FC2ブログ

一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

県立千葉中学・高校合同稽古

こんにちは。二年の諏訪部です。タイトルの通り、本日は私の母校であります県立千葉中学・高校へ合同稽古に伺わせていただきました。
中田師範中田先輩(H8卒)にお越しいただき、さらに八幡中学校柔道部睦沢少年柔道クラブのみなさまも参加しての稽古で、小学生から大学生まで幅広い年代の選手が集う、非常に賑やかで活気のある稽古となりました。

稽古では上記の事情から寝技・立技ともに普段とは全く異なる様々な相手と乱取りをしたため、学生も学ぶことが多かったと思います。また、小学生・中学生・高校生たちはみなガッツがあり、その点でもたいへん勉強になりました。
後輩たちはみな強いのですが、なかでも現在中学には81kg級の県チャンピオンが、高校には90kg級の県ベスト4が在籍しており、100kg級のキャプテンとあわせ、彼らとの乱取りは (私が個人的に稽古に参加させていただくときは毎回そうなるのですが) 大学生と中・高校生という壁を感じさせない白熱したものとなっていました。
稽古の最後には、中田師範より足技を効果的に出すための理論と技術、およびそれらを用いた技の連絡について講習をしていただきました。後輩たちはみな熱心にその技術を吸収しようとしていましたが、その素晴らしい熱意は柔道、そして勉強のどちらにも非常に重要なものです。柔道と勉強の両立をするのはやはり簡単なことではないと思いますが、ぜひ頑張ってほしいです。微力ながら応援しています。
また、稽古後には数人の後輩たちから勉強や進路についていくつか質問・相談を受けました。何でも答えるので、自分でよければどんどん頼ってください。

最後になりますが、合同稽古を快く受け入れてくださった千葉中学・高校柔道部顧問の小原先生、八幡中学校・睦沢少年柔道クラブの先生方、そして参加した選手のみなさま、本日はありがとうございました。今日という日をきっかけに、一橋大学および一橋大学柔道部について少しでも興味を持っていただければ幸いです。また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

215


以下、個人的な雑記を少々。
斑目先輩は先日の出稽古で卒業して以来初めて母校の道場を訪れたということでしたが、私はというと、先月行われたOB稽古以来のひと月ぶりでした。ひと月ぶり。懐かしかったですね。はい。
このように私は個人的には年に数回母校の稽古に参加させていただいていますし、一橋大柔道部としても毎年千葉中・高とは合同稽古を行っていますが、合同稽古は招待稽古として有備館にて行うのがふつうで、一橋大柔道部が出稽古へ訪れたのは実に六年ぶりです。入部当初から私は母校への出稽古を希望していた(実家が近いから)ので、やっと実現して嬉しかったです。
また、六年前、私は中三でしたが、大学生がはるばる来てくれたということに感激しましたし、そのときも今日のように中田師範(当時はコーチでしたが)より立技の講習をしていただいたことを覚えております。このように、今日という日が中学生・高校生にちょっとした影響を与えられたらと思っています。
そして、あるのではないかと思って探したところ、やはりありました。当時のブログ(2014年1月18日)です。六年間で僕もだいぶ背が伸びていますね。
それでは、長々と個人的な話にお付き合いいただきありがとうございました。このあたりで失礼します。

二年 諏訪部
関連記事
スポンサーサイト



| 日誌 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/2275-27051ac0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT