一橋大学柔道部

魂魄留道場~東京国立・有備館より~

カウントダウンタイマー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第59回 旧三商大戦(試合詳細4)

第三試合 (一橋大ー神戸大)前半です。
IMGP1617_convert_20111128235721.jpg



IMGP1630_convert_20111128235924.jpg
丹羽(一橋4年) (引分) 木村太(神戸3年)
袖を絞られ苦しみつつも危なげなく引分ける。今年度これまで一本負が続き苦しみ続けた丹羽、大舞台で見事に結果を残した。

IMGP1638_convert_20111128235951.jpg
志田原(一橋6年) (引分) 木村卓(神戸2年)
共に市大戦で複数人抜きした選手同士、警戒が先に立ったか慎重な試合運びとなり引分け。

IMGP1640_convert_20111129000019.jpg
丸山(一橋1年)(大内刈)◯ 柴田(神戸3年)
丸山初戦に続き引込み十字等積極的に下からの攻め、しかし入り方が単調になったところを大内刈で合わされる。寝技の攻防では圧倒していただけに残念な敗戦。

IMGP1643_convert_20111129000121.jpg
チーハオ(一橋1年) (払腰)◯ 柴田
丸山戦を見ながら戦術を練ったチーハオは積極的に寝技に持込み圧倒、横四方固に捉えかけるもきわどいところで逃す。その後立技の攻防で押し込みながら、柴田の払腰に屈する。もう一歩のところで初勝利を逃した。

IMGP1649_convert_20111129000146.jpg
板羽(一橋1年)◯(内股) 柴田
組んだ瞬間の内股で一本勝ち。漸く大器の片鱗を見せる。

IMGP1658_convert_20111129000309.jpg
板羽 (十字固)◯ 佐段田(神戸2年)
敵主力佐段田とケンカ四つの攻防、板羽まったく臆せず敵の技も受切り押し気味に試合を進めるも、終盤立技から寝技へもつれるところで腕を掬われ十字固、一本負け。手痛いが今後の教訓となる敗戦。

IMGP1660_convert_20111129000337.jpg
閔(一橋1年)(大外刈)◯ 佐段田
閔は得意の足払で前に圧力をかけつつ試合を運ぶ。しかし佐段田の遠い間合いから飛び込んでくる大外刈に宙を舞う。

IMGP1669_convert_20111129000655.jpg
三木(一橋1年)(大外刈)◯ 佐段田
初戦にも増して大きく動き、道場を広く使って敵を翻弄する三木君。頭を下げさせて優位かと思われたが、またも飛び込み気味の大外刈で一気に持って行かれ、敵佐段田に3人抜きを喫する。

IMGP1688_convert_20111129000604.jpg
山岸(一橋4年)◯(優勢(技有))佐段田
山岸得意の寝技で挽回を狙うも決めきれず、立技で組負ける時間が続くも、ついに敵の内股をすかして技有を奪い優勢勝ち。

IMGP1694_convert_20111129000729.jpg
山岸 ◯(掬投) 岡谷(神戸1年)
敵1年生に経験の差を見せつける意気込みで勝利、2人抜き。大学から柔道を初めた山岸、市大戦とあわせ三商大戦での3勝は見事。

(後半に続きます)
関連記事
スポンサーサイト

| 戦績 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hitotsubashijudo.blog90.fc2.com/tb.php/266-a54925df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT