FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

駒場東邦へ出稽古 (+昇段審査)

本日は、私の出身校である駒場東邦へ出稽古に行きました。
卒業してから駒東での稽古に参加するのは初めてだったので、すっかり変わってしまった街並みや、下校時の暗い校舎に果てしないエモを感じました。
(エモ: 感傷・趣き などの俗語)

今は中学生しか部員がいないようでしたが、稽古の終盤に「大学生同士の乱取りを見せて欲しい」との要望があがり、最終的には僕らもしっかり疲れました。

また、研究で講習をお願いされました。こういう機会は初めてだったので、個人的に大変嬉しかったです。
そこで「じゃあ、寝技の」と食い気味で言いかけたところ「立ち技をいくつか」とすかさず訂正されてしまいました。悲しい。それでも、始めたばかりの1年生を含む中学生への講習はいい経験になりました。

さらに、部室のロッカーには未だに自分の名前が書かれており(当然物置になっています)、その中に自分が高一だったときの部員の集合写真が埋れていました。
(僕の同期が保護者からいただいたのを置いていったようです)

ちょうど被っている部員がいない状況なので、その写真を中学生に見せてどれが自分だと思うか聞いたところ、迷わずに坊主頭の一番太っている後輩を指さされたのには頭を抱えました。前にも書きましたが、当時僕は細くて髪も長く顔の輪郭も今よりいくらかシュッとしていたものです。正解を教えてもいまいちピンときてくれませんでしたが、まあ増量が成功している証拠でしょう。

それに、今まで全然顔を出していなかったものですから、よくよく考えると道場に自分の名札がかかっている光景を初めて見ました。感慨深いものです。写真を撮るのをすっかり忘れていたのは後悔です。

最後は思い出のカレー屋で夕飯を食べて帰りました。明日は首都大学東京へ出稽古です。よろしくお願いします。 


(追記)
昇段審査で姜と湯澤が弐段に、伊藤が初段に昇段しました。
試合で初勝利を飾った伊藤は、今頃パリパリの黒帯を締めてみて、誇らしく思ったり不安に思ったりしているに違いありません。3人とも、これからもますます頑張ってくれることと思います。

210


三年 斑目
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2271-862ea5fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT