対に最後は嬉し泣きで終わって欲しいと思います。残り僅かな稽古を活かして詰められるところを詰め、チーム全員で三商二連覇を目指します。

三年 越石
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2212-c204c528

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT